元甲府MF瀬戸貴幸、アストラを退団しルーマニア2部クラブに加入

2021.07.30 11:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ルーマニア2部のペトロルル・プロイェシュティは29日、MF瀬戸貴幸(35)の加入を発表した。

契約期間は2021-22シーズンの終了までとなる。

瀬戸は、愛知県出身で県立熱田高校からJリーグを経由せずに海外に挑戦。2007年7月に当時ルーマニア3部のFCプロイェシュティ(現在のアストラ・ジュルジュ)に入団。チームの中心選手として3部の優勝を果たすと、翌シーズンには2部で2位となり、1部昇格を果たした。

その後もチームの中心選手として活躍すると2013-14シーズンにはヨーロッパリーグにも出場。リーグ優勝なども経験していた。2015年8月に、トルコ・スュペル・リグのオスマンルスポルへと移籍したものの出場機会はなし。2017年8月にアストラに復帰し、2018年8月にヴァンフォーレ甲府へと入団し、初のJリーグ挑戦となった。

自身初のJリーグ挑戦となったが、甲府では2018シーズンの明治安田生命J2リーグで1試合の出場に留まり、2019年1月にラトビアのRFSへと完全移籍していた。

RFSでは2018-19シーズンのヴィルスリーガ(ラトビア1部)で24試合に出場し1ゴール1アシストを記録。また、カップ戦でも2試合に出場。2019-20シーズンはヨーロッパリーグの予選1回戦で2試合に出場も、チームはスロベニアのオリンピアに敗れていた。

2020年1月にはアストラへと復帰。しかし、ドーピングの問題などもありシーズン序盤の4試合に出場しただけで残りはプレーせず。チームも2部に降格していた。

ペトロルル・プロイェシュティはルーマニアリーグで4回、カップ戦3回の優勝を誇る古豪。1部昇格を目指して戦うこととなる。

瀬戸は自身のツイッターで意気込みを綴っている。

「今シーズンはルーマニア2部リーグのPetrolul Ploiestiでプレーすることになりました!」

「ルーマニアリーグ4回、カップ戦3回優勝の古豪クラブを1部に上げれるように精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします。」



1 2
関連ニュース
thumb

【ELグループステージ展望】メガクラブ不在も強豪が参戦! 日本人7選手が参戦

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが16日に開幕する。昨シーズンと同様、優勝チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるELに、今シーズンは7人の日本人選手がグループステージから参加。また、ナポリやラツィオ、レスター・シティといった強豪も出場する。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。 ◆メガクラブ不在も強豪が参戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210915_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の創設によって、前シーズンの48チーム制から32チーム制に変更となった、今季のグループステージ。メガクラブは不在も、コンペティション自体のレベルは上がった印象だ。 そういった中、現時点での優勝候補はナポリ、ラツィオのイタリア勢、レスター・シティ、ウェストハムのイングランド勢、レバークーゼン、リヨン、マルセイユといった5大リーグ所属クラブ。 今季からスパレッティ、サッリと国内屈指の戦術家を新指揮官に据えたナポリとラツィオは、今夏のメルカートでも適材適所の補強を行っており、チーム状態は良好。ナポリはユベントスを破るなど、セリエA開幕3連勝を飾り、ラツィオも直近の試合でミランに敗れたものの、サッリ監督の志向する支配的なスタイルとエースFWインモービレら現有戦力のストロングを組み合わせた魅力的なアタッキングフットボールの一端を早くも披露している。共にグループステージではタフな相手との対戦が続くが、現時点では有力な優勝候補と言える。 そのナポリと同じグループCに入ったレスターも有力な優勝候補だ。昨季のプレミアリーグでは終盤の失速によってCL出場権獲得を逃したが、チェルシー、マンチェスター・シティを破ってFAカップ、コミュニティ・シールドのタイトルを獲得するなど、メガクラブに比肩する実力を持つ。昨季は選手層に不安を抱えていたが、今夏の移籍市場ではDFヴェステルゴーアやDFバートランド、MFスマレ、FWダカと各ポジションに的確補強を敢行している。 同じプレミア勢のウェストハムもモイーズ監督の下で攻守にプレー強度が高いアグレッシブなフットボールで、今季は更なる躍進の気配を漂わす。今や絶対的なエースとなったFWアントニオのバックアップ不在は気がかりも、二足の草鞋を履いてもブレないスカッドを構築している。 その他では攻撃に特長を持つレバークーゼンとマルセイユに、攻守のバランスの良さと新戦力のフィット次第で大きな伸びしろを持つリヨンといったクラブにも注目したい。 ◆2つのグループで日本人対決実現! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210915_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、7人の日本人選手がプレーすることになる。 グループDではMF長谷部誠、MF鎌田大地を擁するフランクフルト(ドイツ)と、MF三好康児を擁するアントワープ(ベルギー)が、オリンピアコス(ギリシャ)とフェネルバフチェ(トルコ)という強豪2クラブと同居することに。 グラスナー新体制で公式戦2敗3分けの未勝利と厳しい船出となったフランクフルト。その中で副将を務める長谷部はドルトムントとのリーグ開幕戦でゲームキャプテンを務めたが、直近は2試合連続で出場機会なしに終わるなど、序列が低下。一方、今夏のステップアップが噂されながらも最終的に残留となった鎌田はここまでリーグ戦3試合に先発しているものの、昨シーズンの本調子からは程遠い状況。チームとしての優先度はブンデスリーガの方が高いが、激戦区を勝ち抜く上では長谷部の豊富な経験と鎌田の創造性が重要だ。まずはホームで戦うフェネルバフチェとの初戦で新体制初白星を挙げて今後の巻き返しのキッカケとしたい。 アントワープで3年目を迎える三好は今回のEL予選プレーオフで2試合連続ゴールに、本大会行きを懸けたPK戦でも4人目のキッカーとしてきっちり成功し、突破の立役者となった。さらに、リーグ戦でも主力として起用されており、今グループステージでの活躍に大きな期待が懸かる。昨シーズンはトッテナムやレンジャーズという強豪との対戦を経験しており、難敵相手にも臆せず戦えるはずだ。 また、グループHではFW伊東純也を擁するヘンク(ベルギー)と、FW北川航也を擁するラピド・ウィーン(オーストリア)が、ウェストハム(イングランド)、ディナモ・ザグレブ(クロアチア)と同居する激戦区に入った。 昨季の公式戦42試合で12ゴール16アシストと圧巻の数字を残し、今やヘンクの攻撃をけん引する伊東は、今季ここまでも主力として活躍。スペインやイングランドへの移籍を希望していると伝えられる中、プレミアリーグの強豪ウェストハムとの一戦は自身にとって大きなアピールの場となるはずだ。 ラピド・ウィーン在籍3年目も未だに前線のバックアッパーの域を出ない正念場の北川。今季も公式戦6試合に出場しているものの、先発出場はゼロ。今グループステージでもプレータイムは限られるが、少ないチャンスを確実にモノにしたい。 今夏のセルティック(スコットランド)加入後、センセーショナルな活躍で一躍イギリス国内で知名度を上げるFW古橋亨梧は、レバークーゼン(ドイツ)、ベティス(スペイン)フェレンツヴァローシュ(ハンガリー)と強豪揃いのグループGに入った。今月のインターナショナルマッチウィークの負傷により、グループステージ序盤数試合を欠場する見込みだが、戦列復帰後は再びゴールラッシュをみせ、チームを決勝トーナメントに導く活躍が期待される。 最後に、今夏の退団が有力視されながらも最終的にPSV(オランダ)に残留することになったMF堂安律は、モナコ(フランス)、レアル・ソシエダ(スペイン)、シュトゥルム・グラーツ(オーストリア)と同じグループBに入った。今季初出場となった直近のAZ戦ではボックス外から見事な左足のミドルシュートを突き刺すゴラッソでポジション奪取に向けた最高のアピールを見せており、出場機会増が期待されるところだ。 【グループA】 リヨン(フランス) レンジャーズ(スコットランド) スパルタ・プラハ(チェコ) ブレンビー(デンマーク) 【グループB】 モナコ(フランス) PSV(オランダ)※堂安律 レアル・ソシエダ(スペイン) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 【グループC】 ナポリ(イタリア) レスター・シティ(イングランド) スパルタク・モスクワ(ロシア) レギア・ワルシャワ(ポーランド) 【グループD】 オリンピアコス(ギリシャ) フランクフルト(ドイツ)※長谷部誠、鎌田大地 フェネルバフチェ(トルコ) アントワープ(ベルギー)※三好康児 【グループE】 ラツィオ(イタリア) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) マルセイユ(フランス) ガラタサライ(トルコ) 【グループF】 ブラガ(ポルトガル) ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) ルドゴレツ(ブルガリア) ミッティラン(デンマーク) 【グループG】 レバークーゼン(ドイツ) セルティック(スコットランド)※古橋亨梧 ベティス(スペイン) フェレンツヴァローシュ(ハンガリー) 【グループH】 ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ヘンク(ベルギー)※伊東純也 ウェストハム(イングランド) ラピド・ウィーン(オーストリア)※北川航也 2021.09.16 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リトアニア移籍の本田圭佑が初トレーニング! シーズン残り10試合に向け準備

リトアニアのスードゥヴァへ加入したMF本田圭佑が、チーム練習に初参加した。 本田は14日、自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を実施。自身9カ国目となる挑戦の場に、リトアニアを選んだことを発表した。 これまで名古屋グランパス、VVVフェンロ、CSKAモスクワ、ミラン、パチューカ、メルボルン・ビクトリー、フィテッセ、ボタフォゴ、ネフチ・バクーとプレー。自身10チーム目のクラブとなったスードゥヴァで、初練習に臨んだ。 背番号「3」とこれも新たな番号をつける本田。新天地のスードゥヴァは現在リーグ戦で首位に立っており、残り10試合の戦いに備える。 本田は15日にチームのトレーニングに参加。チームの次戦は17日のアウェイゲームとなる。数少ない試合でチームに貢献したい本田。試合数分ゴールを決めたいとも意気込んだが、デビューに向けて調整を進めることとなる。 <span class="paragraph-title">【写真】本田圭佑が新天地で初トレーニング!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT1oaAhsNYe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT1oaAhsNYe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT1oaAhsNYe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FK Sūduva(@fksuduva)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.16 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

鮮烈デビューの冨安健洋がプレミアでのプレーを語る「若い頃からの大きな夢」、岩渕真奈とは「良い関係」

アーセナルで鮮烈なデビューを見せた、日本代表DF冨安健洋が、チームのファーストインタビューに応じた。 移籍最終日にボローニャからアーセナルへと加入した冨安。日本代表での活動に参加した後、チーム合流した。 11日に行われたプレミアリーグ第4節のニューカッスル戦では、1日半のトレーニングでありながら先発デビュー。懐疑的な見方もあった中、攻守にわたって積極的なプレーを見せると、ファンの心を鷲掴み。62分でピッチを去る際には、大きな拍手が送られていた。 見事なデビューを果たした冨安は、インタビューでは移籍についてコメント。プレミアリーグでプレーすることが大きな夢だったと明かした。 「アーセナルは世界最大のクラブの1つです。ここに居られて興奮しています。プレミアリーグでプレーすることは若い頃からの大きな夢でした。ここに来られて嬉しいです」 「アーセナルの選手としてプレーできるとは想像もしていませんでした。とても興奮しています」 デビュー戦は右サイドバックでプレーした冨安。ボローニャ時代にはセンターバックや左サイドバック、そして以前はボランチでもプレーしたことがある。 ユーティリティ性が売りの冨安は、ミケル・アルテタ監督も高く評価。どこでもプレーすると語った。 「僕は両足でプレーできますし、ディフェンダーとしてあらゆるポジションでプレーできます。知的な選手だとも思っているなので、常に次の状況を読むことができると思います」 「僕にとっては、試合に出ることが一番大事なので、監督からストライカーをやれと言われたら、ストライカーをやります。僕にとっては、どのポジションでプレーするかは重要ではありません」 今季のプレミアリーグではリバプールに日本代表MF南野拓実が所属。なかなか出番はない状況。これまでも多くの日本人がプレーしたが、大きな結果を残した選手は少ない。 日本人がプレミアリーグでプレーする件については「今の所、日本人選手は僕を含めて2人、リバプールでプレーする南野選手がいます。プレミアリーグは、フィジカルが強いので、日本人選手がプレーするのは難しいと思います」とコメント。「でも、僕はプレミアリーグでプレーする準備ができていると思っています」と、自信をうかがわせた。 また、アーセナルには今季からなでしこジャパンのFW岩渕真奈が加入。女子チームでプレーしている。 岩淵との関係については「彼女にはすでにメッセージを送りました。「応援してます」と言ってくれましたし、僕も彼女を応援しています。良い関係です」と語り、同じクラブに所属する日本人として良い関係を築いていると語った。 <span class="paragraph-title">【動画】アルテタ監督が冨安健洋について語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmSTF6UWxBTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.15 13:42 Wed
twitterfacebook
thumb

伊東純也のスーパーゴールがベルギーリーグの月間最優秀ゴールに選出!

ヘンクに所属する日本代表MFの伊東純也のゴールがジュピラー・プロ・リーグの8月の最優秀ゴールに選出された。 伊東は8月14日にホームで行われた第4節のルーヴェン戦に右ウイングで先発出場。2-0で迎えた77分に、味方との連続したワンツーでバイタルエリア中央を崩しにかかり、右サイドから中に絞っていった伊東は、テオ・ボンゴンダがヒールで落としたボールに左足ダイレクト。これがゴール左に決まり、見事な連携からゴールを奪い、4-0の大勝に貢献した。 ベルギー『HLN』で本人も「恐らく僕にとってヘンクでのベストゴールです。いい攻撃でしたし、ゴールできてよかったです」と語っていたが、ジュピラー・プロ・リーグの公式ツイッターが「このチームゴールが今シーズン最初のbwin月間最優秀ゴールです」と8月の最優秀ゴールに選出した。 ベルギーでの4シーズン目を迎えている伊東は、今シーズンここまで公式戦9試合に出場して1ゴール1アシスト。リーグでは6試合で1ゴールの数字を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】月間最優秀ゴールに選ばれた伊東純也のゴールはこちら</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This teamgoal is your first bwin &#39;Goal of the Month&#39;! <a href="https://twitter.com/hashtag/jupilerproleague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jupilerproleague</a> <a href="https://t.co/GsfX3FkwMM">pic.twitter.com/GsfX3FkwMM</a></p>&mdash; Pro League (@ProLeagueBE) <a href="https://twitter.com/ProLeagueBE/status/1437347823977119746?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.15 07:35 Wed
twitterfacebook
thumb

挑戦続ける本田圭佑が9カ国目にリトアニアを選択! スードゥヴァ加入で背番号は「3」

MF本田圭佑(35)は14日、自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を実施。新天地にリトアニアのスードゥヴァへ加入する事を発表した。自身9カ国目の挑戦となる。なお、背番号は「3」となる。 ガンバ大阪の下部組織出身の本田は、星稜高校から2005年1月にJリーグの名古屋グランパスへ入団しキャリアをスタート。その後、2008年1月にオランダのVVVフェンロへと移籍し、ヨーロッパの舞台へ。2010年1月にロシアのCSKAモスクワでプレーした後、2014年1月からはイタリアのミランでプレー。「10」番を背負い大きな注目を集めた。 そのミラン退団後は、メキシコのパチューカ、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーと渡り歩き、オランダのフィテッセを経て、2020年1月にブラジルのボタフォゴへと移籍。5大陸の1部リーグでプレーし、その全リーグでゴールを決めた初めての選手となっていた。 2021年冬の移籍市場ではポルティモネンセへの移籍が決定。入団会見まで行った中、なんと選手登録期限に間に合わず契約解除に。思わぬ形で新天地を探すことになったが、2021年3月に8カ国目となるアゼルバイジャンのネフチ・バクーに加入した。 8度のリーグ優勝を誇るアゼルバイジャンの名門で、本田はリーグ戦7試合に出場し2ゴールを記録。最終節で首位のカラバフを相手に1-0で勝利し、奇跡の逆転優勝を果たしていた。 その後は再び活躍の場を求めて、1カ月ほど滞在したアメリカのロサンゼルスから引っ越しすることを自身のYouTubeチャンネルで報告。そして、リトアニアからライブ配信を実施し、スードヴァに加入することを報告した。 2021.09.14 21:43 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly