チェルシーMFギルモア、来季はノリッジにレンタルへ

2021.06.24 15:12 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのスコットランド代表MFビリー・ギルモア(20)は、来季はノリッジへローン移籍するようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。元々はレンジャーズの下部組織出身で、2017年からチェルシーに在籍しているギルモア。昨シーズンにフランク・ランパード前監督の下でトップチームデビューを果たすと、プレミアリーグのエバートン戦やEFLカップのリバプール戦でMVP級の活躍を披露し、ファンに印象付けた。

今季はさらに出場機会が増えると期待されたが、蓋を開けてみれば11試合のみ。それでも限られた時間で結果を残し、今回のユーロ2020のスコットランド代表メンバーに選出された。

チームは1分け2敗でグループステージ敗退が決まったものの、個人として大会デビューとなったイングランド代表戦では、確かなボール技術で攻守をコントロール。格上相手にゴールレスドローを演じ、マン・オブ・ザ・マッチ選出の実績を残した。

うなぎのぼりで評価を高める中、来季はさらなる出場機会を求めて武者修行に出るという。『ガーディアン』だけでなく、『アスレティック』などその他の有力紙も同選手のノリッジ行きを報じており、正式発表は時間の問題とされている。

ただ、ギルモアは現在、新型コロナウイルスに感染し療養中。無症状と伝えられているものの隔離を余儀なくされており、メディカルチェックに遅れが生じる可能性もある。

なお、移籍濃厚のノリッジは、今季のチャンピオンシップで勝ち点97を積み上げ2シーズンぶりの優勝。1シーズンでのプレミアリーグ昇格を果たしており、すでにブレーメンのFWミロト・ラシツァや、サウサンプトンのGKアンガス・ガンなどの補強を進めている。
関連ニュース
thumb

ミランに移籍のジルー、ツィエク加入を歓迎 「また一緒にプレーできたら嬉しい」

今夏ミランへと完全移籍で加入したフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(34)は、元チームメイトとの再会を望んでいるようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 7月17日に、2シーズン半在籍したチェルシーからミランへの移籍が発表されたジルー。昨シーズン終了後にチェルシーと1年間契約を延長していたが、結局はイタリアでプレーすることを選択した。 新たなストライカーを獲得したミランだが、宿敵インテルに移籍したトルコ代表MFハカン・チャルハノールの後釜を探していると報道されている。そのトップターゲットとなっているのがチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(28)だ。 入団会見で、ツィエクのミラン加入の噂について聞かれたジルーは、「彼は素晴らしい選手だ」と絶賛。イタリアの地でも共演を望んでいるようだ。 「一緒にプレーした試合が少ないにもかかわらず、僕たちは素晴らしい連携を見せた」 「彼はトップクラスの左足を持ち、経験も豊富で、技術的にも非常に優れている。また一緒にプレーできたら嬉しいよ」 先月の27日に行われたボーンマスとのプレシーズンマッチでスタメン出場し、ハットトリックを達成したツィエク。1日のアーセナル戦でも先発し、指揮官からの信頼は揺らいでいるとは言えないが、果たしてジルーとの再会は実現するだろうか。 2021.08.03 19:12 Tue
twitterfacebook
thumb

トゥヘル監督、ロフタス=チークに高い要求「100%では足りない」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、イングランド人MFルベン・ロフタス=チークに課題を与えている。 1日にアーセナルとのプレシーズンマッチを行ったチェルシー。26分にMFカイ・ハヴァーツのゴールで先制すると、その後も主導権を握ってアーセナル相手に攻勢を続ける。 後半からメンバーを落とすと流れはアーセナルに傾き、69分にCKから失点を喫してしまう。それでも72分、相手のパスミスを奪ったFWタミー・エイブラハムが冷静にシュートを流し込んで勝ち越し。これが決勝点となり、エミレーツ・スタジアムで1-2の勝利を収めた。 前半のチェルシーはシーズン開幕を見越した現状のフルメンバーで挑んだ中、ローン先のフルアムから復帰したロフタス=チークは63分まで出場した。しかし、ややプレーの荒さが目立ったほか、連携面も万全ではなく、イマイチといった印象。トゥヘル監督も満足していないようで、限界以上の実力を要求している。 「まず、私は幸せだ。それが彼がプレーしている理由だ。この準備期間に試合に出るのは当然だろう」 「だが、私は彼がまだまだできると信じている。身体能力を駆使すれば、もっとボールを持って輝けるはずだ」 「彼に満足はしていない。彼を極限まで追い込む必要があると感じているよ」 「ルベンを判断するにはまだ早い。全ては彼次第だ。他の選手と同じようにね」 「100%では不十分だ。常に150%を維持しなければならない」 厳しい課題が課されたロフタス=チーク。クラブ外ではマウリツィオ・サッリ監督率いるラツィオや、ドイツへの移籍が噂されている。 2021.08.03 16:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ロカテッリ代替案にバカヨコに注目か

ユベントスが、チェルシーのフランス人MFティエムエ・バカヨコ(26)に注目しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 中盤の補強としてサッスオーロのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリの獲得を目指しているユベントス。今夏専らの噂で、一部のイタリアメディアによると、3500万ユーロ(約45億4000万円)の買い取り義務の付いた2年レンタルという条件で合意に近づいているようで、また、選手本人も移籍に前向きとも言われている。 しかし、主な見方は両クラブの間に未だ開きがあるというもので、そのための代替案としてバカヨコの名前が浮上している模様だ。 2017年夏にモナコからチェルシー移籍を果たしたバカヨコ。しかし、レギュラー確保に至らず、ここ3シーズンはミラン、モナコ、ナポリとレンタルを繰り返してきた。 昨季のナポリではセリエA32試合を含む公式戦44試合に出場し主力として活躍したが、高い評価をくれたジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が今夏に退任したため、完全移籍の可能性は消滅。チェルシーでもトーマス・トゥヘル監督の構想に入っていないことから宙ぶらり状態となっている。 ただ、チェルシーとの契約は残り1年を切っているため、移籍金を抑えることが可能。ロカテッリ獲得が失敗に終わった場合、報道通り、ユベントスの目が向くことになるかもしれない。 2021.08.03 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ストライカー探すチェルシー、財政難に苦しむインテルのルカクに3度目のオファーか

チェルシーがインテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(28)に3度目のオファーを出すかもしれない。イギリス『ミラー』が伝えている。 チェルシーは今夏、ミランにフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(34)を放出。昨夏獲得したドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(25)は決定力に難を抱え、イングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)はトーマス・トゥヘル監督からの評価が低いという事情もあり、クラブは新たなストライカー探しに着手している。 トップターゲットは、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)だったが、莫大な移籍金が生じることに加えて、少なくとも選手本人は来夏までチームに留まることを口にしており、別の候補を探していた。 そこでチェルシーが目をつけたのが、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(32)だ。5000万ポンド(約75億8000万円)のオファーを出したとされていたが、バイエルンが簡単にエースを手放すわけもなく、難しい状況に。路線変更したチェルシーは、かつてクラブに所属していた過去もあるルカクに手を伸ばした。 昨シーズンはインテルで公式戦44試合出場30ゴール10アシストの成績を残しており、クラブの11年ぶりのスクデット獲得に多大な貢献を果たしていた。チェルシー時代は輝ききれなかったルカクだが、その後のキャリアでストライカーとして価値を証明し続けている。 ルカク本人はインテルへの愛着を事あるごとに語っている一方で、インテルは新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け財政難に陥っており、すでにアントニオ・コンテ監督が退任したほか、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミをパリ・サンジェルマン(PSG)に放出。ルカクについても、高額なオファーが提示されれば売却に踏み切る可能性はありそうだ。 イギリス『アスレティック』によると、チェルシーはすでに2度のオファーをインテルに提出したが、いずれも断られたという。しかし、チェルシーに諦めるつもりはなく、3度目のオファーも用意しているようだ。 かつてチェルシーに在籍した際はアピールができないままクラブを去ったルカクが、古巣にカムバックを果たす可能性はあるのか、去就が注目されている。 2021.08.03 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、チェルシーから18歳のU-20イングランド代表SBを獲得! 5年契約

サウサンプトンは2日、チェルシーからU-20イングランド代表DFティノ・リブラメント(18)の獲得を発表した。契約期間は5年。背番号「21」を着用する。 リブラメントはU-9時代からチェルシーで鍛錬を積むサイドバック。サイドハーフもこなせ、2019年11月にプロ契約を勝ち取り、昨季もトップチームデビューを果たせずに終わったが、プレミアリーグ2試合でベンチ入りした。 育成に定評のあるサウサンプトンでこれからのキャリアを歩むリブラメントはクラブを通じて、「ちょっと変な感じだね」と心境を口にしつつ、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督の名を挙げて新天地でのプレーを待ちわびた。 「チェルシーは僕がフットボール始めたときから慣れ親しむ場所。7歳の頃から毎週のようにコブハムに通ってきたから、ここに移る形でキャリアのネクストステップを踏むのは少し緊張する。でも、自分にとって何がベストなのか、成長にとって何がベストなのかは理解している」 「父と僕の将来を話したりしたが、今がそのタイミングで、移籍するのに適していると感じた。いくつかのトップクラブから興味があるなかで、サウサンプトンを選んだのはある意味、当然の成り行きだったと思う。監督の存在は大きかったね。監督の情熱に触れながら早くプレーがしたい」 2021.08.03 08:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly