「僕の夢」ブライトン移籍の三笘薫が移籍の経緯や海外初挑戦を語る「最初に興味を示してくれたクラブ」

2021.08.10 21:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
川崎フロンターレからブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍を果たしたMF三笘薫が、新天地での意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えた。

三笘は10日、川崎Fからブライトンへの完全移籍が発表。4年契約を締結した。

今シーズンはブライトンのオーナーが保有するベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのロイヤル・サン=ジロワーズへと1年間のレンタル移籍。プレミアデビューはお預けとなった。

その三笘は、ブライトンを通じてベルギーでのプレーについて意気込みをコメント。まずはヨーロッパのサッカーに慣れたいと意気込んだ。

「今年はベルギーリーグで活躍し、シーズンを通してプレーし、ヨーロッパのサッカーに確実に慣れていきたいと思います」

「重要なことはフィジカル面を改善し、シーズンを通して戦えることを示したいということです。ベルギーで過ごした後、ブライトンに貢献できればと思っています」

今シーズンは叶わない夢だが、やはり三笘の視線はプレミアリーグに。特にマンチェスター・ユナイテッドでプレーした元日本代表MF香川真司(PAOKテッサロニキ)は鮮烈に覚えているようで、先人たちのような活躍をしたいと語った。

「日本の全てのサッカーファンは、プレミアリーグとそのレベルの高さを認識しており、プレミアリーグが世界最高のリーグで、スター選手がたくさんいることを知っています」

「プレーの質は明らかにとても高く、日本のサッカーファンもそこは意識しています。マンチェスター・ユナイテッドでプレーした香川真司は、日本では大きな話題でした。僕はプレミアリーグや他のヨーロッパのリーグで、僕の仲間である日本の先輩たちと同じくらい多くの成功を収めることを望んでいます」

また、ブライトンでのプレーイメージもあるようで、チームのスタイルに溶け込みたいとしている。

「日本の選手に目を向けてもらいたいです。プレミアリーグを見ているファンは、ブライトンのプレースタイルを知っていて、ポゼッションベースのスタイルが大好きです」

「そのスタイルに溶け込めることを望んでいますし、チームに加われることを楽しみにしています」

今回の移籍の決め手についても語り、最初に興味を持ってくれたクラブだとコメント。ブライトンのために貢献したいと語った。

「ブライトンが僕にオファーをくれたことは本当に感謝しています。最初に興味を示してくれたクラブでした、本当に感謝しています」

「海外でプレーするのが僕の夢でした。今シーズンはベルギーでプレーするのが楽しみですが、最終的には世界最高のリーグであるプレミアリーグでプレーすることを目指しています」

1 2

関連ニュース
thumb

ブライトン、今夏獲得の若手FWアディングラを系列ユニオンへレンタル

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは4日、コートジボワール人FWシモン・アディングラ(20)がロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズにレンタル移籍することを発表した。レンタル期間は2022-23シーズン終了までとなる。 ブライトンは、先月24日にデンマークのノアシェランからアディングラを4年契約で獲得したことを発表。だが、イギリスの労働許可証取得の問題、あるいはいきなりのプレミアリーグでのプレーは実力的に厳しいと判断したのか、系列クラブのユニオンへ武者修行に出す決断を下した。 ブライトンでテクニカルディレクターを務めるデイビッド・ウィアー氏は、「今回の契約は彼に、本当に良いレベルのレギュラーとして活躍する機会を与えてくれるだろう。新しい国やリーグに適応することに加え、ヨーロッパでのフットボールを経験することは、彼の人間的な成長、そしてプロフェッショナルとしての成長に繋がる」と、今回のレンタルの意図を説明した。 ガーナの名門育成組織ライト・トゥ・ドリーム・アカデミー出身のアディングラは、2020年にノアシェランのユースチームに加入。その翌年にトップチームデビューを飾ると、今シーズンの公式戦では33試合10ゴール4アシストの数字を残した。 左ウイングを主戦場に前線の複数ポジションでプレー可能な175cmのアタッカーは、ブラックアフリカン特有の身体能力の高さを生かしたダイナミックな仕掛けが最大の持ち味。快足を生かした背後への飛び出しに加え、トリッキーな足元の技術、遊び心のあるプレーで一対一の局面でも存在感を放つドリブラーだ。 戦術理解度やフィニッシュの精度、フィジカル的にも大きな伸びしろを残すが、近年多くの逸材アタッカーを輩出しているノアシェランが目を付けただけのクオリティーを持った逸材と言える。 ポジション的には日本代表MF三笘薫と被る可能性が高かったが、三笘が昨シーズンに歩んだ道を辿る形でベルギーへのレンタルが決定した。 <span class="paragraph-title">【画像】今夏加入も武者修行へ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to the club, Simon! <a href="https://t.co/6WE2hETMF3">pic.twitter.com/6WE2hETMF3</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1540453560902684676?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.07.04 17:38 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表MF三笘薫が大学時代からの交際相手との入籍を発表!「楽しく明るい家庭を築いていきたい」

日本代表MF三笘薫(25)が、自身のインスタグラムを通じて入籍を発表した。 3日、三笘はインスタグラムを更新。筑波大学時代より交際していた恋人と入籍をしたとのことだ。 「日頃より温かいご声援ありがとうございます。この度、大学時代からお付き合いしていた方と入籍いたしました」 「どんな時も寄り添い支えてくれた彼女とこれからも楽しく明るい家庭を築いていきたいと思います」 「これからも温かく見守っていただけると嬉しいです」 川崎フロンターレの下部組織出身の三笘はトップチームに昇格せずに筑波大学へと進学。大学時代にも注目を集めると、川崎Fでプロ入りを果たす。 2020年に正式入団すると、1年目から躍動。途中出場で結果を残すと時期にスタメンに定着。J1で30試合に出場し新人最多記録タイの13ゴールを記録。チームの優勝に貢献するだけでなく、ベストイレブンにも選出された。 2年目もJ1で20試合に出場し8ゴールを記録。東京オリンピックでも活躍すると、2021年8月にブライトン&ホーヴ・アルビオンに完全移籍。イギリスでの労働許可がおりないため、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへとレンタル移籍した。 初の海外挑戦となった中、ジュピラー・プロ・リーグではチームを牽引する活躍を見せ。リーグ戦27試合で7ゴールを記録。見事にレギュラーシーズンの優勝に貢献していた。 日本代表にも選ばれ、カタール・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選でも活躍。7試合で4ゴールを記録していた。 <span class="paragraph-title">【写真】三笘薫がお相手の女性と拳を合わせて指輪を披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfjGvhMPV3c/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfjGvhMPV3c/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfjGvhMPV3c/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三笘薫(@kaoru.m.0520)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.03 21:11 Sun
twitterfacebook
thumb

アヤックスDFタグリアフィコが移籍か…リヨンにブライトン、そしてスペインからも関心あり

アルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(29)は今夏、アヤックスからの移籍が有力視されるようだ。 2018年夏のアヤックス入りから5年が経ち、昨季も公式戦29試合でプレーしたタグリアフィコ。アルゼンチン代表の常連としても名が通る左サイドバックで、以前にDFジョルディ・アルバの後継者としてバルセロナ行きも加熱した。 結局、カンプ・ノウ行きは噂どまりで流れていったが、アヤックスとの契約は2023年6月まで。アヤックス的にもこの夏が売り時ともなるなか、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、人気を博す存在だという。 現時点で、アヤックスのDFティレル・マラシアを取り逃してしまったリヨンのほか、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、そしてスペインのクラブが獲得に名乗りを上げており、その行方が近く決着する様相を呈している模様だ。 スペインのクラブがどこなのか定かでないが、リヨンはチェルシーからレンタル加入のDFエメルソン・パルミエリが退団見通しで、ブライトンもDFマルク・ククレジャにマンチェスター・シティ移籍の噂が浮上している。 2022.07.03 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトン、ノアシェランから若手FWアディングラを獲得! 主戦場は左WG

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは24日、デンマークのノアシェランからコートジボワール人FWシモン・アディングラ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 ガーナの名門育成組織ライト・トゥ・ドリーム・アカデミー出身のアディングラは、2020年にノアシェランのユースチームに加入。その翌年にトップチームデビューを飾ると、今シーズンの公式戦では33試合10ゴール4アシストの数字を残した。 左ウイングを主戦場に前線の複数ポジションでプレー可能な175cmのアタッカーは、ブラックアフリカン特有の身体能力の高さを生かしたダイナミックな仕掛けが最大の持ち味。快足を生かした背後への飛び出しに加え、トリッキーな足元の技術、遊び心のあるプレーで一対一の局面でも存在感を放つドリブラーだ。 戦術理解度やフィニッシュの精度、フィジカル的にも大きな伸びしろを残すが、近年多くの逸材アタッカーを輩出しているノアシェランが目を付けただけのクオリティーを持った逸材と言える。 ポジション的には日本代表MF三笘薫と被る可能性が高いが、現時点ではブライトンでプレーするのか、武者修行に出されるのかは、微妙なところだ。 <span class="paragraph-title">【画像】三笘のライバルが加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to the club, Simon! <a href="https://t.co/6WE2hETMF3">pic.twitter.com/6WE2hETMF3</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1540453560902684676?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.06.25 14:53 Sat
twitterfacebook
thumb

シティの19歳デラップがブライトンにレンタル? カギを握るのはククレジャの獲得交渉か

ブライトン&ホーヴ・アルビオンがマンチェスター・シティのU-19イングランド代表FWリアム・デラップ(19)に関心を寄せているようだ。 デラップは2019年7月にダービー・カウンティの下部組織からシティの下部組織へと加入し、現在はU-23チームを主戦場としているストライカー。かつてストーク・シティなどで活躍し、驚異的な飛距離と精度を誇るロングスローが世界的にも有名だったロリー・デラップ氏を父に持つことでも知られている。 今シーズンはプレミアリーグとチャンピオンズリーグ(CL)でデビューを果たし、今後のさらなる成長にも期待がかかる19歳だが、新シーズンはブライトンへ武者修行の旅に出るのかもしれない。 イギリス『デイリー・メール』によると、カギを握るのはブライトンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)とのこと。現在シティはククレジャ獲得へ向けてブライトンとのクラブ間交渉を進めており、4000~5000万ポンド(約66~82億円)とも言われる移籍金に付随する形で、センターフォワード獲得を模索するブライトン側がデラップの1年レンタルを希望しているのではないかとみられている。 2022.06.24 16:03 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly