バルサがFWデンベレと契約延長へ、代理人と会談し2024年まで延長か

2021.09.18 18:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナがフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(24)との契約延長を考えているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。予てから契約延長の噂があったバルセロナとデンベレ。今シーズンはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがアトレティコ・マドリーへと移籍したことで空いた背番号「7」を背負うことが決定している。

ユーロ2020にはフランス代表として出場したデンベレだったが、右ヒザの大腿二頭筋腱の脱臼と診断され手術を実施。今はハムストリングの負傷からの復帰を目指してリハビリに励んでいる。

そのデンベレだが、代理人のムサ・デンベレ氏とゼネラルマネージャー(GM)を務めるマテウ・アレマニー氏が交渉を始めるとのこと。来週にも話し合いの場が設けられるという。

デンベレとバルセロナの契約は今シーズン終了までとなっており、バルセロナは来年1月になる前に契約を延長したいと考えているようだ。

従来はウイングでのプレーが主だったが、2020-21シーズンは中央でもプレー。その際にはゴールを量産するなど新境地を見せていた。

なお、デンベレもバルセロナとの契約を延長する意向があるとのこと。ただ、バルセロナは契約を結ぶまでは楽観視できないと考えているようだ。

『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナは2024年までの2年契約を提示しているとのことだ。

1 2

関連ニュース
thumb

アスピリクエタ、バルセロナと2年契約で合意か

チェルシーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタ(32)のバルセロナ移籍が進んでいるようだ。 2012年夏の加入以降、クラブ歴代7位の公式戦456試合に出場しているアスピリクエタ。2度のプレミアリーグ優勝や昨季のビッグイヤーなど、獲得したタイトルは8個を数える。 長らくキャプテンも務め、もはやレジェンドの域に達しているが、現行契約の満了まで半年を切り、退団の噂がちらつくように。その中で新天地候補筆頭に挙げられているのがバルセロナだ。 昨年11月に就任したチャビ・エルナンデス監督が高く評価しており、今夏にフリーになることから力を入れて32歳を口説きにかかっているようだ。 そして、スペイン人ジャーナリストのホセ・アルバレス・アヤ氏の最新の情報によれば、アスピリクエタとバルセロナは、契約延長オプションがついた2年契約で合意したという。 なおバルセロナは、チェルシーからデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンの獲得も狙っており、こちらも今夏で契約が切れる状況にある。 2022.01.25 22:19 Tue
twitterfacebook
thumb

女子スーペル・コパ決勝でバルセロナが相手選手を歓喜の胴上げ、脳腫瘍から復帰を全員で祝福

女子スーペル・コパ決勝で優勝したバルセロナが、大病から復帰を果たした相手プレーヤーを胴上げした。 23日、女子スーペル・コパ決勝、バルセロナvsアトレティコ・マドリーの一戦が行われた。 試合はノルウェー女子代表MFキャロライン・グラハム・ハンセンの3得点2アシストの活躍などで、7-0とバルセロナが圧勝。国内無双を誇る実力を見せつけた。 試合後には胴上げを行ったバルセロナの面々。だが、空へと舞ったのはMVPのハンセンではなく、アトレティコのスペイン代表MFヴィルヒニア・トレシジャだった。 2012年から2015年までバルセロナでもプレーしたトレシジャは、頭痛と腰痛を患い2020年5月に脳腫瘍と診断された。その後、スペインのパンプローナで腫瘍を取り除く手術を受けると、以降は化学療法治療を継続。2021年3月にはトレーニングへも復帰を果たした。 今年1月20日に行われたスーペル・コパ準決勝のレバンテ戦でついにベンチ入りまで漕ぎつけると、決勝でもベンチ入り。そして85分、ついにピッチへと舞い戻ってきた。 公式戦の出場はなでしこジャパンも参加していた2020年のシー・ビリーブス・カップ、3月11日のスペイン女子代表として途中出場したイングランド女子代表戦以来。観客もスタンディングオベーションで戻ってきた英雄を祝福した。 キャプテンマークを譲り受けたトレシジャはわずかな時間ながらピッチで躍動。バルセロナの選手も彼女の勇気を称え、試合後にはトレシジャを胴上げした。 トレシジャは試合後「(両クラブの)チームメイトとここに立てて、すべてを共有できることをとてもうれしく思います。ドレッシングルームやピッチにいられることは、とても特別なことです」と、喜びのコメントを残している。 <span class="paragraph-title">【動画】バルサイレブンに胴上げされるアトレティコMFトレシジャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJcDRpY1dKUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.01.24 21:10 Mon
twitterfacebook
thumb

今季3度目の負傷離脱も…ファティが復帰へ決意 「絶対に諦めない」

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティが復帰に決意を示した。 ファティは20日に行われたコパ・デル・レイ4回戦のアスレティック・ビルバオ戦で足を痛め、負傷交代。翌日の検査で左足ハムストリング近位の腱損傷が判明した。 2カ月程度の離脱が見込まれるファティは自身のTwitter(@ANSUFATI)を更新。復帰に向けた熱い想いを語った。 「残念ながら、僕は今キャリアで最悪の時期を過ごしている。だけど、僕は決して諦めない! 応援と愛に溢れたメッセージをくれて、本当にありがとう」 今季から背番号「10」を受け継いだファティは、昨季に負った左ヒザの内側半月板損傷によって、今季の開幕に出遅れると、チャビ・エルナンデス現体制が始動するタイミングでも左足大腿二頭筋を負傷。12日に行われたスーペル・コパのレアル・マドリー戦で復帰したばかりだった。 2022.01.24 18:01 Mon
twitterfacebook
thumb

アラベス戦辛勝のバルサ、チャビ監督「内容には満足していないが…」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が勝利の重要性を強調した。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは23日、ラ・リーガ第22節でアラベスと対戦した。前半から長い時間ボールを握り、多くのチャンスを作るが、得点には至らず。しかし、85分にMFフレンキー・デ・ヨングが土壇場でゴールをこじ開け、1-0で辛勝した。 アウェイの地で公式戦4試合ぶりの白星を手にしたチャビ監督は試合後、苦戦を認めつつ、3ポイントを手にした事実を評価した。 「勝利とは自信を得ること、そして自分たちのトレーニングを信じ続けることを意味する。チャンスが少なかったから、勝利を手にすることは難しかった」 「我々は見事なプレーをしたわけではない。自己批判をしなければならないのだ。試合を支配していたし、ポゼッションもしていたが、一対一の状況を生み出すのは困難で、我慢するタイミングも難しかった。しかし、我々は上位争いに加わっているのだ」 「アラベスをこの地で破ったのはレアル・マドリーだけだ。この非常に重要な勝利は、我々が自信を持ち、トレーニングを続けていくために必要なものだった。選手たちがチームのために苦しんでくれたことはとてもうれしい。我々は苦しみ方を知っており、大きな3ポイントを獲得した」 「こういった試合は予想していた。今日、我々は試行錯誤を続けていたが、その代償を払うことになった。また、クリーンシートを維持することも重要だった。試合内容には満足していないが、勝ったのは事実だ。選手全員が結果を出すのは難しい」 「ここで勝利を挙げたのはレアル・マドリーだけだった。しかし、もっと良いパフォーマンスをし、プレーモデルを良く理解しなければならない」 「選手たちも自信を失っている状態だったが、私はこの勝利をロッカールームで祝った。バルサでプレーするのは簡単ではなく、ここのシャツは他のチームより20キロも重い」 2022.01.24 13:34 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、18位アラベスに大苦戦も後半終盤のF・デ・ヨング弾で辛勝! 公式戦4試合ぶりの白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第22節、アラベスvsバルセロナが23日にエスタディオ・デ・メンディソローサで行われ、アウェイのバルセロナが0-1で勝利した。   スーペル・コパではレアル・マドリー、コパ・デル・レイではアスレティック・ビルバオにいずれも延長戦の末に敗れ、わずか数日間で2つのコンペティションから敗退したリーグ6位のバルセロナ(勝ち点32)。   今季の最優先事項となったトップ4フィニッシュに向けてバウンスバックの勝利が求められる今節は降格圏の18位に沈むアラベス(勝ち点17)と対戦した。チャビ監督は直近のアスレティック戦から先発3人を変更。出場停止のガビに代えてフレンキー・デ・ヨング、ダニエウ・アウベスとフェラン・ジュグラに代えてデスト、ルーク・デ・ヨングが起用された。   立ち上がりからボールの主導権を握って攻め手を窺うバルセロナは、13分に最初の決定機を創出。ボックス手前右でボールを持ったペドリから低いクロスが出ると、これをボックス中央のL・デ・ヨングが右足ボレーで合わせるが、これはわずかに枠の右。   その後は引き続きボールを握りつつ、ブスケッツ、ペドリを起点とした中央での繋ぎ、相手の背後を狙う前線の動きで揺さぶりをかけるバルセロナだが、なかなか相手の守備ブロックのバランスを崩し切れない。32分には自陣深くからブスケッツ、ペドリのラインで中央を突破しカウンターチャンスを得るが、左ウイングにポジションを移したフェラン・トーレスのカットインからの右足のミドルシュートは精度を欠く。   前半終盤にかけても攻めあぐねる状況が続いた中、ハーフタイム直前には相手のカウンターからペレ・ポンスにボックス内への抜け出しを許すが、ここは中途半端に放った力のないシュートをGKテア・シュテーゲンが難なく正面でキャッチし事なきを得た。   互いに選手交代なしで臨んだ後半も試合展開に大きな変化はなし。互いに疲労の影響から中盤にスペースが生まれ始める中、早い時間帯にゴールをこじ開けたいバルセロナだが、なかなか流れの中では決定機まで持ち込めない。63分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でペドリのストレート性のボールに反応したL・デ・ヨングがゴール至近距離からワンタッチシュートも、これはGK正面を突く。   後半序盤の内にゴールを奪えなかったバルセロナは71分、アブデを下げてニコ・ゴンサレスを最初の交代カードとして切り、攻撃時はニコとペドリをL・デ・ヨングの下に2シャドーとして置く[3-4-2-1]に近い布陣に変更。これで攻撃を活性化させたいところだったが、ホームチームに幾度か深い位置までボールを運ばれるなど、リズムを掴み切れない。   その後、85分にL・デ・ヨングを諦めてジュグラを投入したバルセロナは、土壇場でゴールをこじ開ける。87分、ブスケッツの相手陣内でのカウンタープレスから右サイドのフェラン・トーレスに大きく展開。ここからボックス手前でニコ、ジョルディ・アルバと短く繋ぐと、アルバが右足で出した絶妙な浮き球のクロスにオフサイドぎりぎりでボックス右に抜け出したフェラン・トーレスが同じく背後へ飛び出したF・デ・ヨングに丁寧なマイナスのパス。ゴール前ドフリーのオランダ代表MFが難なくこれを流し込み、ようやくアラベスの堅守をこじ開けた。   その後、後半ラストプレーとなったアラベスの右CKの場面でフリーにしたエドガル・メンデスにヘディングシュートを打たれるが、これはGKテア・シュテーゲンが正面で対応し、試合はこのままタイムアップ。   試合を通して攻め手を欠きながらも最後の最後でゴールをこじ開けたバルセロナが、公式戦4試合ぶりの白星を手にしてスーペル・コパ、コパ敗退のショックをわずかながら払しょくすることに成功した。 2022.01.24 06:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly