ラメラがドブレーテの鮮烈デビュー! セビージャが前半にGKリュカ・ジダン退場の昇格組ラージョに快勝《ラ・リーガ》

2021.08.16 07:16 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第1節、セビージャvsラージョが15日にサンチェス・ピスフアンで行われ、ホームのセビージャが3-0で快勝した。

昨シーズン、クラブ史上最速でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した4位のセビージャが、昇格プレーオフを制してプリメーラに復帰した昇格組ラージョをホームで迎え撃った2021-22シーズンの開幕戦。

新型コロナウイルスのクラブ内クラスターによって主力数人がベンチ外となったセビージャは、普段の[4-3-3]ではなく[3-4-3]を採用。また、エイバルからの新戦力のGKドミトロビッチが早速デビューを飾った。

試合はプリメーラ復帰で意気込むアウェイチームが前線からの激しい守備でリズムを掴み、急造布陣のセビージャはやや窮屈な戦いを強いられる。しかし、16分には背後からのロングフィードに反応したイドリシが最終ラインの背後を取ると、ボックス内で入れ替わりを阻止しようとしたGKリュカ・ジダンにホールディングを受ける。そして、このプレーに対して主審はPKと共に決定機阻止としてリュカにレッドカードを掲示した。

このPKをキッカーのエン=ネシリがスクランブル投入となったGKディミトリエフスキ相手にきっちり決めて、数的優位と共に先制点を手にした。

一気に畳みかけたいホームチームは直後に人数をかけた分厚い攻めからアクーニャ、エン=ネシリとボックス内で続けて決定機が訪れるが、アクーニャが利き足とは逆の右足のシュートをうまくミートできず、チャンスをフイにしてしまう。逆に、1人少ないラージョに前がかりな背後を突かれる場面もあったが、ここはGKドミトロビッチの勇敢な飛び出しによって事なきを得た。

結局、追加点を奪えずに試合を折り返したセビージャはイドリシを下げてトッテナムからの新戦力のラメラをデビューさせる。さらに、51分にはセンターバックのレキクを下げてパプ・ゴメスを投入し、本来の[4-3-3]に並びを戻した。

すると、ロペテギ監督のこの采配が完璧に的中する。55分、右サイドで味方との細かいパス交換から中央に流れたラメラがアクーニャの左クロスにゴール前で反応したフェルナンドのシュートのこぼれ球に詰めると、左足のシュートがDFにディフレクトして大きくコースが変わり、GKの反応の逆を突く形でゴールネットを揺らした。

ラ・リーガ初参戦ラメラのデビューゴールで大きく勝ち点3を手繰り寄せたセビージャは、70分過ぎまでに5枚の交代カードを使い切って反撃を試みるラージョを相手に危なげなく試合を進めていく。そして、79分には自陣深くからのロングカウンターを発動。左サイドを持ち上がったパプ・ゴメスのスルーパスに抜け出したエン=ネシリがボックス左から折り返しを入れると、最後は懸命なスプリントから身体を投げ出したラメラが何とか左足で当ててゴールへ流し込み、ドブレーテを達成した。

これで勝利を確信したロペテギ監督はオルティス、イバン・ロメロと2人のカンテラーノをプリメーラデビューさせる余裕の采配をみせ、昇格組相手の開幕戦を3-0の快勝で飾った。


関連ニュース
thumb

「非常に明確なPKだった」 セビージャSD、レアル戦の判定に抗議

セビージャのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏がレアル・マドリー戦の判定に疑問を呈した。 28日に行われたラ・リーガ第15節でマドリーと対戦したセビージャ。12分にFWラファ・ミルのゴールで幸先よく先制するも、32分にはGKヤシン・ボヌのミスから失点を喫してしまう。 そして、1-1で迎えた36分、問題のシーンが訪れる。右サイドハーフウェイライン付近でボールを受けたFWルーカス・オカンポスはスピードを上げ、ボックス内に侵攻。さらなる突破を図ると、相手DFダビド・アラバに足を蹴られる形で倒されたが、笛は吹かれなかった。これにはフレン・ロペテギ監督もPKだと主張するが、判定は変わらず。結局、2点目を奪えなかったセビージャは87分に失点し、1-2で敗戦している。 この物議を醸すジャッジにはセビージャの名物SDであるモンチ氏も黙っていられず。試合後、スペイン『マルカ』のインタビューで抗議した。 「誰でも知っていることだろうが、ボックス内で接触があり、足を引っかければPKになる。非常に明確なPKであり、とてもわかりやすいトリッピングだった。これは客観的な見方で、私が関わっているから言っているわけではない。最近はVARの判定にあまり恵まれていない」 「私はこのプレーについて怒っているわけではないし、今までにもあったことだ。試合全体を通して、我々はマドリーよりも優れていたので、悔しい思いをして帰ることとなった。前半は非常にアンフェアだったが、スコアが変わらなかったのは攻守で正確さを欠いていたからでもある」 2021.11.29 16:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウスのゴラッソで土壇場逆転の首位マドリーがセビージャ撃破でリーグ4連勝!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第15節、レアル・マドリーvsセビージャが28日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-1で逆転勝利した。   前節、格下グラナダ相手に大量4ゴールを挙げて4-1の快勝を収めたマドリー(勝ち点30)は、レアル・ソシエダを抜き首位に浮上。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では前回対戦で敗れたシェリフを相手に久々のクリーンシートを記録する3-0の完勝。インテルとの最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。難敵相手の上位対決ではシェリフ戦からロドリゴに代えてアセンシオを起用した以外、同じメンバーを継続した。   対する3位のセビージャ(勝ち点28)は前節、下位に沈むアラベス相手に2度のビハインドを背負う苦しい戦いを強いられたが、試合終了間際にラキティッチが決めた劇的同点ゴールによって辛くもドローに持ち込んだ。一方で、グループ最下位で臨んだCLではホームでヴォルフスブルクを相手に2-0の勝利を収め、今季CL初白星を挙げて最終節での逆転突破に望みを繋いでいる。ヴォルフスブルク戦からはムニルに代えてラファ・ミルを最前線で起用した以外、こちらも同じメンバーで臨んだ。   実力伯仲の両者の対戦は立ち上がりから主導権争いがしばらく続く。そういった流れの中でアウェイチームがファーストチャンスをモノにする。12分、左CKの場面でキッカーのアクーニャが左足アウトスウィングで入れたボールを、大外でフリーのラファ・ミルが左隅のコースを狙ったヘディングシュートで決め切った。   敵地で先制に成功して勢いづくセビージャは直後の14分にもカルバハルのビルドアップのミスを突きショートカウンターを発動。ボックス左で続けてシュートを放つが、DFアラバのゴールカバー、GKクルトワのビッグセーブに阻まれ、続けざまのゴールとはならない。   一方、早い時間帯に追いつきたいマドリーは相手のコンパクトな守備に手を焼き、なかなかベンゼマら前線の選手に良い形でボールを入れられない。それでも、前半半ば過ぎの27分にボックス内での細かいパス交換から中央のヴィニシウスが最初の枠内シュートを放つ。   この直後にはオカンポスの見事な仕掛けからのコントロールシュートがクロスバーを叩くピンチを招いたが、30分過ぎにスコアをタイに戻す。32分、相手を一旦押し込んで高い位置を取っていたミリトンがボックス外から強烈な右足のミドルシュートを放つ。これに対して、GKブヌがボールをキャッチに行く判断をすると、うまくキャッチできずにポストを叩く。このこぼれ球にいち早く反応したベンゼマが難なく無人のゴールへ流し込んだ。   ベンゼマの公式戦2試合連続ゴールによって振り出しに戻った試合は、以降マドリーが押し気味に試合を運んでいく。前半終了間際の45分には左サイドのメンディのカットインの仕掛けからペナルティアーク付近でボールを受けたアセンシオが得意の左足を振り抜くが、このシュートはわずかにクロスバーの上を越えた。   互いにハーフタイムに修正を施した中で迎えた後半は、アウェイのセビージャがボールの主導権を握ってペースを掴む。だが、最初の決定機はマドリーに訪れる。58分、カウンターの形から相手陣内右サイドからドリブルで切り込んだアセンシオが左足のミドルシュートを狙うが、これは惜しくも枠の左へ外れる。   以降は互いに相手の集中した守備を前に攻めあぐねる膠着状態がしばらく続く。70分には相手セットプレーのロングカウンターからマドリーがベンゼマとヴィニシウスのコンビで相手陣内深い位置まで運ぶが、ヴィニシウスはうまく相手守備に押し出されてしまい、右足のシュートを大きくふかす。   勝ち点3奪取には変化が求められる中、セビージャはラキティッチに代えてデラネイ、マドリーはモドリッチとアセンシオに代えてカマヴィンガ、負傷明けのバルベルデと70分過ぎに最初の交代カードを切っていく。   この交代によって全体の運動量を増したホームチームは良い形で相手を押し込み始める。すると、87分には頼れる若武者が圧巻のゴラッソでチームを逆転に導く。左サイドに張ったヴィニシウスにミリトンから対角上のフィードが通ると、胸トラップからのカットインでオカンポス、モンティエルを振り切ったブラジル代表FWがペナルティアーク付近で右足を一閃。鋭いシュートがGKブヌの手を弾いてゴール右上隅の完璧なコースを射抜いた。   ベンゼマとヴィニシウス揃い踏みの活躍で試合を引っくり返したマドリーだが、セビージャはそう簡単に勝ち点3をプレゼントしてくれない。試合終了間際の93分に右CKを与えると、アクーニャの左足インスウィングのクロスをファーのデラネイに頭で合わせられる。だが、ここはGKクルトワが驚異的な反応ではじき出すと、攻撃参加していたGKブヌが押し込み切れなかったこともあり、何とか難を逃れた。   そして、この直後にタイムアップを迎え、白熱の上位対決を制したマドリーが、リーグ4連勝で首位キープに成功した。 2021.11.29 07:04 Mon
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第15節プレビュー】首位マドリーと3位セビージャの上位対決! チャビ体制連勝狙うバルサはビジャレアル戦

先週末に行われた第14節では快勝のレアル・マドリーがゴールレスドローで取りこぼしとなったレアル・ソシエダを抜き首位に浮上。また、チャビ初陣となったエスパニョールとのダービーを制したバルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち点3を手にしている。 11月最後となる今節では首位のレアル・マドリー(勝ち点30)と、3位のセビージャ(勝ち点28)による上位対決に注目が集まる。 前節、格下グラナダ相手にDFメンディの今季初ゴールなどで大量4ゴールを挙げて4-1の快勝を収めたアンチェロッティ率いるチーム。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では前回対戦で敗れたシェリフを相手にDFアラバ、MFクロース、FWベンゼマと後半序盤までに3ゴールを重ね、久々のクリーンシートも記録する3-0の完勝。インテルとの最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。そのシェリフ戦では足に軽傷を負ったアラバの状態は気がかりも、主力を早い時間帯にベンチへ下げることに成功。対戦相手に比べて準備期間は1日短いものの、悪くないコンディションで臨めるはずだ。 対するセビージャは前節、下位に沈むアラベス相手に2度のビハインドを背負う苦しい戦いを強いられたが、試合終了間際にMFラキティッチが決めた劇的同点ゴールによって辛くもドローに持ち込んだ。そして、グループ最下位で臨んだCLではホームでヴォルフスブルクを相手にMFジョルダン、FWラファ・ミルのゴールで2-0の勝利。今季CL初勝利を挙げて最終節での逆転突破に望みを繋いでいる。今回のビッグマッチに向けてはDFジエゴ・カルロスやDFヘスス・ナバスと最終ラインに負傷者が出ている中、同胞の相手エースとマッチアップするDFクンデのパフォーマンスがより重要となりそうだ。 その上位対決に比べると、バルセロナ(勝ち点20)が7位、ビジャレアル(勝ち点16)が12位と、順位表上では大きく見劣りするが、浮上のキッカケを探る両者の対決にも大きな注目が集まるところ。 前節、チャビ新体制がお披露目となったバルセロナは、FWデパイのPKによるゴールでバルセロナ・ダービーに勝利したものの、多くの負傷者の影響もあり、攻守両面で課題は少なくない。直近のCLではベンフィカ相手に指揮官が志向するスタイルの一旦は垣間見えたが、崩しの局面での連携、精度向上は急務。そういった中、対戦相手のビジャレアルは同じく攻撃に問題を抱えているものの、守備の安定度は高いだけに、新指揮官が直近2試合で出た課題をいかに修正できるかが、勝利のカギを握る。 対するビジャレアルは前節のセルタ戦を1-1のドローで取りこぼすと、直近のCLのマンチェスター・ユナイテッド戦では試合の大半を支配しながらも、相手守護神デ・ヘアの牙城を破れずにいると、ミス絡みで喫した2失点によって0-2の敗戦を喫した。対戦相手同様にパンチ力不足が指摘される中、コンディションにやや不安を抱えるFWジェレミ・ピノ、FWダンジュマの2選手をサポートする選手の台頭が求められるところだ。 現在、4位のアトレティコ(勝ち点26)はオサスナの堅守を攻略し、前節公式戦2試合ぶりの白星を手にした。しかし、直近のCLミラン戦ではホームで消極的な戦いに終始した中、試合終了間際に伏兵メシアスに手痛い決勝点を奪われ、0-1で敗戦。最終節を前にグループ最下位に転落している。ここ最近では攻守両面でどっちつかずの戦いぶりが目立っており、シメオネ監督としては今後の巻き返しに向けて改めてチームの方向性を示したい。今回、敵地で対峙する16位のカディス(勝ち点12)はダイレクト志向が強いチームスタイルの相手だけに、局面でのデュエルをきっちり制して自陣にブロックを敷く相手に対して、前線のアイデアを生かした攻めで崩し切りたい。 バレンシア相手に数的不利の戦いを強いられ、ゴールレスドローに終わったレアル・ソシエダ(勝ち点29)は前節終了後に2位へ転落。今節からは追う立場として仕切り直しの勝利を目指す。対戦相手の11位エスパニョール(勝ち点17)は、ヨーロッパリーグ(EL)から中2日で戦うには非常にタフな相手だが、エースのFWオヤルサバルらの戦列復帰によって前線の駒は揃ってきており、選手層の部分で相手を押し切りたい。 最後に、6戦未勝利で13位まで順位を落としたマジョルカ(勝ち点13)は、9月中旬に行われたレアル・マドリー戦を最後に2カ月間の離脱が続いていたMF久保建英がようやくチームトレーニングに復帰。古巣である19位のヘタフェ(勝ち点9)をホームで迎え撃つ今回の一戦ではメンバー入りの可能性が出てきている。チームとしては次節アトレティコ戦での復帰を予定しているが、試合展開次第では、より勝ち点を獲得しやすいヘタフェを相手に崩しの切り札として投入される可能性は十分にあるはずだ。 《ラ・リーガ第15節》 ▽11/26(金) 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs グラナダ ▽11/27(土) 《22:00》 アラベス vs セルタ 《24:15》 バレンシア vs ラージョ 《26:30》 マジョルカ vs ヘタフェ 《29:00》 ビジャレアル vs バルセロナ ▽11/28(日) 《22:00》 ベティス vs レバンテ 《24:15》 エスパニョール vs レアル・ソシエダ 《26:30》 カディス vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 レアル・マドリー vs セビージャ ▽11/29(月) 《29:00》 オサスナ vs エルチェ 2021.11.26 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ初勝利にリール勝利で大混戦グループGは全チームに勝ち抜けチャンスで最終節へ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第5節、セビージャvsヴォルフスブルクが23日にサンチェス・ピスフアンで行われ、ホームのセビージャが2-0で勝利した。 ここまで4戦未勝利で最下位に沈むセビージャ(勝ち点3)が、前節コーフェルト新体制でのCL初陣を制した3位のヴォルフスブルクを迎えた一戦。 試合は逆転突破に向けて勝利しかない崖っぷちのホームチームがアグレッシブな入りを見せる。序盤から相手を押し込むと、パプ・ゴメス、クンデとセットプレーから続けて枠内シュートを浴びせていく。 そして、12分には相手陣内右のハーフスペースでボールを持ったラキティッチからの高精度のクロスに複数の味方が反応すると、ファーに飛び込んだジョルダンが気迫のダイビングヘッドを叩き込んだ。 幸先よくリードを手にしたセビージャは以降も危なげなくゲームをコントロール。だが、20分を過ぎた辺りからカウンターを起点に深い位置まで侵攻を許すと、23分にはペナルティアーク付近でフリーにしたルーカス・エンメチャに強烈なミドルシュートを打たれる。だが、GKブヌが何とか右手で触ったボールはクロスバーを叩き事なきを得た。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握るセビージャ、カウンターを狙うヴォルフスブルクと互いの狙いとする形からゴールへ迫る場面もあったが、相手の集中した守備を上回ることができず。ホームチームの1点リードでハーフタイムを迎えた。 後半も優勢に試合を運ぶセビージャはボールの主導権をガッチリと握った中、パプ・ゴメス、オカンポス、モンティエルとアルゼンチン代表選手が果敢に足を振って相手ゴールを脅かす。 一方、前線になかなかボールが収まらずに苦戦が続くヴォルフスブルクは、両サイドバックや中盤を入れ替えて攻撃の活性化を図るが、この選手交代も即効性を発揮できず。 その後、80分を過ぎてようやく交代カードを切って逃げ切り態勢に入ったセビージャは相手のパワープレー気味の攻撃を冷静に撥ね返す。すると、試合終了間際の97分には中盤でのフェルナンドのボール奪取からカウンターを発動。右サイドを個人技でこじ開けたオカンポスからの正確な折り返しを、途中出場のラファ・ミルが冷静に流し込み、試合を決定づける2点目とした。 そして、今グループステージ初勝利のセビージャがヴォルフスブルクを抜き3位に浮上した。 また、同日行われたリールvsレッドブル・ザルツブルクは、ホームのリールが1-0で勝利した。 前節、セビージャを敵地で撃破して2位に浮上したリール(勝ち点5)と、ヴォルフスブルク相手に初黒星を喫して前節での突破を逃した首位ザルツブルク(勝ち点7)による首位攻防戦。 試合の入りはアウェイのザルツブルクが前からのプレス、2トップを背後に走らせる形で押し込む形を作り出したが、決定機まで持ち込むことができない。 対して時間の経過と共にブラク・ユルマズが前線でボールを収めて全体を押し上げるリールが、相手陣内でのプレータイムを増やす。すると、31分には左サイドで大きな展開を受けたユルマズが強引なドリブルでボックス内に侵入すると、DFウルマーの足に当たってゴール前にこぼれたボールをデイビッドが冷静に左足で蹴り込んだ。 リールの1点リードで折り返した試合は、後半も一進一退の攻防を見せたが、互いに決め手を欠き最少得点差のまま試合終盤に突入。何とか勝ち点1でも持ち帰りたいアウェイチームは攻勢を仕掛けたものの、最後まで集中したリールの守備をこじ開けられず。連勝のリールがザルツブルクを抜き首位に浮上している。 なお、今節の結果、大混戦のグループGでは最終節で首位のリールと最下位のヴォルフスブルク、2位のザルツブルクと3位のセビージャが直接対決に臨むことになり、全チームに突破の可能性が残っている。 セビージャ 2-0 ヴォルフスブルク 【セビージャ】 ジョルダン(12分) ラファ・ミル(90分+7) リール 1-0 ザルツブルク 【リール】 デイビッド(31分) 2021.11.24 07:19 Wed
twitterfacebook
thumb

「コミュニケーションの必要ない」セビージャDFジエゴ・カルロス、相棒クンデとの関係語る

セビージャのブラジル代表DFジエゴ・カルロスが、相棒ジュール・クンデとのコンビネーションについて語った。 2019年夏にナントからセビージャへと加わったD・カルロス。加入初年度からレギュラーに定着し、すでに公式戦100試合以上に出場を記録している。2019-20シーズンにはヨーロッパリーグ優勝に大きく貢献。2020年からはブラジル代表の常連となり、ビッグクラブが関心を示す、ラ・リーガ屈指のDFとして名を轟かせている。 そんなD・カルロスはスペイン『マルカ』のインタビューで、在籍3年目となるクラブへの愛着を語った。 「僕はもう自分がキャプテンだと思っているよ。クラブのみんなから尊敬されていると思っているけど、それと同じように僕も皆のことを尊敬している」 「ここに来てから本当によくしてもらってるし、ロッカールームの雰囲気も気に入っているんだ。ここにいる選手の姿勢はすごく良くて。僕らはみな、フィールドに立つ準備ができている。戦うことが好きなんだ」 また、センターバックとしてコンビを組むフランス代表DFジュール・クンデについても言及。今夏には退団が噂されるも、結局残留した“相棒”との良好な関係について明かした。 「僕らはピッチ上で良い関係を築いていて、互いに何をどうするかもわかる。コミュニケーションを取る必要はほとんどないほど、理解し合えているんだ」 「互いの顔を見れば、二人の間に何が起こるかがわかるのさ。息もピッタリで、ボールの持ち方を見ただけで、それぞれが何をするのかイメージできる」 「ファンの皆と同じように、彼が残ってくれてとても嬉しいよ。彼は僕らにとって、とても重要な存在で、常に成長を見せている」 2021.11.20 19:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly