【CLグループH展望】チェルシーとユベントスの圧倒的2強、ロシアとスウェーデンの王者は牙城を崩せるか

2021.09.14 17:03 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月14日に開幕する。ディフェンディングチャンピオンであるチェルシーはこのグループGに割り振られた。対するは、昨季のセリエAで10連覇を逃したユベントスと、ロシア王者ゼニト、スウェーデン王者マルメだ。選手の質とチームの完成度ではチェルシーが頭一つ抜けており、以下は純粋な戦力差でユベントス、ゼニト、マルメという順位予想となった。

◆編集部予想
◎本命:チェルシー
○対抗:ユベントス
△連下:ゼニト
☆大穴:マルメ

◆より洗練されたスカッドで優勝候補筆頭に~チェルシー~
Getty Images

今年1月に就任したーマス・トゥヘル監督がチームを一変させ、ほんの数カ月でビッグイヤーにまで至ったチェルシー。プレシーズンを挟んで本格始動となる今季は、さらなる練度でもってグループステージからの快進撃が予想される。

夏の移籍市場では、昨夏の超大型補強の影響もあってか、ヨーロッパを制したチームの現状維持かつ余剰戦力の整理に努めた。それでもプレミアリーグ開幕直前にインテルからクラブ史上最高額の移籍金をはたいてルカクを獲得。トゥヘル監督が待ち望んでいたという生粋のセンターFWとして選ばれたのは、かつてチェルシーで苦杯を嘗めた男だった。

2014年のチェルシー退団後はエバートンやマンチェスター・ユナイテッドを渡り歩き、2019年夏からはインテルでプレーしていたルカク。この2シーズンで公式戦95試合64ゴールと驚異の成績を残し、一皮も二皮もむけてチェルシーに戻ってきた。そのリデビュー戦となったアーセナル戦では1ゴールを挙げるだけでなく、強靭な体躯を生かしたポストプレーでチームをサポート。指揮官の期待に応える活躍を見せた。

また、移籍市場最終日にはアトレティコ・マドリーからサウール・ニゲスをレンタルで獲得し、手薄だったセントラルMFを補強。同時並行で交渉を続けていたクンデを取り逃すという一幕もあったものの、概ね狙い通りの夏を過ごし、連覇を狙えるスカッドを作り上げている。

◆レジェンド指揮官復任も、絶対的エース退団の影響はいかに~ユベントス~
Getty Images

そんなチェルシーに対抗するのが、今季からマッシミリアーノ・アッレグリ監督が復任し、イタリアでの王政復古を誓うユベントスだ。昨季は監督初挑戦のアンドレア・ピルロを指揮官に据えてリーグ10連覇を目指したものの、新米監督にその重役は担いきれず、最終節での逆転劇で何とか4位に滑り込み、CL出場権を獲得するにとどまった。

しかし、アッレグリ復任も今季のユベントスは再び低迷する可能性がある。絶対的エースであるクリスティアーノ・ロナウドがチームを去ったからだ。やや独善的なプレーも目立ち、ファンやサポーターから多少の懐疑的な目が向けられながらも、この3シーズンで101ゴールを積み上げた得点力で魅せてきたポルトガル代表FWの退団の影響は大きく、チームはセリエA開幕3試合で1分け2敗と、いきなりの不調に陥っている。

熾烈な争奪戦を制してサッスオーロから獲得したロカテッリはまだチームに馴染めておらず、C・ロナウドの退団で急遽レンタル獲得したモイゼ・ケアンは戦力として計算しづらい存在。チェルシーと比較して選手層よりもチームとして完成度が見劣りするため、2位通過でも良しといったところだろう。

◆ロシア王者が新司令塔携えて8季ぶりの16強を目指す~ゼニト~
Getty Images

ロシア・プレミアリーグ3連覇中のゼニトは今回で3季連続の出場となる。ただ、過去2シーズンはいずれもグループステージ敗退という悔しい結果に。チームは基本的に昨季からの現状維持だが、レッドブル・ブラガンチーノ(ブラジル)から1200万ユーロを投下してクラウジーニョを獲得している。

同選手は東京オリンピックで優勝したブラジルの主力として全6試合に出場しており、個での打開力と正確なラストパスを生かしたチャンスメークが特長。加入直後からリーグ戦2試合連続で先発出場しており、早くも新司令塔としての立場を築きつつある。

なお、史上初めてロシアから3クラブが参戦した昨シーズンとは異なり、今シーズンはゼニトのみ。国の期待を一身に背負って8シーズンぶりのベスト16を目指す。

◆国内リーグの好調を持ち込めるか~マルメ~
Getty Images

スウェーデン王者のマルメは予選1回戦からリガ(ラトビア)、HJKヘルシンキ(フィンランド)、レンジャーズ(スコットランド)、ルドゴレツ(ブルガリア)を退け、7シーズンぶりに本戦出場を果たした。最高成績は1978-79シーズンの決勝進出。名称がまだUEFAチャンピオンズカップだった当時、ノッティンガム・フォレストに敗れ栄冠を逃している。

今季のリーグ戦はすでに半分を終えており、全30節のうち第18節を終えた時点で首位と3ポイント差の3位に位置。その中で印象的な活躍をしているのが、今季開幕前の3月にPAOKからレンタル加入したクロアチア代表FWアントニオ・チョラクだ。ここまで15試合に出場し、チームトップの8ゴールをマーク。また、予選でも5ゴールを挙げており、レンジャーズとの2ndレグでは2得点の活躍でチームを本戦まで導いた。

ただ、このグループでは大穴という立ち位置であることは間違いない。チェルシーとユベントスの2強を前に、元ミランのトマソン監督の下で初のCLグループステージ突破となるか。


関連ニュース
thumb

沼津、2013年から続いたプーマとのサプライヤー契約が終了

アスルクラロ沼津は3日、プーマとのユニフォームサプライヤー契約が終了することを発表した。 沼津は、東海サッカーリーグ1部時代の2013年からプーマがユニフォームサプライヤーとなっており、9シーズンにわたりチームを支えてきた。 その間、チームはJFL昇格、J3昇格を経験していたが、その関係も終了することとなった。 プーマは、ジュビロ磐田とも今シーズン限りでサプライヤー契約を終了することとなり、沼津が2クラブ目となる。 <span class="paragraph-title">【写真】歴代のアスルクラロ沼津ユニフォーム</span> <span data-other-div="photo"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.12.03 17:33 Fri
twitterfacebook
thumb

王者・川崎Fの新ユニフォームは26周年を記念して「風呂」からデザイン! 風呂をモチーフに特別ロゴも制作

川崎フロンターレは27日、2022シーズンのユニフォームデザインを発表した。 2022年のユニフォームは、PUMAのグローバルユニフォームデザインコンセプト 「FORWARD TOGETHER」に基き、クラブ設立26(フロ)周年のアニバーサリーイヤーにふさわしいユニフォームとして、フロンターレと深い繋がりのある風呂(フロ)のタイルからインスピレーションを受けたデザインとなっている。 袖には2022シーズン限定の26周年特別仕様のロゴを配置し、首元はレイヤード仕様の襟を独自採用。また、サイドには差し色としてブラックとホワイトを配色することで、アニバーサリーイヤーの祝福とピッチ上での新たな選手の見え方を両立したデザインに仕上げられている。 今回ユニフォームの袖に入っている26周年ロゴは「クラブにとって大切な年「2(ふ)6(ろ)」、フロンターレの応援スタイルに欠かせない「タオル」、そして、念願の初タイトルを獲得してから欠かせないのが「桶」、これまでも、そしてこれからのフロンターレを象徴する記念ロゴを製作しました」とコンセプトを説明。「3本の湯気は、クラブ、パートナー、サポーターを表現しこれからも共に歩んでいく想いを込めています」としている。 FPの1stユニフォームは、風呂の壁のタイルそのものに見えるデザインに。水色をベースにスポンサーなどは白で彩られている。 また2ndユニフォームは白をベースにこちらもタイル模様。GK1stユニフォームは緑、2ndは赤がそれぞれベースとなり、同じタイル模様がデザインされている。 <span class="paragraph-title">【写真】フロンターレの新ユニフォームはまさかの「風呂」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>発表!!!!!!<br>\<br>来年&quot;26(フロ)周年&quot;を迎える2022シーズンのユニフォームはお風呂にあるタイルからインスピレーションを受けたデザインとなります26周年ロゴも合わせて製作し、ユニフォームへ反映しました選手やサポーターの皆様が早く袖を通すのが楽しみです【アズーロ・ネロ】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/6hH8jzN9HP">pic.twitter.com/6hH8jzN9HP</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1464447742319550470?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.27 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

J1昇格の磐田、ヤマハ時代から48年間続いたプーマとの契約が今季で終了…感謝の特別ムービーも公開

ジュビロ磐田は26日、プーマとのユニフォームサプライヤー契約が満了を迎えることを発表した。 プーマは、磐田の前身であるヤマハ発動機サッカー部時代の1974年からサポート。48年間もの間、関係があった。 Jリーグが始まる以前からの関係性であり、3度のJ1優勝や、2度のリーグカップ優勝、1度の天皇杯優勝の他、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の前身であるアジアクラブ選手権でも優勝を果たすなど、数々の歴史をともにしてきた。 約半世紀にわたるサプライヤー契約だったが、今シーズンをもって終了。来シーズンからはプーマではないユニフォームを身に纏うこととなる。 磐田は長年支えてくれたプーマへの感謝の特別ムービーを公開。クラブOBであり、現在は磐田で指導者となっている服部年宏氏や中山雅史氏、またOBの福西崇史氏やジェラルド・ファネンブルク氏、FC今治のDF駒野友一やDF大井健太郎、MF山田大記らがメッセージを送った。 なお、来季のサプライヤーについては現時点で発表されていない。 <span class="paragraph-title">【動画】ジュビロ磐田からプーマへ感謝の特別ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5UlF9J-4Llo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.26 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「パジャマみたい」初お目見えとなったシティの3rdキット、多分に漏れず否定的な声が多数

プーマの3rdユニフォームにはやはり否定的な声が多いようだ。イギリス『スポーツバイブル』が伝えた。 発表当時から否定的な声の多かったプーマの共通サードキット。ドルトムントなどはファンの猛批判を受けてデザインをマイナー・チェンジするなど、様々な物議を醸していた。 同じくプーマをサプライヤーとするマンチェスター・シティのサードユニフォームも例に漏れない。紺を基調に、プーマのロゴ、『MAN CITY』の文字、メインスポンサーのエティハド航空のロゴが、全て中央寄せで配置されたユニフォーム。素地にもうっすらとエンブレムが施されているが、デザインには燦々たる声が上がっている。 シティは23日のプレミアリーグ第9節、アウェイでのブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で初めてこのサードユニフォームを着用して臨んだ。デザインに関する是非はともかく、この試合では4-1の快勝を手にすることができた。 現在は「ハイストリートの屋台にある安いレプリカのよう」、「パジャマみたい」などのネガティブな声の多いデザイン。だが、このまま結果を残し続けていけば、肯定的な声が増加する可能性もあるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】初お目見えとなったシティの3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Honest opinion about our 3rd kit? <a href="https://t.co/E1roSvr85p">pic.twitter.com/E1roSvr85p</a></p>&mdash; City Chief (@City_Chief) <a href="https://twitter.com/City_Chief/status/1451611421746286594?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.25 07:35 Mon
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第10節プレビュー】今季最初のエル・クラシコ! アトレティコvsソシエダの上位対決も

先週末に行われた第9節ではアトレティコ・マドリーとレアル・マドリーのマドリードの2強が試合延期となった中、レアル・ソシエダが暫定首位に浮上。また、セビージャとバルセロナの強豪2チームも勝利を取り戻している。 過密日程が続く中で開催される今節は7位のバルセロナ(勝ち点15)と、2位のレアル・マドリー(勝ち点17)による、今季最初のエル・クラシコが開催される。 バルセロナは前節、ホームでバレンシアと対戦。開始早々に先制点を奪われたものの、FWアンス・ファティ、FWデパイ、MFコウチーニョのゴールによって3-1の逆転勝利を挙げた。さらに、連敗スタートのチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフを1-0で退け、CL初白星と共に今季初の公式戦連勝を飾った。依然として攻守両面での課題は多いものの、ひとまず良い形で伝統の一戦を迎えることになった。 一方、前々節のエスパニョール戦で今季初黒星を喫したレアル・マドリーだが、直近のCLでは敵地でシャフタールと対戦。昨季グループステージで屈辱のダブルを喫した難敵相手にFWヴィニシウス、FWベンゼマ、FWロドリゴの3トップ揃い踏みの活躍でマニータの大勝。公式戦4試合ぶりの白星を手にしてカンプ・ノウに乗り込むことになった。 また、今節はクラシコ同様に今後の覇権争いを左右する4位のアトレティコ(勝ち点17)と首位のソシエダ(勝ち点20)による上位対決が開催される。 前々節のバルセロナ戦に完勝して勢いに乗るアトレティコだったが、直近のCLではホームでリバプールに2-3で敗戦。2点差を追いつく原動力となったFWグリーズマンが不運な形で一発退場となった中、粘り強く守ったものの、微妙な判定の影響もあり耐え切れず。ショックが残る形の敗戦となった。 ヨーロッパリーグ(EL)を戦ったソシエダに対して、日程面のアドバンテージを有するが、消耗色濃いリバプール戦に加え負傷者の状況を考えると、ホームとはいえ難しい戦いとなるはずだ。 対するソシエダはバルセロナとの開幕戦の敗戦以降、6勝2分けの8戦無敗と好調を維持。前節のマジョルカ戦では前半にDFムニョスが退場するアクシデントに見舞われたが、試合終盤に新鋭ロベーテが奪った値千金のゴールによって1-0の勝利を飾った。エースFWオヤルサバルら負傷者が増え始めている点は懸念材料だが、昨季王者相手にも十分に戦えるはずだ。 前節、セルタ相手に1-0で競り勝って初黒星からのバウンスバックに成功した3位のセビージャ(勝ち点17)は、開幕から9戦未勝利で18位に低迷するレバンテ相手に連勝を狙う。ミッドウィーク開催のCLではリール相手にゴールレスドローとリーグ戦同様に攻撃の停滞が目立つが、守備に難があるレバンテ相手にその課題克服を目指す。 最後にMF久保建英の負傷欠場が続く13位のマジョルカ(勝ち点11)は、10位のバレンシア(勝ち点12)を相手に2戦ぶりの白星を目指す。前節はソシエダ相手に数的優位を生かすことができなかったが、堅守を誇るバレンシア相手に攻撃面の修正を図る。その中で注目は古巣初対戦となるMFイ・ガンイン。レアル・マドリー戦での加入後初ゴール以降、思うようなパフォーマンスを見せられていないが、愛憎渦巻く古巣相手に決定的な仕事を見せられるか。 《ラ・リーガ第10節》 ▽10/22(金) 《28:00》 オサスナ vs グラナダ ▽10/23(土) 《21:00》 バレンシア vs マジョルカ 《23:15》 カディス vs アラベス 《25:30》 エルチェ vs エスパニョール 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs ビジャレアル ▽10/24(日) 《21:00》 セビージャ vs レバンテ 《23:15》 バルセロナ vs レアル・マドリー 《25:30》 ベティス vs ラージョ 《28:00》 アトレティコ・マドリー vs レアル・ソシエダ ▽10/25(月) 《28:00》 ヘタフェ vs セルタ 2021.10.22 19:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly