「別の銀河から…そして私の近所から」メッシが通った小学校前に高さ14メートルの壁画が完成

2021.07.07 11:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの故郷であるアルゼンチンのサンタフェ州ロサリオに巨大な壁画が完成した。アルゼンチン『Ole』が伝えている。

1987年にロサリオで生まれたメッシは地元のニューウェルズ・オールドボーイズに加入。その後13歳の時にスペインに移住しバルセロナへ加入すると、17歳でトップチームデビューして以降、10度のラ・リーガ、7度のコパ・デル・レイ、4度のチャンピオンズリーグを含む35のタイトルを獲得。自身も歴代最多6回のバロンドールを受賞している。

アルゼンチン代表としても6月29日のコパ・アメリカ グループリーグ最終節のボリビア代表戦で単独最多となる148試合目に出場。さらには同国の通算最多得点記録と通算最多アシスト記録を持っている。

壁画は高さ14メートル、幅8メートルの巨大なもので、メッシが生まれた家から15ブロック、そしてメッシが通った小学校の向かいに描かれている。

壁画には6月21日に34歳を迎えた現在のメッシと幼少期のメッシの姿。そして金色のスパイクと小さな黒いスパイクが描かれているが、金色のスパイクはメッシが6回受賞したゴールデンシュー(欧州最多得点選手)を表している。また、「別の銀河から…そして私の近所から」というテキストも記されている。

壁画のメッシはバルセロナやアルゼンチン代表といった特定のユニフォームを着用していないが、作成したアーティストによると「すべての人にとってのメッシ、人々のメッシ」を描きたかったとのことだ。



1 2
関連ニュース
thumb

アジアNo.1にもなった広州FC、中国の大手不動産会社「恒大集団」の破綻で崩壊の可能性

中国サッカー界を牽引してきた広州FCだが、クラブ崩壊の危機に陥っている。 広州恒大として知られていたが、今シーズンから中国サッカー協会の規定により企業名をチーム名に入れられないことから名称を広州FCに変更していた。 その親会社は、中国最大手の不動産開発会社である「恒大集団」。2010年にチームを傘下に入れ、広州恒大として活動していた。 かつては“爆買い”として世界中に名を知らしめた中国スーパーリーグ。その中でもトップを走っていたチームは、ヨーロッパで活躍していた選手たちを補強。パラグアイ代表FWルーカス・バリオスやイタリア代表FWアレッサンドロ・ディアマンティ、FWアルベルト・ジラルディーノ、ブラジル代表MFパウリーニョ、コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスなどを順次獲得していた。 また、指導者にも世界的な選手を連れてきており、ユベントスやイタリア代表を率いたマルチェロ・リッピ氏や元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏、元ブラジル代表監督であるルイス・フェリペ・スコラーリ氏らを招へい。買収した翌年の2011年から7連覇を含む中国スーパーリーグを8度制覇。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2013年と2015年に優勝するなど、アジアでもトップクラブに成り上がっていった。 レアル・マドリーやミラン、バイエルンなどとも提携するなど、ビッグクラブへと近づいていっていた広州FCだが、親会社である「恒大集団」が経営破綻に近づいているという。 創業者の許家印氏が、一代で大企業へと成長させた「恒大集団」。2010年以降は不動産以外にも電気自動車やインターネット業界へも進出。現在の年商は7000億元(約12兆円)を超えている。 2020年の売上高も7232億元(約12兆3000億円)、利益は314億元(約5300億円)とされているが、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延が不動産業界を直撃。不動産価格が下がったことを受け、金融における流動性リスクが起こったため、破綻に追い込まれてしまった。 中国『Sup China』の報道によれば、今年の初めの時点で負債総額は8700億元(約14兆8000億円)にものぼっているとのこと。中国政府へと救済を求めており、広東省はクラブの10〜15%の株式を引き継ぐことを目指しており、国営企業がクラブの残りの部分を買収することになるという。 一時期のようなビッグネームはチームに所属していないが、帰化をして中国代表としてプレーするFWアラン、FWアロイージオ、DFティアス・ブラウニングらは所属。しかし、チームは高給の選手を放出し、資金調達に動くとのこと。また、賃金が未払いとなっていることから、多くの選手が中国から離れようと考えているとのことだ。 中国では、2020シーズンの中国スーパーリーグ王者である江蘇FC(かつての江蘇蘇寧)が破綻し、チームを解散。江蘇FCも“爆買い”で鳴らしたクラブだったが、インテルのオーナーでもある蘇寧電器グループの経営も不振となっていた。 この先どのような形になるのかは現時点では不明。しかし、中国サッカー界のみならず、中国の産業界にも厳しい時代が舞い込んでいるようだ。 2021.09.21 13:02 Tue
twitterfacebook
thumb

16歳未満の選手と交渉し規則違反の代理人、イングランド代表選手と話させる姑息な手段を利用

とある代理人が規則違反を行う際に、自身が担当する選手を利用していたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 イングランドサッカー協会(FA)では、16歳の誕生日を迎える年の1月1日より前に代理人が選手と取引の交渉を行うことを禁止している。 しかし、代理人のエイディ・ウォード氏は、この規則に違反。さらに、その際に姑息な手を使っていたようだ。 『BBC』によると、FAはすでにウォード氏が16歳未満の選手と契約したとして調査中とのこと。まだ終了していないが、色々な事態が判明した。 その中の1つが、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングを利用したものだった。 ウォード氏は、ロンドンのレストランで15歳の少年と母親との夕食会を開催。自身の顧客の中でも最も著名であったスターリングにビデオ電話をかけ、その少年と話すように依頼したという。 スターリングの弁護士は、「イングランド代表として意欲ある選手と話す責任を感じ、ウォード氏の要請に応じて何度か話した」と語っているとした。 ただ、スターリングは何も聞かされておらず、代理人や経済的な話などは選手にしないとのこと。FAの規則を尊重しているという。そしてスターリングは、2020年末に代理人契約を解除した。 また、ウォード氏の狙うターゲットがいるとのことで、匿名のリークによると「シングルマザーの家族をターゲットにしている」とのこと。さらに「とても若い年齢からスタートする」とかなり若い頃から声をかけるようだ。 現在は23歳でシェフィールドFCに所属するMFフォデイ・ナベイは、12歳の時にウォード氏からアプローチを受けたことを告白している。 シエラレオネ出身のナベイは、6歳の頃に母親と一緒にイギリスへと移住。バーミンガム・シティのアカデミーに所属し、U-16、U-17とイングランド代表にも呼ばれた逸材だ。 そんな中、ウォード氏はフルアムへの移籍を提案。結果としてナベイはフルアムのユースへと移籍するが、その際に当時14歳のナベイの移籍に関して、フルアムと金銭交渉をしているメールが残っているとのことだ。 フルアムは実際には支払っていないと主張しているが、メールには12万ポンド(約1800万円)を支払うという交渉が残っているという。 若き才能の売却は、アカデミーにとってはとても大きな収入源となっており、プレミアリーグの合計では2020年夏の移籍市場では2億5000万ポンド(約374億4200万円)にも上ったとのこと。しかし、規則を破るのは問題外だ。 2021.09.21 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

フッキ、前妻の姪である妻の第1子妊娠を報告! 「僕の心はたくさんの幸せで溢れている」

かつてJリーグでも活躍したブラジル代表FWフッキが4人目の子供を授かったようだ。 現在はアトレチコ・ミネイロでプレーするフッキ。Jリーグでは川崎フロンターレやコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディでプレー。その後は、ポルトやゼニト、上海上港(現上海海港)でプレーしていた。 そのフッキは、2019年7月に12年間連れ添った妻と離婚。その数カ月後、元妻の姪であるカミラさんと交際をスタートさせていた。 別れた妻の姪と交際というなんとも破天荒なフッキだが、2020年3月には結婚。さらに、フッキは自身のソーシャルメディア上から、元妻との写真を全て削除していた。 前妻、つまり現在の妻の叔母との間には3人の子供がいるフッキだが、この度めでたく第一子を妊娠したという。 フッキは自身のインスタグラムで報告。カミラさんとの2ショットで、赤ちゃんのエコー写真を見せながら、妻の妊娠を喜んだ。 「今日、神様に感謝の気持ちでいっぱいだ。僕は4度目にして、もう1人の息子に恵まれたことをみんなに報告したい」 「僕の心はたくさんの幸せで溢れており、神様には感謝の言葉しかありません」 「僕たちはすでに息子を歓迎することを楽しみにしています。無条件の愛を」 「健康でいてね。僕の赤ちゃん」 前妻との3人の子供も引き取っているフッキにとっては4人目の子供に。その笑顔はなんとも幸せそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】超人・フッキが前妻の姪と2ショットで妻の妊娠を報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT9n9v6rI-9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT9n9v6rI-9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT9n9v6rI-9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Givanildo V. De Sousa- Hulk(@hulkparaiba)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.20 20:22 Mon
twitterfacebook
thumb

セリエA王者が大ピンチ…インテルの財政危機は続き毎月15億円以上の赤字と報道

長らく財政難に苦しんでいるインテルだが、常に損失を出し続けているようだ。イタリア『レプブリカ』が報じた。 今夏のインテルはチームの財政を助けるべく、選手を放出。モロッコ代表DFアクラフ・ハキミをパリ・サンジェルマン(PSG)へ、ベルギー代表FWロメル・ルカクをチェルシーへと売却。選手補強もしたが、移籍市場では1億3000万ユーロ(約167億6700万円)の利益を手にしていた。 一方で、クラブとしてコスト削減に大きく踏み切っており、昨シーズンのセリエAチャンピオンながら苦しい財政状況を改善しようとしている。 また、スポンサー収入としては、長年胸スポンサーでもあったピレリ(タイヤメーカー)やクレディ・アグリコルが撤退。一方で、レノボ、ソシオ、ザイタラ/デジタルビットといった新たなスポンサーが加わったことで、収益が245%増加したとのこと。順調に立て直しているかと思われていた。 しかし、『レプブリカ』によれば、インテルは毎月約1200万ユーロ(約15億4700万円)の損失となっているとのことだ。 また、オーナーである蘇寧グループは、昨年5月にアメリカの資産運用会社である「オークツリー」から2億7500万ユーロ(約354億4800万円)の融資を受けていたが、このままではクラブが破綻に向かうか、または新たな投資家を見つけなければいけない状況となっている。 なお、今夏ニューカッスルの売却が噂されたサウジアラビアの投資家グループについては、強い繋がりはないとのこと。投資してもらえる可能性は低いとみられ、セリエA王者が苦境に立たされている。 2021.09.19 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

差別チャントで10分間中断…メキシコで数百人のファンが退席

北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)は17日、CONCACAFチャンピオンズリーグ(CCL)準決勝での差別的なチャントに対して声明を発表した。 問題が起きたのは16日に行われたCCL準決勝2ndレグのクルス・アスルvsモンテレイの一戦。メキシコのクラブ同士の対戦で起こった。 この試合中、クルス・アスルのファンから攻撃的で差別的なチャントが歌われていたとのこと。試合が一時的に中断され、クルス・アスルのファンが数百人退場となったとのことだ。 CONCACAFは、今回の件について声明を発表。審判らの対応を評価し、差別チャントを歌ったファンを非難した。 「CONCACAFは、チャンピオンズリーグの準決勝で多くのクルス・アスルのファンが行った攻撃的で差別的なチャントにとても失望しています」 「試合が一時的に中断された時、数百人ものクルス・アスルファンを追い出すための差別禁止プロトコルとスタジアムのセキュリティを正しく行動した審判を称賛します」 「ホストクラブ(クルス・アスル)のファンは明らかに差別的な言葉を使っており、この問題は調査を行うCONCACAF懲戒委員会に照会されています」 なお、試合は2戦合計でハビエル・アギーレ監督率いるモンテレイが5-1で勝利。決勝では同じメキシコのクラブ・アメリカと対戦する。 2021.09.18 21:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly