ベッカムのカッコよさは衰え知らず?新型マセラティとの2ショットに「最高の組み合わせ」

2021.07.30 05:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカー界きってのイケメンで知られる元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏。20代の頃には端正な顔立ちに金髪をなびかせる姿から“貴公子”と呼ばれ絶大な人気を誇った。

そんなベッカム氏も2013年にパリ・サンジェルマンで現役を引退してから8年が経ち、46歳を迎えたが、今なおそのカッコよさは健在で、むしろその渋みは増している。

また、ベッカム氏は、大の車好きとしても知られ、これまでベンテイガ(ベントレー)やファントム(ロールス・ロイス)、360スパイダー(フェラーリ)、911 ターボ カブリオレ(ポルシェ)、720S(マクラーレン)など多くの高級車を所有。そして、4月にはマセラティのグローバル・アンバサダーに就任している。

イタリアに本社を置く高級スポーツカーブランドであるマセラティだが、28日に公式インスタグラムを更新。4月に発表したばかりの新型「レヴァンテ ハイブリッド」とベッカム氏が並ぶ1枚を投稿。モデル顔負けのカッコよさが大きな反響を呼んでいる。

大自然の中にたたずむマセラティとベッカム氏の存在感は際立っており、よく映える。20代の頃とはまた違った魅力にあふれているのだろう。投稿には「最高の組み合わせ」「愛してる!」「1枚に2つの美しさが」「この人は老けない」などベッカム氏の変わらぬカッコよさと壮大な写真への賛辞が多く集まった。

直近のベッカム氏は金髪のバズカット(短髪)に大きくイメージチェンジしているが、この写真のサイドを短くした茶髪スタイルどちらもクールだ。



1 2
関連ニュース
thumb

イカルディが離婚届にサインも…妻ワンダ・ナラが一通の手紙で翻意「私は何かに気がついた」

浮気疑惑が大きく発展し、離婚問題が浮上していたパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディと妻で代理人のワンダ・ナラ。しかし、その騒動に終止符が打たれたようだ。 事の発端は、イカルディの浮気疑惑。アルゼンチン人女優のマリア・エウヘニア・スアレス氏との浮気疑惑が浮上し、この事が問題となりワンダ・ナラが家を出てミラノへと戻っていた。 この事件に対し、イカルディは即座に行動。PSGのトレーニングを休み、妻を追いかけてミラノへ。また、メンタル面の問題から試合すら欠場し、何とか修復に向けて動いていた。 妻の反応は皆無の中、イカルディは自身のインスタグラムで妻以外のフォローを外すなど、目に見える誠意を見せ、妻への愛を改めて綴るなど、必死のアピールを見せていた。 そんな中、妻のワンダ・ナラがついにこの問題について言及。離婚届にもサインが済んでいたことを告白したが、イカルディからの手紙で翻意したとのこと。夫を許すことに決めたようだ。 「私がここ数カ月でアップしている写真は、私たちがどれだけ幸せだったかが分かります。ただ、起こってしまったことで、とても傷つきました」 「毎日のように、マウロに離婚を頼みました。気が付いた時にはもう後戻りはできない。このままではいけないと言ってくれました。これだけの痛みに終止符を打つには、別れるしかない。そうすべきだと」 「私たちは弁護士に相談しました。2日でマウロは全ての条件を受け入れ、離婚届にサインしました。翌日、彼は誰も私に書いてこなかった手紙を書いてくれました」 “僕は君に全てを捧げた。そして、君は全てを手にしている。それが僕を幸せにする。君が幸せになることを願っている” 「そこで私は何かに気がつきました。私が彼と一緒にいなければ、私は何も手にしていないということ。私たちが経験しているこの悪い瞬間は、カップルとして、そして家族としての私たちを強固なものにすると確信しています」 「重要なのは私たち2人が8年の歴史に終止符を打つという自由がお互いにあるということです。しかし、泣き疲れた魂は、再び自由にお互いを選びました。愛しています。マウロ・イカルディ」 代理人を務めるワンダ・ナラの影響で、様々な移籍が破談になった過去もあるイカルディ。しかし、何があってもイカルディにとってはワンダ・ナラでなければいけなかったようだ。ピッチ上での活躍に期待した。 <span class="paragraph-title">【写真】妻ワンダ・ナラがイカルディとの2ショットで意思表明</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVdjgABNpla/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVdjgABNpla/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVdjgABNpla/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Wanda nara(@wanda_icardi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.26 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「吐き気がする」二十歳の娘の“足”を噛んで愛でるスコールズに疑問の声「これを娘が投稿するのか」

元イングランド代表MFでマンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるポール・スコールズ氏が娘を愛しすぎているようだ。 熱血漢としても知られたスコールズ氏は、妻、娘1人、息子2人を家族に持つ良き父親だ。普段から自身のSNSでも子供たちとの写真を投稿している。 しかし、今回世間を引かせたのはスコールズ氏の20歳の娘であるアリシアさんがインスタグラムへ投稿した映像だ。 そこには「真実の愛」というコメントとともに、アリシアさんが伸ばした左足の親指をスコールズ氏が入念に噛んでいる姿が映っていた。 常人には理解しがたい光景だが、現地の人々も理解できなかったようで、SNSには「吐き気がする」「あり得ない」「マジかよ」「実の娘だろ?」「これを娘が投稿するのか」といった反応が多数集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】これは真実の愛?スコールズの20歳の娘の足を噛んで愛でるスコールズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> | NEW: Paul Scholes’ daughter on Instagram <a href="https://t.co/dgZvGWl5lJ">pic.twitter.com/dgZvGWl5lJ</a></p>&mdash; Football For All (@FootballlForAll) <a href="https://twitter.com/FootballlForAll/status/1451949388855664646?ref_src=twsrc%5Etfw">October 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVBQ6bzqG2l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVBQ6bzqG2l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVBQ6bzqG2l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">alicia(@alicia.scholesx)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.25 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

元フランス代表DFエブラが10代での性的虐待被害を初告白「子供たちには勇気を持って、自分を責めないで欲しい」

現役時代はマンチェスター・ユナイテッドで数々のタイトルを獲得した元フランス代表DFパトリス・エブラが、児童虐待の被害を受けていたことを告白した。イギリス『BBC』が伝えた。 ニースやモナコ、ユナイテッド、ユベントス、マルセイユ、ウェストハムなどでプレーしたエブラ。ユナイテッド時代にはプレミアリーグで5度、チャンピオンズリーグで1度の優勝を経験。ユベントス時代にもセリエA3連覇など数々のタイトルを手にした。 フランス代表としても81試合に出場し、南アフリカ、ブラジルと2度のW杯に出場するなど活躍したエブラ。自身の執筆した書籍が発売されるのを前に、イギリス『タイムズ』とのインタビューで衝撃の告白を行った。 「私が最初に本を書いた時、私はまだ人々がどう思うのか、恥ずかしく、怖かった。だから全てを話さなかった」 「今私が言いたいのは、子供たちが私のような状況に陥って欲しくないということと、彼ら自身が自分を恥じているということだ。それは勇敢であるかどうかではなく、精神的に話す準備ができているかどうかだ」 「だから私はいつも自分を責めていたので、子供たちには勇気を持って、自分を責めないで欲しいと思っている」 「私は恥ずかしながら、自分が何も言わなかったため、長年にわたって臆病者だと感じていた。それは私の胸の中では何か重たいものだった。しかし、自分のためではなく、他の子供のためにやっている」 エブラはパリ近郊のレ・ジュリスで育ったが、自宅と学校の通学時間を短縮するために滞在していた教師の家で、性的虐待を受けていたと告白した。10代の頃だという。 そのエブラは、今回初めてその事実を明かすこととしたが、自身の母親にも打ち明けていなかったとし、2週間前に初めて何が起きていたかを伝えたそうだ。 「40歳になった今だからこそ、彼女に話ができる。それは大きなショックだった。多くの怒りもあった。彼女は謝罪した。そして『本に書いてはいけない。パトリスのプライベートなことだから』と言った」 「しかし、それに対して私は『母さん、それは私についてではなく、他の子供たちのためなんだ』と言った。彼女はOKと言ってくれ、理解してくれた」 エブラはモナコに在籍していたこと、警察から電話を受け虐待について問われたものの、その当時は否定したという。しかし、それは大きな後悔につながった。 「多くの人を助けることができたはずなのに、それを背負って生きてきたことは、最大の後悔の1つだ」 40歳になり、勇気ある告白をしたエブラ。同じ目に遭っている子供たちに届くことを願うばかりだ。 2021.10.23 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ポグバとステラ・マッカートニーがコラボ! アディダスが“100%ヴィーガン”、“ジェンダーニュートラル”な新スパイク『PREDATOR FREAK』を発表!

アディダスは22日、初となる100%ヴィーガンのフットボール・ブーツ『プレデター フリーク(PREDATOR FREAK)』を発表した。 近年サッカー界でも増えてきているヴィーガン(完全菜食主義)の選手。代表格はローマの元イングランド代表DFクリス・スモーリングに始まり、ヴィーガンの健康法により、ケガをしなくなったという選手が増えている。 また、EFLリーグ2(イングランド4部)のフォレスト・グリーン・ローバーは、ヴィーガンのクラブとして知られ、チェルシーは2020年にヴィーガンのファンに向けたフードキオスクを導入した初めてのクラブとなっている。 そんな中、アディダスはマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバとともに、100%ヴィーガンに加え、ジェンダーニュートラルなスパイクを発表。ポグバと共に、ファッションデザイナーのステラ・マッカートニーが参加。個性的なデザイン、イノベーション、サステナブルな価値観が盛り込まれている。 今回のコラボの発端は、2020年5月にポグバとマッカートニーの対談にある。ロックダウン中に行われた対談は、ファッション、スポーツ、ブランド構築に関する互いの情熱を明らかにしただけでなく、この先駆的なフットボールとファッションのコ・クリエーション(共創)の種を蒔く役割も果たしていた。 ポグバは『PREDATOR FREAK』の開発に不可欠な役割を果たし、特徴的なシルエットと、フレッシュホワイトのアディダス独自のテクノロジー「プライムニットアッパー」には、アイコニックなレオパードとアースプロテクターのグラフィックが施されている。 ポグバは今回の取り組みについてコメントしている。 「僕は何よりもまず、サッカー選手だけど、ファッションやデザインにも大きな関心を持っている、これを追求していきたいとずっと思っていた」 「今回のコラボレーションは、僕にとってとても特別なものとなった。というのも、以前からステラ・マッカートニーの作品のファンだったので、昨年の「The Huddle」で一緒になり、このアイデアを思いついた時、何かを生み出すためのパーフェクトな機会だと感じた」 「ちょうどロックダウンの最中で、サッカーができなくて寂しい思いをしていたので、僕のサッカーへの愛情とスタイルへの情熱を組み合わせたものに集中できるのは、信じられない気持ちだった」 「アディダスと一緒に作ったブーツは、大胆でユニークなもので、ピッチに立つ時に履くのが待ちきれないよ」 <span class="paragraph-title">【写真】ポグバとステラ・マッカートニーがコラボ! 100%ヴィーガンのスパイク誕生!</span> <span data-other-div="photo"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.10.23 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

“セックステープ”によるヴァルブエナ恐喝事件の裁判がスタートもベンゼマは出廷せず

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマは、自身も関与した事件に関する裁判に出廷しなかったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ベンゼマは、2015年にフランス代表の同僚であったMFマテュー・ヴァルブエナが映っている“セックステープ”を利用して、ヴァルブエナ本人を恐喝していた事件に関わっている容疑をかけられていた。 この件に関して、ベンゼマは仲介役を務めたことについては認めていたものの、事件そのものへの関与を否定。しかし、この事件によりベンゼマはフランス代表を追放され、今年に入り電撃復帰。ユーロ2020にも出場していた。 この恐喝事件にする裁判が20日からスタート。共犯の罪に問われているベンゼマだが、19日にウクライナでチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール・ドネツク戦を戦っていたため、ベルサイユでの裁判には出廷しなかった。 22日(金)まで裁判は続く予定であり、ベンゼマを含む脅迫した5名の容疑者が裁判にかけられている。なお、有罪判決が下された場合、ベンゼマは最高で5年の懲役と7万5000ユーロ(約998万円)の罰金が宣告される可能性があるとのことだ。 事件の全容は、2014年にヴァルブエナが破損した携帯電話からデータを復旧させるために、技術屋のアクセル・アンゴット氏に修理を依頼した。 その際、アンゴット氏はヴァルブエナの携帯電話の中に、問題となっている映像を発見。ムスタファ・ゾアウィとともに、脅迫する計画を立てたという。 そんな中、ベンゼマの幼馴染であるカリム・ゼナティを含む数人がこの計画に参加。そして、そこからベンゼマへと話が下りてきて、ヴァルブエナと話をしたが、その脅迫に応じなかったとのことだ。 ヴァルブエナは今回の事件について改めてコメント。ベンゼマが裁判にこなかったことを残念だとした。 「最初はこの話が信じられず、ハッタリだと思っていた。身の危険を感じたため、苦情を申し立て用と思った」 「この事件が始まり6年が経つ。誰もがここにいることには分かっています。ベンゼマ以外のほとんど全員が」 「徹底的にやりたいと思う。この瞬間を6年間待っていた。僕たちは、この状況を打破するために必要な期間、ここにいることになる」 また、ヴァルブエナの弁護士は「ベンゼマがここに来なかったことをとても残念に思う」とコメント。誠意を見せない態度を残念がった。 なお、電話の修理を頼まれたアンゴット氏は自身の罪を認めて、当時のことを告白した。 「ヴァルブエナが来たら、お金を支払ってくれるかもしれないと話していた。ゾアウィの狙いは、彼に来てもらって、ビデオを取り返してもらうことだった」 「ビデオを見て笑ってしまった。ベンゼマだけでなく、みんなに配った」 「その中にはジブリル・シセもいた。フランス代表の多くの選手が、このビデオを見ているはずだ。脅迫もなければ、お金を要求することもしていない」 金銭の要求こそしていないものの、脅迫未遂をしたことを認めたアンゴット氏。ベンゼマは出廷するつもりはないようだが、どのようにこの顛末を見ているのだろうか。 2021.10.20 22:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly