WEリーグ7チームが「X-girl」のユニフォームを着用! 各クラブの個性を体現

2021.07.06 20:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©WE LEAGUE
WEリーグは6日、7チームのユニフォームデザインを発表。オフィシャルサプライヤーである株式会社ビーズインターナショナル(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:西方雄作)のレディースストリートウェアブランド「X-girl」がデザインしたものとなる。

9月に開幕を迎える2021-22 Yogibo WEリーグ。WEリーグの理念と、X-girlの「GIRL'S MOVEMENT」を体現する、7チームのユニフォームデザインには、『人と違うことを恐れない。ファッションも、夢も、自分らしい個性を放ちながら生きていく。一人一人が自分の個性を愛し、自分らしい選択を誇ることを応援する』という想いが込められている。

このユニフォームを着用するのは、マイナビ仙台レディース、大宮アルディージャ VENTUS、ちふれ AS エルフェン埼玉、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース、ノジマステラ神奈川相模原、AC長野パルセイロ・レディース、アルビレックス新潟レディースの7チーム。三菱重工浦和レッズレディース、日テレ・東京ヴェルディベレーザ、INAC神戸レオネッサ、サンフレッチェ広島レジーナの4チームは別のユニフォームを着用する。

WEリーグの岡島喜久子チェアは「シルバーパートナー/オフィシャルサプライヤーであるビーズインターナショナル様のブランド「X-girl」が手掛けるユニフォームは、各クラブの個性を盛り込んだカラフルなデザインが特長です。このユニフォームを着用した選手たちがピッチで躍動する日が待ち遠しくなるような素敵なデザインばかりです。今後も、X-girlのファッション性とサッカーを掛け合わせて、新しいユニフォームのデザインや着こなし、発信に取り組んでまいります」とコメントしている。

WEリーグは今後8シーズンをDAZNで全試合配信。新たな女子サッカーに注目が集まる。



1 2

関連ニュース
thumb

オミクロン株でJリーグと代表戦に影響か?/六川亨の日本サッカーの歩み

南アフリカで発見され、ヨーロッパに急拡大している新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が、早くもサッカー界に影響を及ぼしている。ロイター通信によると、ポルトガルの首都リスボンにあるクラブの選手とスタッフ13人のオミクロン株感染が29日に確認され、選手のうちの1人が南アから帰国したばかりだったそうだ。 そしてJFA(日本サッカー協会)は12月1日午前9時過ぎ、「なでしこジャパン(日本女子代表)の帰国後のスケジュールについて」という、以下の内容のリリースを出した。 本日(12/1)、オランダ遠征から帰国するなでしこジャパンのスタッフ・選手は、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後は14日間の待機が求められることになりました。 (空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅(又は事前に手配した宿泊施設)にて14日目まで待機) 従って、今週末に予定されているWEリーグには出場いたしません。 リーグ戦に関する取り扱いは、WEリーグよりあらためてご連絡をいたします。 オランダにもオミクロン株の感染者がいるための措置だが、このことで4日に予定されているWEリーグ5試合にはFW田中美南、MF猶本光、DF宮川麻都ら総勢18人の選手が出場できない。さらに12月に予定していたなでしこジャパンの国内キャンプも待機期間と重複するため中止となった。 ところが1日の16時30分よりWEリーグは緊急会見を開いて4日の第11節5試合はすべて延期すると発表した。その理由を野仲賢勝専務理事は「オミクロン株で14日間の待機を国に求められた。国の水際対策の強化で選手が試合に出られない。実行委員会で審議し、チェアの最終決定で、最大5名が出場不可になる。公平性を担保するため延期を決定した」と説明した。代替日とチケットの払い戻しはこれからの作業になる。 さらに影響はJリーグにも及ぶ。岸田首相は昨日11月30日、外国人の新規入国を原則1ヶ月停止にすると決定した。 Jリーグは最終節を残すのみとなったが、現在はどのクラブも契約を更新するか、終了するか選手と交渉の真っ最中だ。同様に、来シーズンの戦力補強のため新外国人選手とも交渉しているだろう。入国禁止措置が1ヶ月で終了すればキャンプに間に合うものの、延期された場合は今シーズンの開幕直後と同様、選手や監督が来日できない可能性も出てくる。 1月には21日に埼玉スタジアムでウズベキスタンとのテストマッチが、27日にはカタールW杯アジア最終予選の中国戦が、2月1日にはサウジアラビア戦が日本で開催される。入国に際して特例措置が認められなければ、試合の開催そのものが危ぶまれる。 そんな状況のなか、森保一監督が12月1日にズームでのインタビューに応じた。本来なら12月と1月はヨーロッパで日本人選手を視察する予定だった。しかしオミクロン株により出入国が制限されるため、「視察の予定はこれから状況を見ながら決めたい。出国できても何カ国かを視察するのは難しいし、帰国時の制限も変わってきていて仕事に支障が出てしまってはいけない」と予定の変更も視野にいれて慎重に状況を見極める方針だ。 日本代表は今後、12月17日から国内組を集めてキャンプを実施する予定で、そのメンバーは7日に発表される。さらに来年1月21日のウズベキスタン戦後、W杯アジア最終予選の中国戦とサウジアラビア戦のメンバーを1月22日に発表する予定だ。もちろんその前提として、オミクロン株の感染が終息に向かっていることが条件になるが、こちらは予断を許さない状況にあることに変わりはない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.02 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

WEリーグの延期に関して野仲賢勝専務理事が会見を実施、代替日は「決まっていない」

WEリーグは1日、2021-22YogiboWEリーグ第11節の延期について会見を開いた。 新型コロナウイルスのオミクロン株発生を受けて、日本政府が対応の一環として帰国後14日間の検疫を設けたことから、日本サッカー協会(JFA)は、なでしこジャパンのオランダ遠征に参加した選手とスタッフが、今週末のリーグ戦に出場できないことを発表した。 これに伴い、WEリーグも4日に予定されていた第11節の全5試合を延期することを発表。今回の代表活動においては、WEリーグからなでしこジャパンへ18名、フィリピン女子代表へ2名の選手たちが選出されていた。特に、三菱重工浦和レッズレディースと日テレ・東京ヴェルディベレーザは5選手が該当するとして、全クラブの公平性を担保する観点から今回の決定に至っていた。 この決定について、WEリーグの野仲賢勝専務理事が会見を実施。日本ではオミクロン株でスポーツイベントが中止となる初のケースとなったが、「2週間の活動停止を重く受け止めた結果」であると、理事は説明。一方で、このタイミングでの遠征の是非について問われると、JFAとも会議を重ねた上での賛同だったと答えた。 「どうしてもこの時期に行かなければいけないのかという会話はしておりました。そのうえで我々がJFA側から聞いていたのは、年明けのアジアカップに向けてどうしても強化のタイミングを生かしていきたいという強い要望でした」 「そこについては広くサッカー界として理解すべきという考えです。海外にいかなければならないのかという会話も含めたうえで、最終的にはこの強化方針に賛同しました」 「また、我々としてはこのインターナショナルマッチデーは元々決まっているところであり、一定の制限や検査という状況はありましたが、試合に出られると確認したなかで、この代表活動に協力すると決定しました」 「これ以上の調整となると1日に戻ってくるのがギリギリのタイミングだと窺っておりました。そういう意味ではギリギリまで調整したと認識しています」 また、注目となる代替日に関しては、「具体的なことは決まっていない」と野仲専務理事。見込みとしては、最終節までのどこかに食い込むことを計画しているとのことだ。 2021.12.01 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

今週末のWEリーグ全試合が延期に…なでしこジャパン選手ら隔離による公平性の担保が理由

WEリーグは1日、4日、5日に行われる予定だった 2021-22 Yogibo WE リーグ第11節の5試合に関して、延期することを発表した。 1日、日本サッカー協会(JFA)はなでしこジャパンのオランダ遠征に参加した選手とスタッフが、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後14日間の待機(空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅<又は事前に手配した宿泊施設>にて14日目まで待機)が求められることになり、今週末に開催を予定していたYogibo WE リーグへ出場できないことが決定したと発表していた。 WEリーグはこの決定を受け、1日午前に開催したWEリーグ実行委員会にて全クラブ出席のもと審議を行い、WEリーグ規約第46条第3項に従って、チェアの最終決定により全5試合を延期することとしたとのことだ。 今回の代表活動においては、WEリーグからなでしこジャパンへ18名、フィリピン女子代表へ2名の選手たちが選出されており、クラブ単位では最大5名の選手が出場不可となる状況に鑑み、全クラブの公平性を担保する観点を重視したとのことだ。 ◆延期となる試合 【2021-22 Yogibo WE リーグ 第 11 節】 ▽12/4(土) 《13:00》 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース vs. 大宮アルディージャVENTUS [ゼットエーオリプリスタジアム] ノジマステラ神奈川相模原 vs. 日テレ・東京ヴェルディベレーザ [相模原ギオンスタジアム] サンフレッチェ広島レジーナ vs. INAC神戸レオネッサ [広島広域公園第一球技場] 《14:00》 アルビレックス新潟レディース vs. 三菱重工浦和レッズレディース [新潟市陸上競技場] AC長野パルセイロ・レディース vs. マイナビ仙台レディース [長野Uスタジアム] ※ちふれASエルフェン埼玉の WE ACTION DAY は実施予定 ◆出場不可となった選手 ・マイナビ仙台レディース 3名 FP 隅田凜 FP 長野風花 FP 宮澤ひなた ・三菱重工浦和レッズレディース 5名 GK 池田咲紀子 FP 南萌華 FP 高橋はな FP 猶本光 FP 菅澤優衣香 ・大宮アルディージャVENTUS 2名 GK スタンボー華 FP 乗松瑠華 ・日テレ・東京ヴェルディベレーザ 5名 GK 田中桃子 FP 清水梨紗 FP 宮川麻都 FP 小林里歌子 FP 植木理子 ・INAC神戸レオネッサ 3名 FP 三宅 史織 FP 成宮唯 FP 田中美南 ・ちふれASエルフェン埼玉 FP サリナ・ボールデン (フィリピン女子代表) ・ジェフユナイテッド市原・千葉レディース FP クインリー・クエザダ (フィリピン女子代表) 2021.12.01 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

オランダ遠征から帰国のなでしこジャパン、「オミクロン株」対策で14日間の隔離生活…WEリーグは欠場へ

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征中のなでしこジャパンの選手たちに関しての対応を発表した。 11月23日からオランダ遠征を行っていたなでしこジャパン。池田太監督が率いる新チームにとっての初の国際試合となった。 25日に対戦したアイスランド女子代表戦は0-2で敗戦、29日に行われたオランダ女子代表戦は0-0のゴールレスドローに終わり、帰国の途についた。 しかし、現在新型コロナウイルス(COVID-19)の新たに発見された変異株である「オミクロン株」が出現。日本にも海外からの渡航者から感染が確認されたことを受け、日本政府は海外からの新規入国者を禁止するという措置を11月30日から実施。新規ではないものの、帰国するなでしこジャパンの選手たちも影響を受けることとなった。 JFAによると、オランダ遠征から帰国するなでしこジャパンのスタッフ・選手は、帰国後は14日間の待機が求められることになったとのこと。空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅(又は事前に手配した宿泊施設)にて14日目まで待機する必要があるとのことだ。 なお、これによりなでしこジャパンに招集されていた選手たちは、12月4日に予定されている2021-22 Yogibo WEリーグ 第11節には出場できないこととなった。 2021.12.01 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

池田監督のサッカーをよく知るDF宝田沙織、FWからDFに変わるも「やり方が難しいということはない」

24日、翌日にアイスランド女子代表戦を控えたなでしこジャパンのDF宝田沙織(ワシントン・スピリット)がオンラインのメディア取材に応じた。 10月に池田太監督が就任し、新体制が発足したなでしこジャパン。10月には国内組だけで合宿を行い、今回のオランダ遠征では海外組5名が加わって、初陣を迎える。 遠征地のオランダではトレーニングを2日しか行えない状況。その中で、海外組として初めて合流した宝田は「池田監督になって初めての国際大会という中で、新メンバー、色々な選手とやれるので、まずはたくさんの人とコミュニケーションを取りながら1試合1試合を良いものにしていきたいと思います」と、新たなチームとしてしっかりとコミュニケーションを取りたいとした。 元々はFWでプレーし、現在はCBでプレーする宝田。今回もDFとしてプレーすることになるが「チームでも色々なポジションをやらせてもらっているので、代表でもどこで出ても自分らしくプレーできればと思っています」とコメント。「好きなポジションもありますけど、今はどこで出ても恐れずにやっていきたいと思っています」と、求められる場所でのプレーも問題ないとした。 ディフェンダーとしての経験も積んできている宝田は「去年からディフェンスをし出すことが多くなって、そこらへんからディフェンスへの意識だったり、やり方を学んできているので、そこは良い感じで切り替えられていると思います」と、自覚も徐々に出てきているようだ。 その宝田だが、池田監督が指揮した2018年のU-20女子ワールドカップで優勝したメンバーの1人。当時との監督の変化については「U-20の時も監督がすごくパワフルで元気というイメージが強かったですが、今も変わらず練習でも監督の熱を感じてあたらめて懐かしいなという気持ちです」と語り、あまり変わっていないと語った。 一方で自身は当時はFWとしてゴールを量産していた中、現在はCBとなっている。「U-20の時と言っていたこととはあまり変わっていないで、自分のポジションが変わっただけなので、やり方が難しいということはないです」と語り、コンセプト自体は変わらないため、難しさは感じていないようだ。 その池田監督が求めるサッカーで重要なことについては「全体的にアグレッシブで、全員サッカー、全員攻撃、球際でも気持ちで負けないということはチームとしてやっていることだと思います」と、アグレッシブさは攻守にわたって欠かせないようだ。 改めて東京オリンピックについて振り返った宝田は「出場時間がなかなかなくて、そういうところではもっとオリンピック後にはやっていかないという思いが強くなったのと、世界は進んでいて、技術もそうですし、フィジカル面でも成長しないとワールドカップで優勝するのは無理かなと思ったので、オリンピック後はレベルアップしなければいけないなと思いました」と、世界との差を感じた大会だったという。 この先目指す上で必要なことについては「まずはそこに選ばれるようにチームとしても、普段の練習も試合も結果を求めていかないといけないのと、優勝するためにはということを常に考えて行動することが大事です」とコメント。「フィジカル面だったり、海外に負けないような取り組みをしていきたいと思います」と、アメリカの地でさらに磨いていくことが大事だとした。 2021.11.24 23:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly