トレーニングの新スタイル!? サンテチェンヌU-19のメンバーがフランス軍の訓練に参加!

2021.07.24 16:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンテチェンヌのU-19選手が珍しいトレーニングを行ったようだ。

かつて元日本代表MF松井大輔も所属していたサンテチェンヌ。そのU-19チームが4日間のトレーニングキャンプを行ったが、その内容が話題を呼んでいる。

迷彩服を着てバックパックを背負う若者たち。なんとフランス軍の訓練に参加したのだ。

受け入れ先はクレルモン・フェランの第92歩兵連隊。金属製の配管を素手で登り、別の金属柱を伝って滑り降りるU-19の面々。ロープわたりや靴幅もない建物の縁をすり足で歩くなど、本物さながらの訓練を体験した。

さらに、グローブを着用してのスパーリングにも真剣に取り組んでいる様子がうかがえる。

これらの訓練がサッカーの技術向上に直接つながるかどうかは不明だ。だが、全員が集まってポーズを決める絵を見ると、チームの絆は確実に強くなったようだ。



1 2
関連ニュース
thumb

サンテチェンヌ退団のDFドゥビュシーが仏2部ヴァランシエンヌに加入

リーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するヴァランシエンヌは13日、元フランス代表DFマテュー・ドゥビュシー(36)をフリートランスファーで獲得した。1年間の延長オプション付きの2年契約となる。 リールでプロデビューしたドゥビュシーは、ニューカッスルやアーセナル、ボルドーでのプレーを経て、2018年1月にサンテチェンヌへ加入。右サイドバックの主力として在籍3年半で公式戦97試合に出場。 昨シーズンはキャプテンとして、リーグ・アン26試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。サンテチェンヌは契約延長に向けた話し合いを行っていたが、最終的に合意に至らず。昨シーズン限りでクラブを退団しフリーとなっていた。 2021.08.14 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、ベテランMFアムマと再契約! 新シーズンでクラブ300試合出場へ

サンテチェンヌは21日、フランス人MFロマン・アムマ(34)との再契約を発表した。契約期間は2021-22シーズン終了までとなる。 2012年にカーンからサンテチェンヌに加入したアムマは、両サイドのウイングを主戦場にチームのカウンターアタックをけん引。ここまで公式戦298試合に出場し、60ゴール47アシストを記録していた。 昨シーズン限りでクラブとの契約が終了を迎えたことで、昇格組のトロワやブレストなど国内クラブからのオファーも伝えられたが、節目の300試合出場も視界に捉える“レ・ヴェール”でのキャリア継続を選んだ。 2021.07.22 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、主将DFドゥビュシーが今季限りで退団…

サンテチェンヌは21日、元フランス代表DFマテュー・ドゥビュシー(35)の今シーズン限りでの退団を発表した。 2018年1月にアーセナルから加入したドゥビュシーは在籍3年半で公式戦97試合に出場。右サイドバックの主力を務めると共に、今シーズンからキャプテンを務めていた。 これまで契約延長に向けた話し合いを行っていたものの、最終的に合意に至らなかったことから、今シーズン限りでの退団が決定した。 また、サンテチェンヌは同日、フランス人FWケビン・モネ=パケ(32)の今シーズン限りでの退団を併せて伝えている。 2014年にロリアンから加入した快足ウイングは、ここまで公式戦208試合に出場し19ゴールを挙げていた。 2021.05.21 23:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ダイレクトボレーをネットに突き刺す!カメルーンの若手が豪快ゴールでサンテチェンヌ初ゴールをマーク/2020-21【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はサンテチェンヌのカメルーン代表MFイヴァン・ネヨウが決めたクラブ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆豪快ダイレクトボレーで初ゴールをマーク<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHb21DTEtpZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カメルーン出身のネヨウは若くして渡仏し、プロデビュー。ポルトガルのブラガでのプレーを経て、2020年夏にサンテチェンヌに加入している。 主力に定着しつつあるネヨウだが、2020年12月16日に行われたリーグ・アン第15節のボルドー戦では、豪快なゴールでクラブ初ゴールを記録している。 1-1と同点のまま迎えた75分、左サイドからサンテチェンヌがチャンスを作ると、ボックスの外からDFマテュー・ドゥビュシーがロングシュート。これはボックスの前でDFにブロックされたものの、跳ね返りのボールをペナルティーアーク手前でフリーになっていたネヨウがダイレクトボレーを放つ。鋭いシュートはゴール左に突き刺さり、見事な勝ち越しゴールとなった。 終盤にリードを奪ったサンテチェンヌが、そのまま2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="981" data-sg-movie-title="【ネットに突き刺す】カメルーンの若手が豪快ゴールでサンテチェンヌ初ゴールをマーク"></span> 2021.03.21 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ビタ止めトラップ&反転シュート!サンテチェンヌの「10番」が叩き込んだ技ありゴール/2018-19【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、サンテチェンヌのチュニジア代表FWワービ・ハズリが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ビタ止め&豪快反転シュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVRzNNS1BBOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フランスのバスキアでプロキャリアをスタートさせたハズリは、ボルドーやサンダーランド、スタッド・レンヌでのプレーを経て、2018年夏にサンテチェンヌに加入。エースとして活躍している。 代表チーム、クラブともに背番号「10」を背負っているハズリだが、2018年9月28日に行われたリーグ・アン第8節のモナコ戦では、技ありのゴールを決めている。 0-0で迎えた41分、MFヤン・エムビラが相手陣内右サイドでボールを持つと、ロングパスをボックス内に入れる。このパスにフリーで抜け出したハズリが反応すると、ゴールに背を向けた状態でピタリとボールを止めるトラップ。続いてハーフバウンドのボールに対し、反転しながら叩きつけるような鋭いシュートをゴール左に突き刺した。 先制ゴールを決めたハズリは、55分にも追加点をマーク。サンテチェンヌが2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="975" data-sg-movie-title="【ビタ止めトラップ】サンテチェンヌの「10番」が叩き込んだ技ありゴール"></span> 2021.03.20 16:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly