「めっちゃ爽やか」デュセルドルフの田中碧が散髪してスッキリ!週末にはリーグ首位と対決

2021.09.17 13:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デュッセルドルフに所属するMF田中碧がドイツでの生活に適応しているようだ。

田中は6月に川崎フロンターレからデュッセルドルフへの移籍が発表。U-24日本代表の一員として東京オリンピックに参加した後、渡独した。

チームへの合流後、ブンデスリーガ2の2試合に出場した田中は、9月のインターナショナルウィークで日本代表に招集されずにクラブに残ると、12日に行われた第6節のエルツゲビルゲ・アウエ戦にもインサイドハーフとして先発出場。味方のオフサイドで惜しくも取り消しになったもののミドルシュートからゴールネットを揺らすなど、攻守に積極的に絡み、84分までプレー。合流してから1分け1敗だったチームの勝利に貢献した。

着々と存在感を増している田中だが、デュッセルドルフの日本語版公式ツイッターが最新のトレーニングの様子を公開。「特別ですよ?新しい髪型でホームゲームの準備に入ります」と田中が散髪した姿を投稿した。

この投稿にファンからは「髪切ってる!」「いいねえ」「精悍」「めっちゃ爽やか」「かっこよすぎる」といった声や、SNSを頻繁には更新しない田中の姿を見せてくれる公式ツイッターに「ありがとうございます」と感謝する声もあった。

デュッセルドルフは18日、第7節でリーグ首位のレーゲンスブルクと対戦。田中の4試合連続出場と初ゴールにも期待が懸かる。



1 2
関連ニュース
thumb

日本からの長旅で戻った田中碧についてデュッセルドルフ指揮官「選択肢に入る」とHSV戦で起用の可能性

デュッセルドルフのクリスティアン・プロイサー監督が、代表活動に参加していたメンバーについて言及。日本代表MF田中碧についても語った。 田中は、10月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に招集。7日のサウジアラビア代表戦は出場機会がなかったものの、12日のオーストラリア代表戦では先発フル出場。日本代表初ゴールを記録し、チームの勝利に貢献した。 代表活動を終えて日本からドイツへと戻った田中。14日のトレーニングには参加せず、リカバリーを個別に行っていた。 プロイサー監督は、16日に控えるブンデスリーガ2部第10節のハンブルガーSV戦に向けた記者会見に出席。代表メンバーについて言及し、田中がトレーニングには参加していないと語った。 「全ての選手が戻ってきた。長い旅をした(田中)碧だけが、今日はトレーニングをしなかった」 「ただ、明日からフルで練習を再開する予定だ。土曜日の試合では彼は選択肢に入るだろう」 「残りの選手は全員トレーニングをしている。フェリックス・クラウスも戻ってきた」 また、ハンブルガー戦についても言及し「HSVに対してはしっかりとした守備をしなければいけない。ハンブルクでは大歓声の中での戦いとなるだろう。準備は万全だが、90分間示さなければいけない」と語り、アウェイゲームの難しさを語った。 さらに、U-21ドイツ代表に招集されていたMFアペルカンプ真大が新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定を受けた件についても触れ、「もちろん、シンタのコロナ感染のニュースは嬉しいものではない。ただ、残念ながらこれも仕事の一部だ」としながらも、「ただ、最も重要なことは、彼がすぐに元気になることだ」と回復を願った。 <span class="paragraph-title">【写真】リカバリーに励む田中碧</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">日本代表での試合出場と長距離移動を考慮して今日はリカバリー<br><br>碧、おかえり<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フォルトゥナ</a> | | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> <a href="https://t.co/SQqwROWBdB">pic.twitter.com/SQqwROWBdB</a></p>&mdash; フォルトゥナ ・デュッセルドルフ (@F95_jp) <a href="https://twitter.com/F95_jp/status/1448581368741511172?ref_src=twsrc%5Etfw">October 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.15 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

U-21ドイツ代表離脱のアペルカンプ真大、新型コロナ陽性…典型的な症状もあり隔離措置

デュッセルドルフは14日、U-21ドイツ代表MFアペルカンプ真大の新型コロナウイルス(COVID-19)感染を発表した。 クラブの発表によると、アペルカンプ真大は受けていたPCR検査の結果が判明し、陽性判定となったとのことだ。なお、13日から自宅で隔離生活を送っているという。 アペルカンプ真大は、U-21ドイツ代表の活動に参加。しかし、ドイツサッカー連盟(DFB)が突然の離脱を発表。病気のためにチームへ戻ったとされていた。 なお、デュッセルドルフによるとアペルカンプ真大は、2度のワクチン接種が完了していたものの、新型コロナウイルスの典型的な症状があるとのことだ。 三菱養和SCユース出身のアペルカンプ真大は、日本とドイツのハーフ。デュッセルドルフの下部組織に加入し、順調に昇格を果たすと、2020-21シーズンにファーストチームに昇格。メキメキと頭角を現し、ブンデスリーガ2部で21試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。 今シーズンもここまで開幕からリーグ戦9試合に出場し1ゴール1アシスト。すると、9月にトレーニングメンバーとして招集されていたU-21ドイツ代表で、選手不足からメンバーに抜擢。10番を背負い、U-21欧州選手権予選に出場していた。 10月もU-21欧州選手権予選に向けたメンバーに招集されていたが、ハンガリーから緊急帰国していた。 2021.10.14 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表入りも期待のアペルカンプ真大が病気によりU-21ドイツ代表を緊急離脱…デュッセルドルフはPCR検査の結果待ちと報告

日本代表入りも期待されているU-21ドイツ代表MFアペルカンプ真大が、急遽クラブに戻っていたようだ。 三菱養和SCユース出身のアペルカンプ真大は、日本とドイツのハーフ。デュッセルドルフの下部組織に加入し、順調に昇格を果たすと、2020-21シーズンにファーストチームに昇格。メキメキと頭角を現し、ブンデスリーガ2部で21試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。 今シーズンもここまで開幕からリーグ戦9試合に出場し1ゴール1アシスト。すると、9月にトレーニングメンバーとして招集されていたU-21ドイツ代表で、選手不足からメンバーに抜擢。10番を背負い、U-21欧州選手権予選に出場していた。 10月の活動にも招集されていたアペルカンプ真大だったが、ドイツサッカー連盟(DFB)が突然の離脱を発表。クラブへと戻るとしていた。 デュッセルドルフは、アペルカンプ真大について、「病気のためにU-21ドイツ代表を後にした」と説明。「PCR検査は完了した。結果はまだ入手できていない」とし、新型コロナウイルス(CVOVID-19)に感染しているかどうかは、現時点で不明だという。 日本代表MF田中碧はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦で先発起用され、代表初ゴールとなる先制点を記録。チームの勝利に貢献していた。なお、田中は13日にチームに戻る予定とされている。 2021.10.14 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「さらに頑張ります!」田中碧の意気込みに先輩・守田英正から厳しい言葉!? 久保建英や堂安律もエール

日本代表MF田中碧が、改めてオーストラリア代表選を振り返った。 日本は12日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4戦でオーストラリアと対戦した。 最終予選3連勝で首位に立ち、2次予選から11連勝中のオーストラリアをホームに迎えた日本だったが、8分に田中が初先発で初ゴールを記録。後半にアルディン・フルスティッチが直接FKを叩き込み同点に追いつかれるも、86分に浅野拓磨が抜け出してシュート。これがオウンゴールを誘発し、2-1で勝利を収めた。 この試合で日本代表3試合目、最終予選で初先発となった田中は自身のインスタグラムに改めて心境をつづった。 「たくさんの方のおかげで素晴らしい舞台でサッカーさせてもらいました。ここからさらに頑張ります!」 この投稿に対しては、東京オリンピックで戦い、今回の2試合にはケガで参加できなかったMF久保建英(マジョルカ)とMF堂安律(PSV)が反応した。 久保は「とても上手い/Joga muito」とメッセージを送れば、堂安は炎と拍手の絵文字でエールを送っていた。 一方で、同じピッチに立っていた川崎フロンターレの先輩であるMF守田英正からは「落ちてサボるな」と厳しい言葉。しかし「Joga muito」とポルトガル語で「良いプレーだった」とも書かれており、後輩の活躍をねぎらっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】田中碧が改めて気持ちを綴り、久保や堂安が反応</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CU-JufPKPlg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CU-JufPKPlg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CU-JufPKPlg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ao Tanaka / 田中 碧(@tnk_0910)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】やっぱり上手い!改めて田中碧の日本代表初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>大きな大きな先制点!!<br>「<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> よく決めた!!」<br>\<br><br>南野のパスを受けた逆サイドの田中碧が右足で流し込んだ!!<br><br>AFCアジア予選<br>日本×オーストラリア<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> でライブ配信中<br>メイン戸田和幸/岡田武史/西岡明彦<br>裏Ch矢部浩之/中村憲剛/岩政大樹<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%80%86%E8%A5%B2%E3%81%AE10%E6%9C%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#逆襲の10月</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%93%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84%E3%81%AB%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%82%92%E6%87%B8%E3%81%91%E3%82%8D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#この戦いにすべてを懸けろ</a> <a href="https://t.co/siDGYijxiw">pic.twitter.com/siDGYijxiw</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1447871732778426372?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.14 08:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「力を100%出すことが大事」初のW杯予選に臨む田中碧、アピールのカギは「いかに自分がピッチで田中碧を表現できるか」

日本代表は4日、サウジアラビアのジッダでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けた活動をスタートさせる。 週末の試合を終えて選手たちが続々と合流。先んじてジッダ入りしていた森保一監督に加え、現時点では11選手が合流。遠藤航、室屋成、田中碧、川島永嗣、植田直通、オナイウ阿道、浅野拓磨、橋岡大樹、守田英正、冨安健洋、中山雄太が現地入りし、新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陰性が確認されている。 4日からトレーニングがスタートする中、MF田中碧(デュッセルドルフ)がメディアのオンライン取材に応対。自身初のW杯予選参加への心境を語った。 「もちろん凄く光栄なことだと思っていますし、小さい頃から常に目指してきた場所ではあるので、凄く嬉しい気持ちもあります。選ばれることもそうですが、自分が試合に出ることが一番の目標です。そこで勝利に貢献することが目標です」 「時間もあまりないですが、自分らしさを出していき、色々な先輩から吸収していければと思います」 田中は2019年12月に行われたEAFF E-1サッカー選手権で日本代表デビュー。国内組のみでの参加となった大会で代表歴がある。 しかし、その後は招集を受けず。東京オリンピックに向けたU-23日本代表で活動すると、東京オリンピックでは、遠藤とともに5試合に出場し、主軸を担った。 今シーズンからは自身が育った川崎フロンターレを離れ、ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフでプレーする田中。ドイツでの経験については「少しずつ自信はついてきていますが、色々な選手と比べても自分が足りない部分があるのはわかっていますし、そういうものを少しずつ埋めていければ上に行けると思っています」と語り、課題が見つかっているとコメント。「色々なものを見られる機会であり、自分を知ってもらう機会であり、色々な選手から吸収したいと思います」と、今回の代表活動でも多くの学びを得たいとした。 ゲームを読む力に長け、判断力に特長がある田中だが、アピールポイントとしては「自分がどこで受けてボールを前進させるか、ゲームを上手く作るところというか、ゲームの流れを作るところは自分のボランチでプレーした時に出せればと思います」と語り、試合の流れを作り出す役割をしたいとコメント。また守備面については「守備の部分でもまだまだ足りないと思いますけど、より強く行ける部分は、ドイツでも自分に足りないと感じながら少しずつ手応えを感じているので、出していければと思います」と、1カ月程度ではあるがドイツでの成長ぶりを見せたいとした。 2度目の代表招集ではあるが、ほぼ初めてでもある状況。今回の短いスパンでやりたいことについては「まずは自分自身がプレーで示さないと、何を言っても意味がないと思います。これだけできることを示しながらも、自分が要求したいことはピッチ内ではどんどん行きたいです」と語り、ピッチ上のパフォーマンスで表現したいとし、「まずは、いかに自分がピッチで田中碧を表現できるかが信頼につながると思います。初めての選手も多いので、1回1回の練習で大事になると思います」と、少ないトレーニングでもしっかりとアピールしたいと意気込んだ。 ドイツで身につけたものについては「納得のいくというか、自分も凄く良い出来だとは思っていません。ただ、今までとやってきたことが違うので、難しいと感じることもあります。あまり意識していなかったセカンドボールの反応などは求められることが多いので、意識の向け方は今までと違うので、細かい部分を出せればと思います」と、川崎F時代にはあまりなかったことをしているとし「もっとやらなければいけないとチームの中でも感じています。少し感じたものを出していければと思います」と、課題と思っている部分をしっかりと見せたいとした。 チームで求められるものについては「フロンターレとは間違いなく違いますし、ボールを保持する時間も僕のチームはそんなに長くないです。守備する時間も長く、とってカウンターに出る回数も多いです。ゲーム体力の使い方は全然違います。もっと慣れなければいけないと思います」と、戦い方が変わり、やることやペースも変わったとコメント。「僕はうまくできなかったので、ここで苦しみながらも少しずつ成長していけば、良くなっていくと思います」と、早くフィットできていないことから色々学ぶとした。 また、成長できた部分は感じていないとし、逆に足りない部分を多く見つけた1カ月だったとし「成長しなければいけない部分を感じました。ボックスに入る部分はあまり考えてこなかったですが、クロスに対して2列目の自分が入ることは要求されていますし、点を取るためにどうするかを考えたらゴール前に入らないといけないです」とコメント。また「セカンドボールを拾って攻撃につなげなければいけないですし、ボールを良い状態で受けられる場面も少ないですし、周りの選手も前に行きたがるので、そこに合わせなければいけないと感じていますし、そこがすごく課題だと思っています」と、セカンドボールを拾った後の攻撃の仕方や、周りとの連係はさらに成長させる必要があると感じているようだ。 日本代表も遠藤に始まり、守田、そして柴崎岳(レガネス)と同じポジションのライバルは多い。その中で勝負できるポイントについては「それぞれの特徴は僕が言うまでもなく、皆さんがご存知の通り素晴らしいものを持っています。自分にないものを持っているのは間違いないです。僕もそういった選手たちにないものを持っていると思います。ゲームを作るとは思っていないですが、流れをうまく循環させるプレーは自信を持っています」と、試合の流れを作っていく能力は長けているとコメント。さらに「前につけるボールは、一発のスルーパスはなかなか得意ではないですが、くさびや裏に出すボールは勝負できるんじゃないかなと思っているので、そこで自分の良さを出せればと思います」と、攻撃面でも見せられるものはあると語った。 初の最終予選。緊張もあるとした田中だが、しっかりと受け入れることが大事だとコメント。また、目標は勝利に貢献することだとした。 「もちろん緊張感はあると思いますし、自分もまだ立っていないので分からないですが、始まった時に固くなるのは想像できます。その中で90分を通して、いかに早く試合を察知して、自分のプレーができるかどうか。緊張を受け入れながらできれば良いのかなと思います」 「自分の力を100%出すことが大事だと思うので、気負ってやらない方が良いと思います」 「勝つことが一番の目標ですし、勝たなければ何も繋がらないと思っているので、そこに対して自分がピッチで勝利に貢献できればと思います。欲を言えば点を取って、チームを勝たせるプレーができればと思います」 2021.10.04 19:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly