マインツのハンガリー代表FWサライが左ヒザ半月板損傷で手術

2021.09.20 21:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは20日、ハンガリー代表FWアダム・サライが手術を受けることとを発表した。

ハンガリー代表ではキャプテンを務めているサライ。今シーズンもここまでブンデスリーガで4試合に出場し1ゴールを記録していた。

しかし、18日に行われたブンデスリーガ第5節のフライブルク戦では、32分に負傷。ハーフタイムに交代していた。

クラブの発表によると、サライは左ヒザの半月板を損傷しているとのこと。21日にも内視鏡の手術を受け、その後リハビリに励むことになるという。

2019年夏にホッフェンハイムからフリートランスファーで加入したサライは、これまで公式戦137試合に出場し28ゴール14アシストを記録していた。


関連ニュース
thumb

シュツットガルト・伊藤洋輝が待望のブンデス初ゴール! 逆足で見事なコントロールショットを沈める

シュツットガルトのDF伊藤洋輝がブンデスリーガ初ゴールをマークした。 26日に行われたブンデスリーガ第13節のマインツ戦に日本代表MF遠藤航とともに先発出場を果たした伊藤。ゴールレスで迎えた21分にタイミングの良いオーバーラップからチャンスを迎えた。 中盤でのボール回しから左のDFボルナ・ソサへ展開されると、伊藤はここぞとばかりに前線へ駆け上がる。MFオレール・マンガラの落としをボックス左で受けると、逆足でゴール右隅に見事なコントロールショットを沈めた。 この夏にジュビロ磐田から加入し、8月28日の第3節フライブルク戦でブンデスリーガ初出場を飾った伊藤は、チームの台所事情も手伝ってチャンスを掴むと、ここまでリーグ戦では8試合に出場していた。 これまでは3バックの中央を任されることが多かったが、前節のドルトムント戦から3枚の左に。左足での精確な対角のフィードを含め、持ち味を生かしやすくなっていた。 この試合でも引き続きスリーセンターの左に配置された伊藤は、ブンデス9試合目にして待望の初得点を記録。利き足ではない右足でのゴールに本人も驚いたのか、喜びは思いのほか控えめだ。 ゲーム自体は苦しい時間が続いたものの、伊藤の先制点を含めて2-1でシュツットガルトが勝利。6試合ぶりの白星を手にしている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤洋輝が待望のブンデスリーガ初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="f8gvLO1yySk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.27 13:57 Sat
twitterfacebook
thumb

伊藤がブンデス初ゴール、シュツットガルトが6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは26日、ブンデスリーガ第13節でマインツをホームに迎え、2-1で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航とMF伊藤洋輝はフル出場している。 前節ドルトムントに善戦したものの敗れて3連敗となった16位シュツットガルト(勝ち点10)は、引き続き遠藤と伊藤が先発となった。 8位マインツ(勝ち点18)に対し、遠藤がボランチ、伊藤が左センターバックの[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは開始3分に決定機。マーモウシュがドリブルでボックス内に侵入してシュート。しかし、GKゼントナーのセーブに阻まれた。 その後、シュツットガルトがポゼッションを上げていた中、12分にピンチ。ロングカウンターを受けた流れからオニシウォに決定的なシュートを許すが、こちらもGKミュラーがセーブした。 すると21分、伊藤に嬉しいブンデス初ゴールが生まれる。マンガラのパスをボックス左に侵入した伊藤が右足でゴール右上へ見事なシュートを流し込んだ。 先制したシュツットガルトは26分、FKからPKを獲得しかける。GKゼントナーのパンチングがマヴロパノスの頭に当たったかと思われたが、正当なプレーだったとしてVARの末にノーファウル判定となった。 すると39分、CKから同点とされる。ハックのヘディングシュートが決まり、シュツットガルトは同点とされて前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にフェルスターが決定的なシュートを浴びせたシュツットガルトは、51分に勝ち越す。マンガラのパスを受けたボックス左のソサがニア上にシュートを突き刺した。 ソサのブンデス初ゴールでリードしたシュツットガルトが主導権を握ったまま、試合は終盤へ。マインツの反撃を許さず時間を進めた中、85分には昨季までワマンギトゥカの名でプレーしていた負傷明けのムヴァンパを投入。 2-1で逃げ切ったシュツットガルトが6試合ぶりの勝利を飾っている。 <span class="paragraph-title">【動画】なぜそこに伊藤洋輝が! 技ありのブンデス初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="f8gvLO1yySk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.27 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マインツがメインスポンサーのプロファイン社と2024年まで契約延長

マインツは19日、メインスポンサーのプロファイン社およびそのブランド『ケマーリング』との契約を2024年まで契約延長したことを発表した。 アジアや米国など世界22カ国に展開している化学メーカーのプロファイン社は2015年からマインツのパートナー企業としてサポート。 マインツのヤン・レーマン取締役はプロファイン社との契約延長について、「両社は、社会的・環境的責任、信頼性、チームスピリットといった共通の価値観を持っており、我々は困難な時期でも、短期的な結果に関わらず、パートナーシップを守り続けることで、その精神を持ってコロナ禍の危機を乗り越えてきた」とコメントした。 2021.11.20 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

復帰ハーランドが2発、ドルトムントがマインツに勝利で暫定首位浮上《ブンデスリーガ》

ドルトムントは16日、ブンデスリーガ第8節でマインツをホームに迎え、3-1で勝利した。 前節アウグスブルクに2-1と逃げ切り勝利とした3位ドルトムント(勝ち点15)は、ハーランドが公式戦5試合ぶりに復帰しスタメンとなった。 9位マインツ(勝ち点10)に対し、3トップにハーランド、ロイス、マレンと並べたドルトムントは開始3分に先制する。右サイドからムニエが上げたクロスのルーズボールをボックス中央のロイスが左足ボレーで豪快に蹴り込んだ。 先制したドルトムントは続く22分にムニエが際どいコントロールシュートを放つと、追加タイム1分にも決定機。ボックス左に抜け出したハーランドがGKと一対一になるも、シュートはGKゼントナーに阻まれた。 それでも迎えた後半、開始5分にPKでリードを広げる。ボックス内でのヴィドマーのハンドがVARの末、PK判定となった。 このPKをハーランドが決めてリードを広げたドルトムントは、66分にCKからフンメルスのヘディングシュートが左ポストに直撃。 終盤の87分、GKコベルのパスミスからブルクハルトにゴールを許して1点差とされたドルトムントだったが、追加タイム4分にダメ押しゴールを挙げる。 敵陣でベリンガムがボールを奪ってラストパスを送ると、ハーランドがGKとの一対一を制した。ハーランドの2発でマインツを下したドルトムントが暫定首位に浮上している。 2021.10.17 00:53 Sun
twitterfacebook
thumb

アウォニーのドッペルパックでウニオンがマインツに逆転勝利!原口は62分までプレー《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは3日、ブンデスリーガ第7節でマインツとアウェイで対戦し2-1で勝利した。ウニオン・ベルリンのMF原口元気は62分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ外となっている。 前節のビーレフェルト戦でリーグ2勝目を飾ったウニオンは、ミッドウィークに行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグのマッカビ・ハイファ戦からスタメンを6人変更。ボグルサマーやベーレンス、ベッカーらに替えてクルーゼやアウォニー、プロメルらをスタメンで起用。原口は公式戦2試合連続でスタメン出場、遠藤はベンチ外となった。 リーグ戦2試合勝利のないマインツに対し、ウニオンは23分にチャンス。自陣からのロングスルーパスに反応したクルーゼがボックス左横から折り返しを供給すると、ニアに走り込んだアウォニーが決定機を迎えたが、シュートは痛恨の空振り。 先制のチャンスを逃したウニオンは39分に失点する。マインツは中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ブルクハルトのパスでボックス左に侵入したオニシウォが右足アウトで折り返しを供給。最後はゴール前に走り込んだイングヴァルトセンが冷静にゴール左隅に流し込んだ。 迎えた後半は1点を追うウニオンが押し気味に試合を進める。すると59分、クルーゼのラストパスをボックス内で受けたアウォニーがワントラップが左足でシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 同点弾の遠いウニオンは、62分に原口を下げてベーレンスを投入。すると69分、自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けると中盤でパスを受けたクルーゼの絶妙なスルーパスに反応したアウォニーが相手マークを弾き飛ばし、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 試合を振り出しに戻したウニオンは、73分にも自陣からのロングフィードを対応したベルのクリアがベーレンスに当たると、こぼれ球に反応したアウォニーがボックス内まで持ち上がりシュートを冷静に流し込んだ。 その後、ウニオンは82分にアウォニーとクルーゼを下げてボグルサマーをメーヴァルトを投入し、試合をクローズ。アウォニーのドッペルパックで逆転勝利を飾ったウニオンが、今季初の連勝を飾った。 2021.10.04 00:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly