「しばらくの間追跡してきた選手」ブライトンもMF三笘薫との4年契約を発表、ベルギー1部のサン=ジロワーズへ1年間のレンタル

2021.08.10 17:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは10日、川崎フロンターレのMF三笘薫(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、移籍の条件等は非公開とされているものの、4年契約を結んだとのことだ。

また、三笘はそのままベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへとレンタル移籍することとなる。レンタル期間は2021-22シーズンで、買い取りオプションはついていない。
三笘は川崎Fの下部組織出身で、U-12からU-18まで所属。しかし、トップチームには昇格せずに筑波大学への進学を決断。大学2年次の2017年に天皇杯2回戦のベガルタ仙台戦で2得点の活躍。同年9月に川崎Fの特別指定選手となると、2018年には2020シーズンからの加入内定が前倒しで発表されていた。

2020年に正式に入団すると、ルーキーながら明治安田生命J1リーグで30試合に出場し13得点を記録し、新人最多得点記録タイの活躍。チームも2年ぶりにリーグを制し、Jリーグベストイレブンにも選ばれていた。

U-24日本代表として東京オリンピックを戦った三笘は、ケガで出遅れたものの3位決定戦のU-24メキシコ代表戦でゴールを記録していた。

ブライトンのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるダン・アシュワースは三笘の評価を語っている。

「彼の成長の一環として、彼がヨーロッパに慣れるのを助け、別の環境でのテストのために、サン=ジロワーズへと貸し出すことに決めた」

「彼は我々がしばらくの間追跡してきた選手で、来年の彼の成長を楽しみにしている。ベルギーに居る間の彼も注意深く見守っていく」

また、サン=ジロワーズも三笘の加入を発表。「ようこそ、カオル」と歓迎している。

サン=ジロワーズは、かつてベルギー1部を11度優勝している古豪。今シーズンは1972-73シーズン以来の1部リーグ昇格となる。

1 2

関連ニュース
thumb

「信じられない仕事」ベルギー時代の三笘薫を知るブライトンFWが活躍を称賛「ベルギー時代よりも優れている」

ベルギー時代からのチームメイトであるブライトン&ホーヴ・アルビオンのFWデニス・ウンダブが日本代表MF三笘薫の凄さを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ウンダブは、2020年7月からロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでプレー。2022年1月にブライトンへと完全移籍すると、そのままレンタルでサン=ジロワーズに残った。 三笘が初めてヨーロッパにチャレンジした最初のチームメイトであり、2021-22シーズンのジュピラー・プロ・リーグではレギュラーシーズンの33試合で25ゴール10アシストを記録。三笘からのアシストを受けるなど、良いコンビを見せていた。 そのウンダブは三笘と共に今シーズンからブライトンでプレー。自身初のイングランドでのプレーでは苦戦が続き、ここまでプレミアリーグ9試合でノーゴールとなっている。 ウンダブは4日に行われたボーンマスにも先発出場。6試合ぶりの出番をもらった中、ゴールを決められずに75分に交代。三笘からのお膳立てがありながらもミスをするなどしていた。 試合後、ウンダブは決勝ゴールを決めてチームを勝利に導いた三笘について言及。今シーズンの働きぶりの凄さを称えた。 「彼は今シーズンとても大きな一歩を踏み出した。彼の一対一は、ベルギー時代よりも優れている。いつパスをするのか、いつ一対一で仕掛けるべきなのかを理解している。彼がチームのために信じられない仕事をしており、違いを生み出しているということは、誰もが同意するだろう」 「彼は最高の試合ができなかったにも関わらず、再びゴールを決めた。今リズムに乗っているし、これを続けてくれることを願っている」 「ほとんどの場合はデュエルで勝利する。適切なタイミングで適切な場所にいる必要があり、ボールが自分のためにそこにあれば、それをフィニッシュまで持っていく必要がある。彼がいれば、毎試合5、6回のチャンスが生まれるかもしれない。次は彼がこのポジションにいるときに得点できるように頑張る」 <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「踵でトラップとか訳わかんない」公式戦3戦連発の三笘薫、前節の華麗な突破シーンをブライトンが2つ厳選「足の動きがすごい」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が多くの称賛を集めている。 三笘は4日、プレミアリーグ第22節のボーンマス戦に先発出場。0-0で迎えた87分に珍しくヘディングでゴールを記録した。 ボックス際でボールを持った三笘。ドリブルではなく中にパスを送ると、味方が繋いでサイドに展開。ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロスを送ると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴール。チームを勝利に導く決勝ゴールとなった。 ボーンマス戦では、突破を警戒する相手ディフェンスに中々自由にはさせてもらえなかったなか、最後の最後に大仕事を果たした三笘。ゴールシーン以外にも、随所でその真価を発揮していた。 ブライトンの公式SNSが6日に「ミトマ・カオル、彼は止められない」として公開したのは、ボーンマス戦でマッチアップしたアダム・スミスを突破した2つのシーンだ。 1つ目は35分、三笘の切り返しの鋭さに対応できず、股抜きを警戒したのかアダム・スミスがピッチに両ヒザを突く格好に。その脇を突破しようとする三笘を手を使って止めようとした場面だ。 2つ目は84分、かかとでトラップした三笘の反転にアダム・スミスがついていけず、三笘に手をかけて止めてしまい、イエローカードを提示された場面だった。 毎試合のようにこうしたハイライトが作られる三笘だが、ファンも「カカトでトラップとか訳わかんない」、「足の動きがすごい」、「もうエグいとしかw」、「本当に美しい」と改めて絶賛。11日のプレミアリーグ第23節クリスタル・パレス戦でも輝きを放つだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ブライトンが厳選した三笘の2つの突破シーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">He&#39;s unstoppable. <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> <a href="https://t.co/s1fLfx0OoK">pic.twitter.com/s1fLfx0OoK</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622510657558966272?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「僕たちは彼に寄り添っている」移籍希望も残留のカイセドを、ブライトン主将は擁護

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの主将を務める元イングランド代表DFルイス・ダンクが、今冬チームに残留したエクアドル代表MFモイセス・カイセドに言及した。イギリス『ミラー』が伝えている。 今季安定したパフォーマンスを披露し、1月の移籍市場ではチェルシーやアーセナルから高い関心を寄せられたカイセド。市場終盤でアーセナルからのオファーをブライトンが拒否すると、自身のSNSで移籍願望を示してチーム練習から外れたが、結果として残留が決定した。 その後、チームに復帰したカイセドは4日に行われたプレミアリーグ第22節のボーンマス戦で途中出場。ファンから歓迎の拍手を受けてピッチに戻ったエクアドル代表MFは、日本代表MF三笘薫の決勝弾に大喜びする姿も見せた。 一度はチームに背く形となったカイセドだが、イギリス『talkSPORT』でダンクはその行動に理解を示し、チームがカイセドに寄り添っていることを強調しつつ、クラブが一貫性を示してくれたと喜んでいる。 「明らかに彼にとっては難しい状況だったと思う。そしてこうしたことは、フットボールでは起こり得る。クラブに所属する選手たちがこのような状況に遭遇するのは初めてではなく、最後でもないだろう」 「彼はまだ若い。僕たちは彼に寄り添っているよ。彼は素晴らしい若者であり、明らかに素晴らしい選手だ。少なくとも今シーズンの残り、そしてできればもっと長い間、彼と一緒にいられることが嬉しい」 「クラブが自分たちの立場を貫くのは、本当に重要なことだろう。もちろん、僕たちは長年にわたってビッグクラブに選手を売却してきた。だからこそ、彼を残留させると示したのは素晴らしい姿勢であり、そうするのは当然だと思う」 2023.02.07 12:42 Tue
twitterfacebook
thumb

「もはや神だ」「何度見ても飽きない」三笘薫の劇的ヘッド弾を10台のカメラで! 悔しがるGK、歓喜の三笘など臨場感たっぷり「これぞミトマジック」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンが日本代表MF三笘薫の劇的ゴールをマルチアングルで楽しめる映像を公開した。 三笘は4日、プレミアリーグ第22節のボーンマス戦に先発出場。0-0で迎えた87分に珍しくヘディングでゴールを記録した。 ボックス際でボールを持った三笘。ドリブルではなく中にパスを送ると、味方が繋いでサイドに展開。ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロスを送ると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴール。チームを勝利に導く決勝ゴールとなった。 三笘は1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを記録しており、2試合連続の劇的弾。また、リーグ戦では1月21日に行われたプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でもカットインからスーパーゴールを叩き込んでおり、その活躍に称賛の声が止まない。 ブライトンは10台のカメラで撮影したこの三笘の劇的ヘッドを公開。様々なカメラアングルで撮影されたヘディングでは、ゴールを喜ぶ姿はもちろん、相手GKの悔しがる姿、スタンドの熱狂なども感じることができる。 ファンは改めて劇的なゴールに「単純に素晴らしいとしか言えない」、「ブライトンにいてくれてラッキー」、「チームと三笘の成長の証」、「彼は万能すぎる」、「全てを備えている」、「何度見ても飽きない」、「これだけのアングルに感謝」、「これぞミトマジック」、「もはや神だ」、「問題があるとすればゴールパフォーマンスだ」と多くのコメントを寄せている。 結果を残すことで一気にファンのハートを掴んだ三笘。どこまで飛躍していくのか、世界からの注目も日に日に大きくなるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

三笘薫のドリブルで、なぜか経済学の父と呼ばれる学者が話題に!?ブライトンの試合で「神の見えざる手」が発動しそうに

アダム・スミスという名前がサッカーファンの間で少々話題を呼んでいる。 ボーンマスでプレーするイングランド人DFのアダム・スミス。4日に行われたプレミアリーグ第22節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で右サイドバックとして先発すると、ブライトンの左サイドで先発した日本代表MF三笘薫とマッチアップした。 守備を固めるボーンマスは、三笘の突破を警戒して複数人でマークしつつ、さほど多くの決定機を作られなかった。 しかし、1対1の局面になるとさすがに三笘は止められず。35分にはアダム・スミスが三笘の切り返しの鋭さに対応できず、股抜きを警戒したのかピッチに両ヒザを突く格好に。その脇を突破しようとする三笘を手を使って止めようとしたのがハッキリと映っていた。 三笘のキレキレな突破はもちろんのこと。注目を集めているのはアダム・スミスの手を出して止めようとした対応。ボーンマスDFと同名のイギリスの著名な経済学者アダム・スミスが、自身の著作『国富論』で記した「見えざる手(神の見えざる手)」ではないかと話題なのだ。 「市場経済は、個人個人が自分の利益を追求することによって、自然と社会全体の利益がバランスよく調整される」という考え方を示す「神の見えざる手」だが、ボーンマスのアダム・スミスのものは「神の見える手だ」、「抜かれた後に思わず(見えざる)手が出ちゃってる」、「見えざる手どころじゃない」とファンに言われている始末だ。 84分には、三笘の反転につききれずに手をかけて倒し、イエローカードを提示されていたボーンマスのアダム・スミス。「神の見えざる手」が発動することはなかった。 <span class="paragraph-title">【写真】ボーンマスのアダム・スミスが「神の見えざる手」を発動しかけた瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Mitoma <a href="https://t.co/TMXiq0vD6o">pic.twitter.com/TMXiq0vD6o</a></p>&mdash; FootballJOE (@FootballJOE) <a href="https://twitter.com/FootballJOE/status/1621926071514832898?ref_src=twsrc%5Etfw">February 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 19:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly