レスター、リールの逸材MFスマレを約26億円で獲得

2021.07.03 00:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティは2日、リールに所属するU-21フランス代表MFブバカリ・スマレ(22)の獲得を発表した。移籍金は1700万ポンド(約26億円)で2026年6月までの5年契約を結んでいる。

パリ・サンジェルマン(PSG)のアカデミー出身で、188cmの大型守備的Mであるスマレは、2017年に加入したリールでリーグ・アンデビュー。その体躯通りのパワーに加え、アジリティとテクニックにも優れるボックス・トゥ・ボックス型の守備的MFは2020-21シーズン、リーグ戦32試合に出場。リールの10シーズンぶりの優勝に大きく貢献していた。

ポテンシャル十分のスマレに関しては過去にレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールからの関心が伝えられていたが、レスターが争奪戦を制す形となった。



関連ニュース
thumb

アーセナルが今夏移籍濃厚のティーレマンスに関心か…CL出場権の有無が加入の鍵に

アーセナルがレスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(25)の獲得に動き出しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ティーレマンスは2019年7月にモナコからレスターへ加入すると、すぐさま主軸に定着して公式戦154試合出場で24ゴール23アシストを記録。チームのFAカップ優勝などに貢献した。 今季も公式戦44試合に出場しているが、チームはプレミアリーグで34試合を消化して14位に低迷。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)も準決勝でローマに屈して失意のシーズンを送っている。 こうした状況に加えて、レスターとティーレマンスの契約は2023年夏までとなっているものの、選手側が延長交渉の席に着くことを拒否。これにより、今夏に移籍する可能性が高まっている。 そんなティーレマンスに対してはアーセナルが獲得に高い関心を示しているようだ。ミケル・アルテタ監督は今夏に中盤のテコ入れを希望しており、プレミアリーグでの経験も豊富なティーレマンスの獲得を熱望しているという。 ティーレマンス本人もアーセナル加入に乗り気と伝えられているが、仮にクラブが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得られるプレミアリーグ4位以内を逃した場合、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦に発展する可能性もあるようだ。 アーセナルは現在、プレミアリーグ3試合を残した状況で4位に入っているが、直接対決を控えている5位トッテナムとは4ポイント差となっており、今季の結果がティーレマンスの去就に直結するかもしれない。 2022.05.09 16:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ランパード、降格圏脱出に浮かれず 「まだ残留争いのなか」

エバートンのフランク・ランパード監督が冷静さを保ちつつ、自信になると話した。 今季途中からランパード監督を招いたものの、チーム状況の好転に繋がらず、プレミアリーグで残留争いを強いられるエバートン。残り5試合で降格圏の18位に沈む。 1992-93シーズンにプレミアリーグが創設されてから一度も経験のない降格が近づくなか、8日の第36節で11位のレスター・シティとの敵地戦に臨むと、2-1で制した。 これでランパード監督就任後初となる2連勝のエバートンは16位にまで順位を上げ、降格圏を脱出。ランパード監督はレスター戦後、こう語っている。 「選手たちは戦っている。我々はクラブとしてファイトしている。タフな相手とのタフな試合だったが、我々は勝利に値したと思う」 「よく守って、チームの挽回力を示し、多くの好機を作った。もっとゴールを決められたはずだが、ツキに見放されたところもあったんだ」 「まだ残留争いのなかにいる。また大きな一歩を踏めたが、まだ先があるんだ。この瞬間を楽しむのは大事だが、まだすべきことがあるのも認識しないとね」 「しばらく連勝なんてなかったし、選手たちは大きな自信を持つべきだ。今や1ポイント差で残留圏にいるが、まだやるべきことがある。過信も禁物だがね」 2022.05.09 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「もらい泣きした」ECL決勝進出のローマ指揮官モウリーニョの“涙”にファンも注目「本物のリーダーだ」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、思わず涙を流した。 昨シーズン途中にトッテナムで解任されたモウリーニョ監督。かつてインテルで3冠も達成した名将はローマの指揮官に就任し、11年ぶりにイタリアの地へと舞い戻った。 セリエAではチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ユベントスには離されてしまったものの、第34節のインテル戦に敗れるまで12戦無敗も記録。今シーズンから新設されたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では、準決勝まで駒を進めていた。 そしてローマは5日、準決勝2ndレグでレスター・シティとホームで対戦。1stレグを1-1のドローで終えていた中、11分にFWタミー・エイブラハムがゴールを奪い先制すると、その後は鉄壁の守備で無失点に抑え、2戦合計2-1で勝利し、決勝へと駒を進めた。 試合直後、モウリーニョ監督の目には涙が。その姿には「本物のリーダーだ」、「この人間臭さが好き」、「もらい泣きした」、「コッチまで泣きそうになる」、「こういう表情は初めて見た」とファンから驚きの声が上がり、「モウにはタイトルがふさわしい」、「絶対に優勝してほしい」、「ファイナル頑張ってくれ!」と優勝を願う声も集まっていた。 試合後には「これはファミリーの勝利だ。フィールドやベンチにいたファミリーだけでなく、スタジアムにいたファミリーもだ。これが我々の最大の長所だ。この共感、家族意識…我々は並外れた試合をした」とモウリーニョ監督は勝利の要因を語った。 決勝に勝利すればローマに14年振りのタイトルをもたらすことになる。フェイエノールトとの決勝は26日に行われる。 <span class="paragraph-title">【動画】どれだけ気持ちが入っていたのか伝わってくるモウリーニョの涙</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">José Mourinho in tears after reaching the Conference final. Might not be the biggest final in his career, but man does this show how much he loves the game. Imagine not loving this man. <a href="https://t.co/ZNXoAGqzOq">pic.twitter.com/ZNXoAGqzOq</a></p>&mdash; Xav Salazar (@XavsFutbol) <a href="https://twitter.com/XavsFutbol/status/1522331772838633478?ref_src=twsrc%5Etfw">May 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.06 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

課題のセットプレーから失点してECL敗退のレスター…指揮官は「明らかにフィジカルが不足している」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)敗退について落胆を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 レスターは敵地で5日に行われたECL準決勝2ndレグでローマと対戦した。 1stレグを1-1のドローで終え、決勝進出のためには勝利が必要な一戦となったが、試合はホームの大声援を受ける相手に対して、前半に先制点を許す苦しい展開に。その後は反撃に出たもののローマの粘り強い守備を前になかなかチャンスを作れない時間が続き、そのまま0-1で敗れた。 この結果、合計スコア1-2となってECL準決勝敗退が決定したことについて、試合後ロジャーズ監督はCKの守備が上手くいかなかったとコメント。今季ずっと苦しんできた課題を改善できなかったと嘆いた。 「素晴らしいスタジアム、素晴らしい雰囲気のなかでのプレーできたと思う。我々は前半、ボールの扱いがあまり良くなかった」 「正直に言って、CKの守備は今シーズンの我々にとってずっと弱点だった。だからこそ、あのような形で失点してしまったことは非常に残念だ」 「今シーズンの課題でもあったが、チームには明らかにフィジカルが不足している。選手たちは勇気を持っているが、特にウィルフリード(・エンディディ)を欠いたことでフィジカルが足りていない。それはシーズンを通しての問題点だった。(セットプレーでは)マンマークやゾーンでの守備も試したが、簡単に点を許してしまう」 「後半は本当にゲームを支配することができたと思っている。アタッキングサードでもうまくいっていたと思うから、突破するためにはほんの少しの運と最後のクオリティが必要だった」 「試合全体としては、どちらにもあまり大きなチャンスはなかった。両チームともシュート数は4本だっただろう。だから、残念ながら我々にとっては、あのCKの1本が大きなものになってしまった」 また、ロジャーズ監督は欧州カップ戦での戦いが、選手にとって良い経験になったと強調。こうした経験を活かして、残るシーズンの試合では良い結果を残したいと語った。 「この数シーズンで体験した欧州の舞台が、選手の視野を広げたと思う。彼らの多くは、それまでこうしたものを経験していなかった。今シーズンはヨーロッパの大会に深く関われたし、彼らにとって素晴らしい経験になるはずだ」 「我々は今シーズンをできる限り強く、最高の形で終えたいと思っている。チームはヨーロッパリーグ(EL)で決勝トーナメント進出を目指したが、それはできなかった。そして今はどの試合も我々にとって非常に重要であり、良い反応を示してできるだけ高い順位でシーズンを終えたい」 2022.05.06 15:24 Fri
twitterfacebook
thumb

「良いチームだった」一歩及ばずのレスター、エバンスは決勝進出のローマを「彼らを崩すのは難しい」と脱帽

レスター・シティの北アイルランド代表DFジョニー・エバンスが、ローマ戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 4日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準決勝2ndレグのローマvsレスターの一戦。1stレグは1-1の引き分けとなっており、勝った方が決勝に駒を進めるという分かりやすい一戦だった。 試合はローマが11分にタミー・エイブラハムのゴールで先制。レスターはその後に反撃に出るも、ローマの守備の前にゴールを奪えず。1-0で敗戦。2戦合計2-1で敗れ、準決勝で敗退となった。 試合後、エバンスがインタビューに応じ、相手ホームでの試合は難しかったと振り返った。 「自分の声が聞こえないこともあったし、雰囲気も凄かった。長いシーズンで、試合数も増えている」 「モウリーニョのチームにビハインドを負えば、いずれにしても彼らを崩すのは難しいと分かっていた」 「前半、セットプレーで失点してしまったことは、僕たちにとって問題だった」 後半は3バックにシステムを変更して臨むと、徐々にポゼッションが高まったが、最後までゴールは遠く、ローマの決勝進出を称えた。 「そのおかげで、後方からビルドアップをするというオプションが増え、彼らがボールを奪ったときん、アグレッシブになれた。後半の大半は、相手陣内でプレーしていた」 「僕たちは多くポゼッションしていたが、彼らを崩すのは難しかった。大きくて強くて、フィジカル的にも強い。良いチームだった」 2022.05.06 15:16 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly