インテルが3rdユニフォームを発表!クラブエンブレムがカラフルに

2021.09.16 07:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは14日、2021-22シーズンの3rdユニフォームを発表した。

黒がベースのユニフォームは襟付きで、胸元にあるオレンジ、水色、黄色、緑の4色が斜めのストライプが特徴。このユニフォームは、インテルの理念である包括と平等の価値観のもと、多様性を受け入れ、あらゆる形態の差別を排除することを表現したデザインになっている。

サプライヤーであるナイキのロゴはオレンジで、インテルのエンブレムは、水色、黄色、緑の3色で構成されている。

ショーツも黒が基調で、水色がアクセントに。ソックスにも黒、黄色、緑が用いられている。



1 2
関連ニュース
thumb

【セリエA第9節プレビュー】イタリア&太陽ダービー開催

前節行われたビッグマッチ2試合ではラツィオがインテルを、ユベントスがローマをそれぞれ下す結果となった。そして開幕からの連勝を続けるナポリがトリノを下し、そのナポリを2ポイント差で追う2位ミランがヴェローナに逆転勝利を飾った。迎える第9節もビッグマッチ2試合が組まれている。 まずは日曜ナイトゲーム開催のインテルvsユベントスのイタリア・ダービーから。3位インテル(勝ち点17)は前節ラツィオに1-3で敗戦。先制しながらも後半の3失点でリーグ初黒星を喫した。ただ、火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではFWジェコの1ゴール1アシストの活躍で曲者シェリフを下して今季のCL初勝利を挙げた。すかさずバウンスバックに成功した中、ユベントス撃破となるか。 一方、5位ユベントス(勝ち点14)はローマにウノゼロ勝利を飾った。開幕から乱調の続いていたGKシュチェスニーのPKストップに救われ、勝利をもぎ取った形だ。アッレグリ監督の下、かつての堅守を取り戻しつつある中、水曜に行われたCLでもゼニト相手にウノゼロ勝利と堅守を発揮。公式戦4戦連続1-0の勝利とユベントスらしさが戻っている中、ダービー勝利となるか。 続いてイタリア・ダービー前に行われるローマvsナポリの太陽ダービー。4位ローマ(勝ち点15)は前述のようにユベントスに惜敗。不運な判定もあってゴールが認められず、名手ヴェレトゥのローマ加入後初のPK失敗によって敗戦となってしまった。ただ、内容は悲観するものではなかったため、連勝を続けるナポリを下して勢いに乗りたいところだ。 対する首位ナポリ(勝ち点24)は前節、FWインシーニェのPK失敗などもあってトリノに苦戦を強いられながらも終盤のFWオシムヘン弾でウノゼロ勝利とした。開幕8連勝と絶好調を維持するチームは、ローマとのダービーを制して連勝を9に伸ばせるか。 そのナポリを追走する2位ミラン(勝ち点22)は8位ボローニャ(勝ち点12)とのアウェイ戦に臨む。ミランは前節、MFディアスとDFテオ・エルナンデスをコロナ陽性で欠いた中、ヴェローナ相手に大苦戦。前半に2点のリードを許す展開を強いられた中、後半の3発で見事な逆転勝利を飾った。しかし、火曜に行われたCLではポルトに0-1のスコア以上の差で完敗。3連敗でグループステージ突破が絶望的となった中、切り替えてボローニャ戦に臨めるか。 インテルにリーグ初黒星を付けた5位ラツィオ(勝ち点14)は、12位ヴェローナ(勝ち点8)とのアウェイ戦に臨む。インテル戦では結果、内容ともに十分なものとなったラツィオ。ボローニャ戦の完敗を払拭した中、ミランに善戦したヴェローナ撃破となるか。 そのラツィオと同勝ち点のアタランタは10位ウディネーゼ(勝ち点9)とのホーム戦に臨む。アタランタは前節エンポリに4-1と快勝。ミラン戦の敗戦を払拭した。上位をしっかりと追走する中、水曜に行われたCLではマンチェスター・ユナイテッド相手に2点をリードするも逆転負け。悔しい敗戦となった中、リーグ戦に切り替えられるか。 最後に守備の崩壊が止まらないDF吉田の17位サンプドリア(勝ち点6)は、金曜に16位スペツィア(勝ち点7)との下位対決に臨む。前節カリアリ戦も3失点を喫し、ここ4試合で13失点を喫しているサンプドリアだが、吉田は守備の立て直しに貢献できるか。 ◆セリエA第9節 ▽10/22(金) 《25:30》 トリノvsジェノア 《27:45》 サンプドリアvsスペツィア ▽10/23(土) 《22:00》 サレルニターナvsエンポリ 《25:00》 サッスオーロvsヴェネツィア 《27:45》 ボローニャvsミラン ▽10/24(日) 《19:30》 アタランタvsウディネーゼ 《22:00》 ヴェローナvsラツィオ フィオレンティーナvsカリアリ 《25:00》 ローマvsナポリ 《27:45》 インテルvsユベントス 2021.10.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「良い試合だったが…」今季CL初勝利も課題を語るインテル指揮官「もっとゴールを奪えたはず」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、シェリフ・ティラスポリ戦の勝利について喜びと課題を語った。イタリア『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。 19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD・第3節でホームにシェリフを迎えたインテル。34分にFWエディン・ジェコが先制点を叩き込むと、一度は追いつかれながらもMFアルトゥーロ・ビダル、DFステファン・デ・フライのゴールで勝ち越し、3-1で試合終了。今季のCL初白星を挙げている。 試合後のインタビューに答えたインザーギ監督は、開幕2試合でシャフタール・ドネツクとレアル・マドリーを下し、台風の目となっているシェリフ撃破の喜びを語りつつ、チームの課題に言及。また、この試合で1ゴール1アシストの活躍を見せたビダルを称賛した。 「我々はやるべきことをやった。シェリフは2連勝しており、勢いづいた状態で乗り込んでくると分かっていたので、難しい試合になるだろうと思っていた。私たちはチームとして多くを生み出したよ」 「良い試合を表現できたが、多くの課題がある。危険なカウンターを4、5回許してしまったので、これは改善しなければならない。13、14回の決定機を作って非常に良いサッカーを展開したのは確かだが、もっと多くのゴールを奪うことができたはずだ」 「ビダルは熱意を持って練習し、常に試合に出たいと思っている。彼と(アレクシス・)サンチェスはラツィオ戦でプレーしたかったはずだが、今夜は2人が重要になると思ったので温存していた。ビダルはこのチームにプラスアルファをもたらす存在であり、少年のような情熱を持っているよ」 そして、指揮官は負傷して戦線離脱中の選手にも言及。過密日程を戦うには総力戦で挑む必要があると主張した。 「(ハカン・)チャルハノールはまだ休んでおり、(ホアキン・)コレアは100%ではない。(ロベルト・)ガリアルディーニはじきに戻ってくる。我々は皆を待っているのだ。3日ごとにプレーするには皆の助けが必要だよ」 2021.10.20 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェコの1G1Aでインテルが旋風シェリフを下して初勝利《CL》

インテルは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でシェリフをホームに迎え、3-1で勝利した。 前節シャフタールに引き分け、1分け1敗スタートとなったインテルはジェコとラウタロ・マルティネスの2トップで臨んだ。 シャフタール、レアル・マドリー相手に2連勝スタートとし、今季のCLでサプライズを与えているモルドバ王者シェリフに対し、インテルが立ち上がりから支配すると、34分に均衡を破った。 左CKからファーサイドに流れたボールをジェコが左足ボレーでうまく合わせてゴールに突き刺した。 しかし迎えた後半、52分に同点とされる。ボックス手前右、約25mの位置からティルに直接FKを決められた。 それでも6分後、ジェコのスルーパスでボックス左に進入したビダルが左足でシュートを決めきって勝ち越しに成功する。 そして67分に勝負を決めた。左CKからファーサイドのダンフリースが折り返すと、デ・フライがボレーで蹴り込んだ。3-1で勝利したインテルが今大会初白星を飾っている。 2021.10.20 06:13 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、ラウタロとの契約延長が間近に! 5年契約締結へ

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(24)の契約更新が間も無く発表されるようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 現行契約が2023年までとなっているラウタロ。今夏には多くのクラブからの関心が伝えられた一方、契約更新の噂も上がるなど、様々な情報が錯綜していた。 しばらく移籍市場を賑わす存在だったが、その立ち位置も終わりを迎えそうだ。ファブリツィオ・ロマーノ氏によると、新たに5年契約を締結し、インテルも発表の準備を整えている段階のようだ。「公式発表は時間の問題」と、ツイッターを通じて伝えている。 2018年7月にアルゼンチンのラシン・クラブから加入したラウタロは、初年度こそセリエA27試合で6ゴールと鳴かず飛ばずだったものの、2年目は14ゴール、3年目は17ゴールと、着実に存在感を高めていった。 そして4シーズン目を迎えた今季は7試合で早くも5ゴールを記録。FWロメル・ルカクが去ったチームで得点源の一人として気を吐いている。 2021.10.19 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

CL未勝利のS・インザーギ、連勝のシェリフを警戒「彼らは偶然でマドリーを倒したわけではない」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)で台風の目となっているシェリフ・ティラスポリへの警戒心を高めている。クラブ公式サイトが試合前コメントを伝えた。 ここまで1分け1敗と、グループ最下位に終わった昨季のCLに続いて苦戦を強いられているインテル。19日に行われる第3節のシェリフとのホーム戦で初勝利を目指す。 ただ、国としてもCL初出場のモルドバ王者は、ここまでレアル・マドリーとシャフタール・ドネツクに連勝を収め、堂々首位。S・インザーギ監督はそれが運によるものではないと強調し、警戒すべき点を挙げた。 「シェリフは偶然で2勝したわけではない。彼らは熱意を持ってここへやってくるだろう。彼らは組織された守備で低く守り、カウンターに強い選手がいる」 「攻めることはもちろんだが、距離感を失わないことも大切だ。この試合は、我々がCLに出場するだけの資格があるかどうかを確認する重要な試合となるだろう」 S・インザーギ監督はまた、FWアレクシス・サンチェスとMFアルトゥーロ・ビダルの2人のチリ代表にも言及。シェリフ戦の出場を示唆している。 「サンチェスもビダルも、南アメリカから戻ってきてトレーニングに励んでいるよ。アレクシスは代表で3試合連続出場した分、コンディションが上がってきており、私も満足している。それは確かな付加価値になるだろう」 2021.10.19 15:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly