【ユーロ2020/グループF総括】3強勝ち抜けもハンガリー奮闘で“死の組”に相応しい大混戦に

2021.06.26 12:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユーロ2020のグループステージが6月23日に終了した。前大会王者、世界王者、ドイツの強豪3チームが同居したグループFは“死の組”という前評判通りの大混戦に。その中で唯一無敗のフランスが首位通過し、ドイツとポルトガルも共に決勝トーナメント進出。一方、敗退となったハンガリーだったが、強豪相手に大奮闘を見せてかき回し役を見事に完遂した。

■順位表■
1.フランス(勝ち点5)
2.ドイツ(勝ち点4)
3.ポルトガル(勝ち点4)
4.ハンガリー(勝ち点2)

■試合結果■
▽第1節
ハンガリー 0-3 ポルトガル
フランス 1-0 ドイツ

▽第2節
ハンガリー 1-1 フランス
ポルトガル 2-4 ドイツ

▽第3節
ポルトガル 2-2 フランス
ドイツ 2-2 ハンガリー

◆攻守に課題残すも貫録の首位通過~フランス~
Getty Images

ベルギーらと並んで今大会の優勝候補筆頭に挙がるフランスは、攻守に課題残すも1勝2分けの無敗で首位通過を決めた。試金石となったドイツとの初戦では決勝点こそオウンゴールも、持ち味の堅守速攻を武器に多くの決定機を創出した上、相手の攻撃陣を危なげなく封じた。だが、第2節ではハンガリー相手に攻撃が停滞し、不用意な形で失点を喫するなど、消化不良のドローに。最終節ではポルトガル相手にPK2本で追いつかれるも、ここまで結果が出ていなかったFWベンゼマに2ゴールが生まれるなど最低限のドローに持ち込み、首位通過を果たした。

MFカンテとMFポグバのゴールデンコンビの安定感に加え、FWムバッペ、ベンゼマ、FWグリーズマンのトリデンテの連携にも磨きがかかっており、今後はしり上がりに調子を上げていくことが期待される。その一方で、DFリュカとDFディーニュの左サイドバック2人を中心に数人の負傷者が出ているところは懸念材料だ。ただ、ラウンド16の対戦相手はグループA3位通過のスイスとやや力が劣る相手だけに徐々にかみ合い始めた攻撃陣を軸に押し切りたい。

◆守備改善急務も前大会王者振り切る~ドイツ~
Getty Images

最終節の残り20分まで敗退危機に陥っていた中、不屈のゲルマン魂を見せて最低限の目標であるグループリーグ突破を決めた。フランスとの初戦ではボールを持たされた際、崩しの局面でのアイデア、パワーに欠けた上、MFキミッヒの右ウイングバック起用などに注文が付いたが、第2戦では指揮官の良い意味での頑固さが大勝をもたらす結果に。ポルトガル戦ではキミッヒとMFゴセンズの両ウイングバックに高い位置を取らせてサイドバックの守備に難がある相手を力業でねじ伏せて4-2の大勝を飾った。

ただ、この大勝で波に乗るかに思われた最終節ではハンガリーの攻守両面に渡るハードワークに屈し、2度のリードを許す窮地に追いやられた。それでも、リスクを冒した攻めからMFハヴァーツ、MFゴレツカのゴールでドローに持ち込み、直接対決で勝利している前回王者を振り切っての2位通過を決めた。ラウンド16ではグループDを首位通過したイングランドとの対戦が決まっており、快足を揃える相手の攻撃陣に対して、グループリーグを通じて問題となっているDFフンメルスのアジリティ不足など守備面の修正を施したい。

◆エース躍動も指揮官采配に疑問符~ポルトガル~
Getty Images

大会連覇を目指すポルトガルだが、奇しくも前大会と同じ3位で決勝トーナメントに進出することになった。ハンガリーとの初戦では苦しみながらも試合終盤の3ゴールによって快勝スタートを飾ったが、第2節ではドイツに屈辱の2-4で大敗。最終節ではフランス相手に2-2のドローに持ち込んだが、結果内容共に大きな課題を残すグループリーグの戦いとなった。

エースのFWクリスティアーノ・ロナウドが3試合連続を含む最多5ゴールと抜群の存在感を放った一方、気がかりはフェルナンド・サントス監督の采配だ。MFダニーロとMFウィリアム・カルヴァーリョと配球力と機動力に欠ける2選手の併用にこだわり、2戦目ではドイツの5枚の攻撃陣に対して完全にウィークとなっていた4バックにテコ入れを行わず、チームを苦境に陥れていた。その采配の影響か、MFブルーノ・フェルナンデスがなかなか存在感を放てず、持ち味だった守備のソリッドさも欠いている印象だ。そういった中、ラウンド16ではグループBを首位通過した優勝候補ベルギーとの対戦が決定。[3-4-2-1]を採用する相手はドイツの戦い方を参考としてくるだけに、指揮官の修正力が勝敗のカギを握りそうだ。

◆未勝利も大善戦~ハンガリー~
Getty Images

組み合わせが決定した時点では勝ち点の草刈り場になると思われたハンガリーだったが、強豪相手に2つの引き分けに持ち込む大善戦を見せた。ポルトガルとの初戦では80分までほぼ互角の戦いに持ち込むも、試合終盤の連続失点で0-3の完敗。この敗戦によって大きく崩れるかに思われたが、満員のサポーターの後押しを受けた世界王者との一戦では攻守両面で素晴らしいハードワークを披露し、堂々たるドローゲームを演じた。さらに、最終節では主砲FWアダム・サライのゴールなどで強豪ドイツをあと一歩のところまで追い詰めた。結果的にはベスト16進出を果たした前大会及ばずも、チームとしての成長を感じさせる戦いぶりだった。

関連ニュース
thumb

ユーロ2020決勝は3億2800万人が視聴、大会全体で52億回の視聴と大注目を集める

今夏イタリア代表の53年ぶりの優勝で幕を閉じたユーロ2020。イングランド代表との決勝戦に関して、その視聴者数を欧州サッカー連盟(UEFA)が報告した。 史上初となる11カ国11都市で行われたユーロ2020。コロナ禍により1年間延期されて行われた大会は、多くの好ゲームが生まれ盛り上がりを見せた。 特に史上初の決勝進出となり、自国で決勝を迎えたイングランドとイタリアとの決勝は大きな盛り上がりを見せたが、世界中での視聴者数はなんと3億2800万人だったそうだ。 大会全体での視聴数は全世界で52億回を数えたとのこと。1試合あたりの平均視聴回数は1億回となった。 UEFAはこの結果に「信じられないほどのテレビ視聴の数は、ヨーロッパだけでなく世界中で大きな魅力を示したことになる」としている。 また、イギリス国内では『BBC』と『ITV』で放送された決勝で3095万人がピーク時に視聴。2985万人が決勝を通して視聴していたようだ。 ソーシャルメディアでは75億回の発言が行われ、UEFAの公式アカウントは20億回も見られたという。 UEFAのマーケティング・ディレクターのガイ・ローラン・エプスタイン氏は「大会は世界中で観客が増えており、特に北米とアジアではファン層が拡大している」とコメントしていた。 2021.09.04 23:23 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表の復活について語るハヴァーツ「世界の頂点に返り咲くことができる」

チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハヴァーツが母国の復活について語った。 ドイツ代表は2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)と2017年のコンフェデレーションズカップで優勝を果たし、黄金期を迎えた。しかし、その後はユーロ2016で準決勝敗退、2018年のロシアW杯でグループステージ敗退と思うような成績を残せていない。 ハヴァーツ自身は19歳で2018年9月にA代表デビュー。先のユーロ2020でも4試合で2ゴールを決める活躍を見せたが、チームはイングランド代表に敗れてラウンド16で姿を消している。 そんな中、ドイツ『ビルト』のインタビューで、2022年に開催されるカタールW杯の優勝に向けて必要なことを聞かれると、近年の代表の低迷に触れつつも、世界王者の奪還に自信をのぞかせた。 「ここ数年の成績は良くなかった。だからこそ、多くのことを変えていかなければならない」 「とはいえ、僕たちはスーパープレーヤーを擁する非常に優れたチームであることを確信している」 「この何年かでチームは急激な変化を起こし、多くの選手が出てきた。それは僕にとって刺激になったよ」 「かつての強さを取り戻し、1試合、1カ月ごとに勝利のメンタリティを築いていかなければならないんだ」 「2022年のW杯での優勝には長い道のりがあるけど、チームの質と層を疑う人はいない。僕たちは世界の頂点に返り咲くことができる」 2021.08.27 16:46 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーロ2020開催で9000人以上が新型コロナ感染と報告「いかに容易に拡散するかを示している」

今夏行われたユーロ2020。イタリア代表が53年ぶりの優勝を果たして大会は終了していた。 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは世界中でまだ収まっていない中、ワクチン接種が進んでいることもあり有観客で行われた大会。イングランド公衆衛生サービス(PHE)の研究者によると、ユーロ開催は大きなリスクを伴っていたようだ。 イギリス『スカイ』によると、ユーロ2020を通じて9000件以上の感染者を生み出したと報告。決勝戦が行われたロンドンのウェンブリー・スタジアムでは、大会を通じて最多の8試合が開催。試合開催時には3036人の感染者が出ていたが、その周辺では合計で6376人の感染者が出たようだ。 また、7月11日に行われたイングランド代表vsイタリア代表の決勝戦では「特に多くの感染者が確認された」と報告されている。 観戦者の多くはマスクを着用せず、密になり、声を出すという状況となっており、感染予防という観点ではかなり意識が低くなっていた状況。有観客とはいえ、緩んでいたことは間違いない。 データでは試合時にウェンブリー周辺にいた2295人に感染の可能性があり、さらに3404人が感染している可能性があるとことだ。 報告書では「イングランドが国外で試合をしたとしても、英国全体の公衆衛生に大きなリスクをもたらしただろう」とし、ウェンブリーが会場ではなくても同様のリスクがあったとした。 また、試合に関係ない人々にも影響があるとし「このリスクは、イベントに参加した人だけでなく、移動中の行動や関連する社会活動からも生じている」と報告。「ウェンブリーで行われた決勝と準決勝では、新型コロナウイルスの感染を抑制するためのリスク軽減策は、他の大規模な観客動員型のスポーツイベントよりも効果が低かった」としており、感染予防対策に問題があることも指摘した。 PHEの副医務局長であるジェニファー・スミス氏も感染力の強さを改めて示したと報告している。 「ユーロ2020は特別なイベントであり、今後のイベントで感染者に同様の影響が出るとは考えられない」 「しかし、今回のデータは密接な接触があった場合に、ウイルスがいかに容易に拡散するかを示しており、これは我々が再び慎重な正常性を取り戻そうとする際の警告になるはずだ」 2021.08.21 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

5549分! パウ・トーレス、今季の出場時間がヨーロッパの選手の中で最長に

ビジャレアルに所属するスペイン代表DFパウ・トーレスが、2020-21シーズンにおいて現状最も出場時間が長いヨーロッパの選手となった。クラブの公式ツイッターが伝えている。 2020-21シーズンのパウ・トーレスは、ビジャレアルの主力として公式戦44試合に出場。ラ・リーガ33試合に加え、クラブ初タイトルを獲得することになったヨーロッパリーグ(EL)では9試合に出場した。 クラブでのシーズンが終わった後は、スペイン代表としてユーロ2020に参戦。残念ながら準決勝で敗れてしまったものの、息つく間もなく今度はU-24スペイン代表として東京オリンピックに出場している。 ユーロでは全6試合に出場、東京五輪ではここまで全試合にフル出場しており、チームは3日に日本を下し、29年ぶりの金メダルを目指して、7日の決勝戦でブラジルと戦う。 そんな「超過勤務」状態のパウ・トーレスは、ビジャレアルの公式ツイッターによると、2020-21シーズンの出場時間はここまで驚異の5549分を記録しているとのこと。『transfermarkt』によれば、クラブでの出場時間は3975分となっている。 新シーズンに向けてのコンディションが心配される中、クラブは「今季の好調ぶりを示す残酷なデータだ」と複雑な心情を伝えている。 なお、スペイン代表ではバルセロナのMFペドリも殺人的なスケジュールをこなしていると話題だ。パウ・トレース同様にこちらもユーロとオリンピックに参加しており、この1年でクラブと代表合わせて72試合に出場している。 だが、1試合あたりの出場時間の差から、トータル時間はパウ・トーレスが上回っているようだ。 <span class="paragraph-title">【ツイート】パウ・トーレス、今季5549分出場でヨーロッパの選手の中でトップに </span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Tras las semifinales de <a href="https://twitter.com/Tokyo2020es?ref_src=twsrc%5Etfw">@Tokyo2020es</a>, el groguet <a href="https://twitter.com/pauttorres?ref_src=twsrc%5Etfw">@pauttorres</a> se convierte, con 5549, en el jugador con más minutos de TODA EUROPA eu en la 20-21.<br><br>¡Otro dato brutal para el pedazo de temporada que se está marcando el Xiquet del Poble! <a href="https://t.co/eapT8BDNLN">pic.twitter.com/eapT8BDNLN</a></p>&mdash; Villarreal CF (@VillarrealCF) <a href="https://twitter.com/VillarrealCF/status/1422597539749056524?ref_src=twsrc%5Etfw">August 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.04 16:12 Wed
twitterfacebook
thumb

エリクセンの卒倒を間近で見たバルセロナFWが正直に語る「人が死体を見たらすぐに理解する」

バルセロナに所属するデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイトがユーロ2020の試合中にMFクリスティアン・エリクセンが倒れたシーンについて振り返った。 6月12日に行われたユーロ2020グループB第1節のデンマーク代表vsフィンランド代表の一戦。先発したエリクセンだったが、前半途中に卒倒。意識を失ったエリクセンに対して、ピッチ上で心肺蘇生法(CPR)などの救命措置が取られた。 エリクセンはすぐに試合会場の近くにあるコペンハーゲンの病院に搬送され、一命を取り留め、日常生活を送れるレベルに回復している。 そのシーンをピッチから間近で見たブラースヴァイトは当時について、『433』とジェエリーメーカー『ラッキーメタル』が制作したドキュメンタリーの中で正直に語った。 「僕は人生で最も悪い状況の1つを経験した。デンマーク史上最大のスポーツイベントになるはずだったが、それは悪夢だった」 「あの夜に起こったことは多くの人に衝撃を与えた。僕が彼を見た瞬間、彼は逝ってしまったと思った。その瞬間にできることは神へ祈ることだけだと思った」 「人が死体を見たら、それは分かるものだ。すぐに理解する。僕はそれを見た。目に入った時、一生懸命に祈り始め、その瞬間にできることはそれだけだと感じた」 「私たちはすべての医師に彼の治療を頼んだ。その時の写真は誰にも見られたくないものだ」 「すべては良い結末で終わった。クリスティアンは元気で症状も安定している。それが僕たちが望むことができる唯一のことだ」 その後、心臓発作の再発を防ぐべく植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術を受けたエリクセンだが、3日にメディカルチェックを受けるためミラノに到着。原因究明のため詳しい心臓検査を受け、今後ICDを取り外してプレーができるかの判断が行われるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】退院後初めて確認されたエリクセンの元気そうな姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQ0tzmkjBhs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQ0tzmkjBhs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQ0tzmkjBhs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bjørn Bindzus(@bjornbindzus)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWR1BoRjk5SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2021.08.04 06:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly