“マインドシリーズ”初戦のビッグロンドン・ダービーはチェルシーに軍配!

2021.08.02 01:12 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
1日にプレシーズンマッチのアーセナルvsチェルシーがエミレーツ・スタジアムで行われ、1-2でチェルシーが勝利した。

アーセナル、チェルシー、トッテナムの3クラブとメンタルヘルス関連の慈善団体である『マインド』とが協力し“マインドシリーズ”と銘打たれたプレシーズンマッチ。

ここまでプレシーズンマッチ1勝1敗1分けのアーセナルは、最前線にラカゼットを配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からペペ、スミス・ロウ、オーバメヤンと並び、ダブルボランチにパルティとエルネニーを起用。最終ラインは右からチャンバース、ホールディング、パブロ・マリ、ティアニー、GKは守護神レノで試合に臨んだ。

一方、プレシーズンマッチ2連勝中のチェルシーは、これまで同様に[3-4-3]の布陣を採用。GKはメンディ、3バックはチャロバー、ズマ、リュディガーが並び、ハドソン=オドイとプリシッチがウイングバック、中盤にコバチッチとロフタス=チークを配置し、ハヴァーツ、ヴェルナー、ツィエクの3トップという布陣を組んだ。

プレシーズンらしくゆったりとした立ち上がりを見せると、互いに決定機がないまま時間が経過。膠着状態が続く中、チェルシーは最初の決定機で先制する。

27分、自陣からのロングパスを前線でヴェルナーが収めると少し持ち上がりラストパス。このパスでDFの裏抜け出したハヴァーツがボックス内まで持ち込み、冷静にゴールネットを揺らした。

1点を追うアーセナルは31分、敵陣で味方がパスカットしたこぼれ球を拾ったスミス・ロウがペナルティーアーク内まで持ち込みシュート。しかし、このシュートは右ポストを叩いた。

反撃ムードの漂ってきたアーセナルだったが、35分にアクシデント。プレー中に右足首を痛めたパルティがピッチに座り込むと、一度は治療を受けてピッチに戻ったが39分に再び座り込んでしまい、そのままピッチを後に。40分にジャカが緊急投入された。

するとチェルシーは、直後の42分に敵陣からのボール奪取でカウンターを仕掛けるとヴェルナーのパスをボックス左で受けたツィエクが左足を振り抜いたが、これは右ポストに嫌われた。

迎えた後半、アーセナルはホールディングを下げて新加入のホワイトを投入。対するチェルシーは、ヴェルナー、ハヴァーツ、ズマ、リュディガーを下げてエイブラハム、ザッパコスタ、D・スターリング、マラン・サールをピッチに送り出した。

後半も一進一退の時間が続く中、チェルシーは54分に決定機。プリシッチのロングパスで抜け出したツィエクが飛び出したGKをかわしゴール前まで持ち上がったが、シュートは守備に戻った相手DFのブロックに阻まれた。

対するアーセナルは55分、オーバメヤンがペナルティアーク手前で倒され手獲得したFKから、ラカゼットが直接ゴールを脅かしたが、これはGKメンディのファインセーブに防がれた。

膠着状態が続く中、アーセナルは69分にセットプレーから同点に追いつく。ペペの左CKからボックス中央のジャカがヘディングシュートを叩き込んだ。

追いつかれたチェルシーだったが、すぐに相手のミスから勝ち越しに成功する。72分、相手が最終ラインから繋ごうとしたところにババがプレスをかけると、ベジェリンのミスパスをボックス内で奪ったエイブラハムが冷静にゴール右隅にシュートを流し込んだ。

81分、ロングパスでボックス内に侵入したペペがボックス右から折り返すとジョー・ウィロックがダイレクトシュートを放ったが、クロスバーの内側に当たったシュートは真下に落ちるもゴールラインを越えず。

結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。チェルシーがプレシーズンマッチ3連勝を飾った。

アーセナル 1-2 チェルシー
【アーセナル】
ジャカ(後24)
【チェルシー】
ハヴァーツ(前27)
エイブラハム(後27)

関連ニュース
thumb

冨安健洋のパフォーマンスが認められる? 試合後に座り込む中、チームメイトが集まりサポート

アーセナルでの2試合目も高いパフォーマンスを見せた日本代表DF冨安健洋だが、その活躍はチームメイトにも響いたようだ。 アーセナルは18日、プレミアリーグ第5節でバーンリーと対戦した。 開幕3連敗、さらに無得点と最悪なスタートを切ったアーセナル。今夏は大金を投じて将来を担う若手選手を大量に獲得。その中で最後に獲得されたのが冨安だった。 移籍決定後、すぐに日本代表活動に合流した冨安は、11日に行われたノリッジ戦に先発出場。合流から2日での試合出場となったが、高いパフォーマンスを見せてチームの勝利に貢献していた。 2試合連続での先発となったバーンリー戦。この試合でも右サイドバックで先発出場すると、ノリッジ戦とは違い攻撃参加の回数は少なかったが、フィジカルを前面に押し出す古き良きイングリッシュスタイルのバーンリーに対して圧巻の対応。空中戦勝率100%を記録するなど、守備面で大きな結果を残し、チームの2試合連続クリーンシートでの勝利に貢献していた。 目立った見せ場こそ無かったものの、堅実なプレーでファンの心を鷲掴みにしている冨安。自身初のプレミアリーグフル出場も経験したが、そのつけが試合後に回ってきてしまった。 試合終了とともに、連勝を喜ぶチームメイトたち。その輪には冨安の姿がなかった。 実は、ハードなバーンリー相手に守備で奔走した冨安は、試合終了とともにピッチに座り込んでいたため、中の輪に加われず。しかし、それを見つけたチームメイトたちが近寄ってきて、声をかけ、冨安を立ち上がらせ、その後に熱い抱擁を交わしていた。 バーンリー戦に関しては、今夏加入したイングランド代表DFベン・ホワイトが軽率なプレーであわやというシーンと何度か作っており、それと比較して冨安を絶賛する声が相次いでいる。 デビューしてたった2試合だが、冨安の存在はアーセナルファンの中で確実に大きくなっていっている。チームメイトからの信頼が厚くなる日も、そう遠くなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】出色のパフォーマンスを見せた冨安健洋をチームメイトが心配し手助け</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal players straight over to Tomiyasu at full time who is limping - a tireless shift from him and the <a href="https://twitter.com/hashtag/AFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFC</a> players today. <a href="https://t.co/VeejpwYh1R">pic.twitter.com/VeejpwYh1R</a></p>&mdash; Chris Wheatley (@ChrisWheatley_) <a href="https://twitter.com/ChrisWheatley_/status/1439256499004575750?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.19 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

空中戦&デュエルの勝率はともに100%! アーセナル2戦目の冨安健洋、好スタッツを叩き出す

アーセナル入りしたばかりの日本代表DF冨安健洋だが、2試合目でも見事なスタッツを叩き出した。 昨季プレミアリーグで失意の8位に終わり、逆襲を期す今季のアーセナルだが、開幕から3連敗。だが、第4節のノリッジ・シティ戦で初勝利を掴むと、18日に敵地で行われたバーンリー戦もノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの直接FK弾で勝ち切り、2試合連続となる1-0の勝利で今季初連勝を成し遂げた。 その連勝に大きく貢献したのが冨安だ。デビュー戦のノリッジ戦でも攻守にインパクトを残した日本代表DFだが、次戦のバーンリー戦でも右サイドバックとして先発すると、存在感を発揮。デビュー戦よりもファイナルサードでの絡みこそ少なかったが、対人プレーやビルドアップの部分で大いに貢献度を高めた。 フットボールの様々な記録を扱うイギリス『Squawka』によると、その働きぶりは数字にも表れ、空中戦とデュエルの勝率はともに100%で、79回のタッチ数も最多。デュエル、リカバリー、クリアはいずれも5回で、空中戦も4回を数え、インターセプトとタックルもそれぞれ1回を記録したという。 なお、イギリス『フットボール・ロンドン』によると、アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、それぞれ4バックの一角で奮闘したブラジル人DFガブリエウと冨安について「2人とも素晴らしかったと思う。4バックは全体的に素晴らしかった」と賛辞を送っている。 2021.09.19 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

苦しみながらも今季初連勝のアーセナル、アルテタが選手を労う 「本当によくやってくれている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が胸の撫でおろした。イギリス『talkSPORT』が報じている。 アーセナルは18日に行われたプレミアリーグ第5節でバーンリーと対戦。アウェイでの一戦ということもあり、難しい試合を強いられたが、30分にノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの直接FKから先制ゴールが生まれると、1-0で勝ち切り、今季初の連勝を成し遂げた。 バーンリーにだいぶ手を焼いたが、3連敗スタートからの2連勝で巻き返すアルテタ監督は試合後、「勝利するのが本当に難しい場所で、こうして苦労して勝つことができた。戦うための準備が必要だ」と安堵。選手たちの頑張りに賛辞も送っている。 「選手たちは本当によくやってくれている。入りから良く、いくつかの大きな局面でも私がチームに望むものをたくさん見ることができた」 「バーンリーのクロスやロングボールもうまく守れたね。選手たちが試合中に示した献身性や姿勢は私にとって、最も喜ばしいものだ」 また、68分にGKアーロン・ラムズデールが抜け出したFWマチェイ・ヴィドラを倒したとして、一度はPKが宣告されたものの、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)介入とオンフィールドレビューによる自チームのPK取り消しに言及。その正当性を主張した。 「副審はすぐに『PKじゃない』と言っていた。覆さなければならなかったんだ。これで自信と信頼、そして難しい試合でも勝てるという確信が持てると良いのだがね。そのためにはもっと一貫性が必要だ」 2021.09.19 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安フル出場のアーセナルが2連勝! 攻撃低調もウーデゴールの圧巻FK弾を守り抜く《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、バーンリーvsアーセナルが18日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのアーセナルが0-1で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は先発フル出場した。 アーセナルは前節、ノリッジとの裏天王山に1-0で競り勝って待望の今季初勝利を手にした。同じく下位に沈むバーンリーのホームに乗り込んだこの一戦では連勝を狙った。そのノリッジ戦からは先発2人を変更。メイトランド=ナイルズとサンビ・ロコンガに替えて今季初先発のトーマス、スミス・ロウが起用され、前節プレミアリーグデビューを飾った冨安は引き続き右サイドバックで起用された。 立ち上がりからボールを握るアーセナルは、スタートは[4-3-3]もスミス・ロウとウーデゴールのインサイドハーフに加え、左ウイングに入ったサカが内よりのポジションを取って中央で起点を作り、ティアニーが左サイドで高い位置を取る。6分にはティアニーがボックス左に抜け出し、早速際どいクロスでチャンスを演出する。 ただ、以降はダイレクト志向が強いバーンリーの肉弾戦に手を焼き、セットプレーやロングボール、シンプルなサイドからのクロスでバーンズ、ウッドの2トップにフィニッシュまで持ち込まれる場面が増えていく。また、攻撃でもビルドアップの局面でミスが目立ち、序盤のように相手陣内の深い位置までボールを運べない。 それでも、29分には久々に良い形でボールが繋がり中央でフリーとなったサカが果敢な仕掛けをみせ、ペナルティアーク付近の好位置でFKを獲得。そして、キッカーのウーデゴールが壁の上を越える見事な左足の直接FKを左隅に突き刺し、苦しい展開の中で先制点を奪った。 その後は再びバーンリーのロングボールに手を焼くが、ボックス内でのバーンズの決定機をDF冨安、DFガブリエウのコンビでブロックするなど、守備陣が身体を張って1点を守る。さらに、前半終了間際の45分にはボックス中央で右サイドからペペの折り返しを受けたスミス・ロウに絶好機が訪れるが、ここはシュートを枠に飛ばせず。 1点リードで試合を折り返したアーセナルだが、後半は立ち上がりから押し込まれる展開に。深い位置まで相手の侵攻を許すと、続けざまに与えたCKから決定機を作られる。 さらに、57分にバーンズとグズムンドソンを下げてヴィドラ、コルネを投入したバーンリーに対して、押し込まれるアウェイチームは59分にもボックス内で混戦を作られ、最後はボックス左で浮いたコルネに右足のシュートを許すが、ここはGKラムズデールの好守で凌いだ。 後半に入って防戦一方のアーセナルは、61分にスミス・ロウを下げてサンビ・ロコンガを投入。中盤の守備強度を高めて逃げ切りを意識した戦い方にシフト。だが、68分にはホワイトからGKラムズデールへの不用意なバックパスをヴィドラにかっさらわれてラムズデールが遅れて接触。このプレーでバーンリーにPKが与えられる。だが、オンフィールドレビューの結果、当該プレーで接触がなかったとの判定で取り消しに。 VARに救われたアーセナルは自ら交代を要求したトーマス、足が攣ってしまったティアニーを下げてメイトランド=ナイルズ、ヌーノ・タヴァレスを続けて投入した。 試合終盤にかけては行ったり来たりの落ち着かない展開に。アーセナルとしては前がかりな相手を引っくり返したいところだったが、ポジティブトランジションの局面でミスが目立ち、追加点はおろかフィニッシュまで持ち込めない。 それでも、ここまで未勝利のバーンリーの拙攻にも救われたアーセナルは、何とかウーデゴールの虎の子の1点を守り切って開幕3連敗からの2連勝。ミッドウィークのEFLカップを挟んでトッテナムとのノースロンドン・ダービーに臨むことになった。 2021.09.19 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

エジルとの比較を気に留めないウーデゴール 「自分らしくプレーしたい」

ポジションがら、元ドイツ代表MFメスト・エジルとの比較対象になりやすいアーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールだが、ほとんど気に留めていないようだ。 昨季途中にレアル・マドリーからアーセナルにレンタル加入し、公式戦20試合で2ゴール2アシストを記録したウーデゴール。ミケル・アルテタ監督の要望もあり、一度はマドリーにレンタルバックしながらも、アーセナルに完全移籍することになった。 今季はチームが不振に喘いでいることもあり真価を発揮できていないウーデゴールだが、ゲームメイカーとしての素質から、かつてアーセナルで7シーズン半の間、司令塔として活躍したエジルと比較されることが多い。 最盛期にはエレガントなボール捌きや類稀なるパスセンスを披露していたエジルに対し、マレーシア『Stadium Astro』のインタビューに応じたノルウェー代表MFは、子どもの頃から憧れの選手だったと称賛。比較されることについてはあまり気にしていないようだ。 「比較されることはあまり好きではないけど、彼は僕が若い頃に好きだった選手の一人で尊敬していた」 「彼は素晴らしい選手だから、そういうことを言われるのは嬉しい。それでも、あまり考えずに自分らしくプレーするようにしているんだ」 また、11日に行われたプレミアリーグ第4節のノリッジ戦で今季リーグ戦初勝利を挙げたものの、それまでチェルシーやマンチェスター・シティなどに敗れて開幕3連敗を喫していたチーム現状についてもコメント。自分たちを信じ、ハードワークを続けていれば自ずと結果は出ると主張した。 「リーグでも世界でも最高の2チームと対戦したんだ。冷静になって、自分たちのやっていることを信じ続けなければならないと思う」 「次の試合に向けて準備し、ハードワークを続け、信じることが大切だ。ここにいる全員が、チームのクオリティが順位表以上に高いことを知っているよ」 「それをピッチ上で示し、順位を上げていくだけだね。僕たちはこのプロジェクトを信じているいるんだ。落ち着いて懸命にプレーをすれば、結果はついてくるはずだ」 2021.09.18 21:26 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly