【J1注目プレビュー|第29節:名古屋vs横浜FM】無失点記録かかる名古屋、抜群の攻撃力誇る横浜FMとのホコタテ対決

2021.09.18 16:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第29節】
2021年9月18日(土)
19:00キックオフ
名古屋グランパス(4位/50pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt)
[豊田スタジアム]

◆19戦無失点なるか? 新エースにも注目【名古屋グランパス】

前節はホームに徳島ヴォルティスを迎えて3-0と快勝。3位のサガン鳥栖に勝ち点で並んでいる状況だ。

その名古屋は14日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の大邱FC戦をホームで戦い、4-2で勝利。2度先行される苦しい展開となったが、そのチームを救ったのが新ストライカーだった。

今夏加入したシュヴィルツォクは現役ポーランド代表FW。ユーロ2020にも出場した選手だが、チームへのフィットを徐々に果たすと、大邱FC戦では圧巻のゴールショー。個人の力で3ゴールを奪いきりハットトリックを達成し、チームのベスト8進出に貢献した。

今季の名古屋にとってのボトルネックだったのは得点力。堅守を売りとしながらも、得点が奪えずに負けることも多く、全く改善が見られなかったが、シュヴィルツォクの加入で改善を見せている。

Jリーグでは5試合で1得点とまだまだ力を見せていないが、ここからの躍動に期待。また、守備陣はここまで18試合をクリーンシート。今節も無失点で終えれば、対戦相手の横浜FMが持つJ1記録を塗り替えるだけに、勢いそのままに達成したいところだ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:ランゲラック
DF:成瀬竣平、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊
MF:稲垣祥、長澤和輝
FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢
FW:シュヴィルツォク
監督:マッシモ・フィッカデンティ

◆首位を追いかけるためには負けられない【横浜F・マリノス】

8月最後の試合で無敗を止められた横浜FMだが、前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-3と勝利を収め、連敗を避けた。

現在2位。見た目上は首位の川崎フロンターレと勝ち点差1だが、消化試合が違うため「4」と考えた方が良い。最終節での直接対決があるが、このままでは逆転は不可能。自力での優勝はない状況だ。

しかし、ここにきて川崎Fは2つのタイトルを続けて逃すことが確定。チームとして取りこぼしがないとは言えず、横浜FMは勝ち続けてチャンスをうかがいたいところだ。

苦手の鹿島戦では鳴りを潜めた攻撃陣だが、前節は3得点と問題はない。名古屋の強力なFWを守備陣が押さえる必要はあるが、攻撃力なら一枚も二枚も上手。チームとして名古屋を攻略し、上位対決をしっかりと制したい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン
MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏
FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然
監督:ケヴィン・マスカット


関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:横浜FMvs川崎F】意地をかけた竜虎の激戦、得点王に輝くのはどっちのエース!?

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2021年12月4日(土) 14:00キックオフ 横浜F・マリノス(2位/78pt) vs 川崎フロンターレ(1位/91pt) [日産スタジアム] ◆意地を見せたい【横浜F・マリノス】 前節は3位のヴィッセル神戸との対戦で0-2と勝利。これで2位が確定した。 このところ結果を残せず、川崎Fの連覇を大きく後押ししてしまった横浜FM。失速する中で、上位対決を制して2位を確保できたことは一つ安心材料となっただろう。 しかし、当初描いていた最終節とは大きく違う状況となってしまった。開幕戦で完敗した相手。互いにチームは大きく変わったが、優勝決定戦でこの戦いを迎えたかったはず。その悔しさを晴らすためにも、ここでリベンジを果たすしかない。 アンジェ・ポステコグルー監督が去り、ケヴィン・マスカット監督が率いてから、ベースは変わらずとも変化があった。そのチームがどこまで王者に通用するのか。来シーズンに向けても力を測る絶好の機会となるだろう。 そして最も注目されるのが得点王争い。22得点を決めてトップタイの前田大然が単独得点王になれるのかどうか。チームを勝利へ導くゴールで、個人タイトルも獲得したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、岩田智輝、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:仲川輝人、前田大然、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット ◆負けられない相手【川崎フロンターレ】 前節はガンバ大阪に4-1で快勝。勝ち点を90台に乗せることに成功した。 止まるところを知らない川崎Fは、この2試合とも4得点を奪っており、今シーズンの最多得点も見えてきた状況。磐石のシーズンとすることができる一戦だ。 早々に優勝を決め、プレッシャーはなし。ただ、天皇杯に繋げるためにもしっかりとした勝利が欲しいところ。また、負けて良い相手などいないため、しっかりと川崎Fらしさを見せたいところだ。 そして最注目は得点王争い。横浜FMの前田と並び、22得点で得点ランキングトップタイに並ぶFWレアンドロ・ダミアンが単独で得点王になれるかに注目だ。 シーズンを通してコンスタントにゴールを重ねてきたエースだが、この3試合で5得点。終盤にかけてまた調子を上げており、直接対決で決着をつけることになるだろう。3連勝締めにも期待だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、登里享平 MF:脇坂泰斗、橘田健人、旗手怜央 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 2021.12.04 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:清水vsC大阪】勝ち点1で自力残留、C大阪は大久保嘉人のJラストマッチ

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2021年12月4日(土) 14:00キックオフ 清水エスパルス(15位/39pt) vs セレッソ大阪(11位/48pt) [IAIスタジアム日本平] ◆勝ち点1で残留へ【清水エスパルス】 苦しい戦いを続けていた清水だがサンフレッチェ広島、浦和レッズを相手に連勝。3試合で勝ち点7を積み上げ、降格圏から離れた。 この7ポイントがなければ既に降格が決定していたと考えると、どれだけ大きなものだったか。特に守備陣が2試合連続クリーンシートで終えたことが勝ち点3を呼び込んでおり、引き分けに終わっていても降格圏という苦しい状況だっただけに、チームとして良い流れを生み出せている状況だ。 前節も後半アディショナルタイムに劇的ゴールを奪い勝利。粘りが出たことが残留に近づけている一方で、全く安心できないのが今節の戦いだ。 降格圏の徳島ヴォルティスとは勝ち点差「3」。16位湘南ベルマーレとも勝ち点差「3」だけに、引き分ければ残留が決まる。しかし、負けた場合、両チームが勝利すれば降格決定。得失点差のリードがほとんどないだけに、一気に転落の可能性もある。 清水としては、ここ2試合で見せた粘り強さと、アグレッシブに戦うことが何よりも重要視される。勝利を目指して戦い、リスクを回避してプレーできるかどうか。目の前の一戦で勝ち点を奪うことに集中したい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、ヴァウド、鈴木義宜、片山瑛一 MF:西澤健太、松岡大起、竹内涼、中村慶太 FW:鈴木唯人、チアゴ・サンタナ 監督:平岡宏章 ◆ラストマッチでストライカーは何を見せる【セレッソ大阪】 残留も決まり1桁順位にも届かないC大阪。目的は天皇杯制覇に切り替わっているはずだ。 しかし、この一戦はFW大久保嘉人にとってのJリーグでのラストマッチ。最もゴールを決めている男が、最後に何かを見せてくれそうな予感すらある。 チームとしては天皇杯へ繋げるためにも、しっかりと勝利を収めて終わりたいところ。当然のことながら勝利を目指して戦うことには変わりない。 さらに言えば、2004年から一度も勝てていないアウェイの清水戦。この鬼門を乗り越えれば、チームとしても大きな自信になることだろう。最後に打ち破り、勢いに乗ってアジアへ。C大阪の攻撃陣に注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、藤田直之、奥埜博亮、清武弘嗣 FW:大久保嘉人、山田寛人 監督:小菊昭雄 2021.12.04 11:22 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:G大阪vs湘南】指揮官の古巣対決となる湘南、守護神なき決戦で自力残留なるか

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2021年12月4日(土) 14:00キックオフ ガンバ大阪(13位/43pt) vs 湘南ベルマーレ(16位/36pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆負けられない一戦【ガンバ大阪】 名古屋グランパス、川崎フロンターレと上位との連戦で連敗を喫したG大阪。昨シーズン2位で終えたチームだったが、順位が示す通り、今シーズンは上位に立ち向かえる力を持ち合わせていなかったことを感じさせられた。 しかし、そんな苦しいシーズンもこれで終わり。ホームで終えられるということは、サポーターに最後の白星を届けるチャンスがあるということだ。 クラブ30周年を迎え、新シーズンからは新たなエンブレムで戦うことに。このG大阪のエンブレムで戦うラストマッチ。最後に良い形で締めくくれるのか、クラブの意地の見せ所だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:柳澤亘、昌子源、菅沼駿哉、藤春廣輝 MF:倉田秋、井手口陽介、奥野耕平、福田湧矢 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:松波正信 ◆守護神不在も自力で掴み取れ【湘南ベルマーレ】 前節は悲しいオリベイラの訃報があった中、残留争いのライバルである徳島ヴォルティスを相手に0-1で敗戦。J2降格の可能性が再燃することとなってしまった。 チームにとっては難しい一戦となった中、踏ん張りを見せていた中で敗れてしまった。気持ちを切り替えるという簡単な言葉では乗り越えられない悲しいニュースがあった中、ここで残留を掴まなければいけない。 得失点差では完全に優位に立っている状況だけに、ここで勝ち点3を取れば間違いなく残留できる。しかし、引き分けに終われば、徳島が勝利した場合は降格決定。負ければ、徳島が引き分けても降格となるだけに、湘南としては勝利が必要だ。 山口智監督にとっては古巣対決。コーチも務めていただけに、選手個々の特徴はよく理解しているはずだ。しかし、皮肉なことにこの大事な最終節で正守護神としてチームを支えたGK谷晃生が契約上の理由で出場不可に。出番が限られていたGK富居大樹に託されることとなる。 意地を見せられるかどうか。湘南の大事な90分の結末は。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:富居大樹 DF:石原広教、大岩一貴、山本脩斗 MF:岡本拓也、田中聡、畑大雅 MF:茨田陽生、平岡大陽 FW:ウェリントン、タリク 監督:山口智 契約上出場不可:谷晃生 2021.12.04 11:09 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:徳島vs広島】逆転残留へ! ホームで勝利し吉報待つのみ

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2021年12月4日(土) 14:00キックオフ 徳島ヴォルティス(17位/36pt) vs サンフレッチェ広島(12位/46pt) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] ◆果報は勝って待て【徳島ヴォルティス】 いよいよ長い戦いもこれが最後。徳島にとっては、非常に大事な一戦となる。 J2へ降格するのは残り1チーム。3チームのいずれかがJ2へと降格するが、最も不利な位置にいるのが徳島だ。現在降格圏。16位の湘南ベルマーレとは勝ち点で並んでいる状況。15位の清水エスパルスとは勝ち点差3だ。 徳島に求められることは勝ち点を取ること。最低でも「1」、できれば「3」が欲しいところだ。湘南との勝ち点は並んでいるが、得失点差は「14」も離れており、最終節1試合でひっくり返ることはまずないと考えて良い。 一方で勝ち点差「3」ある15位の清水とは得失点差は「1」。勝利すれば必然的に埋まるだけに、清水と入れ替わる可能性も大いにある。 ホームで迎えるラストマッチ。ここ2試合守備が安定し、連勝と最後の最後に捲り上げてきた。アウェイ3連戦という過酷な戦いでも可能性を失わなかった選手たちがまずは勝利で、他会場の結果を待ち、ファンと喜べるか。監督交代後結果が出ていない広島に付け入る隙は大いにある。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:岸本武流、カカ、福岡将太、ジエゴ MF:鈴木徳真、岩尾憲、藤田譲瑠チマ FW:宮代大聖、垣田裕暉、西谷和希 監督:ダニエル・ポヤトス ◆意地の初白星なるか【サンフレッチェ広島】 最後に勝利したのは10月3日。2カ月白星から遠ざかっている。城福浩監督が去り、沢田謙太郎氏が暫定指揮を執る体制に変わったが、状況は好転しなかった。 今シーズンは不安定な戦いを続け、4バックにトライした中で、3バックのスタイルに変更。しかし、それが迷いを生んだのか、煮え切らない試合展開が多く、勝ちきれない試合、追いつけない試合が後半戦は特に多かった。 前節もFC東京との新体制対決だったが、先制しながらも2失点で敗戦。直近4試合でわずかゴールは「2」、失点は「9」と噛み合っていない状況が数字からも見て取れる。 来シーズンJ1で戦うことは決定しており、新監督もドイツ人指揮官のミヒャエル・スキッべ氏(56)の就任が発表された。新型コロナウイルス(COVID-19)の変異株の影響で入国問題が浮上しそうだが、来季につながる戦いを見せられるか。沢田体制初勝利でシーズンを締めくくりたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、塩谷司、青山敏弘、東俊希 MF:柴崎晃誠、エゼキエウ FW:鮎川峻 監督:沢田謙太郎 2021.12.04 10:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第37節:神戸vs横浜FM】3位確保を目指す神戸、2位を死守したい横浜FMの上位決戦

【明治安田生命J1リーグ第37節】 2021年11月27日(土) 14:00キックオフ ヴィッセル神戸(3位/70pt) vs 横浜F・マリノス(2位/75pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆3位確定を【ヴィッセル神戸】 前節は横浜FCを相手にアウェイで0-2で勝利。相手のJ1残留の夢を経つとともに、3位確保へまた前進した。 現在3連勝、6戦無敗と調子を上げている神戸。3位を争い名古屋グランパスが取りこぼしたこともあり、勝ち点差は「5」に広がった。 今節勝利すれば3位が確定。その相手は2位の横浜FMだが、勝ち点差は「5」。神戸は連勝し、横浜FMが連敗すれば、2位になる可能性が残されている。 これまでのJ1での最高位は2016年の7位(2ステージ制)だが、それ以上は確定。自力でACL出場権を獲得し、最高の結果を残せるかに注目が集まる。 選手たちも充実。攻守にわたって高いパフォーマンスを続けており、三浦淳寛監督の続投も決定。磐石の神戸をホーム最終戦で見せつけられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍 MF:アンドレス・イニエスタ FW:武藤嘉紀、大迫勇也 監督:三浦淳寛 ◆大失速でピンチも2位確保へ【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦で2-1と敗れた横浜FM。直近4試合で3敗と一気にチームは下降線を辿っている。 一時は首位の川崎フロンターレに肉薄し、最終節までも連れ込むかと思わせた中、8月以降は取りこぼしが目立つことに。9月以降は4勝1分け4敗と五分の成績となっている。 その横浜FMだが、実は2位の座も危うい状況に。今節神戸に負ければ、勝ち点差は「2」となり、最終節は川崎F戦。連敗ともなれば、最悪の結末だが、その前にしっかりと勝利して2位を確保したいところだ。 ポイントは決定機をいかに生かすか。FC東京戦は相手のモチベーションがなかったこともあり8ゴールを奪ったが、その前後のガンバ大阪戦、浦和戦は決定機を生かせず。相手の少ない決定機を決められて負けるという結末だった。 今節も課題は変わらず、いかに先に点を取るか。スペクタクルな試合を神戸とともに見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、岩田智輝、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:仲川輝人、前田大然、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 2021.11.27 11:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly