【J1注目プレビュー|第3節:G大阪vs大分】降格圏の“シックスポインター”、大きな1勝を手にするのは

2021.07.27 16:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第3節】
2021年7月27日(火)
19:00キックオフ
ガンバ大阪(17位/17pt) vs 大分トリニータ(19位/16pt)
[パナソニック スタジアム 吹田]

◆絶対に勝たなければいけない試合【ガンバ大阪】

前節はホームに鹿島アントラーズを迎え、0-1で敗戦。ホームでの連敗を喫し、なかなか降格圏を脱出できない状況が続いている。

相手の順位を考えれば、ヴィッセル神戸の3位、鹿島の8位と上位にいる相手。そこを叩ければという状況ではあったが、及ばずに敗れてしまった。

手痛い連敗となったG大阪だが、15連戦という超過密日程をこなす上では、敗戦に下を向いている暇などない。そして、今回の試合は絶対に負けてはいけない状況だ。

ケガ人も抱える中での連戦だが、相手は同じ降格圏の大分。同じ境遇にいる相手のとりこぼしは許されず。3度目の正直と言わんばかり、ホーム3連戦での3連敗は避けたいところだ。

相手にはかつてG大阪でプレーしたFW長沢駿、そして今節から起用が可能となるFW呉屋大翔が所属。恩返し弾は避けたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:東口順昭
DF:三浦弦太、昌子源、キム・ヨングォン
MF:小野瀬康介、奥野耕平、チュ・セジョン、塚元大
MF:矢島慎也、ウェリントン・シウバ
FW:パトリック
監督:松波正信

◆今季初連勝へ【大分トリニータ】

前節はホームに浦和レッズを迎え、1-0の勝利。5月30日以来の白星を勝ち取った。

多彩な攻撃を仕掛ける浦和に対ししっかりと戦えた結果が、1-0の勝利を呼び込んだ。

昨シーズンから大量に戦力を入れ替えた今季。これまで以上に重要な選手がチームをさったこと、さらにケガ人が出たことで、全くと言っていいほどチームを作る時間がなかった。

その結果、らしさを全く出せず、迷いの見える試合を続けて降格圏に低迷。辛い時期が続いたが、ここにきて復調している。

さらに、チームは補強を行い、FW呉屋大翔(←柏レイソル)、MF梅崎司(←湘南ベルマーレ)と力のある選手を加えた。攻撃陣の層が厚くなるだけに、しっかりと結果を出したいところだ。

気になるのはコンディション。連戦のG大阪の疲労感もある一方で、突然行われる公式戦にどう合わせていくのか。この試合以降は再び中断するだけに、良いコンディションの選手を揃え、G大阪を上回りたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:ポープ・ウィリアム
DF:上夷克典、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗
MF:井上健太、長谷川雄志、下田北斗、香川勇気
MF:町田也真人、小林成豪
FW:長沢駿
監督:片野坂知宏

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:福岡vs鳥栖】今季5度目の“九州ダービー”、意地を見せるのはどちらか

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 19:00キックオフ アビスパ福岡(9位/43pt) vs サガン鳥栖(5位/51pt) [ベスト電器スタジアム] ◆5度目の九州ダービー、3勝目なるか【アビスパ福岡】 前節はアウェイでの湘南ベルマーレ戦では1-1のドロー。連勝が3でストップした。 残留争いに引き込まれそうになった中で、しっかりと勝ち点を積み上げて中位に浮上した福岡。少しでも上位に行くためには、この流れを継続していきたいところだ。 今節は鳥栖との“九州ダービー”だが、なんと今シーズン5試合目の対戦となる。リーグ戦では2度目だが、YBCルヴァンカップ、天皇杯でも対戦。ここまでの成績は2勝1分け1敗と福岡が勝ち越している。 鳥栖はしっかりとしたビルドアップを後方から行うため、福岡としては整理されたプレスで封じ込めたいところ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、カルロス・グティエレス、宮大樹、輪湖直樹 MF:ジョルディ・クルークス、カウエ、前寛之、金森健志 FW:渡大生、山岸祐也 監督:長谷部茂利 ◆必要なのは勝ち点3、五分に戻せるか【サガン鳥栖】 前節は、台風の直撃を受けて1日延期された中、ホームに大分トリニータを迎え0-0のゴールレスドロー。連勝は2でストップした。 熾烈な3位争いをする中で手痛いドローとなったが、再び勝利に繋げる必要がある。そして“九州ダービー”では現在ビハインド。勝って成績を五分にしたいところだ。 鳥栖のスタイルは崩されることなく、今節もしっかりと後方からビルドアップを仕掛けていくことになる。プレスを回避していけば一気に押し込むことも可能。あとはフィニッシュの部分だ。 前節は仕留めきれず、大分のカウンターに苦しめられることになった。そこを今節はどうするのか。福岡の仕掛けに押し込まれずに戦えるかがポイントとなる。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、大畑歩夢 MF:樋口雄太 MF:飯野七聖、白崎凌兵、仙頭啓矢、中野嘉大 FW:小屋松知哉、酒井宣福 監督:金明輝 2021.09.25 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:横浜FCvs横浜FM】“横浜ダービー”互いにもう落とせない一戦

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 18:00キックオフ 横浜FC(20位/18pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆残留に向けて落とせない一戦【横浜FC】 前節はアウェイでのFC東京戦で力なく4-0で完敗。リーグ戦3連敗となった。 シーズンも残り9試合。残留ラインとの勝ち点差は「9」という状況。横浜FCにとってはシビアな戦いがこの先続くこととなる。 残留争い中のチームとの対戦はこの先3試合のみ。上位との対決は今節の横浜FMを含めて4試合という状況。熾烈な3位争いの相手と戦う必要があるため、簡単に行く試合はもうないと言える。 開幕から一貫して改善されないのが攻守にわたる精度の低さだろう。チームとしてミスが多く、チャンスを迎えてもゴールを奪い切れず、守備も簡単な失点が多い。 失点が減った後半戦の序盤は4試合で勝ち点8を積み上げるなど復調しかけたが、再び失点が増え、得点が奪えないという厳しい状況に入っている。 もう後はないと考えた方が良いだろう。ピッチ内でリスク管理をしながらも、リスクを負わなければいけない状況になっている。チームとしてしっかりと戦い切れるか。ダービーで勝利し、キッカケを掴みたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ブローダーゼン DF:伊野波雅彦、高橋秀人、袴田裕太郎 MF:安永玲央、瀬古樹 MF:マギーニョ、ジャーメイン良、松尾佑介、高木友也 FW:フェリペ・ヴィゼウ 監督:早川知伸 ◆優勝に向けて落とせない一戦【横浜F・マリノス】 前節は名古屋グランパスとの上位対決で2-1と敗戦。再び首位の背中が遠のいてしまった。 この3試合で2敗と優勝の可能性が見えた中での厳しい現実。勝ち点差は「7」に開き、手が届かない位置に行ってしまった。 特に心配なのは、敗れた2試合では攻撃の精度を欠いたこと。チャンスが作れていることは変わらないが、ゴールを奪い切れずに敗れた印象が強い。 ハードな戦い方を毎試合繰り返している横浜FMだが、主力選手はほぼ固定されている状態。フレッシュさを欠いているのも事実だ。 とはいえ、これ以上の取りこぼしは優勝戦線の火を消すことに繋がる。川崎フロンターレとの直接対決を残しているだけに、最後まで可能性を残せるように勝利を積み上げたいところ。攻撃陣の爆発に期待がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.25 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:FC東京vs浦和】日本代表SBが織り成すスペクタクルな攻防、軍配は?

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 15:00キックオフ FC東京(8位/46pt) vs 浦和レッズ(6位/51pt) [味の素スタジアム] ◆陰を落とす愚行、勝利で払拭を【FC東京】 ミッドウィークに名古屋グランパスと対戦したFC東京。先制したものの、好調のシュヴィルツォクにゴールを許し、1-1のドローに終わった。 3位争いに食い込む上では勝ち点3が欲しかったところだが、最低限の勝ち点1というところだろう。上位との連戦が続く中では負けないことも大事だ。 しかし、その名古屋戦ではFWレアンドロが濃いのヒジ打ちを見舞い一発退場。さらに昨年にも2度注意を受けていた中での愚行ということもあり、長谷川健太監督や長友佑都もこの行為を非難。Jリーグからは3試合の出場停止と罰金が科されると、クラブも独自に2試合の出場停止と制裁金を科すという厳罰が下った。 上を目指していこうとクラブが一つになる中で起こった愚行に対してクラブも重く受け止めている状況。フェアに戦い、勝利を目指してもらいたいものだ。 そんな中でこの試合の注目は左サイドのマッチアップだろう。今夏復帰した長友佑都がチームにもたらすものは多いが、何と言っても今節対峙する相手は日本代表の同僚であり、昨季までマルセイユで両翼をになった酒井宏樹だ。この対決からは目が離せない。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:中村拓海、森重真人、ジョアン・オマリ、長友佑都 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:渡邊凌磨、髙萩洋次郎、永井謙佑 FW:田川亨介 監督:長谷川健太 出場停止:レアンドロ ◆6戦連続クリーンシートなるか!?【浦和レッズ】 前節はホームにセレッソ大阪を迎え2-0で快勝。久々の埼玉スタジアム2002での試合でしっかり勝利を収めた。 これで連勝となり、6戦無敗。上昇気流に乗った浦和は6位につけている。 3位のヴィッセル神戸とは勝ち点差3であり、今節勝利すれば勝ち点で並ぶことになる。何としても勝ち点3が欲しいところだ。 その浦和の誇るべきポイントは5試合連続クリーンシートだろう。好調の要因はそこにあり、後半戦に入っての10試合で失点はたったの「4」。一気に上位に羽ばたくチャンスだ。 そして注目は前述の通り、浦和にとっての右サイドの攻防だ。長友を前にした酒井がどのようなプレーを見せるのか。日本代表の主力SB同士のスペクタクルな、そしてワールドクラスのマッチアップは必見。どちらが上回るのか、攻守において目が離せない。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:関根貴大、小泉佳穂、汰木康也 FW:江坂任 監督:リカルド・ロドリゲス 2021.09.25 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:仙台vs徳島】残留争いの大一番、生死を分ける“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 14:00キックオフ ベガルタ仙台(18位/22pt) vs 徳島ヴォルティス(17位/23pt) [ユアテックスタジアム仙台] ◆負けられない残留争い直接対決【ベガルタ仙台】 前節は残留争いのライバルである清水エスパルスを相手に2-1で敗戦。連勝で勝ち点を伸ばすことはできなかった。 残留争いをしながらも、降格圏にいるチームは効果的に勝ち点を積み上げられず、残留圏にいるチームはジワジワと勝ち点を積み重ねて少しずつ離れていっている状況だ。 なるべく差を縮めておきたい中、今節は同じ降格圏にいる徳島が相手。勝ち点差は「1」であり、何としても勝って逆転しておきたいところだ。 現時点では1勝しても立場は変わらない。しかし、大きな1勝になることは間違いない。課題は明白、得点力だ。 前節はFWフェリペ・カルドーゾについにゴールが生まれ、チャンスも作れていた。今節は複数得点で勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、アピアタウィア久、吉野恭平、石原崇兆 MF:関口訓充、富田晋伍、上原力也、加藤千尋 FW:フェリペ・カルドーゾ、赤崎秀平 監督:手倉森誠 ◆前節は6試合ぶりのゴール、今節は7試合ぶり勝利を【徳島ヴォルティス】 前節はホームに首位の川崎フロンターレを迎え、1-3で敗戦。これでリーグ戦6連敗となった。 5試合連続無得点で敗れていたチームにとっては、1ゴールを奪えたことは一歩踏み出したと言えるだろう。試合内容も、連敗中とはいえ、上位の名古屋グランパス、川崎Fの連戦では改善が見られ、後はいかにゴールを奪うかが問題となっている。 攻撃の形はできているだけに後はフィニッシュの精度が問題。攻撃陣にかかる期待は大きくなっていく。 今節の相手は勝ち点差「1」で追いかけてくる仙台。ここで敗れて入れ替わられるわけにはいかないだろう。むしろ勝ち点3を積み上げて、少しでも残留ラインに近づいておく必要がある。 現時点で1勝では残留できない状況。ひっくり返せない状況にいては、残留への望みはない。残り9試合で残留争い中の相手とは4試合。そのうち3チームは下にいるチームだけに、この3勝は押さえておきたいところだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、カカ、石井秀典、ジエゴ MF:鈴木徳真、岩尾憲 MF:浜下瑛、一美和成、西谷和希 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス 2021.09.25 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:清水vs神戸】日本代表の守護神vsエース、チームに勝利をもたらすのは?

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月24日(金) 19:00キックオフ 清水エスパルス(15位/29pt) vs ヴィッセル神戸(4位/51pt) [IAIスタジアム日本平] ◆今季初の連勝へ、10戦ぶりクリーンシート目指す【清水エスパルス】 前節は残留争いのライバルであるベガルタ仙台をホームに迎え、2-1で勝利した清水。9試合ぶりの白星を飾った。 貴重な勝ち点3を獲得し、降格圏からやや離れた位置に浮上した清水。その勢いを持って今季初の連勝を飾りたいところだ。 ホームでの連戦となりコンディション面は問題ないだろう。前回のフライデーナイトJリーグでは、ガンバ大阪に0-1で敗れているだけに、今回はしっかりと勝利を収めたいはずだ。 注目は日本代表GK権田修一。ともに日本代表でプレーするFW大迫勇也との対決は見もの。どちらが上回るのか、トレーニングや試合でクセも知っているだけに、権田の対応に注目が集まる。 7月4日の第21節を最後に9試合連続で失点中。チームの勝利のためにも、10試合ぶりのクリーンシートに期待だ。 また、今節はFW藤本憲明が契約上の問題で出場不可。FWチアゴ・サンタナは前節クビを負傷したとみられ、今節の起用は不透明。攻撃陣の活躍にも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、井林章、立田悠悟、片山瑛一 MF:西澤健太、松岡大起、ホナウド、ベンジャミン・コロリ FW:鈴木唯人、カルリーニョス・ジュニオ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 契約上出場不可:藤本憲明 ◆求めたい内容、何よりも結果を【ヴィッセル神戸】 前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎え、1-0で勝利。3位争いでも良いポジションをキープしている。 3試合ぶりに勝利したことは評価されるが、試合内容は全く持って良いところなし。ポゼッションもできず、札幌に押し込まれ続ける戦いとなり、途中交代のアンドレス・イニエスタもフラストレーションが溜まる試合となり、交代時に怒りを見せていた。 ただ、来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を争っている今大事なのは勝ち点3。内容を突き詰めることはもちろんだが、何よりも結果が第一となる。 ハードワーク自体はチームもできているが、コンビネーションの問題もあり、離脱選手が抜けた穴も大きい。大迫勇也、武藤嘉紀、ボージャン・クルキッチと鳴り物入りで今夏加入した選手たちも結果はまだ出ていない。チームを助ける活躍ができるのか。日本代表守護神が守る牙城を崩し、結果と内容の両方を目指したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:セルジ・サンペール、大﨑玲央 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、中坂勇哉 FW:大迫勇也 監督:三浦淳寛 2021.09.24 13:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly