広島、柴﨑晃誠が太もも負傷で全治3~4週間

2021.07.11 16:38 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サンフレッチェ広島は11日、MF柴﨑晃誠が負傷したことを報告した。

伝えられるところによると、柴崎は8日のトレーニングで負傷。病院での検査の結果、左大腿内転筋損傷と診断されたという。全治には3~4週間要する見込みだ。

今季の柴崎は、ここまでJ1リーグ8試合、ルヴァンカップ5試合に出場。J1では2ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

堅実な試合運びを見せた広島、札幌に無失点快勝で2試合ぶり白星!【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節、北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島が26日に札幌ドームで行われ、0-2で広島が勝利した。 札幌が1試合消化が少ないながらも勝ち点39で並ぶ両チームの対決。札幌は第28節のセレッソ大阪戦で勝利を挙げたものの、前節のヴィッセル神戸戦で敗れ、リーグ戦ここ5試合の成績は1勝4敗と苦しい時期が続いている。また、得点数もそのC大阪戦での2つのみとなっており、まずは失点を抑えることが主題となる今節の先発は、神戸戦からの変更は1人。トゥチッチに代わって小柏が起用された。 一方の広島も、この2試合前に柏レイソルに快勝したものの、22日に行われた第32節のC大阪戦で敗れたため、ここ5試合の成績は2勝1分け2敗といまいち乗り切れない状況が続く。スタメンはC大阪戦から4人変更。青山、東、柴崎、ジュニオール・サントスがスタメンに名を連ねた。 3月の前回対戦では8分までに2ゴールを挙げて勝利を収めた広島は、今回も立ち上がりから札幌ゴールに迫る。まずは2分、青山のパスを受けたドウグラス・ヴィエイラがドリブルでDF2人の間を突破しGKと一対一に。ここはGK菅野に軍配が上がるが、そのCKの場面で、左から上がったクロスのこぼれ球をドウグラス・ヴィエイラがボックス右からシュートを放つと、高嶺がブロックしたサードボールを佐々木が押し込んで、再び早い時間帯の先制に成功した。 またも出鼻を挫かれた札幌は、10分にルーカス・フェルナンデスがドリブルでボックス右に侵入しシュートまで運ぶ。22分には金子がボックス手前から左足で狙うが、ここはGK林に阻まれた。さらに31分にはピッチの幅を広く使ったパスワークで広島を翻弄。最後にボックス右のスペースでパスを受けた駒井は佐々木に止められてしまうものの、ここまで同様の形で何度か相手ゴールを脅かしている。 失点以降ペースを握り続けるホームの札幌。40分には左サイドの菅からボックス手前の駒井へ鋭いパスが繋がり、そこからゴール左下を狙ったシュートを放つ。良いコースを捉えていたが、好調のGK林にここも好セーブをされてしまった。 まずは追いつきたい札幌は、ハーフタイムに荒野に代えてドウグラス・オリヴェイラを投入。すると51分、そのD・オリヴェイラのワンタッチパスがゴール前の金子に渡り、金子は細かいタッチでDFを巧みにかわしゴールに流し込んだ。しかし、ここはオフサイドの判定に。それでもD・オリヴェイラの投入で攻撃に厚みが増した。 対する広島は55分にジュニオール・サントスに代わり森島がピッチへ。65分に得たCKのチャンスでは、柴崎のクロスに荒木が頭で合わせる決定機を迎えたが、GK菅野に掻き出され、追加点ならず。 その後、札幌は飲水タイムを挟んで青木とトゥチッチを入れ替え。その直後のプレーで菅が左サイドから入れたグラウンダーのクロスが広島の選手に当たってゴールに向かう。あわやオウンゴールというシーンだったが、GK林もここでビッグセーブを披露。そのCKではルーカス・フェルナンデスのクロスをD・オリヴェイラが頭で合わせるも、惜しくも枠を捉えることができず。 着々と勝利が近づく広島は、77分に藤井のクロスをダイレクトで合わせたドウグラス・ヴィエイラのシュートがクロスバーに阻まれて得点のチャンスを逸したが、80分過ぎにそのD・ヴィエイラがボックス右で菅に足首を踏まれて転倒。一旦プレーは流されたが、その後にオンフィールドレビューなどでしばらく協議が続いた結果、広島にPKが与えられることに。これをD・ヴィエイラ自ら決めて、終盤で点差を広げた。 これで逃げ切るのみとなった広島。後半アディショナルタイムには足をつったD・ヴィエイラと東を下げつつ時間を使って試合をクローズ。2試合ぶりの勝利を収めた。一方の札幌はこれで2連敗となった。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 サンフレッチェ広島 【広島】 佐々木翔(前3) ドウグラス・ヴィエイラ(後39) 2021.09.26 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

広島FWドウグラス・ヴィエイラがJ初ハットトリック! 好調柏を下して3試合ぶり白星!【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、柏レイソルvsサンフレッチェ広島が18日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-3で広島が勝利した。 3連勝と好調の柏(勝ち点33)と、かたや直近8試合でわずか1勝の広島(勝ち点36)が激突。試合は序盤から互いがゴールに迫る一進一退の攻防となった中、均衡を破ったのはアウェイの広島だった。 30分、右サイドに起点を作った広島は、攻撃を組み立て直そうと一旦後ろに下げるが、試合巧者の青山が柏の守備が一瞬緩んだ隙を突いて前線へ足の長いスルーパスを送る。これに阿吽の呼吸でドウグラス・ヴィエイラが反応しボックス右でフリーとなると、最後は左足チップキックでゴールを決めて見せた。 4試合ぶりに先制点を許した柏は、36分に瀬川が、前半アディショナルタイムには上島がそれぞれヘディングシュートを放つが、惜しくも枠を捉えられず、1点ビハインドで試合を折り返す。 その柏は後半から戸嶋と武藤を下げてマテウス・サヴィオと神谷を投入しテコ入れ。しかし開始数十秒で、右サイドから切り込んだ藤井のシュートがポストに直撃し、広島に追加点の雰囲気が漂う。 すると54分、広島は自陣の深い位置でボールを奪い返し、素早く前線のドウグラス・ヴィエイラに供給すると、大きく前に出ていた柏GKキム・スンギュが戻り切れなかったところを、ロングシュートを沈めて2点目をゲット。 これで2得点としたD・ヴィエイラはさらに60分、東が左サイドからクロスを入れると、相手のクリアミスをD・ヴィエイラが流し込みハットトリックを達成。Jリーグでは初の1試合3得点となった。 その後は、広島が主導権を渡さないまま試合を進める中で、87分には4点目にも迫る勢いを見せつつ試合終了。好調の柏を叩いて3試合ぶりの白星を手にした。 柏レイソル 0-3 サンフレッチェ広島 【広島】 ドウグラス・ヴィエイラ(前30) ドウグラス・ヴィエイラ(後9) ドウグラス・ヴィエイラ(後15) 2021.09.18 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

広島がケルンと育成業務提携を締結、「日本一の育成・普及型クラブを目指す」

15日、サンフレッチェ広島はケルンと育成業務提携を締結したと発表した。 ケルンはブンデスリーガの初代王者で、リーグ戦を3度、カップ戦を4度制した名門クラブだ。元西ドイツ代表MFピエール・リトバルスキ氏、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキなど、日本にも馴染みのある幾多のスーパースターを輩出しており、選手の育成にも定評がある。2010年冬には日本代表DF槙野智章(広島ユース出身)が加入していた。 両チームは今後、ジュニア世代からトップチームの選手育成・強化を目的とした選手・指導者の人的交流を行い、相互のチーム発展に寄与していくとのことだ。 なお、提携期間は2021年9月1日から2024年8月31日までとなっている。 締結合意に際して広島の仙田信吾代表取締役社長、ケルンのヴェルナー・ヴォルフ会長、アレクサンダー・ヴェーレCEOはそれぞれ次のようにコメントを寄せている。 ◆広島 仙田信吾代表取締役社長 「ドイツ有数の名門クラブである「1.FCケルン」様よりお話をいただき、育成業務提携の締結合意に至りましたことを大変うれしく思います。サンフレッチェ広島は、「日本一の育成・普及型クラブを目指す」ことをクラブ理念として掲げており、育成年代の強化には、これまでも力を入れて参りました。1.FCケルンは、若い世代の育成に非常に長けており、その経験やノウハウを吸収することが、クラブの成長・発展につながると確信しております。この提携を通じて、より質の高い育成メソッドを確立し、さらなる飛躍の一歩につなげて参ります」 ◆ケルン ヴェルナー・ヴォルフ会長 「1.FCケルンと日本は何十年もの間、密接に結びついてきました。このたびのサンフレッチェ広島との業務提携により、常に相互尊重と信頼を特徴づけてきたこの特別な関係に、新たな命を吹き込むことができるでしょう。両クラブが、スポーツ的にも経済的にも、長期的に利益を得るネットワークを構築することを目的に、活動していきたいと思います」 ◆ケルン アレクサンダー・ヴェーレCEO 「私たちにとって、日本は多くの面で興味深い市場です。スポーツ・マネジメントの専門知識を共有し、アジアにおけるFCの認知度を高め、新たなパートナーを獲得するたためにも、FCファミリーや日本文化において、大きな役割を果たす特別な伝統意識が、重要なつながりとなると考えています」 <span class="paragraph-title">【写真】締結合意を互いのユニフォームで表明する広島とケルン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ドイツ・ブンデスリーガ<br>『1.FCケルン』との育成業務提携を締結<br><br>サンフレッチェ広島と1.FCケルンは、今後、ジュニア世代からトップチームの選手育成・強化と目的とした選手・指導者の人的交流を行い、相互のチーム発展に寄与させて参ります。<a href="https://t.co/qo7d9eOIdm">https://t.co/qo7d9eOIdm</a><a href="https://twitter.com/hashtag/sanfrecce?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sanfrecce</a> <a href="https://t.co/AMLJuMjQaQ">pic.twitter.com/AMLJuMjQaQ</a></p>&mdash; サンフレッチェ広島 公式 (@sanfrecce_SFC) <a href="https://twitter.com/sanfrecce_SFC/status/1438050925080301569?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

レオ・セアラの目の覚めるようなFK! 横浜FMが敵地で広島に逆転勝利【明治安田J1第28節】

明治安田生命J1リーグ第28節、サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノスが11日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-3で横浜FMが勝利した。 10位の広島(勝ち点36)と2位の横浜FM(勝ち点62)の対戦。5日に延期されていたヴィッセル神戸戦に臨んだ広島は、後半序盤にハイネルの退場に見舞われながらも、何とかドローで逃げ切ることに成功した。しかし、ここ7試合の白星は前々節の大分トリニータ戦のみとなっており、なかなか不調の流れから抜け出せずにいる。 一方の横浜FMは代表ウィーク前の8月28日に行われた前節の鹿島アントラーズ戦で敗れ、4連勝がストップするとともに、リーグ戦14試合ぶりの黒星を喫した。これにより、一時2ポイント差に迫っていた川崎フロンターレとの差も再び4ポイントに広がってしまった。 互いに2試合ぶりの勝利を目指す中、中5日でスタメンを3人入れ替えた広島は、土肥が2試合ぶりの先発で今季リーグ戦4試合目の出場。すると開始早々の8分、その土肥が左サイドからアーリークロスを入れると、絶妙なタイミングで最終ラインから抜け出した東がボックス左からダイレクトで流し込みにかかる。これは右ポストに嫌われてしまうものの、セカンドボールに反応したドウグラス・ヴィエイラが押し込んで先制点を挙げた。 幸先の良いスタートを切った広島だったが、飲水タイムの手前に先制点の起点となった土肥がレオ・セアラと激しく衝突。これで脳震とうのような症状が出てしまい、続行不可能となってしまった土肥は悔し涙を溜めながらピッチを後に。代わりに松本が起用された。 仕切り直しとなった飲水タイム明け。横浜FMは敵陣右サイド中央でFKを得ると、ボックス手前の實藤へ繋ぎ、その落としをレオ・セアラがフィニッシュに持ち込むサインプレーを披露。一方の広島は28分に、佐々木のロングボールを受けたドウグラス・ヴィエイラが左サイドから相手の意表を突く右足アウトサイドのシュートをトライ。反応が遅れたGK高丘は掻き出すのに精一杯だった。 徐々に横浜FMがポゼッションを高めていく中、36分に左サイドでボールを持ったマルコス・ジュニオールがカットインからシュート。するとこれをゴール前の前田がコースを変えてゴールイン。好調前田の機転の利いたプレーでアウェイチームが同点に追いついた。 この失点でドタバタし始めた広島は、クロスボールに対応したGK大迫のパンチングミスがあわやオウンゴールかという危険なシーンも。その嫌な流れのまま前半アディショナルタイムを迎えると、横浜FMのCKのシーンで逆転を許す。 横浜FMはこれが3度目のCK。マルコス・ジュニオールが左から右足のインスイングクロスを入れると、實藤がDF荒木に掴まれ体勢を後ろに崩しながらも、右足バックヒールのような形で上手く合わせて見事にゴール。試合をひっくり返して前半を終えた。 後半立ち上がりはエゼキエウとドウグラス・ヴィエイラが立て続けにシュートを放った広島だが、流れを掴み切れないまま時間は経過していく。横浜FMも前半と変わらぬペース進める中、60分に前田が倒されてFKを獲得する。 場所はゴール正面29メートルの位置。ここからレオ・セアラが右足を振り抜くと、強烈な一発がゴール右上の完璧なコースに突き刺さった。 目の覚めるようなスーパーゴールでリードを広げた横浜FMは、この直後にエウベルを下げて仲川を投入。広島もエゼキエウと藤井を下げて、ジュニオール・サントスと浅野を送り込み、明確なメッセージを伝える。 追いかける広島はこの交代直後の67分、左サイドでボールを持ったドウグラス・ヴィエイラが右足で柔らかいクロスを送ると、右サイドから走り込んでいた柏がドンピシャのタイミングで合わせたが、シュートはGKの正面。75分にはD・ヴィエイラが粘って上げたクロスのこぼれ球を青山がシュート。しかし、今度はクロスバーに嫌われてしまった。 その後は4点目に迫る横浜FMに対し、広島は打つ手のない状況が続いたまま試合終了。広島は今季リーグ戦初の逆転負けを喫した。一方の横浜FMは2試合ぶりの勝利で川崎Fの喉元に食らいついている。 サンフレッチェ広島 1-3 横浜F・マリノス 広島】 ドウグラス・ヴィエイラ(前8) 【横浜FM】 前田大然(前36) 實藤友紀(前47) レオ・セアラ(後15) 2021.09.11 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:広島vs横浜FM】首位を追う横浜FMはリスタートなるか、最多ドローの広島は勝ち切ることができるか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2021年9月11日(土) 19:00キックオフ サンフレッチェ広島(10位/36pt) vs 横浜F・マリノス(2位/62pt) [エディオンスタジアム広島] ◆勝ち切れないチームはどう戦う【サンフレッチェ広島】 中断前の試合はヴィッセル神戸相手に1-1のドロー。追いつかれての引き分けとなり、今季リーグ最多の12度目の引き分けとなった。 神戸戦ではFKで先制するも、GK大迫敬介の判断ミスにより失点。GKとしてやってはいけない中途半端なプレーで勝ち点2を逃した。 今シーズンの広島を象徴するかのような試合。12の引き分けは追いついたものや追いつかれたものがあるものの、ここ最近は追いつかれてのドローが続いている。 得点機を決め切れずに、相手に押し込まれて失点という悪い流れがシーズンを通して続いているが、今節対戦する横浜FM戦もアウェイゲームはドロー。2点差を追いつかれるという悪い流れでの引き分けだった。 チームとして集中力高く戦い続けられるか。圧倒的な攻撃力を誇る相手にしっかり戦いたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:柏好文、青山敏弘、松本泰志、東俊希 MF:エゼキエウ、柴崎晃誠 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:ハイネル ◆完敗で中断期間へ、リスタートなるか【横浜F・マリノス】 13戦無敗で首位の川崎フロンターレに肉薄していた横浜FMだったが、中断前のリーグ戦では大の苦手とする鹿島アントラーズ相手に0-2と惨敗。自ら勝ち点を落とし再び自力優勝が消滅した。 苦手意識がどこまで影響したかは定かではないが、立ち上がりに連続失点。その後は鹿島に特徴であるサイド攻撃を完全に封じ込められ、何もできずに敗れ去った。 掲げるサッカーの噛み合わせの問題も当然あるが、自信を得て首位の背中を追ってきたチームにとって壁にぶち当たったことは事実。さらに、その鹿島戦で負傷したDF畠中槙之輔は全治6カ月と今季が終了する重傷と苦しみは重なる。 この2週間でチアゴ・マルチンスが復帰したことはプラス材料。残り11試合、最終節の川崎Fとの直接対決までには負けられない試合しかない。リスタートを上手く切れるのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、和田たくや MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.11 16:44 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly