ユベントスがロカテッリを買取義務付き2年間のレンタルで獲得! 移籍金増額は約48億円に

2021.08.19 02:14 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは18日、サッスオーロからイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)の獲得を発表した。

クラブの発表によると、移籍の形態は買い取り義務付きの2年間のレンタル移籍になるという。2022-23シーズン終了後にロカテッリが出場時間など各種スポーツ面の条件を満たした場合、ユベントス側に買い取り義務が生じ、2500万ユーロ(約32億2000万円)を3年の分割で支払うことに。

また、最大で1250万ユーロ(約16億円)のボーナスが生じる契約となり、移籍金の総額は最大3750万ユーロ(約48億3000万円)になるようだ。

さらに、ユベントスが完全移籍での買い取りを実行した場合、ロカテッリとは2026年までの5年契約を結ぶことになる。

ミランのプリマヴェーラ出身のロカテッリは、2016年にトップチームデビュー。同年にはユベントス相手に鮮烈なゴールを挙げて一気に注目を集めるも、2018年にサッスオーロへ買い取り義務付きのレンタルで加わることになった。

そのサッスオーロではポゼッションスタイルを志向するロベルト・デ・ゼルビ監督の下、中盤の底を主戦場に卓越した戦術眼とキック精度、テクニックを武器にセリエA屈指のレジスタに成長。昨年にデビューを飾ったイタリア代表においても主力として起用され、先のユーロ2020では5試合に出場して2ゴールを挙げる活躍をみせ、優勝に大きく貢献していた。

今夏の移籍市場ではマンチェスター・シティやアーセナルなどプレミアリーグ勢の関心を集めていたが、新天地は自身の希望通り、ユベントスとなった。



1 2
関連ニュース
thumb

スタートダッシュ失敗のユベントス、アッレグリは危機感「もう後がない」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、セリエA制覇に早くも危機感を感じているようだ。 27日にセリエA第10節でサッスオーロと対戦するユベントス。直近の5試合は4勝1分けと絶好調だが、開幕4試合で2分け2敗と思わしくないスタートを切ったことが尾を引き、現在は6位につけている。 現在13位のサッスオーロ戦に際し、昨季のセリエBでエンポリを優勝に導き、今季がセリエA初挑戦となるアレッシオ・ディオニージ監督をアッレグリ監督は称賛。また、スタートダッシュの失敗で早くも後がないことを確認しつつ、重要な試合であることを強調した。クラブ公式サイトが伝えている。 「サッスオーロは非常に上手くプレーするチームで、テクニックのある良い選手が揃っている。(アレッシオ・)ディオニージは初めてのセリエAの舞台で優秀な監督であることを証明しているよ。彼はエンポリでよくやっていたし、勝つのは簡単ではない」 「明日は我々にとって重要な試合だ。選手はそれをわかっており、勝利が求められる。開幕時にいくつかポイントを失ったために、もう失敗の余地はないのだ。明日は技術的にも体力的にも、しっかりと試合に臨まなければならない」 アッレグリ監督はまた、起用選手についてもコメント。24日の第9節インテル戦で5試合ぶりに公式戦に復帰したFWパウロ・ディバラらの出場を示唆した。 「(マッティア・)ペリン、(マタイス・)デ・リフト、(パウロ・)ディバラ、(フェデリコ・)キエーザが出場するだろう。(アドリアン・)ラビオが戻ってきたが、(フェデリコ・)ベルナルデスキと(モイゼ・)ケアンは出られない」 「(マヌエル・)ロカテッリとアルトゥールがペアを組み、一緒にプレーすることも考えられる。もしかしたらアルトゥールはセントラルハーフに近いポジションで起用するかもしれない。そして、キエーザはワールドクラスの選手で、このチームの主軸だ」 2021.10.27 15:53 Wed
twitterfacebook
thumb

アッレグリ「この結果は大きい」 “イタリア・ダービー”ドローも満足感示す

ユベントスのマッシミリア―ノ・アッレグリ監督がインテル戦をポジティブに振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 24日に行われたセリエA第9節でインテルと対戦したユベントス。公式戦6連勝と絶好調のままイタリア・ダービーに臨んだ。 試合は15分、相手FWエディン・ジェコに先制点を許し、1点のビハインドを負うと、試合終盤まで好機を生み出せず。このまま終了かと思われたが、85分にDFアレックス・サンドロがボックス内で相手DFデンゼル・ダンフリースに蹴られたとして、VAR判定の末にPKを獲得した。これをFWパウロ・ディバラがしっかりと決めると、試合は1-1のまま終了。連勝こそストップしたものの、アウェイの地で勝ち点1を手にした。 試合後、アッレグリ監督はダービーでのドロー決着に満足感を示した。 「フィジカルとテクニックを兼ね備えたチームであるインテルを相手に、ドローに持ち込めた。この結果は大きい。特に後半は良いパフォーマンスを見せた」 「彼らとの勝ち点差は『3』のままだ。我々はポジティブな流れを続けており、インターナショナルブレイク前に、さらにいくつかのポイントを獲得したいと思っている」 また、レギュラーであるFWフェデリコ・キエーザに代わって、MFデヤン・クルゼフスキを先発起用した意図を説明。相手のクロアチア代表MFにプレッシャーをかける必要があったと明かした。 「先発からキエーザを外した理由? (マルセル・)ブロゾビッチにプレッシャーを与えるためにクルセフスキが必要だった」 「そして時間が経ち、彼や、ディバラ、カイオ・ジョルジの出番がやってきた。彼はとてもうまく仕事をこなしたと思う」 2021.10.25 14:48 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-1 ユベントス《セリエA》

セリエA第9節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービーが24日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211025_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 6.0 PKで失点も安定感あるゴールキーピングだった DF 37 シュクリニアル 6.0 ソリッドな守備でモラタに対応 6 デ・フライ 6.0 守備をよく統率していた 95 バストーニ 6.0 長短のフィードでいなしていた MF 36 ダルミアン 6.0 高い位置を取ってアレックス・サンドロを牽制 23 バレッラ 6.0 とりわけ前半は攻撃によく絡んだ 77 ブロゾビッチ 5.5 前半は攻撃を指揮。後半は両脇を使われた 20 チャルハノール 6.5 強烈なミドルシュートで先制点を演出。流れの中でのプレーも〇 (→ガリアルディーニ 5.0) 攻守に凡庸 14 ペリシッチ 6.0 左サイドからの仕掛けが良いアクセントになっていた (→ダンフリース 5.0) 厳しい判定だったが、痛いPK献上 FW 9 ジェコ 6.0 厳しいマークに遭いながらも先制点を挙げる 10 ラウタロ・マルティネス 5.0 虎視眈々とゴールを狙うも、効果的な仕事はできなかった (→サンチェス 5.5) うまく試合に入っていた 監督 S・インザーギ 6.0 勝利に値する内容だったが、VARに泣いた ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211025_5_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div></div> GK 1 シュチェスニー 5.5 枠内シュート2本。失点を除いて難しいセーブシーンはなかった DF 6 ダニーロ 5.5 セーフティーなプレーを続けた 19 ボヌッチ 6.0 ラウタロを封殺。ジェコの仕事も制限 3 キエッリーニ 6.0 フィードで攻撃に絡んでいった 12 アレックス・サンドロ 6.0 思うように打開できていなかったが、貴重なPK獲得 MF 11 クアドラード 5.5 一定の攻め手となった (→キエーザ 6.0) 右サイドでプレー。ディバラと共に攻撃を活性化 14 マッケニー 5.5 前半はセンター、後半は左サイドでプレー。さほど効果的なプレーはなかった 27 ロカテッリ 6.0 縦パスの意識が高かった (→アルトゥール -) 20 ベルナルデスキ - 肩の脱臼で18分に交代 (→ベンタンクール 5.5) 前半は左サイドで、後半は本職のセンターでプレー。無難だった FW 9 モラタ 5.5 チャンスメークを担うも、フィニッシュワークで仕事をしきれず 44 クルゼフスキ 5.5 ブロゾビッチを監視つつのプレー。ただ攻撃面で違いを生み出せず (→ディバラ 6.5) 負傷明け。攻勢を強めた要因に。PKで同点弾 監督 アッレグリ 6.0 ディバラの投入が利いた。よく引き分けに持ち込んだ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ディバラ(ユベントス) チャルハノールと迷ったが、引き分けに持ち込んだユベントスからディバラを選出。負傷明けながら負傷前の好調時と変わらないプレーを披露。 インテル 1-1 ユベントス 【インテル】 ジェコ(前15) 【ユベントス】 ディバラ(後44)【PK】 2021.10.25 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ディバラの終盤PK弾でイタリア・ダービーはドロー決着《セリエA》

セリエA第9節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービーが24日に行われ、1-1で引き分けた。 前節ラツィオに1-3と敗戦し、リーグ初黒星を喫した3位インテル(勝ち点17)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のシェリフ戦ではジェコの1ゴール1アシストの活躍で今季のCL初勝利を挙げた。そのシェリフ戦のスタメンから3選手を変更。チャルハノールやバストーニ、ダルミアンが先発に戻った。 一方、前節ローマにウノゼロで勝利した5位ユベントス(勝ち点14)は、4日前に行われたCLではゼニト相手にまたもウノゼロ勝利。公式戦4試合連続1-0での勝利としたユベントスはゼニト戦のスタメンから4選手を変更。キエッリーニやダニーロ、クアドラードが先発に戻り、決勝点を挙げたクルゼフスキがモラタと2トップを形成した。そしてベンチには負傷明けのディバラが戻ってきた。 インテルが押し込む入りとなった中、ユベントスは7分にFKの流れからモラタのボレーシュートがGKハンダノビッチを強襲した。 そのユベントスはベルナルデスキが肩の脱臼により治療を行っていた矢先、数的優位となっていたインテルが隙を突く。15分、チャルハノールの強烈なミドルシュートが枠の右角に直撃し、ルーズボールをジェコが押し込んだ。 公式戦5試合ぶりに失点したユベントスは、ベルナルデスキがプレー続行不可能となったことを受けてベンタンクールをそのまま左サイドに投入。そのユベントスは23分にクアドラードのミドルシュートでゴールに迫るも、ハーフタイムにかけては好機を生み出せず、インテルの1点リードで前半を終えた。 後半からマッケニーを左サイドに移してベンタンクールをセンターに据えたユベントスが前がかる入りとなった中、インテルは60分にジェコのヘディングシュートで牽制。 インテルが主導権を渡さずに時間を進める中、ユベントスは65分にクルゼフスキとクアドラードに代えてディバラとキエーザを投入。 この交代によってユベントスの圧力が強まると69分、アレックス・サンドロがミドルシュートでゴールを脅かせば、71分にはディバラが直接FKでGKハンダノビッチを強襲した。 終盤にかけてはインテルが試合を締めにかかっていたが、85分に落とし穴。アレックス・サンドロがボックスぎりぎりの位置でダンフリースに蹴られとしてVARの末にPK判定となった。このPKをディバラが決めてユベントスが同点に追いついた。 このまま1-1で終了。ユベントスが同点に持ち込み、イタリア・ダービーは引き分けに終わった。 2021.10.25 05:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ディバラが空き巣被害に、チームのロシア遠征中を狙っての犯行か

ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが空き巣の被害に遭ったようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などのイタリアメディアが伝えている。 被害に遭ったのはトリノとモンカリエリの間にあるディバラの別荘で、地域を管理している民間警備員によって発見された。犯行のタイミングは火曜日(19日)から水曜日にかけての夜とみられており、1階の窓から侵入した模様だ。 被害の全容は明らかにされていないが、ディバラの所有する時計コレクションは犯人の手中にあるだろうと言われている。 ユベントスは20日のチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節ゼニト戦のため、サンクト・ペテルブルクへの遠征中だった。その間を狙ったと思われるが、筋肉系のトラブルで離脱中のディバラはロシア遠征には帯同していなかった。ただ、本人も妻のオリアナ・サバティーニも別荘を利用してはいなかったとのことだ。 1月にはアメリカ代表MFウェストン・マッケニーの家がコッパ・イタリアのSPAL戦の最中に狙われたばかり。過去には元イタリア代表のマウロ・カモラネージやクラウディオ・マルキジオも滞在中に強盗と鉢合わせする事態に陥っている。 <span class="paragraph-title">【写真】自宅でのディバラと彼女の2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CS9eOuMqknN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CS9eOuMqknN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CS9eOuMqknN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Paulo Dybala(@paulodybala)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.24 21:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly