「メッシよりも優れたドリブルスキル」ボスニアリーグの試合中に犬が侵入、ボール奪取から3回の股抜き

2021.09.24 06:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボスニア・ヘルツェゴビナで稀代のドリブラーが誕生した。

21日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナのプレミイェル・リーガ(1部リーグ)、スロボダ・トゥズラvsHSKポスシェの試合中に一匹の犬が侵入した。

ゴール前にクロスが上がるというスリリングな状況下、犬はクリアボールを拾ったポスシェの選手からボールを奪取。背後からやってきた突然の侵入者に選手も驚きを隠せない。

犬はそこから"股抜き"を見せてボールをキープすると、やってき別の選手にも"股抜き"を見せる。一度はクリアされるも自ら再び拾い直すと、先ほどの選手の股下を再び潜り抜けた。

テクニカルなドリブルを見せた侵入者には、「移籍ウィンドウの価格1億ユーロ」、「スパーズにサインして」、「メッシよりも優れたドリブルスキル」などの好意的なコメントが届けられた。

満足したのか、最終的には係員に両前足を抱えあげられる格好で、抵抗することなく連れ出されたドリブラー。思わず口元がほころんでしまう一コマだ。



1 2

関連ニュース
thumb

W杯予選前夜の喫煙&飲酒で代表追放と報じられたピャニッチが真っ向否定「フェイクニュース」

ベシクタシュのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、代表チームからの追放の噂を否定した。 今夏バルセロナからベシクタシュへとレンタル移籍したピャニッチ。カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のフィンランド代表戦に出場していたものの、その後にボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟(NSBiH)がピャニッチの代表追放に関する声明を発表していた。 しかし、この声明は数分で削除。ピャニッチはウクライナ代表との最終戦に出場していなかった。 問題とされたのは、フィンランド代表戦の前夜に、喫煙と飲酒をしているという写真が出回ったことに始まる。 その写真には水タバコを吸い、飲酒しているピャニッチの姿が、ボスニア・ヘルツェゴビナメディアは、このことを大きく報じ、代表を追放されたと報道。国全体を失望させたとしていた。 ピャニッチはフィンランド戦に出場も、パフォーマンスが悪く66分に交代。そのことも相まって、かなりの批判が寄せられていた。 報道では、イバイロ・ペテフ監督がこの行為に激怒し、ピャニッチを代表チームから追放させたとしていたが、実はこれはフェイクニュース。そのため、代表追放は勘違いによるものだったが、結果としてウクライナ戦はプレーしなかった。 ピャニッチは自身のインスタグラムのストーリーズで「フェイクニュース」としてこの件に言及。「このニュースを公式に否定する。プレーしないということは、監督と話し合った上での決断だった」と、W杯出場の可能性がフィンランド戦で潰えたことでプレーしなかったと説明した。 また、事の発端となった写真についても言及し「ところで、この写真は古いものだよ」と綴り、自身の写真であるものの、フィンランド戦の前夜という話はウソだと主張した。 <span class="paragraph-title">【写真】ピャニッチ追放の理由とされた喫煙&飲酒の場面</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OFFICIAL: Miralem Pjanić has been dropped from the Bosnian national team. He played 66 minutes vs Finland and was booed off for his poor display. <a href="https://twitter.com/hashtag/BIH?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BIH</a> <br><br>Multiple news outlets reporting Pjanić was smoking hookah and drinking the night before the match.. Let a whole country down. <a href="https://t.co/BbCeoa3ohz">pic.twitter.com/BbCeoa3ohz</a></p>&mdash; BH live (@BHlive_official) <a href="https://twitter.com/BHlive_official/status/1460669093326069765?ref_src=twsrc%5Etfw">November 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.18 13:18 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルにまた負傷者? 首位ナポリ戦を前に代表活動で多くの負傷者が…

インテルがインターナショナル・マッチウィークで新たに選手を欠くことになるようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)予選を各国の選手たちが戦っていたが、11月の活動も終了。週末からは再びリーグ戦が再開する。 セリエAで3位につけるインテルだが、すでにオランダ代表DFステファン・デ・フライが右ハムストリングを負傷。FWエディン・ジェコも負傷し、早期にチームへと復帰していた。 そんな中、新たに2選手がケガをしたと見られている。 イタリア『Tuttomercatoweb』によると、チリ代表FWアレクシス・サンチェスはベネズエラ代表とのカタールW杯南米予選で負傷。36分で途中交代している。なお、筋肉系の負傷とのことだ。 また、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスもブラジル代表戦で負傷したとのこと。ハーフタイムで交代していた。 ケガの程度はそれぞれ重傷ではないと見られているが、チームのメディカルによる確認を経て、週末の試合で起用可能かどうかを見極めるようだ。 インテルは21日に、セリエA第13節で首位のナポリと対戦する。上位対決の大一番となるだけに、ケガ人の具合が気になるところだ。 2021.11.17 23:10 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯予選敗退決定のボスニア・H、状態が戻らないジェコが一足先にインテルへ帰還

ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟(NSBiH)は14日、FWエディン・ジェコが負傷離脱することを発表した。 ジェコは、ミラノ・ダービーで負傷。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表に招集を受けていたが、13日に行われたフィンランド代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選を欠場していた。 16日にはウクライナ代表との試合が控えている中、メディカルスタッフはジェコが100%回復する見込みがないと判断。さらに、カタールW杯へ出場するチャンスを逸したため、ウクライナ代表戦を戦う必要がないとし、ミラノへと帰還することになったと発表した。 ジェコは残り1試合を戦うチームメイトに対してコメントしている。 「我々全員が、この敗北、フィンランドに負けるということはとても難しかった。敗北からより早く学び、将来同じ過ちを繰り返さないために、何かを学んだことを願っている」 「努力し続けなければいけないし、能力を信じなければいけない。そして、そうすれば良い結果を残せると確信している」 ジェコはインテルへと戻り、リハビリをするとのこと。深刻なケガではないため、インターナショナル・マッチウィーク後に行われるナポリ戦の復帰を目指すことになるようだ。 2021.11.14 23:34 Sun
twitterfacebook
thumb

代表戦で危険タックル…なのに歩いてピッチを後に? 躍進中のアーセナルDFコラシナツが負傷交代

アーセナルのボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツが危険なタックルを受けてピッチを退いた。 12日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第9節、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表(勝ち点7)vsフィンランド代表(勝ち点8)の一戦が行われた。 FWマーカス・フォルスのゴールでリードを奪ったフィンランド。このままゲームを進めたかったが、36分にカウンターを浴びて窮地に。速攻から裏を取ったコラシナツが左サイドで持ち上がると、DFユッカ・ライタラがスライディングで対応。これがコラシナツの足首を捉えてしまった。 ピッチにうずくまるコラシナツ。ライタラには危険なプレーとしてレッドカードが提示され、フィンランドは残り時間を10人で戦うことに。コラシナツもFWエルメディン・デミロビッチとの交代を余儀なくされてしまった。 退場者を出したフィンランドだが、その後追加点も奪い1-3で勝利。ウクライナ代表をかわして2位に浮上している。 一方のボスニア・ヘルツェゴビナはW杯への道が閉ざされることに。さらには負傷交代したコラシナツの容態も心配だ。 <span class="paragraph-title">【動画】足首への危険タックルを受けたコラシナツ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fi" dir="ltr">Jukka Raitala pihalle suoralla punaisella kortilla.<a href="https://twitter.com/hashtag/huuhkajat?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#huuhkajat</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/mmkarsinnat?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#mmkarsinnat</a> <a href="https://t.co/LjTZiAJaJL">pic.twitter.com/LjTZiAJaJL</a></p>&mdash; Vsportsuomi (@VSportSuomi) <a href="https://twitter.com/VSportSuomi/status/1459531999576834049?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.14 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

逃げ切り失敗のウクライナ、2位キープも首位フランスにプレッシャーをかけられず《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループD第8節、ウクライナ代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表が12日に行われ、1-1のドローに終わった。 首位のフランス代表(勝ち点12)を追走する2位のウクライナ(勝ち点8)と、3位のボスニア・ヘルツェゴビナ(勝ち点6)の上位対決は、。 試合は立ち上がりから優勢に試合を進めたウクライナが早い時間帯にスコアを動かす。15分、味方のスルーパスに反応してボックス左へ抜け出したツィガンコフからの正確なグラウンダーの折り返しを、ファーに走り込んだヤルモレンコが冷静に押し込んだ。 幸先よく先制に成功したウクライナは、以降も切り替えの場面で相手を上回って再三鋭い仕掛けを見せる。その流れからティムチク、ツィガンコフと追加点に迫っていく。 一方、最前線のジェコの確度の高いポストワークを軸に反撃を試みるボスニア・ヘルツェゴビナは、34分に右サイドからの高速クロスがファーに流れてコラシナツに決定機が訪れるが、2度のシュートはいずれもGKピアトフのビッグセーブに阻まれた。 ウクライナペースで進んだ試合は1-0のスコアのまま後半に突入。立ち上がりから互いに決定機まで持ち込むオープンな入りを経て、徐々に膠着状態に陥っていく。69分にはボックス手前でパスを受けたジェコが右に持ち出して見事なミドルシュートを枠の右へ飛ばすが、ここはGKピアトフの圧巻のワンハンドセーブに阻まれる。 それでも、後半半ばを過ぎて完全に試合の流れを掴んだボスニア・ヘルツェゴビナは77分、ピッチの幅を使った攻撃でウクライナの守備を揺さぶると、中央のプルチッチが浮き球で右サイドに展開したボールをステファノビッチがダイレクトで折り返すと、この浮き球のボールをボックス右に走り込んだアフメドジッチが見事なボレーで左隅へ流し込んだ。 この圧巻のチームゴールで追いついたはボスニア・ヘルツェゴビナは以降も優勢に試合を進めていくが、ホームで負けられないウクライナも何とかここから盛り返し、試合は拮抗した展開のままタイムアップを迎えた。 この結果、ウクライナは2位キープに成功したものの、1試合未消化のフランスにプレッシャーをかけることはできなかった。 また、同日行われた最下位カザフスタン代表(勝ち点3)と5位のフィンランド代表(勝ち点5)の下位対決は、アウェイのフィンランドが0-2で勝利し、4位に浮上している。 ウクライナ代表 1-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 【ウクライナ】 ヤルモレンコ(15分) 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】 アフメドジッチ(77分) カザフスタン代表 0-2 フィンランド代表 2021.10.13 06:34 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly