ライプツィヒ、格下マインツに敗戦で黒星スタート《ブンデスリーガ》

2021.08.16 00:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ライプツィヒは15日、ブンデスリーガ開幕節でマインツとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。マインツのFW水多海斗はベンチ入りも出場機会はなかった。

ナーゲルスマン監督のバイエルン指揮官就任に伴い、ザルツブルクのマーシュ監督を迎えた昨季2位のライプツィヒは、新戦力のアンドレ・シウバが先発。2列目に右からハイダラ、フォスルベリ、エンクンクと並べる[4-2-3-1]で臨んだ。

開始5分にイ・ジェソンのダイビングヘッドで左ポスト直撃のシュートを浴びたライプツィヒは13分に先制される。CKの流れからムキエレのクリアミスを突かれ、ニアカテにゴールを許した。

立ち上がりからポゼッションしていたライプツィヒだったが、9分にアンヘリーニョがGK強襲のシュートを放った以外にチャンスは作れず前半を1点ビハインドで終えた。

迎えた後半も目立ったチャンスを生み出せないライプツィヒは64分に3枚替えを敢行。ザビッツァー、ファン・ヒチャン、ショボスライを投入した。

74分にはCKからベルにボレーシュートを決められたものの、その前にゴールラインを割っていて助かった。

しかし86分のCKからオルバンの放ったヘディングシュートもわずかに枠を外れたライプツィヒは、そのまま0-1で敗戦。格下相手に黒星スタートとなっている。


関連ニュース
thumb

逆転負けでCL3連敗のライプツィヒ、指揮官は「ポジティブな要素はたくさんある」と強調

RBライプツィヒのジェシー・マーシュ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での敗北にも前を向いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒは19日に行われたCLグループA第3節でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。開始早々に失点を許す展開となったものの、28分にFWアンドレ・シウバのゴールで同点に追いつくと、後半にはDFノルディ・ムキエレの得点によって逆転に成功。しかし、そこからリードを守り切ることができずFWリオネル・メッシに2ゴールを奪われ、2-3で敗れた。 この結果、ライプツィヒはグループステージ3連敗となり、決勝トーナメント進出は非常に厳しい状況に。ブンデスリーガでも現在8位とチームはなかなか結果を出せずにいるが、試合後のインタビューに臨んだマーシュ監督は敗戦を悔やみつつ、チームのパフォーマンスには希望を見いだしている。 「我々は良いプレーをしており、試合の大部分を支配できていた。リードした後も良いポジションにいたと思うが、悪いミスが出てしまったね。メッシや(キリアン・)ムバッペは、得点するために時間やスペースを必要としないのだ」 「ポジティブな要素はたくさんあると思う。我々には勇気があり、ポゼッションしているときも良いプレーができていた。多くのチャンスを作っており、セットプレーでも危険な状況を作れていただろう。しかし、ここでは常に追い詰められた状況であり難しかった。次の試合では、ミスを少なくする必要があるね」 また、この試合で同点弾を記録しながら勝利に結びつかなかったアンドレ・シウバもインタビューに応じており、チームのハードワークが報われなかったことを嘆いている。 「僕たちはこの試合でハードワークをしたから、厳しい敗北だね。個人的意見では、相手の先制点の際には僕へのファールがあったと思う。チームにとって、この敗北が相応しいとは思っていないよ」 「仕事をこなすことが僕の役割だ。一生懸命働き続けるしかないと思っている。僕は常にチームのために最善を尽くす選手であり、皆を助けていきたい」 2021.10.20 16:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ監督がチームのリアクションを評価「素晴らしいキャラクターを見せた」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、RBライプツィヒ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 PSGは19日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でライプツィヒをホームに迎えた。 ここまでの2試合で1勝1分けとなっていたが、9分にキリアン・ムバッペのゴールで先制するも、28分にアンドレ・シウバのゴールで追いつかれると、57分にノルディ・ムキエレのゴールで逆転される。 しかし、67分にリオネル・メッシのゴールで追いつくと、74分にはメッシがPKを決めて逆転。3-2で勝利を収め、グループ首位に立った。 ポチェッティーノ監督は、試合を振り返り、逆転を許してからの選手たちの反応を評価した。 「難しい試合だった。ただ、最終的に勝ち点3を得られて満足している」 「試合の前には、我々がグループの首位に立つことが重要だと考えていた。とても優秀なチームを相手にし、とても難しかったが、全体的に勝利に値した。我々は幸せだ」 「失点した後の難しさもあり、後半のスタートが思うようにいかなかった。その結果、2点目を奪われてしまったと思う」 「しかし、その後、選手とチームは、シーズン当初から見せていたように、素晴らしいキャラクターを見せた」 「もちろん、改善しなければならないことはわかっているし、改善ていくつもりだ。このような状況で、選手たちは非常に素晴らしかったので、喜んで、祝福しなければいけない」 <span class="paragraph-title">【動画】ムバッペからのアシストでメッシが貴重な同点ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVOVFVmNXqU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVOVFVmNXqU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVOVFVmNXqU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.20 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ2ゴールで逆転のPSGがライプツィヒ撃破で首位キープ!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループA第3節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsRBライプツィヒが19日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが3-2で勝利した。 前節、マンチェスター・シティに2-0の会心の勝利を挙げてグループ首位に浮上したPSG。直後のリーグ戦ではスタッド・レンヌ相手に今季リーグ初黒星を喫したが、直近のアンジェ戦では多くの主力を欠いた中でも2-1で競り勝ってバウンスバックに成功した。 昨季のグループステージで1勝1敗の五分の戦いを演じた難敵相手に首位固めを目指した一戦では、出場停止のディ・マリア、負傷のネイマール、“家族の事情”で招集外となったイカルディ不在の中でメッシ、ムバッペの相棒にドラクスラーを起用した。 一方、前節クラブ・ブルージュに敗れてまさかの連敗スタートとなったライプツィヒは、3大会連続の決勝トーナメント進出に暗雲垂れ込む。直近のフライブルク戦を1-1のドローで終え、微妙な形で敵地へ乗り込んだチームは先発5人を変更。ポウルセンやショボスライ、フォルスベリらがベンチスタートとなり、アンドレ・シウバやライマー、アンヘリーニョらがスタメンに復帰した。 エンクンクとアンドレ・シウバの2トップに3センターハーフを置く守備的な布陣で臨んだライプツィヒが、良い守備からの攻撃で序盤の主導権を握る。 開始3分にはボックス右に抜け出したライマーがGKケイロル・ナバスの好守を強いると、8分にも似たような形からアンドレ・シウバがゴール右下隅を狙ったシュートでゴールに迫っていく。 一方、守勢の入りとなったPSGだったが、好調を維持する若きエースがファーストチャンスをモノにする。9分、自陣深くでのボール奪取からマルキーニョス、ドラクスラー、ムバッペと縦パスが繋がり、高速カウンターを発動。そのままボックス内までドリブルで運んだムバッペはドラクスラーのランニングをオトリにゴール左下隅へ鋭い右足のシュートを突き刺した。 この先制点で落ち着きを取り戻したPSGは、ボールを保持しながら前に出てくる相手の背後を狙う形の攻撃で追加点を目指していく。 一方、時間の経過と共に強度の高い守備で嵌める場面を増やしていったライプツィヒは、27分にボックス中央のアンドレ・シウバが右ポスト直撃の反転シュートで決定機を創出。 すると、直後の28分には右サイドでボールを持ったアンドレ・シウバからエンクンク、アンヘリーニョとスムーズに左サイドへボールが展開されていく。そして、最後はアンヘリーニョが深い位置で入れたグラウンダーのクロスを攻撃の起点となったアンドレ・シウバがワンタッチで合わせた。 1-1のイーブンに戻った試合はここから拮抗した展開に。ホームのPSGが70%近いボール支配率で押し込む形を作るが、相手の堅固な守備ブロックの攻略に手を焼く。一方、カウンターの形から効果的にフィニッシュまで持ち込むライプツィヒは42分にボックス内のエンクンクに絶好機も右足のシュートはわずかに枠の左へ外れた。 1-1のスコアで折り返した試合は後半も展開に大きな変化はなし。だが、前半中盤以降の良い流れを維持したアウェイチームが先にゴールをこじ開ける。57分、左サイドの深い位置でボールを持ったアンヘリーニョが絶妙なクロスを入れると、うまくDFの背後からゴール前に飛び出したムキエレがワンタッチで流し込んだ。 一瞬の隙を突かれて逆転を許したPSGは61分にエレーラとグイエを下げてダニーロとワイナルドゥムを同時投入。この交代でダニーロを最終ラインに落とし、[3-5-2]へ布陣を変更した。 すると、この交代の効果か、67分には右のウイングバックにポジションを上げたハキミの高い位置でのパスカットからショートカウンターを発動。このこぼれ球をムバッペが丁寧に落とすと、メッシのシュートは左ポストの内側を叩くも、跳ね返りを冷静に押し込んでCL2試合連続ゴールとした。 この同点ゴールで流れを掴んだPSGは、運動量が落ち始めたアウェイチームを押し込んでいく。そして、73分にはボックス内で仕掛けたムバッペがDFシマカンのファウルを誘いPKを奪取。ここでキッカーを務めたメッシが見事なパネンカを決めて勝ち越しに成功した。 その後、ライプツィヒがポウルセン、フォルスベリら攻撃的なカードを切って攻勢に出る中、冷静に相手の攻撃を撥ね返し続けるPSG。試合終了間際にはハキミの仕掛けからこの試合2つ目のPKを獲得。だが、キッカーのムバッペが枠を大きく外してしまい、試合を決定づける4点目を奪うことはできず。 それでも、1点のリードを守り切ったPSGが3-2で打ち勝ち、2連勝での首位キープに成功。一方、敗れたライプツィヒは厳しい3連敗となった。 2021.10.20 06:07 Wed
twitterfacebook
thumb

CLグループ首位のPSG、ポチェッティーノ監督はライプツィヒとの対戦に「非常にタフな試合となるはず」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での連勝に向け意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 PSGは19日に行われるCLグループA第3節でRBライプツィヒと対戦する。初戦こそクラブ・ブルージュ相手に1-1のドローという結果に終わったが、第2節では優勝候補と目されるマンチェスター・シティに勝利。グループ首位に立った状態で、第3節を迎えることになった。 対するライプツィヒはグループステージ連敗を喫しており、決勝トーナメント進出に向けて後がない状況となっている。試合前日の公式会見に出席したポチェッティーノ監督は、こうした状況を考慮し両チームが3ポイントを目指す試合になるだろうとコメント。一瞬の隙を見せた方が敗れると気を引き締めている。 「ライプツィヒも我々もこの試合に勝つ必要がある。我々は首位をキープするため、勝ち点3が欲しい。ライプツィヒは非常にエネルギッシュなチームであり、多くの優秀な選手が揃っている。攻撃的で良い結果を求めてくるだろうから、非常にタフな試合になるはずだ」 「この試合では間違いなく、非常に組織的で規律あるディフェンスが求められる時間帯が出てくるだろう。ボールを巧みに動かして特定の状況を打開し、相手のカウンターに注意する必要がある。我々もカウンターは狙えるが、ポゼッションが重要だ。この試合は、ポゼッションが失われたとき何が起こるかで決まるだろう」 また、ポチェッティーノ監督はチームの完成度についても言及。リーグ・アンでは第9節のレンヌ戦で今季リーグ戦初黒星を喫したものの、先週末の第10節アンジェ戦には勝利しており、チームの着実な成長を強調している。 「先週末のアンジェ戦に勝ったのだから、レンヌ戦の結果はもう忘れてしまったよ。先日の代表ウィークでは3試合に出場した選手もおり、トレーニングに取り組む時間があまりなかった。我々は努力して自分たちのアイデアを実現しようとしているが、それには時間がかかるのだ。もちろんこれからも、改善を続けていきたい」 2021.10.19 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

CL連敗スタートのライプツィヒ、マシュー監督は自信をのぞかせる「大きな結果を得るためのチャンスでもある」

RBライプツィヒのジェシー・マシュー監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ここまでマンチェスター・シティとシャフタール・ドネツクに敗れ連敗スタートとなっているライプツィヒ。今後は19日に行われる第3節を含めて、PSGとの連戦が控えている。 試合前会見に出席したマシュー監督は、アルゼンチン代表FWリオネルメッシやブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペを擁するPSGとの対戦を喜びつつ、冗談を交えながら厳しい試合になることを覚悟している様子。それでも自信を持って試合に臨むと語っている。 「グループ内の数字は比較的明確で、なにはともあれ必要なのは勝ち点だ! PSGは、おそらく世界最高の攻撃ユニットを備えたスーパーチームだ。厳しい試合になるだろうが、大きな結果を得るためのチャンスでもある。情熱と自信を持ってパリへ行かなくてはならない」 「このクオリティーの高い3選手と共にプレーできることはとても喜ばしい。世界最高のプレーヤーとなると、リオネル・メッシは常に話題に上がる。ディフェンダーを7人にして対抗するのもありかもしれないね(笑)」 「真面目な話に戻ると、我々のチームには良いディフェンダーがいる。ノルディ・ムキエレはチームのことを理解しているし、リーグ・アンのことも知っている。だが、ボールに対して全体で集中的にアプローチし、しっかりと守らなくてはならない。そして何より、スーパーGKであるペーテル・グラーチのサポートも欠かせない」 また、アメリカ人指揮官はPSGに対するゲームプランについても語った。 「このような試合をコントロールすることは簡単ではない。ほとんどすべてのチームがPSG戦ではトランジションゲームを重視している。それも試してみるが、何よりもディフェンスをしっかりとしなくてはならない。そして、アタッキングサードで選手個人が良いパフォーマンスを発揮することも重要だ。今シーズン得意としているセットプレーも期待しているよ」 2021.10.19 17:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly