ビーレフェルトが長友獲得の噂が浮上したジェノアから左SBチボラを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

2021.08.25 11:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルミニア・ビーレフェルトは24日、ジェノアのドイツ人DFレナート・チボラ(22)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

チボラは、ウニオン・ベルリンやヘルタ・ベルリン、エネルギー・コットブス、シャルケの下部組織で育ち、2018年7月にヘラクレスへと完全移籍した。

オランダでキャリアを積んだチボラは、2020年1月にアタランタへと完全移籍。2020年9月にジェノアへレンタル移籍で加入すると、今夏完全移籍で加入。そのままビーレフェルトへとレンタル移籍に出させることとなった。

ジェノアでは2020-21シーズンにセリエAで17試合に出場し1ゴール、コッパ・イタリアで2試合に出場し1ゴールを記録していた。

左サイドバックや左サイドハーフとしてプレー。ジェノアには日本代表DF長友佑都(34)の獲得の噂が浮上する中、同じポジションを務める若手を手放す決断をしていた。

関連ニュース
thumb

「力が抜けてて凄くいい」奥川雅也の冷静沈着な“ループシュート”に称賛「素晴らしい」

アルミニア・ビーレフェルトに所属するMF奥川雅也が今シーズン2ゴール目を決めた。 ビーレフェルトは26日、DFBポカール2回戦でマインツとアウェイで対戦。直近のブンデスリーガ第9節のドルトムント戦で出場機会のなかった奥川はトップ下で先発した。 すると試合開始早々の2分、奥川が早速起用に応える。相手CKの流れからロングカウンターを発動させると、スルーパスに抜け出した奥川がボックス中央まで侵入。GKとの一対一を制し、左足のループシュートを沈めた。 奥川には28分にも追加点のチャンス。ディフェンスライン裏を取ったが、このシュートは惜しくも決めきれず。78分までプレーしたが、試合は2-2で90分を終了。延長戦の末にマインツが決勝点を挙げ、ビーレフェルトは敗退となった。 残念ながら勝利には結びつかなかったものの、奥川のスピーディーなゴールを『DAZN』のYouTubeチャンネルが公開すると、ファンからは「力が抜けてて凄くいい」「A代表に呼ばれてもおかしくない」「素晴らしい」といったコメントも送られた。 今年1月にザルツブルクからビーレフェルトに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入した奥川は、チームの残留に貢献すると買い取りオプションが行使され完全移籍。今シーズンはここまでリーグ戦8試合に先発して1ゴール、カップ戦2試合に先発して1ゴール1アシストの数字を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】ビーレフェルトでスタメンを張る奥川雅也の冷静沈着な“ループシュート”</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/R6mIz4QxSCQ" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.10.27 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

奥川ゴールもビーレフェルトは延長戦の末に敗退《DFBポカール》

DFBポカール2回戦が26日に行われ、MF奥川雅也のビーレフェルトはマインツとのアウェイ戦に臨み、延長戦の末2-3で敗れた。 直近のブンデスリーガ第9節ドルトムント戦で出場機会のなかった奥川が2トップの後方、トップ下でスタートした一戦。 その奥川は開始2分に先制点を挙げる。スルーパスに抜け出し、ボックス中央まで侵入。GKとの一対一を制した。 さらに28分、ディフェンスライン裏を取った奥川に追加点のチャンス。だが、シュートはGKのセーブに阻まれた。 カウンターから好機を作るビーレフェルトは続く35分、ラズミがボックス左に進入してGKとの一対一となったが、シュートを決めきれない。 すると迎えた後半、マインツの反撃を受けたビーレフェルトは後半14分までに2失点。同点とされてしまう。 78分に奥川がピッチを後にした中、2-2で90分を終了。延長戦にもつれ込んだ。その延長戦ではオープンな展開となった中、勝ち越しゴールを挙げたのはマインツ。延長後半10分、イングヴァルトセンの見事なミドルシュートが決まった。これが決勝点となってビーレフェルトは敗退となった。 また、ドルトムントはインゴルシュタットをホームに迎え、2-0で勝利した。 ケガ人続出のドルトムントは最前線にティゲス、2シャドーにブラントとヘイニエルを据える[3-4-2-1]でスタート。 ボールこそ持つものの攻めあぐねていた中27分、ベリンガムのシュートがバーに直撃。攻め手が少なくゴールレスで迎えた後半、71分にT・アザールとロイスを投入したドルトムントはその1分後に先制する。 ボックス右からブラントが入れたグラウンダーのクロスをT・アザールがダイレクトで流し込んだ。 さらに81分、ドルトムントに2点目。決めたのはまたもT・アザール。右サイドからのブラントのクロスをボレーで押し込んだ。2-0としたドルトムントが3回戦に進出している。 2021.10.27 06:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出のドルトムント、奥川不出場のビーレフェルトに快勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、ビーレフェルトvsドルトムントが23日に行われ、1-3でドルトムントが勝利した。ビーレフェルトのMF奥川雅也はベンチ入りも出場しなかった。 2位ドルトムント(勝ち点18)は前節、負傷から復帰のハーランドの2発でマインツに快勝。しかし4日前に行われたチャンピオンズリーグのアヤックス戦では0-4の惨敗を喫した。首位バイエルンを1ポイント差で追う中、そのアヤックス戦のスタメンから4選手を変更。ハーランドが再び負傷により欠場となった他、ムニエとシュルツも負傷欠場となった。 一方、前節アウグスブルク戦を引き分けたものの、未勝利が続く17位ビーレフェルト(勝ち点5)は、開幕からスタメン出場を続けていた奥川が初のベンチスタートとなった。 マレンを最前線に、2シャドーにロイスとブラントを据える[3-4-2-1]で臨んだドルトムントが押し込む入りとすると、7分にマレンのミドルシュートがオンターゲットを記録。 ここはGKオルテガにセーブされると、10分にハックに枠内シュートを打たれ、続く18分には大ピンチ。自陣でポングラチッチがボールロストを犯すも、GKコベルのセーブもあって何とか凌いだ。 すると30分、ベリンガムのボール奪取を起点に攻め込むと、ボックス内でマレンが倒され、PKを獲得した。これをジャンが決めてドルトムントが先制した。 その後もロイスやブラントが追加点に迫っていくと、45分にリードを広げる。CKの流れからペナルティアーク中央のフンメルスの見事なボレーシュートがゴール右へ決まった。 迎えた後半もドルトムントが攻勢をかけると、72分に3点目。ボックス左で仕掛けたベリンガムがドリブルでDFをかわし、チップキックシュートでゴールへ流し込んだ。 86分にPKを与えて失点したドルトムントだったが、3-1で快勝。アヤックス戦の惨敗を引きずらず、リーグ戦3連勝としている。 2021.10.24 00:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルト劣勢も辛くも下位対決をドロー、奥川は前半のみの出場《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは17日、ブンデスリーガ第8節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也は前半のみの出場となっている。 前節レバークーゼンに完敗し、未勝利が続く16位ビーレフェルト(勝ち点4)は、奥川が開幕から8試合連続スタメンとなった。 15位アウグスブルク(勝ち点5)との下位対決。奥川が[4-4-2]の左MFでスタートしたビーレフェルトは守勢の入りとなる。 そして19分、右CKからオックスフォードにヘディングシュートを決められた。ハーフタイムにかけても守勢に回ったビーレフェルトは1点ビハインドのまま前半を終えた。 前半に見せ場を作れなかった奥川が交代となって迎えた後半もアウグスブルクにペースを握られたビーレフェルトだったが、77分に追いつく。CKの流れからラウルセンのボレーシュートが決まった。 直後、モラベクにネットを揺らされたビーレフェルトだったが、VARの末にオフサイドがあったとしてノーゴールに。 さらに89分にもサレンレン=バジーにネットを揺らされるも、オフサイドがあったとして助かる。このまま1-1でタイムアップとなり、ビーレフェルトは何とか勝ち点1を持ち帰った。 2021.10.18 02:27 Mon
twitterfacebook
thumb

奥川フル出場のビーレフェルト、レバークーゼンに完敗《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは3日、ブンデスリーガ第7節でレバークーゼンをホームに迎え、0-4で敗れた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 前節ウニオン・ベルリンに0-1で敗れ、未勝利(4分け2敗)が続くビーレフェルトは、奥川が[4-2-3-1]の左MFで開幕から7試合連続スタメンとなった。 4勝1分け1敗スタートのレバークーゼンに対し、ビーレフェルトは守勢の入りを強いられる。 すると18分、レバークーゼンに先制を許す。右サイドからヴィルツの入れたクロスをシックに触られると、ボールはボックス内のディアビへ。ディアビにGKとの一対一を制された。 1分後、ビーレフェルトはFKからヴィマーがネットを揺らすも、VARの末にオフサイドがあったとしてノーゴールに。 すると24分、レバークーゼンに追加点を許す。ヴィルツのスルーパスでボックス内に進入したシックにネットを揺らされた。 2点のビハインドを負ったビーレフェルトは32分に好機。右CKからクロスのヘディングシュートがわずかに枠の上に外れた。 ハーフタイムにかけては前からのプレスを強めたビーレフェルトだったが、0-2で前半を終えた。 迎えた後半、ビーレフェルトは57分に3失点目。右サイドからのフリンポンのクロスをシックにヘッドで決められた。 結局、後半追加タイムにPKで失点したビーレフェルトは0-4で完敗。未勝利が続いている。 2021.10.04 04:22 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly