バイエルンが新ホームユニフォーム発表!胸にはブンデス30回優勝の 5つ星

2021.07.26 12:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンとサプライヤーのアディダスは24日、2021-22シーズンのホームユニフォームを発表した。

ダークレッドがベースのホームユニフォームのデザインは、胸から下に向かって描かれたV字型のライトレッドのストライプパターンが印象的だ。袖のアクセントと肩の3本のストライプ、胸スポンサーの色は白色。クラブの特徴を表す"Mia san mia"のテキストが後ろ首部分に施されている。

胸のエンブレム上部には5つ星が施されているが、これはバイエルンがブンデスリーガ優勝30回を達成した証だ。

バイエルンのCEO(最高経営責任者)を務めるオリバー・カーン氏は、5つ星の重要性について次のように語っている。

「クラブにとって今季のホームユニフォームは非常に特別だ。胸の5つ星で過去数十年間の素晴らしい功績を称えている。そして同時にこの星は我々全員が決して諦めず、世界中の多くのファンのために常に全力を尽くし続けるための大きなモチベーションだ」

このユニフォームは、24日にアリアンツ・アレーナで行われたアヤックスとのプレシーズンマッチですでに選手たちも着用している。



1 2
関連ニュース
thumb

「デイビス草」『FIFA22』でメッシを引き当てたバイエルンのA・デイビスが狂喜乱舞

バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(20)が感情を爆発させた。 20日のチャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節、ベンフィカ戦を負傷で欠場していたデイビスは22日、ビデオゲーム『FIFA22』のプレー動画を配信していた。自身が作成したオリジナルチームでのゲームに加え、FUTパックで新たな選手を獲得する瞬間も配信。そこでなんと、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを引き当てた。 ゲーム内での最高評価を与えられているレアカードを手に入れる可能性は当然限りなく小さい。さらに、自身にとってのサッカーアイドルだというメッシをゲットしたデイビスは狂喜乱舞。耳をつんざくほどの叫び声を上げて席を立って踊り、配信中にも関わらずフレームアウトするほどの感激ぶりだった。 椅子に座り直してからも「メーッシ、メーッシ!」と口ずさむデイビス。素のリアクションに国内外のファンからは「クッソワロタ」、「デイビス草草の草」、「メッシダンスの動き」などのコメントが。また、一般人の動画配信だと思い込んでいたものもいるようで「よく見たらバイエルンのデイビス」、「奇声を上げるよくいるタイプの動画配信者、かと思いきやアルフォンソ・デイビス選手」などの声も寄せられた。 ピッチ内では堂々たるプレーぶりを披露しているスピードスター。だが、スーパースターを手に入れたこの時ばかりは、感情を抑えきれなかったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシを引き当て狂喜乱舞するA・デイビス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">No better way to start the weekend <a href="https://twitter.com/hashtag/AD19?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AD19</a><a href="https://twitter.com/EASPORTSFIFA?ref_src=twsrc%5Etfw">@EASPORTSFIFA</a> <br><br>: <a href="https://t.co/BK7pZxo8S6">https://t.co/BK7pZxo8S6</a> <a href="https://t.co/iAOeUC6iai">pic.twitter.com/iAOeUC6iai</a></p>&mdash; Alphonso Davies (@AlphonsoDavies) <a href="https://twitter.com/AlphonsoDavies/status/1451285057809772570?ref_src=twsrc%5Etfw">October 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.23 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

体調不良でCL欠席のナーゲルスマン監督、2度のワクチン接種も陽性判定

バイエルンは21日、ユリアン・ナーゲルスマン監督(34)について、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることを発表した。 ナーゲルスマン監督は、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節のベンフィカ戦を体調不良により欠席。アシスタントコーチのディノ・トップメラー氏が指揮を執っていた。 監督不在でも0-4で圧勝したバイエルン。一夜明け、ナーゲルスマン監督の状態が発表され、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたとのことだ。 なお、ナーゲルスマン監督は2度のワクチン接種を終えていたとのことで、ブレイクスルー感染となった。 ベンフィカ入りしていたナーゲルスマン監督は、チームとは別に医療飛行機でミュンヘンへと戻り、ドイツ国内での隔離生活を行うという。 2021.10.21 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

指揮官不在も無傷のCL3連勝! 代行指揮のACトップメラー「妥当な勝利」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督に代わってチームを率いたアシスタントコーチのディノ・トップメラー氏が喜びのコメントを残した。クラブ公式サイトが伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)グループEに入り、2試合を消化して全勝で首位に立つバイエルン。20日に行われた第3節で1勝1分けの勝ち点4で2位につけるベンフィカのホームに乗り込んだ。 ナーゲルスマン監督が体調不良で不在という一戦だったが、4-0で勝利。前半こそVARによるゴール取り消しもあり、無得点に終わったが、後半に4得点を奪い、無傷の3連勝を成し遂げた。 ナーゲルスマン監督の病欠を受けて、同じくアシスタントコーチのクサーヴァー・ツェンブロート氏とともにチームを指揮して、快勝劇に導いたトップメラー氏は試合後、結果を喜んだ。 「誰も欠けることなく、素晴らしいチームパフォーマンスだった。前半から良いスタートが切れ、何度もチャンスを作れたが、一筋縄ではいかないベンフィカが相手だというのを認識しないといけない」 「後半に入ってから、よりストラクチャーの部分でうまくいくようになったね。2点目を奪って、開かれたものになった。全体的にも見ても、妥当な勝利だった」 2021.10.21 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

70分過ぎからの15分で4ゴール! サネ躍動のバイエルンがベンフィカに圧勝でGS3連勝《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループE第3節、ベンフィカvsバイエルンが20日にエスタディオ・ダ・ルスで行われ、アウェイのバイエルンが0-4で圧勝した。 地力の差を見せつけてグループステージ連勝スタートを飾った首位のバイエルン。今節は1勝1分けで2位に付けるベンフィカとの首位攻防戦第1ラウンドに臨んだ。 前々節にフランクフルト相手にナーゲルスマン体制初黒星を喫したものの、直近のレバークーゼン戦を5-1で大勝したドイツ王者は、その試合から先発3人を変更。負傷のアルフォンソ・デイビス、ゴレツカに代えてパヴァール、ザビッツァー、ベンチスタートのニャブリに代わってコマンが起用された。 敵地でも変わらずボールを握って押し込む入りを見せるバイエルンは、レヴァンドフスキを起点に両ウイングや中盤の選手がうまく相手の背後を取って崩しのチャンスを窺う。開始5分にボックス左へ抜け出したサネがファーストシュートを放つと、9分にはコマンの左クロスをゴール前のレヴァンドフスキがドンピシャのヘッドで合わすが、これはややコースが甘くGKヴラチョディモスの好守に遭う。 その後もバイエルンが押し込む時間帯が続くが、時間の経過と共にベンフィカの守備が嵌るようになり、ヌニェスやラファ・シウバを起点としたカウンターアタックの場面が増えていく。 すると、32分にはこの試合最大の決定機。カウンターからボックス左に持ち込んだヌニェスがDFに寄せられながらもうまく内向きに剥がして完璧な右足のシュートを放つ。だが、これはGKノイアーが驚異的な反応で枠外にはじき出した。 ベンフィカ主将アウメイダの負傷交代というアクシデントが起きたものの、前半終盤にかけては完全にイーブンな展開に。その中でバイエルンは38分にサネが中央突破からのミドルシュート、42分にはボックス右に抜け出したコマンの高速クロスをレヴァンドフスキが身体ごと押し込んでネットを揺らす。だが、このシュートは故意に腕を使ったとの判断で認められず。結局、0-0のスコアで折り返すことになった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半も入りはバイエルンペースに。立ち上がりの47分にはコマンの左クロスをボックス右で拾ったパヴァールが渾身の右足シュート。だが、この決定的なシュートはGKヴラチョディモスの見事な右足のセーブに遭い、最終的に左ポストを叩く。さらに、直後にはゴール前でこぼれ球に反応したミュラーがネットを揺らすが、VARのレビューの結果、オフサイド判定となった。 序盤のピンチを辛くも凌いだバイエルンも反撃を開始。56分には右サイドのスペースに飛び出したゴンサウヴェスが深い切り返しでDFを外してボックス右から強烈な左足のミドルシュートを放つが、これはGKノイアーのビッグセーブに阻まれる。 その後は再び膠着状態が続く中、アウェイチームはパヴァールに代えて切り札のニャブリを投入し、前がかりな布陣でゴールをこじ開けにかかる。すると、70分にはボックス手前右の好位置で得たFKの場面でキッカーのサネが壁の上から急激落ちる見事なドライブ回転の直接FKを沈めて待望の先制点をもたらした。 均衡を破ったバイエルンはここから畳みかける攻めで一気に試合の流れを引き寄せる。まずは80分、ボックス右に抜け出したニャブリの高速クロスがエヴェルトンのオウンゴールを誘い2点目を奪取。さらに、直後の82分には右サイドの崩しからボックス中央で鮮やかなターンでDFをかわしたサネの折り返しをゴール前ドフリーのレヴァンドフスキが難なく流し込み、3点目を奪った。 さらに、85分にはロングカウンターからスタニシッチのラストパスを受けたサネがこの試合2点目を奪い、試合を決定づける4点目とした。 70分までの拮抗した展開から一転わずか15分で4点を重ねたバイエルンは、試合終盤に主力を下げてこのまま逃げ切り態勢に入り、終わってみれば4-0の圧勝。 ベンフィカとの首位攻防戦を制したバイエルンが3連勝でグループステージ突破に大きく近づいている。 2021.10.21 06:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、CLベンフィカ戦はゴレツカとA・デイビスが欠場

20日にチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦が控えるバイエルンだが、主力2名を欠いて臨むことになるようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ここまでブンデスリーガでは6勝1分け1敗で首位に立ち、CLでもグループ最大のライバルと目されていたバルセロナをアウェイで屠ったバイエルン。両コンペティションにおいて今季も優勝候補として名乗りを挙げている。 ベンフィカ戦はCL3連勝のかかる一戦だが、MFレオン・ゴレツカとDFアルフォンソ・デイビスの主力2人は欠場することになりそうだ。 19日に行われた会見でユリアン・ナーゲルスマン監督が2人ついて説明。A・デイビスは17日のレバークーゼン戦の前半に負傷交代しているため、大事を取るとのこと。ゴレツカは風邪をひいたようだ。 なお、バイエルンの今後の日程は、23日にブンデスリーガ第9節のホッフェンハイム戦、27日にDFBポカール2回戦のボルシアMG戦となっている。 2021.10.19 21:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly