ミッションは「失点しない」と語った清水GK権田修一、W杯最終予選は「自信を持って戦えば間違いなく勝てる」

2021.08.30 17:18 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
清水エスパルスの日本代表GK権田修一が、メディアのオンライン取材で、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選について語った。

9月からスタートするカタールW杯アジア最終予選。日本代表は、30日から集合しトレーニングキャンプを開始する。

初戦はホームで9月2日に行われるオマーン代表との一戦。2018年のロシアW杯アジア最終予選では、UAE代表相手に初戦で敗戦。初戦で敗れたチームがW杯に行けないという悪いジンクスもある中、その後は勝利してなんとか本大会に出場。ベスト16の成績を残していた。

その緊張感高まる試合を前に、日本代表はオンラインでのメディア取材を実施。権田は自身にとって初出場となる可能性があるW杯最終予選について語った。

「僕自身は2次予選も最終予選も親善試合であっても、失点しないということがミッションなので、相手が最終予選はレベルが上がるので、自分の仕事をしっかりやることは難しくなる可能性はありますが、どのレベルでも僕がやることはそこです」とコメント。「最終予選だから別のことをしようということもなく、普段やっていることをしっかり出すことが大事だと思います」と、いつも通りの気持ちでのぞみたいたと語った。

2010年に日本代表デビューを果たしてから11年。これまで2014年のブラジルW杯に向けた最終予選にはメンバーに選ばれていたが、プレーした機会は一度もない。

今回の2次予選は1失点も許さずにプレーしてきた権田。最終予選については「僕自身はブラジルW杯の最終予選はずっと入っていて、ロシアW杯では入っていなくて、2つの予選は全然違ったと思います」とコメント。「ブラジルの時は最初は苦戦しながら勝ち点重ね続けて、オーストラリア戦で苦しいこともありました。苦しみ見ながらも勝ち続けました」と振り返り、「ロシアは最初でつまづきましたが、勝ち抜けました」と別物だったとした。

また「僕自身は年齢は上の方ですけど、最終予選というものは前回のロシアを経験していないので、長友選手や川島選手、酒井宏樹選手のように何度も経験はしていないです」と自身は経験が少ないと語ったものの、「ブラジルの時はみんなが向上したいとか、上に行きたいという思いを持っていた印象です。勝ったことでW杯がある。それで自分もステップアップしたいという向上心をチームに還元していた感じがします」とコメント。一方で今のチームは「今のチームも若くて向上心のあるチームだと思いますが、チームとして同じ方向を向くことは大事です。チームでは出ていて、代表では出られない選手も出てくると思いますが、普段の雰囲気というのは大事だなと思っています。そこは極力見ながらやっていきたいと思います」と、2014年を目指したチームと似ているため、気づいたことを還元したいとした。

今夏はDF酒井宏樹(浦和レッズ)やFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)など海外でプレーしていた日本代表選手がJリーグへ帰還。権田自身も、ポルティモネンセからシーズン前にJリーグへと復帰した。

Jリーグでやる難しさについては「僕はポジションが特殊ですけど、見てて感じるのは試合のスピード感だったり、1つ1つのインテンシティの高さ、寄せの強度などはポルトガルリーグの方が高かったし、早かったしというのはあります」と、やはりrーイグとしてのプレースタイルには差があると語った。

ただ、「僕自身もエスパルスに入って、全て海外が正解だとも思わないですし、日本の良さである最後まで諦めずに全員で戦うというものはないです。どちらが正解、遅れているということではなく、ヴィッセル神戸と浦和レッズと清水エスパルスでは、選手の感じも全然違うので、神戸は神戸でヨーロッパで経験している選手が多いので、少しそっちにふれていると思いますし、浦和も監督が緻密な選手で、デンマーク人の選手もいて、槙野選手とか、そういった選手がポジショナルプレーをしてとタイプが違います」と語り、「僕は大迫選手や酒井選手と違って海外にずっといたわけではなくて、行って戻ってを繰り返していたので違いますが、日本の夏の暑さはきつそうだなと感じます」と、環境面では難しいところがあるとした。

短い準備期間での最終予選となることについては「代表活動は3日、2日、1日の時もありますが、短い準備期間でしっかり準備して試合に臨まなければいけない」と語り、「日本というチームがヨーロッパで遠いところでプレーする選手が多い宿命だと思います」と、海外組が多いことも仕方のないことだとコメント。「簡単ではないですが、僕は自分が向こうから戻ってきた時も、Jリーグでプレーしていて海外組が日本に来る時も、無理だとかキツいというネガティブなことを言わないですし、プライドを持ってやっています」と、日程面や準備期間の短さは承知の上だとした。

今回の代表チームには五輪世代も選手もいるが、これまでA代表としてプレーした選手も多い。権田は「久しぶりという選手という選手はいますが、初めましては谷選手ぐらいで、みんながどういったプレーをするのかはわかっています」とコメント。「例えば、堂安選手は相当久しぶりなんですが、彼は会っていない間に移籍してレベルアップしていて、僕も見るのが楽しみですが、それを集約するのが日本代表なので、そこを合わせていければと思います」と語り、選手たちのことは理解しながらも、変化を見られることが楽しみだと語った。

今回の最終予選では初戦でしっかりと勝利を収めたい日本。権田が考えるポイントは「2次予選でも親善試合でも森保監督が言うのは、自分たちがしっかりプレーすること、アクションすることが大事だと言うことです」と語り、「そこを初戦のプレッシャーや負けてはいけないというプレッシャーがかかる状況だと思いますが、そこを大丈夫、いつもやっていることをやれば勝てると。自信を持って戦えば、そこは間違いなく勝てると信じていますし、個人もそうですがチーム全体で練習から自信を持ってやっていこうということが大事だと思います」と、自信を持って積み上げてきたものを出せば大丈夫だと語った。

また、今回は有観客での試合となる。サポーターがいることについては「今回の大阪での試合もお客さんが入った中でのものになりますが、韓国との試合もお客さんが入ってパワーをもらいました。お客さんが入ったホームでの初戦は楽しみにしています」とコメント。「こういう状況でも日本代表を応援しようと来てくれる方々に力を与えるのは役目なので、結果もそうですが、プレーの中身でも見せたいなと思います」と、しっかりと応援に応えて、勝利を収めたいと語った。

関連ニュース
thumb

パリ五輪のチームがスタート/六川亨の日本サッカーの歩み

AFC U-23アジアカップウズベキスタン2022予選の日本対カンボジア戦が10月26日、福島のJヴィレッジスタジアムで開催され、日本は前後半に2点を奪い4-0で快勝した。 ここで今一度アジアカップウズベキスタン2022を整理しておこう。2年に1回開催されるこの大会は今年で5回目になる。大会は予選を勝ち抜いた11チームと成績2位の上位4チーム、そして開催国の16チームで争われる。そしてオリンピックイヤーに開催される大会は五輪アジア最終予選を兼ねていて、上位3チームには五輪の出場権が与えられる。 記憶に新しいところでは、2016年にカタールで開催された大会は中島翔哉の活躍などもあり決勝で韓国を3-2で破って初優勝を果たすと同時にリオ五輪の出場権を獲得した。そして前回2020年にタイで開催された大会では、森保一監督が指揮を執ったもののグループリーグで敗退したが、日本は開催国のため五輪の出場は決まっていた。 そして五輪予選と関係ない年度の大会に関しては、2022年大会より翌年開催されるアジアカップ(2023年は中国で開催)の準備を兼ねて開催されることになった。しかし22年に中国で大会を開催するのは困難ということで、ウズベキスタンが代替で開催することになった。 2018年に中国で開催された大会には森保監督がチームを率いたように、五輪チームのスタートとなる。これまではW杯後の9月に開催されるアジア大会が五輪チームのスタートだったが、パリ五輪に向けて準備する大会が1つ増えたと言っていいだろう。 そしてカンボジア戦である。すでにカンボジアは初戦で香港に4-2で勝っていた。それを証明するように、フィジカルコンタクトもかなり強い。それでも日本は前半10分、加藤聖(長崎)の右CKを松木玖生(青森山田高)が押し込んで先制すると、終了間際の45分には甲田英將(名古屋U-18)が右からカットインシュートを決めてリードを広げた。そして後半に入ると細谷真大(柏)と交代出場の中村仁郞(G大阪ユース)が加点してカンボジアを突き放した。 おそらく28日の香港戦も危なげなく勝利を収めて本大会に出場するのは間違いないだろう。このチームは今月上旬に初めて招集され、カンボジア戦も週末のJリーグに出場した選手はぶっつけ本番に近い形での試合になったため、チームの完成度はまだまだ低いというか、手探り状態での試合だった。それでも視察に訪れた田嶋幸三JFA会長は「いい意味で荒削りだな。変にまとまっていない。荒削りで将来が楽しみな選手が多い」と期待を寄せていた。 果たして今回招集されたメンバーから何人が残るのか。それは今後の楽しみでもあるが、気がかりなのは「監督をいつ決めるのか」ということである。現在は冨樫剛一監督が暫定的に指揮を執っている。これまで五輪代表の監督は、W杯後にフル代表の監督と同時に人選を行ってきた。しかし五輪チームの立ち上げが早くなったため、W杯を待っているわけにはいかない。ここらあたりが悩ましいところでもある。 これまでならW杯後に新しい代表監督やスタッフが決定し、五輪代表のスタッフも同時に発表されてきた。W杯を区切りに「心機一転」できたわけだ。しかし今後は五輪代表のスタッフを先に決めなければならない。 現状では森保監督と横内コーチが代表チームを率いているものの、W杯予選の戦績はけして芳しいものではない。まして彼らにパリ五輪のチームを任せるわけにもいかない。このため冨樫暫定監督ということに落ち着いたのだろう。このまま冨樫監督で行くのかどうか。技術委員会も難しい判断を迫られているのかもしれない。 そうそう、カンボジアの監督が元帝京高校の廣瀬龍監督というのも新たな発見だった。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.10.27 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「本田の指導を受けて、可能性はある」日本に敗れるも成長著しいカンボジア、廣瀬龍監督が一定の手応え「良い経験をした」

U-22カンボジア代表の廣瀬龍監督が、U-22日本代表との一戦を振り返った。 26日、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選のグループK初戦で日本と対戦したカンボジア。初戦のU-22香港代表戦で4-2と勝利しており、日本に勝てば本大会出場が決定する試合となった。 悪天候の中で行われた試合は、日本にも硬さが見えた中、10分に松木玖生がCKからゴールを決めて日本が先制。前半終了間際には甲田英將がカットインからシュートを決めて2-0とされる。 後半も立ち上がりに細谷真大、中盤に中村仁郎がゴールを決め、日本が4-0で勝利。カンボジアはカウンターから何度か日本ゴールに迫ったが、ゴールを奪えずに終わった。 廣瀬監督は試合を振り返り、ポゼッションをしようと挑んだとコメント。しかし、悪天候もあり、上手くいかなかったと語り、この経験を先に繋げたいと語った。 「今日のゲームの力の差は試合前から承知の上ではありましたが、今までカンボジアチームがコンセプトとしてボールを保持しようというテーマでやってきて、トレーニングを重ねてきました」 「今日は大変な雨が朝から降り、ピッチがどんな状況なのか。悪い状況で考えていましたが、指示も中途半端なこともありました。ただ、ピッチの中で日本を相手にボールを保持をある程度できたので、持ち帰ってトレーニングをしたいと思います。良い経験をしたと思います」 まだまだアジアの中でも発展途上のチームであるカンボジア。一方で、日本代表として3度のW杯を経験し、全てでゴールを決め、現在はリトアニアのスドゥーヴァでプレーする本田圭佑がGM(ゼネラルマネージャー)として実質的な監督となり指導を進めている。 廣瀬監督はA代表を含めて、本田の指導の下でチームが成長してきているとコメント。この試合でも一定の手応えがあるとした。 「本田GMがこの大会を迎えるにあたって、今日いるメンバーとフル代表、シニアチームと一緒に試合をして、ポゼッションについて、チーム全体として、カンボジアとしてやっていこうと話しました」 「そうは言っても、この天候が気になっていて、それをできなかったです。ただ、手応えはあると感じています」 日本相手にまずまずの手応えを感じる廣瀬監督だが、試合を分けたのは先制点だとし「ちょっと早い時間帯だった」と振り返った。一方で、カウンターからもチャンスがあったことに触れ「少なかったですがチャンスもあって、ある程度技術的にもできる選手がいたことは、大変嬉しく思います」と、選手のパフォーマンスには一定の満足感を示した。 また、この先のカンボジアの可能性についても言及。「今は日本人スタッフが、JFA(日本サッカー協会)から派遣されています。ジュニアユースの年代も鍛えてくれています。選手の大半が彼らが育ててきた選手です」と日本人の指導を受けて、若い世代から育てていると言及。「日本人の指導者が若い選手を育ててくれているので、体は大変小さい選手ばかりですが、技術や戦術的なものは急激なレベルアップをしていると思っています」と、持ち味の器用さとスピードを生かしたいとした。「これから本田の指導を受けて、可能性はあると思っていますし、その夢にかけてやっています」と、GMの本田と共に、カンボジアの発展を目指すと意気込んだ。 2021.10.27 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

カットインから技ありゴールのU-22日本代表MF甲田英將、目指すは「メッシのようなドリブラーに」

U-22日本代表のMF甲田英將(名古屋グランパスU-18)が、U-22カンボジア代表戦の勝利を振り返った。 26日、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選のグループK初戦でU-22日本代表はU-22カンボジア代表と対戦し、4-0で勝利を収めた。 およそ2年ぶりとなる国際試合に臨んだアンダー世代の日本。冨樫剛一監督にとっては、代表監督としての初陣となった試合だったが、国際経験の少ない選手たちは序盤から硬さが見られた。 それでも10分に右CKから松木玖生(青森山田高校)がファーサイドで合わせて先制すると少しはマシに。それでも硬いプレーが続き、なかなかチャンスを生かせなかったが、45分に甲田が右サイドからのカットインからゴールを決め、2-0で試合を折り返す。 後半に入っても主導権は日本が掴むと、52分にスルーパスを受けた細谷真大(柏レイソル)が落ち着いて決めて3点目。73分には中村仁郎(ガンバ大阪ユース)もゴールを奪い、4-0で快勝した。 見事な仕掛けからチームの2点目を決めた甲田はゴールについて「ボールが来て一対一の状況だったので、一対一は絶対抜けるとイメージがありました」と語り、「しっかり仕掛けて、ゴール前に侵入して、思い切ってシュートを打てたのが一番良かったです」と、自身のストロングポイントを出せて良かったと振り返った。 ドリブルでの仕掛けはしたいと考えていたと明かした甲田。「今日は自分のドリブルが良い感じだったので、一対一になったら自分のプレーをしっかり出して、結果を残そうという気持ちでやっていました。結果が残ってよかったです」とゴールを喜んだ。 甲田はU-16日本代表を経験したことがあるものの、国際試合は2年ぶり。「最初は硬くて、自分のドリブルが思い通りいかなかったんですが、中盤からしっかり自分のプレーができたので、そこで結果を残して、良い気持ちでプレーできたことが良かったと思います」と、流石に緊張していたようだ。 ただ、「緊張しているのは自分もそうでしたが、自信を持ってプレーできて、今までやって来たことをしっかり出せば絶対勝てると思っていたので、自分のプレーを出して勝利に繋がったところは良かったと思います」と、自分を信じてプレーできたことが結果に繋がったと振り返った。 試合は時間を追うごとに雨風が強くなって行き、コンディションが悪くなっていったが「風が強く上手くいかないところもあると思っていましたが、自分たちはハッキリやる部分はハッキリやろうと切り替えられたところと、コンディションに合わせてプレーできたことが強みだと思うので良かったと思います」と、状況を判断してプレーを選択できていたようだ。 その甲田が目指すドリブラー像は、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのこと。「小さい頃からメッシはずっと見て来て、メッシのドリブルの動画とかを見て研究したりしているので、メッシのようなドリブラーになりたいです」とコメント。次戦に向けては「チャンスは回ってくると思うので、ドリブルだったり、チームの勝利に貢献したいと思います」と意気込んだ。 日本代表として、公式戦を戦ったことについては「代表のユニフォームを着て試合をするのは久々なので、自分自身、絶対に勝たなければいけないという思いはありましたし、点数を決めて勝利に導くという気持ちで臨んで、チームの勝利に貢献できて良かったです」とコメント。強い意志を持って試合に臨んでいたと語った。 2021.10.26 20:07 Tue
twitterfacebook
thumb

「決まって良かった」1トップで1ゴールのU-22日本代表FW細谷真大、目標のハットトリックは「もっと狙って行ければ」

U-22日本代表のFW細谷真大(柏レイソル)が、U-22カンボジア代表戦の勝利を振り返った。 26日、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選のグループK初戦でU-22日本代表はU-22カンボジア代表と対戦し、4-0で勝利を収めた。 およそ2年ぶりとなる国際試合に臨んだアンダー世代の日本。冨樫剛一監督にとっては、代表監督としての初陣となった試合だったが、国際経験の少ない選手たちは序盤から硬さが見られた。 それでも10分に右CKから松木玖生(青森山田高校)がファーサイドで合わせて先制すると少しはマシに。それでも硬いプレーが続き、なかなかチャンスを生かせなかったが、45分に甲田英將(名古屋グランパスU-18)が右サイドからのカットインからゴールを決め、2-0で試合を折り返す。 後半に入っても主導権は日本が掴むと、52分にスルーパスを受けた細谷が落ち着いて決めて3点目。73分には中村仁郎(ガンバ大阪ユース)もゴールを奪い、4-0で快勝した。 ハットトリックを目指すと意気込み、1ゴールを記録した細谷。ゴールシーンについて「(佐藤)恵允が前向いた時に動き出して、しっかり良いトラップからゴールまで行けたので、ああいう形は得意なので決まって良かったです」とコメント。しっかりとゴールを決められたことを喜んだ。 その他にもゴールをお膳立てするなど、得点に絡んだ細谷。「前後半チャンスがあり、ハットトリックするチャンスはあったので、そこを決めないと生き残って行けないです。香港戦もチャンスがあればしっかり決めてきたいと思います」と、しっかりとチャンスを決め切っていきたいと語った。 これが日本代表としてのデビュー戦となった細谷。「試合が始まる前に国歌斉唱があるのが代表なんだなと感じましたし、そういったところで覚悟も試合前に出てきました」とコメント。気合が入ったと明かした。 全体的に緊張感がある中でシンプルなプレーを続けた細谷。「まず自分に入ったところで攻撃のスイッチが入るように、落としたり抜けたりを意識しました」と語り、「自分のところであまり攻撃が作れていなかったので、突き詰めて行きたいと思います」と、より良い攻撃が組み立てられるように努力したいとした。 自身がゴールに向かうプレーよりも、周囲を生かすプレーが目立った前半だったが「(カンボジアの)ウイングバックに入った時にスペースが空いてくると言っていたので、そこを狙えれば良かったですが、そこをあまり狙って行けませんでした」とスカウティング通りのプレーができなかったとコメント。「サイドハーフがボールを持っている時にもっと狙って行ければ良かったと思います」と、狙い所を今一度確認したいと語った。 一方で、ターゲットマンとしてはボールを収められる場面が多く機能していたが「今日に関しては、ターゲットマンとしてはまあまあでしたし、もっと起点になってスイッチを入れられれば良かったです」と語り、「前半はあまりできていなかったので、もう少し作れればと思います」とし、ある程度はできていたものの、まだまだやれると意気込んだ。 目標はハットトリックと語っていた細谷。香港戦に向けては「もっとゴールに貪欲になって、シュートも今日は少なかったので、もっと狙って行ければと思います」と、シュート数ももっと増やしていきたいと意気込みを語った。 2021.10.26 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

普段プレーする福島で日の丸デビュー、U-22日本代表DFチェイス・アンリが高校年代の選手の活躍に刺激「ヘディングは決めたかった」

U-22日本代表のDFチェイス・アンリ(尚志高校)が、U-22カンボジア代表戦の勝利を振り返った。 26日、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選のグループK初戦でU-22日本代表はU-22カンボジア代表と対戦し、4-0で勝利を収めた。 およそ2年ぶりとなる国際試合に臨んだアンダー世代の日本。冨樫剛一監督にとっては、代表監督としての初陣となった試合だったが、国際経験の少ない選手たちは序盤から硬さが見られた。 それでも10分に右CKから松木がファーサイドで合わせて先制すると少しはマシに。それでも硬いプレーが続き、なかなかチャンスを生かせなかったが、45分に甲田英將(名古屋グランパスU-18)が右サイドからのカットインからゴールを決め、2-0で試合を折り返す。 後半に入っても主導権は日本が掴むと、52分にスルーパスを受けた細谷真大(柏レイソル)が落ち着いて決めて3点目。73分には中村仁郎(ガンバ大阪ユース)もゴールを奪い、4-0で快勝した。 センターバックの一角でプレーしたチェイス・アンリは試合を終えて「ちょっと緊張していました。ただ、試合中になくなっていったので、それは良かったです」とコメント。緊張感があったと語った。 前半は何度かカウンターを受けたが「自分が遅らせて待って、インターセプトするという狙いでした」とコメント。「1本、2本は行けましたが、3本、4本は遅れてしまいました」とし、徐々に対応が難しくなってしまったと振り返った。 また、課題としていたビルドアップについては前半はチャレンジするパスを出していたものの、徐々に減ることに。「自分も安全にやっていたと思いますし、自信がなくなって縦パスを入れて行けなかったです」と振り返り、「通らなくて焦ってしまって、やめてしまいました」と、狙ったパスを出すのを躊躇してしまったと振り返った。 この試合ではDF角田涼太朗(横浜F・マリノス)とセンターバックコンビを組んだが「彼はめちゃくちゃやりやすくて教えてくれるので、ボールを持った時には見本になっています」と語り、多くを学んでいるとのこと。チームの課題としてはボール回しを挙げ「自分たちがボールを回すのが遅くなって、相手を休ませてしまったので、最後はペースを上げて行ければと思います」と、試合終盤でもテンポ良くボールを回して行きたいと語った。 攻撃面では同世代の3人がゴールを決める活躍を見せていたが「ヘディングは決めたかったです。そこは悔しかったです」と、自身もセットプレーから迎えたチャンスを決めたかったとコメント。「ゴールを決めていたので、自分もヘディングを決めてやろうと思っていましたが、今日はダメでした」と悔しさをにじませた。 国際試合に臨んだことについては「自分も初めてやったので難しかったです、相手も下手ではないですし、ブロックを引いてきて、そこは大変でした」とコメント。国内での対戦とはまた違うものを感じたとし、「自分のヘディングだったりで3本ぐらい外したので、今後もチャンスがあればしっかり決めていきたいと思います」とゴールでもチームに貢献したいと意気込みを語った。 日本代表の選手としてデビューとなった試合は、普段からプレーする福島でとなり、縁を感じる状況に。その点については「自分がいつもプレーしているところだったので、自分にとっても福島ということで良かったです」とコメントした。 また、憧れとも語った日本代表DF吉田麻也(サンプドリア)と同じ「22」をつけてプレーしたことについては「吉田麻也選手が22番ということは忘れていたので、そんな思いはなかったです。今気がつきました」とまさかの発言。それでも「嬉しいです」と、改めて日本を代表するCBがつけてきた「22」をつけたことを喜んだ。 2021.10.26 17:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly