アラベス、ポルトMFママドゥ・ルムをレンタルで獲得

2021.07.24 00:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アラベスは23日、ポルトのセネガル代表MFママドゥ・ルム(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。

2019年冬にブラガからレンタルでポルトに加入したセントラルMFのママドゥ・ルム。ただ、ポルトではポジションを奪いきれず、在籍2年半で公式戦23試合の出場に留まっていた。

昨季ラ・リーガ16位に終わったアラベスは今夏、ニューカッスルからフランス人DFフローラン・ルジューヌらを獲得している。


関連ニュース
thumb

低調アトレティコが今季初黒星…開幕5戦全敗の最下位アラベスに金星献上《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節、アラベスvsアトレティコ・マドリーが25日にエスタディオ・デ・メンディソローサで行われ、ホームのアラベスが1-0で勝利した。 リーグ連勝を狙うアトレティコは開幕5戦全敗の最下位アラベスと敵地で対戦。前節は開幕全敗のヘタフェ相手に大苦戦を強いられたが、相手の退場によって数的優位を得た後半半ば過ぎから猛攻を仕掛けると、ルイス・スアレスの見事なドブレーテの活躍によって後半アディショナルタイムでの劇的な逆転勝利を収めた。 28日に重要なチャンピオンズリーグ(CL)のミラン戦を控えている中、大幅なターンオーバーも見込まれたが、ヘタフェ戦からのメンバー変更は4人に留まった。ホセ・ヒメネスとロージ、コレア、エレーラに替わってフェリペ、エルモソ、コンドグビア、デ・パウルを起用した。 今シーズンはスロースタートの印象が強いアトレティコはいきなりビハインドを負う難しい入りを強いられる。開始4分、アラベスの右CKの場面でキッカーのドゥアルテが右足インスウィングで上げたボールに対して、DFフェリペが被ってしまうと、その背後に飛び込んだラグアルディアのヘディングシュートがゴールネットを揺らした。 ここ数試合を教訓に早い時間帯に同点に追いつき勝ち越したいアトレティコは、ここから反撃を開始。カラスコとトリッピアー、マルコス・ジョレンテが幅を取りつつ、70%近いボール支配率で相手を押し込んでいく。 だが、[4-4-2]のコンパクトな守備ブロックを敷き、中央の危険なエリアをしっかりとケアするアラベスの守備に苦戦を強いられ、セットプレー以外に可能性を感じさせる仕掛けを見せることができない。結局、前半に5本のシュートを放ったものの、枠内シュート0で試合を折り返すことになった。 迎えた後半、同じ11人で臨んだアトレティコは立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。52分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でニアへ飛び込んだジョレンテがヘディングでコースを変えたボールがゴール方向へ向かうが、これはDFラグアルディアのゴールカバーに阻まれる。 何とか流れを変えたいシメオネ監督は60分にトリッピアー、カラスコ、コンドグビアを下げてマテウス・クーニャ、ロージ、コレアを同時投入。さらに、エルモソとジョレンテに替えてエレーラ、ヴルサリコを投入し、試合終了まで15分以上を残して全ての交代カードを切る。 だが、69分にコレアがようやく最初の枠内シュートを放ったものの、選手交代の効果もなく集中したアラベスの守備を前に、完全に攻撃が八方塞がりに。それでも、アラベスがママドゥ・ルム、ピナと決定的なカウンターチャンスをフイにしたことで、今季勝負強さを発揮している試合終盤まで最少得点差を維持した。 しかし、この日のアトレティコは最後まで攻撃にスイッチが入り切らず、GKオブラクも攻撃参加を見せたラストプレーのFKも不発に終わり、試合はこのままタイムアップ。 開幕5戦全敗だったアラベスに今季初勝利となる金星を献上したアトレティコは、今季初黒星を喫することになった。 2021.09.25 22:59 Sat
twitterfacebook
thumb

エルチェ、開幕後にアラベス退団のFWルーカス・ペレスが加入

エルチェは31日、アラベスを退団したスペイン人FWルーカス・ペレス(32)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年となる。 スピードと左足のパワフルなシュートを特長とするアタッカーのペレスは、デポルティボでブレイク後、2016年夏にアーセナルへ移籍。しかし、アーセナルでは活躍できず、デポルティボへのレンタルバックを経て、2018年夏にウェストハムへ移籍していた。 その後、2019年夏にアラベスに加入すると、在籍2シーズンで公式戦62試合に出場し、15ゴール9アシストの数字を残していた。しかし、今シーズンの開幕後にクラブとの契約を双方合意の下で解消していた。 2021.08.31 22:22 Tue
twitterfacebook
thumb

原大智がシント=トロイデンにレンタル加入! 今夏アラベス加入も出場機会ないまま武者修行に

シント=トロイデンは23日、アラベスからFW原大智(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 FC東京アカデミー出身の原は、2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍。在籍半年ながら、公式戦18試合に出場し8ゴール3アシストと結果を残した。 イストラは、アラベスを所有するバスコニア=アラベス・グループが株式の85パーセントを取得しており、言わば傘下にあるクラブ。才能ある若手選手を発掘する場となっており、原もその一員で、今夏アラベスへと完全移籍を果たしていた。 当初は期待を寄せられていた原。開幕戦のレアル・マドリー戦でもベンチ入りを果たしていたが、第2節のマジョルカ戦は日本代表MF久保建英との元FC東京対決にも注目が集まったが、メンバー外に。また、ハビエル・カジェハ監督もレンタル移籍での放出を示唆していた。 移籍先に関しては古巣イストラ復帰の可能性も報じられていたが、ベルギーのシント=トロイデンとなった。 シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルや東京五輪を戦ったDF橋岡大樹の他、DF松原后、MF伊藤達哉、FW鈴木優磨が所属。さらに、今夏は東京五輪で主軸としてプレーしたFW林大地をサガン鳥栖から獲得しており、2人目の日本人補強となる。 <span class="paragraph-title">【画像】原がシント=トロイデンに加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> | Taichi Hara is geel-blauw!<br><br>Sterk, boomlang en effectief!<br>Welkom Taichi.<br><br> <a href="https://t.co/nu5QbkJmAb">https://t.co/nu5QbkJmAb</a><br><br> <a href="https://t.co/i68RTXdKG7">pic.twitter.com/i68RTXdKG7</a></p>&mdash; STVV (@stvv) <a href="https://twitter.com/stvv/status/1429866120220233738?ref_src=twsrc%5Etfw">August 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.08.24 03:39 Tue
twitterfacebook
thumb

原大智の移籍迫るアラベス、新FWデ・ラ・フエンテが加入

アラベスは23日、昨シーズン限りでバジャドリーを退団したスペイン人FWミゲル・デ・ラ・フエンテ(21)の加入を発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 バジャドリーのカンテラ出身のデ・ラ・フエンテは、2018年10月にプリメーラデビュー。ただ、バジャドリーでは公式戦12試合の出場に留まっており、昨シーズンはセグンダA(スペイン2部)のレガネスにレンタル移籍。同クラブでは公式戦29試合に出場し6ゴール3アシストの数字を残していた。 過去にU-19スペイン代表歴もある182cmのストライカーは、センターフォワードだけでなく左右のウイングでもプレー可能な万能型だ。 なお、アラベスではスペイン人FWルーカス・ペレスの退団に加え、日本人FW原大智にシント=トロイデン移籍が迫っており、デ・ラ・フエンテは直近にジローナから加入したセネガル人FWママドゥ・シラと共に新たな攻撃オプションとして活躍が期待される。 2021.08.23 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

FW原大智が今夏アラベス加入もシント=トロイデン移籍へ、23日にメディカルチェックで複数年契約と報道

今夏アラベスに加入したFW原大智(22)だが、やはりレンタル移籍に出されるようだ。ベルギー『Hbvl』が報じた。 FC東京アカデミー出身の原は、2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍。在籍半年ながら、公式戦18試合に出場し8ゴール3アシストと結果を残した。 イストラは、アラベスを所有するバスコニア=アラベス・グループが株式の85パーセントを取得しており、言わば傘下にあるクラブ。才能ある若手選手を発掘する場となっており、原もその一員で、今夏アラベスへと完全移籍を果たしていた。 当初は期待を寄せられていた原。開幕戦のレアル・マドリー戦でもベンチ入りを果たしていたが、第2節のマジョルカ戦は日本代表MF久保建英との元FC東京対決にも注目が集まったが、メンバー外に。また、 ハビエル・カジェハ監督もレンタル移籍での放出を示唆していた。 その原だが、古巣であるイストラが関心を寄せており、移籍期限までにアラベスと交渉を進めている状況とクロアチアでは報じられていた中、ベルギーのシント=トロイデンへの移籍が濃厚となったようだ。 『Hbvl』によると、原は23日にもシント=トロイデンのメディカルチェックを受けるとのこと。複数年の契約を結ぶと報じている。 シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルや東京五輪を戦ったDF橋岡大樹の他、DF松原后、MF伊藤達哉、FW鈴木優磨が所属。さらに、今夏は東京五輪で主軸としてプレーしたFW林大地をサガン鳥栖から獲得しており、2人目の日本人補強となる。 2021.08.23 12:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly