ゼニト、主力FWドリウッシが退団…新天地なMLSに

2021.07.28 16:39 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ゼニトは27日、アルゼンチン人FWセバスティアン・ドリウッシ(25)の退団を発表した。

リーベル・プレートの下部組織出身のドリウッシは、2013年にトップチームデビュー。卓越したテクニックと運動量に加え、アルゼンチン人ストライカーらしい決定力を併せ持つ若き逸材は、2017年に幾つかのビッグクラブとの争奪戦を制したゼニトへ加入。

在籍4年間で公式戦138試合に出場し、24ゴール22アシストを記録。リーグ3連覇を含む6つのタイトル獲得に貢献していた。

ただ、クラブとドリウッシは昨シーズン限りまでとなっていた契約を延長することなく、今夏のタイミングでの退団が決定した。

なお、アルゼンチン『TyC Sports』など複数メディアが伝えるところによれば、新天地は今シーズンからメジャーリーグサッカー(MLS)に新規参入したオースティンFCとなる見込みだという。

関連ニュース
thumb

王者チェルシーが白星発進! ゼニトの堅守に苦戦もルカクが決勝弾!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループH第1節、チェルシーvsゼニトが14日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが1-0で勝利した。 ディフェンディングチャンピオンとして今大会に臨むチェルシーは、プレミアリーグの開幕4試合で3勝1分けの無敗と最高のスタートを飾った。今週末にトッテナムとのダービーを控える中、智将トゥヘルは3-0で快勝した直近のアストン・ビラ戦から先発5人を変更。 チアゴ・シウバとチャロバーに替わってクリステンセンとアスピリクエタが3バックに入り、ハドソン=オドイとサウール、ハヴァーツに替わってリース・ジェームズ、ジョルジーニョ、マウントが復帰した。 試合前に先日のUEFA年間表彰を実施するなど、良い雰囲気で臨んだホームのチェルシー。これに対してゼニトは本職中盤のバリオスを一列下げる[5-4-1]の守備的な布陣で入る奇策を見せた。 前線でボールを運べるマウコム、クラウジーニョ、アズムンという3選手の脅威もあり、リスクを冒して前に出るまでには至らないチェルシーは、最前線のルカクになかなか良い形でボールが入らない。 前半半ばから終盤にかけてはゼニトにカウンターチャンスを与えないチェルシーが相手陣内でハーフコートゲームを展開。しかし、マウントやルカクの仕掛けがことごとく相手の分厚い守備網に絡めとられてしまい、枠内シュート0で試合を折り返すことになった。 迎えた後半、トゥヘル監督の下で攻撃面の修正を施したチェルシーは、キックオフ直後にツィエクが最初の枠内シュートを放つと、50分には果敢に相手陣内左のハーフスペースで縦に持ち上がったリュディガーが枠のわずか右に外れる強烈な右足のミドルシュートでゼニトゴールを脅かす。 攻撃が機能し始めた一方、陣形が崩れ始めたことで、徐々にゼニトのカウンターを許すチェルシー。60分にはアズムンに馬力のある仕掛けでボックス内まで持ち込まれるが、ここはDFリュディガーの見事なカバーリングで事なきを得る。だが、以降しばらくはゼニトに押し返されてしまう。 そういった難しい流れの中、頼れるエースが魅せる。69分、相手陣内で細かく繋ぎ右のハーフスペースでボールを受けたアスピリクエタがボックス右のスペースへ浮き球のクロスを供給。これにハヴァーツと共に飛び込んだルカクが見事なヘディングシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 ようやく先制に成功したチェルシーだが、失点後に切り札のジューバを投入したゼニトの攻勢に晒される。80分にはボックス右に持ち込んだアズムンに決定的なクロスを入れられるが、ジューバのスライディングシュートはGKメンディが身体を張ったセーブで凌ぐ。 このピンチを何とか凌いだホームチームは、チアゴ・シウバやチルウェルとより守備的な交代カードを切って逃げ切りを図ると、試合終盤は冷静にボールを動かして時計を進めていき1-0のまま試合をクローズ。 ゼニトの堅守に手を焼いたものの、頼れるエースの公式戦2試合連続ゴールを守り切って連覇を目指すシーズンを白星で飾った。 2021.09.15 06:17 Wed
twitterfacebook
thumb

CL初戦を迎えるチェルシー、トゥヘル監督がカンテ&プリシッチの欠場を明言

チェルシーは13日、フランス代表MFエンゴロ・カンテが翌日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節のゼニト戦を欠場することを明かした。 8月28日に行われたプレミアリーグ第3節のリバプール戦に先発出場したカンテだったが、前半途中に足首を痛めたそぶりを見せると、ハーフタイムで負傷交代。今月の代表ウィークでフランス代表の招集を受けた同選手は、一度は代表チームに合流したが治療ために一足先にチェルシーに帰還していた。 チェルシーを率いるトーマス・トゥヘル監督はゼニト戦に向けた前日会見で「カンテが昨日(12日)に2度のトレーニングを行い、今日(13日)もトレーニングを行ったが、チャンピオンズリーグの初戦で彼を復帰させるのは早すぎると判断した。我々はシーズン序盤のこの時期に彼のリスクになるようなことはしない」 「明日(14日)は個別でトレーニングを行い、その後は他のメンバーと一緒にオフを取り、金曜日に全員でトレーニングをして、日曜日のトッテナム戦に完全な状態で臨めるように準備を整えることにした」 また、代表ウィークで左足首を負傷したアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチについては「クリスチャンはまだ回復していないし、個別のトレーニングもしていない状態なので、まだ準備ができていない」と明かした。 2021.09.14 01:10 Tue
twitterfacebook
thumb

イランの主砲アズムン、今夏4クラブからのオファー認める…来夏フリーでの退団の意向

ゼニトに所属するイラン代表FWサルダール・アズムン(26)が来夏のステップアップを明言している。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 イラン代表として通算56試合37ゴールを誇るアジア屈指のストライカーとして知られるアズムン。これまでルビン・カザン、FCロストフ、ゼニトとロシア一筋のキャリアを歩む26歳FWは、今夏の移籍市場で5大リーグへの移籍が有力視されていたものの、最終的にゼニト側の徹底抗戦もあって、移籍は実現しなかった。 そのアズムンは先日のインタビューで今夏4つのクラブから公式なオファーが届いていたことを認めている。 「僕にはゼニトとの契約がある。たとえ、ゼニトを離れたいと思っていても、彼らは僕を留めることができるし、僕には何もできない」 「トッテナム、リヨン、レバークーゼン、ローマからオファーがあったけど、ゼニトはそれらすべてを拒否した」 また、アズムンはゼニトとの現行契約が今シーズン限りまでとなっている中、来夏の退団を明言している。 「もしゼニトを退団するなら、来年の夏にフリーで離れるつもりだよ」 なお、卓越したアスリート能力とテクニックを生かした個での打開力に加え、決定力にも優れる186cmの実力派ストライカーに関しては、今夏に引き続きローマが来夏も獲得に動く構えを見せている。 2021.09.08 23:51 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪で金メダル獲得のクラウジーニョがゼニト移籍!

ゼニトは7日、U-24ブラジル代表MFクラウジーニョ(24)の完全移籍に関して保有元のレッドブル・ブラガンチーノとクラブ間合意に至ったことを発表した。 クラウジーニョはメディカルチェック受診後、ゼニトと2026年6月30日までの5年契約にサインすることになる。 サントスの下部組織出身でコリンチャンスでプロキャリアをスタートしたクラウジーニョは、ポンチ・プレッタを経て通算3度のレンタル移籍でプレーしていたブラガンチーノに2019年に完全移籍で加入。昨シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで35試合に出場し、得点王となる18ゴールを記録するなど、プレミオ・クラッキ・ド・ブラジレイロンを受賞するなど、同シーズンの多くの個人賞を獲得した。 また、東京オリンピックではU-24ブラジル代表の主力として全6試合にスタメン出場し、金メダル獲得に大きく貢献した。 個での打開力と正確なラストパスを生かしたチャンスメーク能力に加え、得点力も兼ね備える万能型アタッカーは、U-24ブラジル代表の同僚FWマウコムも在籍するロシア屈指の名門でヨーロッパ初挑戦に臨む。 2021.08.08 13:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ゼニト退団のFWドリウッシがMLS新規参入のオースティンFCに加入

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のオースティンFCは29日、ゼニトを退団したアルゼンチン人FWセバスティアン・ドリウッシ(25)の獲得を発表した。 リーベル・プレートの下部組織出身のドリウッシは、2013年にトップチームデビュー。卓越したテクニックと運動量に加え、アルゼンチン人ストライカーらしい決定力を併せ持つ若き逸材は、2017年に幾つかのビッグクラブとの争奪戦を制したゼニトへ加入。 ゼニトでは在籍4年間で公式戦138試合に出場し、24ゴール22アシストを記録。リーグ3連覇を含む6つのタイトル獲得に貢献。ただ、クラブとドリウッシは昨シーズン限りまでとなっており契約を延長することなく、今夏のタイミングで退団が決定していた。 2021シーズンから27番目のクラブとしてMLSに新規参入したオースティンFCは、ウェスタン・カンファレンスで8試合を行い2勝2分け4敗の10位につけている。 2021.07.30 02:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly