初戦で出た“柔軟性”という課題、予想以上のオマーンに対する打開策は/日本代表コラム

2021.09.03 06:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
恐れていたことが起きてしまったという表現が正しいだろうか。来年11月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選が2日からスタートした。

W杯本大会への切符は各グループ2枚。上位2カ国に与えられ、3位チームは4次予選と大陸間プレーオフを勝ち抜かなければ本大会には出場できない。

2016年9月1日。日本代表はロシアW杯アジア最終予選の初戦で、UAE代表に埼玉スタジアム2002で1-2で敗れた。

この悪夢を忘れた者はいなかったはずだが、5年後に再び同じ事態に。心のどこか片隅で恐れていた結果となってしまった。




関連ニュース
thumb

大胆采配も回ってきたツケ、W杯ベスト8に向け残り8カ月で浮き彫りになった課題/日本代表コラム

「なかなか練習時間が短い中、全てのことを評価するのは難しいと思います。まずは選手たちの姿勢の部分でやってやろうという気持ちでしっかり準備してくれたことを見てあげたいと思います」 試合後にそう語ったのは日本代表の森保一監督。W杯出場を決めたアウェイでのオーストラリア代表戦から、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF山根視来(川崎フロンターレ)以外の9名を変更した。 GK川島永嗣(ストラスブール)は今回の最終予選初出場となり、MF旗手怜央(セルティック)は日本代表デビュー戦。MF柴崎岳(レガネス)は4試合ぶり、MF久保建英(マジョルカ)は3試合ぶりと、出番が限られている選手たちがピッチに並んだ。 W杯の出場権を獲得したからこそできた今回の采配。これまで割とメンバーを固定して戦い、出場権獲得という目標に向かって進んできたため、多くの選手を試すということは難しかった。 特に最初の3試合で2敗という苦しいスタートとなってしまっただけに、4戦目のオーストラリア戦から[4-3-3]のシステムに変更し、ケガでの不参加や出場停止を除いてはメンバーを固定してきていた。 苦しい戦いの中でも、試練を乗り越えて出場権を確保したという部分は評価されるべきだが、9戦目まで長引かせてしまったことで、テストする機会を失ったことも事実だろう。 <span class="paragraph-title">◆良いテストの場に</span> 「チームと選手に望むのはホームで勝って、グループ首位で終わらせるということ」と前日の会見で語っていた森保監督だが、試合は難しいものとなってしまった。 システムは[4-3-3]を踏襲し、日本へ帰国してからのトレーニングでプレーしてきた選手を起用した。 中盤から前の6人に関しては、[4-3-3]にシステムが変わってからは柴崎を除いて初めての先発出場。また柴崎もアンカーで出るのは初めてであり、大きなテストの場となった。 これまでの[4-3-3]の中盤の3枚はボランチタイプの選手が並び、特に守備面での強度が高く、ボールを奪ってからの守から攻へのトランジションは特徴があった。また、ボールを奪い切る力が個々にあるため、局面をひっくり返すことにも特徴を持っていた。 一方で今日の中盤3枚は、どちらかと言えば攻撃に特徴がある選手たち。柴崎、原口元気(ウニオン・ベルリン)、旗手怜央(セルティック)といずれもハードワークができる選手だが、本来の特徴は攻撃面で発揮されるメンバーだ。 また、前線の3人も主軸であれば右に伊東純也(ヘンク)、左に南野拓実(リバプール)と並び、伊東は主にワイドにポジションを取り、南野はワイドから中に入るという戦い方を見せ、右サイドから攻撃を組み立てるという特徴があったが、この試合では右に久保、左に三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)が入ったため、普段とは異なり左で攻撃を作るという形が増えていった。 選手が代われば特徴も変わり、チームとしての戦い方も変わるものだが、この試合では選手たちの意気込みがどこか噛み合わない感覚を覚えた。 全員がアピールということに気持ちが入りすぎたのか、ボールに絡みたがり、ゴールへと急ぐシーンが散見。スペースがなかなか無いというベトナムの守備陣形もあったが、じっくりとボールを出し入れしてポゼッションを高めて崩していくというよりは、個々が仕掛けて行きながら、奪われてしまって攻撃が滞るという展開が前半は続いてしまった。 森保監督は「試合の中でも自分の良さを発揮するという部分、チームの中での競争という部分でも、積極的にプレーしてくれていましたが、なかなかお互いのプレーのイメージを合わせることができなかったということで、難しい状況が続いた」と試合後に振り返ったが、まさにその通り。パフォーマンスが悪かったというよりは、バランスを取れない時間が長く続いてしまい、チームとして機能させることがなかなかできなかった印象だ。 <span class="paragraph-title">◆W杯ベスト8への道のりは険しい</span> 結果だけを見れば、セットプレーで失点し、最下位のチーム相手に1ゴールしか奪えずに引き分けたということになる。もちろん、勝って首位を確定させたいという思いはあったはずだが、ここまでメンバーを入れ替えれば、こういう結果になることも想定はできていたはずだ。 吉田は試合後「メンバーを大幅に代えたので、チグハグ感が出ることも予想していましたし、今日はチャレンジな試合になると思っていました」と語っており、予想通りだったと振り返った。それでも、試合中に修正する力がなければ、目標とするW杯でのベスト8入りは難しいものになる。 この試合も吉田の勇気ある上がりから、そのまま流れでゴールを奪い切るシーンがあった。徐々に並びを変えたこともあり、リズムができていた中で、主軸組を出してさらにそれを加速させていった。この流れは非常に良いものであったが、逆に言えば前半のうちにここまで修正できなければいけなかっただろう。 常に個々が100%の力を出すということはもちろん理想としてあるが、その力を出すメンバーが11名しかいないとすれば、W杯でのベスト8入りはほぼ不可能と言える。いかにして、チーム全体で高いレベルのパフォーマンスを出せるかが大事になる。 常に崖っぷちで戦うことになってしまった最終予選。タフさというところでは、チームが得たものはあるかもしれないが、多くの選手が代表チームのコンセプトを保って、真剣勝負で勝っていくという点では、ほとんど成果は得られていないと言っていい。親善試合もほとんどなく、常に予選を戦い続けてきた中で、新たな力を試してこなかったツケが回ってきたともいえる。予てから散々懸念してきたものが、改めて浮き彫りになったと言って良い。 誰が出ても変わらぬクオリティをピッチ内で出せることがベスト。短期間で集まって試合を行う代表チームにおいては、チームとしての完成度がレギュラー以外のメンバーにも浸透しているかが重要だ。今のチームは個々の能力、個々の理解はあったとしても、実戦の場が少なく、ベトナム戦のようなことが起きるのも致し方ない。 現にオーストラリア戦も苦しんだ中、最後に局面を打開したのは選手のコンビネーション。川崎フロンターレで共にプレーし培っていた感覚を生かしてゴールを奪い切ったのだ。「絵を合わせていけるように準備しなければ」と常に森保監督は口にするが、それが主力以外の選手にも波及しなければいけない。絵が想像できても、描けなければ意味がない。 今日の試合では、まだまだその力がないことが浮き彫りとなった。この問題を、残りの8カ月、少ない試合でどう解消していくのか。それはトレーニングではなく、実戦でなければ難しいと考えられる。 次の活動は5月から6月にかけてのインターナショナル・マッチデー。4月1日にW杯の組み合わせが決まるため、相手を想定した上での試合が組まれることになるだろうが、数少ない試合で、精度をあげていく必要がある。 クラブでのパフォーマンスを個々の選手が高め、少ない時間で代表チームとしてのサッカーを体現する。それができる選手が多くなれば、チーム力が必然的に向上し、W杯でも結果を残せるようになるはずだ。残された時間は8カ月。ヨーロッパ組は残りシーズンでどれだけインパクトあるパフォーマンスをクラブで見せられるかに注目が集まる。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2022.03.30 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

魅せた“王者・フロンターレ”の連携、「絵を合わせる」ことが日本代表を救う/日本代表コラム

“ヒーロー”は遅れてやってくるとは言ったもの。まさに、遅れてやってきた。 24日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表vs日本代表。オーストラリアは負ければプレーオフに回ることが確定、日本は勝てば7大会連続7度目のW杯出場が決まるという試合だった。 アウェイの地でオーストラリアに勝ったことがない日本としては、そのよくないイメージを払拭して、苦しかった最終予選を終えたいところだった。 天候はあいにくの雨。いや、大雨でピッチには水が溜まるほどの状況で、大一番はキックオフを迎えた。 立ち上がり早々に日本は南野拓実がシュートを放ち、勢いを持って試合に入る。オーストラリアは日本のビルドアップを封じようと慣れない前からのプレスをかけるが、日本が押し込む展開が前半は続いた。 しかし、南野のシュートが2度ポストを叩くなど、ここでも“決定力”という言葉付き纏うことに。それでも悪くない流れで試合を折り返した。 後半に入ってからは勝たなければいけないオーストラリアがギアを入れ変えることに。前線へのロングボールからセカンドボールを回収して日本を押し込んでいく。 対する日本は攻め急ぐことをやめ、ボールを大事にしてチャンスを窺うが、ゴールを奪えない。すると84分に投入されたMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)が魅せる。89分にDF山根視来(川崎フロンターレ)のグラウンダーのクロスを蹴り込み日本代表初ゴール。このゴールで先制すると、後半アディショナルタイムには得意のドリブル突破からシュート。2点を決め切り、日本をW杯へと導いた。 <span class="paragraph-title">◆2度も日本を救った三笘薫</span> まさに“救世主”という言葉がピッタリだろう。出場時間はアディショナルタイムを考えても10分程度。しかし、その10分間で主役となった。 日本がポゼッションして押し込み始めてきた時間帯。しかし、雨の中での試合ということもあり徐々に疲労が見え始め、強度が落ちていた部分があった。 そこで森保一監督が投入したのは、三笘とMF原口元気(ウニオン・ベルリン)の2人。MF南野拓実(リバプール)とMF田中碧(デュッセルドルフ)に代えての起用だった。 三笘に目が行きがちだが、原口が中盤に入ったことで中盤に活力が戻り、オーストラリアの腰が少し引けた感があった。その中で右サイドバックの山根が高い位置を取れることに。そこからゴールが生まれる。 中盤の強度が高まることで、日本が押し込めることに。ゴールが欲しかったオーストラリアは前後が分断され、日本からボールを取り返すことがなかなかできなかった。その中で、右ウイングのMF伊東純也(ヘンク)を試合開始から警戒していたが、左にも三笘というドリブラーが入り、オーストラリアは対応しきれなかった。 三笘の情報は東京五輪を含めて知っていたはずだ。しかし、疲弊していたオーストラリアの右サイドでは対峙できない。伊東は試合後「あの時間で薫が入って仕掛けたら全部抜けると思います」とコメント。「一対一になればなかなか薫を止めるのは難しいと思います」と、試合終盤に三笘が出てきては太刀打ちできないと語った。 その言葉通り、1点目は三笘を完全にフリーにしてしまってのゴール。2点目は縦への仕掛けからボックスに侵入され、あとは手出しできなくなってしまったという形だ。 三笘は日本代表デビュー戦となった昨年11月のオマーン代表戦で後半開始から出場し、ドリブル突破から81分に伊東のゴールをアシスト。苦しい試合で日本を3連勝に導く活躍を見せていた。 オーストラリア戦のゴールで日本を救うのは2度目。アウェイで勝てないというジンクスまで打ち破り、W杯出場を決めるゴールを決め切った。 <span class="paragraph-title">◆フロンターレイズムが浸透</span> そしてもう1つ今の日本代表で気になるのが川崎フロンターレの存在だ。 ここ5年で4度のJ1優勝を達成し、日本で最も強いチームと言っても過言ではない川崎F。この試合のピッチにも、最終的には5名の川崎F出身者がピッチに立つこととなった。 三笘も当然そのうちの1人だが、1点目はまさに川崎Fのコンビネーションで生まれたゴールと言える。 原口のボールキープから高い位置でパスを受けたのは山根。相手が寄せてきたところで山根は右足アウトで浮き球のパス。これに反応していた守田英正(サンタ・クララ)がボックス内で受けるとスペースへパス。これに山根が反応しており、ラインギリギリで山根が中央へ折り返す。 スペースがぽっかり空いていたところへ出されたパス。誰もいなかったが、逆サイドから猛然と走り込んでいた三笘が右足で蹴り込みゴールを決めた。 山根のパスから始まった一連の流れ。守田は「視来くんからボールが入ることはわかってました」とパスが来る予感がして相手の前に入ったとコメント。山根は「絶対前に入ってくる確信があったので感覚だけでアウトで出した」と、守田の動き出しを予測してパスを出したという。 さらに守田のパスをダイレクトで中に折り返したことについて山根は「薫はあそこに絶対いると思った」と無理な体制でも中に戻すことを考えたとコメント。三笘は「あそこでマイナスに来ると思っていた」と山根のパスを予見していた。 日本代表はヨーロッパでプレーする選手が増えれば増えるほど、アジアへの移動に時間がかかり、集合するタイミングが遅れる。試合に向けた準備もままならず、今回も集まって1日の全体練習で試合に臨んだ。 クラブでのサッカーから代表でのサッカーに切り替えることは容易ではなく、またコンビネーションを合わせる時間もほとんどない中、なかなかチームプレーは難しくなるが、そこで助けになることが同じ感覚を持った選手の存在だ。 試合前日に「チームの戦い方の絵を合わせてもらう」と森保監督は話していたが、1点目のゴールはまさにそれ。そして、それは王者・川崎フロンターレでそれぞれの選手が培ったものだった。 山根は「1年半やっていて、薫が入ってくるポイントと僕があげるポイントは意思疎通ができていて、点につながって良かったです」とコメント。チームで一緒にプレーしたことが生んだゴールだった。 かつてはスペイン代表がレアル・マドリーとバルセロナの選手、ドイツ代表がバイエルンの選手が主体となって構成されていた。オーストラリア戦に出場した選手で実際に川崎Fでプレーしているのは山根だけだが、守田も三笘も共に戦いタイトルを獲得した仲間。さらに、田中、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、旗手怜央(セルティック)と共にタイトルを獲った選手はまだいる。改めて、意思の疎通、「絵を合わせる」ということの大切さを感じさせられた。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 <span class="paragraph-title">【動画】これが王者・川崎Fの連携! 三笘薫の終盤2ゴールでオーストラリア撃破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sHjDAm_5dbQ";var video_start = 382;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.03.25 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アジア杯3連覇はならずのなでしこ、アジアのレベル向上と世界に向けて/なでしこジャパンコラム

1月20日から2月6日にかけてインドで行われたAFC女子アジアカップ2022が終了した。2023年のオーストラリア&ニュージーランド・女子ワールドカップ(W杯)の予選を兼ねた今大会で、なでしこジャパン(日本女子代表)はW杯出場権獲得となる5位以内に入ったものの、準決勝で中国女子代表に敗れて3連覇とはならなかった。 日本を下した中国は、決勝でも韓国女子代表を相手に2点差をひっくり返しての逆転勝ちで5大会ぶり9度目の優勝を飾っている。過去には大会7連覇という偉業を成し遂げるなど、かつては北朝鮮とともにアジアの女子サッカーを牽引してきた古豪復活を印象付けた恰好だ。 また、準優勝の韓国は準々決勝で優勝候補の筆頭であるオーストラリア女子代表を撃破。イラン女子代表は大会初出場を飾り、フィリピン女子代表とベトナム女子代表がW杯初出場を決めるなど、各大会の出場枠が増加しているとはいえ、アジア圏の女子サッカーのレベルが向上しているのは疑いがないだろう。 ただし、前回大会(2018年)で決勝に進出した日本とオーストラリアも2019年のフランスW杯ではともにベスト16。東京オリンピックでは日本がベスト8、オーストラリアが4位に終わっている。アジアの平均値(もしくは中央値)は向上しているが、最大値が世界のトップ・オブ・トップに迫れるかと問われれば、疑問符が付くことは留意しておきたい。 <span class="paragraph-title">◆中盤は相変わらず厚いが、最終ラインは…</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/afc20220208_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎AFC<hr></div> 中国戦のプレビューでも触れているが、なでしこジャパンは今大会でFW植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、MF成宮唯(INAC神戸レオネッサ)、MF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)、MF宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)、MF隅田凜(マイナビ仙台レディース)が代表初ゴールを記録している。 特に、植木は今大会で池田太体制の初ゴールを含む、なでしこジャパントップの5ゴールを記録。中国の2ゴールはともに難しいヘディングであったし、準々決勝のタイ女子代表戦で見せたソロゴールも見事だった。 宮澤も逆足でのクロスによるアシストを含めて存在感を発揮。これにフィニッシュと仕掛けの数が加われば、よい怖い存在になれるだろう。成宮はハードワークに加え、ギャップを見つける動き直しの意識の高さが光った。 今回はメンバー外となった三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)や杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC)を含め、元々なでしこジャパンの中盤は層が厚い。自身のレベル向上と代表定着を目指すとともに、かつての宮間あや氏のように周囲のレベルを引き上げられるような存在に化けてもらいたい。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/afc20220208_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎AFC<hr></div> 一方で、最終ラインは駒不足の感が否めない。左サイドバックはよく言えばローテーション、悪く言えば核となる選手がいなかった。また、落とせないゲームが続いたとはいえ、連戦の中で格下相手にも清水梨沙(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)と熊谷紗希(バイエルン)は5試合連続スタメンで、うち4試合はフル出場だった。 細かい指摘をすればGKの山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)でさえ、キックがインサイドにかかるなど精度が落ちていると感じられた。気候や移動も含めたハードなコンディションを踏まえれば、中盤から前線のようにはっきりとしたレストの時間を与えるべきではなかったか。1試合分でも休息が与えられていれば、中国戦の最後の失点時も熊谷は対応できたかもしれない。 <span class="paragraph-title">◆監督の手腕や交代枠を残した理由は?</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/afc20220208_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎AFC<hr></div> 点差が開いた状況では積極的な選手起用をした池田監督だったが、こう着した韓国戦や1点が欲しかった中国戦では交代で後手を踏んだ印象だ。特に、中国戦では90分間での交代は岩渕真奈(アーセナル)から遠藤純(エンジェル・シティFC)の1枚のみ。後半終盤の決定機で遠藤がネットを揺らし、オフサイドもなければ、“采配的中”の文字が躍ったのだろうが…。 交代策に疑問は残るが、試合を重ねるごとにチーム力、特に前線から奪う守備が整理されていったのは大きな収穫だ。プレッシャーを剥がせる女子のセンターバックは世界的にも希少なため、世界と戦う上では有効な武器になる。 また、逃げ切りを図ろうと5バックを採用したのも注目に値する。今回は「守り切れず」という成果に終わったが、今後もそういった選択を迫られる場面も訪れるだろう。 攻撃面ではユニットを意識したコンビネーションでボックスを陥れる回数も増えており、残す課題は最終局面といったところか。これに関しては選手、指導者、メディアを含め、シュートを枠に飛ばすための具体的なアドバイスの言語化も必須となる。 惜しむらくは3位決定戦がなかったことだ。選手の疲労はもちろん考慮されるべきだが、発足したばかりのチームにとってこなせる試合は多い方が良いだろうし、見つかった課題についても即座に取り組んだ方が早急な改善が望める。代表の宿命とはいえ、ここから数カ月のブランクが生じるのは悩ましいところだ。 <span class="paragraph-title">◆アジアの他2大会、W杯へ向けて</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/afc20220208_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎AFC<hr></div> 2011年にW杯を制したメンバーも、2010年のアジアカップでは3位にとどまっているため、この大会で優勝できなかったからと言って、一概に世界大会でも勝てないというわけではない。 ただし、2010年はアジア競技大会と東アジアサッカー選手権(現:E-1サッカー選手権)を制した。勝ち癖や、際の見極めのようなピッチ上でしか感じ取れない類のピースを、2022年も7月、9月に予定されているこれらの大会で手にすることができるかどうかが、なでしこジャパンが再び世界で輝くための鍵となるだろう。 《超ワールドサッカー編集部・江原正和》 2022.02.08 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「生きるか死ぬか」日本代表を誰よりも知り愛する男、長友佑都が見せた矜持/日本代表コラム

「この局面を打開したときには、2022倍の称賛で称えてもらえればと思います」 試合前にそう口にしていたのは日本代表DF長友佑都(FC東京)。長年日本代表を支えてきた長友だが、ここ最近はパフォーマンスの低下が指摘。批判の声が高まっていた。 イタリアの名門であり世界でも有数のビッグクラブであるインテルで長年レギュラーを張っていた長友。その時代に日本代表で見せていたプレーは、多くの日本人が心を動かされていた。 外国人選手と比べれば明らかに引けをとる小柄な体格でありながら、アグレッシブさと豊富な運動量で左サイドを上下に動く姿。そして右足を遜色ない左足からのクロスと、まさにサイドを制圧していた。 しかし、ガラタサライに移籍してからチームで構想外となったころから、徐々に狂い始める。半年間試合でプレーできないと、その後に加入したマルセイユではレギュラーを掴むも、全盛期の動きはなかなか見せられず。2021年夏にFC東京に復帰してからも、随所に違いは見せたが、やはりみんなが心を動かされた長友とは言い難かった。 日本代表としてもその間プレーを続けた長友。運動量は変わらず、アグレッシブなプレーも見えた一方で、やはりサイドでの違いを見せていたという動きは正直なかった。 <span class="paragraph-title">◆批判を跳ね返した最高のパフォーマンス</span> 試合前、縦に突破してのクロスがないように思えるという質問を受けた長友。確かにそれはあるとし、「僕が打開できれば良いですし、批判もされないと思うので、僕がやらなければいけないです」と語った。もちろん、過去とはチームも違い、選手も違うため、戦い方も変わっている。ただ、実際に深い位置まで上がってのクロスは減っていた。 強い覚悟を持っていた長友は、実際にサウジアラビア代表戦でもスターティングメンバーとしてピッチに立った。代表通算133試合目。多くのファンが埼玉スタジアム2002のスタンドに集まった。中には批判的に長友を見ていた人もいただろう。ただ、長友はプレーで答えを示した。 まずそのプレーが出たのは13分だ。遠藤航、伊東純也、大迫勇也と繋ぎボールは遠藤へ。そこに顔を出した長友はボックスないでパスを受けた。 仕掛けながら左足でクロスを入れると、これは相手DFがブロック。チャンスを潰したかと思われたが、長友は倒れ込んだ状態でしっかりとボールをキープ。相手が詰めてくるが、マイボールのスローインにつなげた。 このプレーにはスタンドからも大きな拍手が送られ、我々が見たかった長友がやっと戻ってきたという感覚にすらなった。 これまでの最終予選ではあまり見られなかった気迫のこもったプレー。まさに長友らしさが存分に出たプレーで、批判に回答を出した。 試合後長友は「(応援は)すごく伝わってきました。ブーイングされるかなと思ったんですけど、すごく暖かい声援と愛をもらったので、今日は絶対に最高のパフォーマンスで恩返ししたいなという気持ちで入りました」と語り、ファン・サポーターの後押しはしっかりと届いていたようだ。 この試合の長友は13分のプレーに始まり、アグレッシブさを失わなかった。試合前に指摘された深い位置まで上がってのクロスも多く見られた。左サイドに入ったMF南野拓実はこれまで通り中に入ってのプレーが増えたが、その空いたスペースを積極的に長友は狙い、高い位置を取り続けた。 長友は、「たくさんの批判を頂いたので、その批判が僕の心に火をつけてくれたなと。改めて批判というのは僕のガソリンなので、必要なものなんだなと感じましたね。追い込まれれば追い込まれるほど、力を発揮できました」と語り、自身の問題点を指摘してくれる声のおかげでもあると語った。 守備時もしっかりと対応し、高い位置をとってサウジアラビアの右サイドを封じ込めた長友。周りの選手との連係もこれまで以上に高まり、最終予選では最も良いパフォーマンスを見せたと言えるだろう。 <span class="paragraph-title">◆「今日だけは称賛してください(笑)」</span> <span data-other-div="page2"></span> そして極め付けは2点目の伊東のゴールに繋がったプレー。ボックス手前でのルーズボールに詰めると、そのボールが伊東に渡って強烈なシュートが叩き込まれた。 サウジアラビアの戦意を失わせるゴールに繋がったプレー。後半の立ち上がり、リードしている状況でもアグレッシブに入った結果だ。これも長友らしさ。どこか噛み合っていなかった歯車が、この試合はハマった感じがあった。 69分でピッチを後にした長友だったが、そのアグレッシブさは交代時にも。代わりに入る中山雄太、前田大然に対し大きな声で檄。「僕の魂の叫びは聞こえました? W杯の時の緊張感や興奮を思い出して、久しぶりに今日は生きるか死ぬかなんだなと思って」と試合後に応えたが、その声はしっかりと観るものにも届いていた。 この試合では、代わりに入った中山は長友ほどのテンション、そしてアグレッシブさを感じられなかった。中山が試合になかなか入れず、良くなかったとも言えるが、それ以上に長友の気迫溢れるプレーが素晴らしかったと言えるだろう。 試合後、メディアの取材に応じた長友は最後に「今日だけは称賛してください(笑)」とコメントした。試合前には、「2022倍の称賛で」と冗談のように話していたが、それに値する活躍をしっかりとピッチで見せた。 2022倍には足りないかもしれないが、それはまだこの先にも戦いがあり、3月のオーストラリア代表戦でも同じパフォーマンスを見せてもらいたいところ。その時まで、「2022倍の称賛」は取っておいても良いだろう。ただ、日本代表として誰よりも戦ってきた長友の意地とプライドは十分に感じられるパフォーマンスだった。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 <span class="paragraph-title">【動画】長友も躍動! 南野&伊東のゴールでサウジアラビア撃破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UH3PZJLlv5A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.02.02 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

特徴を出した谷口&板倉のCBコンビ、経験値を補った“フロンターレ”の力/日本代表コラム

「試合が終わった時に勝ち点3が取れればそれでいいと思って試合に臨みました」と語ったのは、日本代表DF板倉滉(シャルケ)。27日に行われた中国代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を終え、最初に出てきた言葉だ。 27日がバースデーだった板倉。そして、不測の事態もあり、W杯最終予選に出場するチャンスが舞い込んできた。 今回の2試合は中国代表とサウジアラビア代表とホームでの連戦。W杯出場に向け、ここでも2連勝が求められる戦いとなる。 しかし、守備の要であるキャプテンのDF吉田麻也(サンプドリア)が負傷により不参加。さらに招集されていたDF冨安健洋(アーセナル)が回復したケガが再び悪化し、招集を辞退した。 最終予選を支え続けた2人のCBを欠くという異例の事態。これまでの日本代表を見ても、このような事態はほとんどなかったはずだ。 今回の最終予選は、6試合を消化。そのうち吉田が6試合、冨安が5試合に出場。残りは、植田直通(ニーム)が初戦のオマーン戦に先発しただけだった。 <span class="paragraph-title">◆物おじせずに特徴を発揮した両CB</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220128_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 谷口彰悟は、2次予選でもタジキスタン代表戦で途中出場したのみ。板倉も2次予選のミャンマー代表戦でフル出場して以来となる。最終予選はもちろん初めてだった。見るものが不安視するのは致し方ないと言えるだろう。 もちろん、谷口にしても板倉にしてもその能力に疑いはない。Jリーグで今最も強い川崎フロンターレの守備の要である谷口、昨シーズンはフローニンヘンでCBのレギュラーを掴み、今シーズンはシャルケへ移籍してもCBのレギュラーである板倉と経験は十分だ。 ただ、日本代表としての経験は少なく、W杯予選の経験もほとんどない。普段とは違う舞台で、国を背負って戦うというプレッシャーで、どこまで力を出せるのかは、未知数だった。 ともに招集は受けていたが、起用されて来なかったのも事実。最終予選ではその余裕を失ったとも言えるが、2次予選でも両者は経験を積むことができなかった。 そんな中、互いに初出場となった最終予選。谷口と板倉はそれぞれの特徴を発揮した。谷口は対人守備の落ち着いた対応に加え、ビルドアップの部分で特徴を遺憾無く発揮。長いボールや縦パス、ドリブルでの持ち出しなど、違いを見せた。板倉も空中戦の強さは抜群で、判断も間違えることなく、安定したパフォーマンスだったと言えるだろう。 森保一監督も「2人とも試合の入りから落ち着いてましたし、ビルドアップの面でもディフェンスの面でも、チームをコントロールしながら、個々の曲面で相手を上回る、巧さと強さを見せてくれました」と2人を評価した。 昨年11月には海外組がチャーター機の遅れで到着が遅れるという緊急事態に。しかし、森保監督は、国内組ではなく海外組をいつも通り起用した。もちろん結果として勝利を収め2連勝を果たしたわけだが、メンバーの固定化がより進んだ印象を受けた。 しかし、今回はそうもいかなかった。そもそもチームに合流できないという事態に見舞われ、結果として経験の浅い2人をピッチに送り出すこととなった。もちろん、クラブレベルでの実績はあるが代表とは違うもの。プレッシャーも違う。見るものを不安に陥れたのは、これまでの采配だったと言えるだろう。 ただ、今回の中国戦を受け、競争が生まれる可能性もある。谷口は「普段出ている選手がいない中でもきちんと仕事をすることが大事で、新たな競争が生まれることも大事」と語った。選択肢としてしっかりと計算できるということをまずは証明した。もちろん、次のサウジアラビア戦が大事になってくるが、危なげないプレーを見せられたことは大きな財産だと言える。 <span class="paragraph-title">◆ついに訪れた“フロンターレ”のイズム</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220128_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> そしてこの試合で気になったのはこの2人を含め、川崎フロンターレ勢がピッチに多く立っていたということだ。 谷口は言わずもがな、川崎Fのキャプテンであり、長年センターバックとして活躍。川崎Fの4度のj1優勝やYBCルヴァンカップ、天皇杯と全てのタイトルを獲得するのに貢献している。 板倉も川崎FのU-12チームの1期生。谷口がルーキーとして入団した2014年に2種登録されると、2015年から2017年までは出場機会こそ少なかったが、谷口とともにプレーした。 2人の起用について森保監督は「一つのボールの動きや状況に対して、お互いのイメージが合ってるなというところを感じた」と試合後に口にしていたが、当然のことだと言えるだろう。 板倉も谷口も、互いのやりやすさは試合前にも口にしていた。お互いを知っているだけに、初出場であった最終予選で落ち着いてプレーできたとも言える。 そして中盤にも2人を知る選手がいたことが大きいと言える。それが守田英正(サンタ・クララ)と田中碧(デュッセルドルフ)だ。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220128_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 守田は流通経済大学から2018年に川崎Fへと入団。レギュラーとして3年間プレーし、2度のリーグ優勝やルヴァンカップ、天皇杯とタイトル獲得に貢献。アンカーとしてチームを支え、谷口の前でプレーをし続けていた。 一方の田中は2007年に川崎FのU-12に入団。学年が2つ違うが、板倉とは下部組織時代から知った中。東京オリンピックにも共に出場を果たした。もちろん、谷口のことも知っており、守田のことも知っている。 川崎Fのサッカーを知る4人が同時にピッチに立ち、互いの特徴やイメージを共有することは簡単だっただろう。チームと代表のサッカーは違っても、個々のプレースタイルが大きく変化することはない。 実際に、谷口から守田や田中に何度もパスは入っていた。チームとしてスムーズにボールを運べていた部分は、同じチームでサッカーを続けてきたということから来る自信もあったと推測する。 守田の気の利いたポジショニングは、後方からのビルドアップへの信頼があったからだろう。遠藤航を含めて守備が下がりすぎなかったのも呼吸があっていたからだろう。もちろん改善の余地はまだまだあるが、最終予選デビューということを考えれば素晴らしい出来だったと言える。 <span class="paragraph-title">◆大一番も乗り切れるか</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220128_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 30歳で初のW杯最終予選を経験した谷口、実績を残しながらも出番がなくチャンスを掴んだ板倉と、2人とも違う道を歩んで、同じピッチに立った。ただ、本番は2月1日のサウジアラビア戦だ。 谷口は「次のサウジ戦が大一番で、しっかり勝ち点3を取らないといけない。次こそもっと良いプレーをしないと勝てない相手なので、より戦えることを証明しなければいけない」と意気込みを語った。板倉も「間違いなく今日とは違ったゲームになる」と警戒した。 当然、植田、そして中谷進之介(名古屋グランパス)も出番を窺っているだろう。こうして競争が生まれ、それぞれのレベルが上がっていくことも大事だ。 そして、今の日本代表ではそれぞれがチームのコンセプトを理解し、自身の役割をしっかりと務めている印象がある。“和”を重んじているチームだけに、対応力とバリエーションが増えることで、一気に強さを手にすることだって可能だ。 間違いなく中国よりサウジアラビアは強い。無敗で首位に立ち、実際に日本はアウェイで負けている。ただ、寒暖差もあり、時差もある中で長距離を移動して日本にやってくるため、コンディション面ではアドバンテージがあることも事実だ。 再び埼玉スタジアム2002でファンの前でプレーできる日本代表。サウジアラビアに対してどのようなサッカーを準備し、どのメンバーがピッチに立つのか。“結果”を手にするための最善のメンバーが最高の状態でピッチに立つことを期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2022.01.28 21:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly