チェルシーやアーセナルでプレーした元フランス代表DFギャラス氏がハンガリーでDFの育成をスタート

2021.07.29 12:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてチェルシーやアーセナルでプレーした元フランス代表DFウィリアム・ギャラス(43)が、ハンガリーのザラエゲルセギ・トルナ・エジレトFCで指導者キャリアをスタートさせることが発表された。

ギャラス氏は、フランスのカーンやマルセイユでプレー。2001年7月にチェルシーへと完全移籍すると、センターバック、サイドバックとして活躍。公式戦225試合に出場し14ゴール6アシストを記録。プレミアリーグ連覇やEFLカップ制覇を成し遂げた。

2006年8月にはアーセナルへと完全移籍。DFながら背番号10を背負うなどし、公式戦142試合で17ゴール1アシストを記録。2010年8月にはトッテナムへと移籍し、ロンドンの3クラブを渡り歩いた。なお、トッテナムでは公式戦78試合で1ゴールだった。

また、フランス代表としては83試合に出場し5ゴール。2006年のドイツ・ワールドカップ、2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場した。

ギャラス氏は2014年10月に引退。その後は指導者などを務めていなかったが、この度ハンガリーで指導者キャリアをスタートさせる。

ギャラス氏はユースチームで指導に当たることになり、 U-12からU-17までのディフェンス面の指導を担当する。



1 2
関連ニュース
thumb

セルティックの主将、スコットランド代表MFマクレガーが5年契約を締結

セルティックは24日、キャプテンを務めるスコットランド代表MFカラム・マクレガー(28)との契約延長を発表した。 新たな契約期間は2026年6月30日までの5年間となる。 セルティックのアカデミー出身のマクレガーは、2013年7月にファーストチームに昇格。1年目はノッツ・カウンティへとレンタル移籍を経験したが、2014年5月からセルティックでプレーを続けている。 キャプテンを務めるマクレガーは、これまで公式戦337試合に出場し54ゴール64アシストを記録。6度のスコティッシュ・プレミアシップ優勝や4度のスコティッシュ・カップ制覇、5度のスコティッシュ・リーグカップ制覇を経験している。 今シーズンもここまでリーグ戦5試合に出場。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの予選にも出場していた。 2021.09.25 17:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ガーナ代表がライェバツ監督の復帰を発表、南アフリカW杯ではベスト8進出

ガーナサッカー協会(GFA)は24日、セルビア人指揮官のミロバン・ライェバツ氏(67)をガーナ代表の新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は1年で、オプションでさらに1年更新される契約になっている。 ガーナ代表ではカタール・ワールドカップ、アフリカ予選での成績不振を受けてチャールズ・アコナ前監督が解任されていた。 ライェバツ氏は2008年から2010年にかけてガーナ代表を指揮。2010年南アフリカ・ワールドカップではガーナを準々決勝進出に導いていた。 2021.09.25 00:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルドー、レンヌ退団のセネガル代表FWニアンを獲得

ボルドーは24日、レンヌを退団してフリーとなったセネガル代表FWエムバイェ・ニアン(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの2年間で、オプションでさらに1年更新される契約になっているとのことだ。 ニアンは同日、レンヌを退団。フリーでのボルドー加入となった。かつてミランに在籍したニアンは、レンヌでは公式戦92試合に出場して30ゴール9アシストと活躍。2019-20シーズンにはリーグ・アンで3位となり、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場に導いていた。 ただ、今季はブルーノ・ジェネジオ新督の構想外となり、出場機会がない状況だった。なお、ニアンは26日に早速レンヌとの古巣対決を戦う日程となっている。 2021.09.25 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーロ2016でポルトガルを優勝に導いたFWエデルがサウジアラビアのアル・ラーイドに加入

サウジアラビアのアル・ラーイドは23日、元ポルトガル代表FWエデル(33)の獲得を発表した。 エデルは、ブラガやスウォンジー、リール、ロコモティフ・モスクワでプレー。しかし、今年7月にロコモティフ・モスクワを退団し、フリーとなっていた。 ロコモティフ・モスクワでは公式戦119試合に出場し14ゴール6アシストを記録。これまでプリメイラ・リーガで142試合に出場し38ゴール16アシスト、リーグ・アンで44試合に出場し12ゴール9アシストを記録していた。 ポルトガル代表としても35試合に出場し5ゴールを記録。最も記憶に残っているゴールは、ユーロ2016決勝のフランス代表選で延長に決めたもの。ポルトガルを優勝に導いた立役者として記憶にあるはずだ。 アル・ラーイドは今シーズンのプロフェッショナル・リーグで5試合を終えて4位に位置している。 <span class="paragraph-title">【動画】ポルトガルをユーロ王者に導いたエデルの劇的ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0eWtDcVFjTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome Eder Lopes<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%D8%A7%D9%84%D8%B1%D8%A7%D8%A6%D8%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#الرائد</a> <a href="https://t.co/WSfVVZJN2p">pic.twitter.com/WSfVVZJN2p</a></p>&mdash; نادي الرائد السعودي (@alraedclub) <a href="https://twitter.com/alraedclub/status/1441035091078168576?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

元クロアチア代表GKスバシッチが1年のブランクを経て古巣ハイデュク・スプリトに9年ぶりの復帰!

クロアチアのハイデュク・スプリトは23日、元クロアチア代表GKダニエル・スバシッチ(36)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は2023年までで、背番号は「1」を着用する。 スバシッチは2003年に母国のザダルでプロデビュー後、ハイデュク・スプリトを経て、2012年1月に当時リーグ・ドゥ(フランス2部)に降格していたモナコに加入。 そのモナコでは長きに渡り守護神として君臨し、在籍8年半で公式戦292試合に出場して111試合のクリーンシートを記録。2016-17シーズンには悲願のリーグ・アン制覇を達成した。 昨夏にモナコを退団したスバシッチには、サウジアラビア王者のアル・ナスルらが関心を示したが契約には至らず、1年間フリーの状態が続いていた。 2021.09.24 01:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly