ユーロでピッチ侵入の女性、過激タンクトップで“仮想通貨”を宣伝

2021.06.22 20:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
21日にロシアのサンクトペテルブルクで行われたユーロ2020グループC最終節、フィンランド代表vsベルギー代表の一戦で、1人の女性がピッチに乱入した。イギリス『サン』が伝えている。

試合が行われている最中に1人の女性が柵を乗り越えてピッチに侵入。試合は一時中断され、女性はハーフウェイライン付近まで到達した後、警備員に確保された。

露出度が高い黒のタンクトップを身に纏っていた女性だが、服には「WTF COIN」と書かれており、仮想通貨の宣伝のためのストリーキングだったようだ。

なお、この日はルケン・スタディオンで行われたグループB最終節、ロシア代表vsデンマーク代表の試合でもピッチへの乱入が発生。ロシアのユニフォームを着た男性がピッチに降りたが、こちらもすぐに警備員に確保されている。



1 2

関連ニュース
thumb

「優勝できると思い込んでいた?」ゴールを決めたサラーの絶頂→絶望にファン同情「かわいそうだ」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがファンに現実を知らされた。 22日に最終節を迎えた今季のプレミアリーグ。首位マンチェスター・シティと1ポイント差の2位で優勝争いを展開するリバプールはウォルバーハンプトンをホームに迎えた。 リバプールは開始早々に先制を許すものの、前半の内に同点に追い付くと、84分にサラーが値千金の勝ち越しゴール。逆転優勝を信じるサラーは感情を爆発させた。 スタンドに駆け寄りゴールを喜ぶサラーだったが、1人のサポーターが指で「3」と「2」の数字を示した。 これは他会場で行われているシティとアストン・ビラのスコア。シティは0-2と2点を先行されたものの、76分からの5分間で一挙3点を奪って逆転に成功しており、それを伝えた格好だと思われる。 このジェスチャーを見たサラーは思い切り落胆。イギリス『BBC』で解説を務めていたリバプールOBのスティーブン・ウォーノック氏も当時の状況をこう推察している。 「モハメド・サラーがゴールしたとき、彼はプレミアリーグで優勝を決めたかのように走り出した。それが私たちが見たものだ」 「シティ戦でアストン・ビラのゴールが決まったとき、スタジアムの騒音は耳をつんざくようなもので、リバプールは自分たちに可能性が戻ってきたと思ったに違いない。しかし、その反対の音は聞こえない。シティが3-2で勝っていることを選手に知らせるために、スタンドでどうリアクションを取るのか?できないよ」 サラーの絶望の表情にはファンも同情。「これは辛い」、「かわいそうだな」、「悲しいとき」、「サラーは優勝できると思い込んでいたのかな?」など反響が集まっている。 結局、シティはしっかりと勝利を収め、リバプールの2位フィニッシュが確定。2季ぶりのリーグ制覇とともに前人未到の4冠も絶たれたが、見事な戦いぶりだった。 <span class="paragraph-title">【写真】サラーの絶頂→絶望</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd35QeFJ9tL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd35QeFJ9tL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd35QeFJ9tL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.23 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「チームは5-1で負けているのに…」宿敵リバプールが優勝できないと知ったエバートンファンが大歓喜

エバートンのファンたちが宿敵の苦境に沸いた。 22日、プレアミリーグの最終節が一斉に行われ、エバートンはアーセナルとアウェイで対戦した。 前節のホームゲームで劇的に残留を決めたエバートン。この試合では、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指す相手に立て続けにゴールを許し、82分の時点で5-1と大量ビハインドの展開となる。 不甲斐ない戦いを見せたエバートンに対し、アウェイまで駆けつけたサポーターたちからはブーイングが聞こえてきてもおかしくない展開だが、スタンドのサポーターたちはなぜか歓喜していた。 なぜならこの時、別会場でアストン・ビラと戦っていた首位のマンチェスター・シティが逆転に成功。その結果エバートンのライバルである2位リバプールの優勝が難しくなっていたのだ。 残留を決めていただけに、サポーターたちの関心は自チームの成績よりも宿敵の状況だったようだ。結局、リバプールはウォルバーハンプトンに勝利したものの、シティも勝利したことで2位でフィニッシュ。史上初の4冠はならなかった。 シーズンを通して苦しんだエバートンだが、宿敵の優勝という最悪の結果は免れてほっとしているかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】この映像だけでは5-1で負けているとは思えない…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Everton losing 5-1 but their fans going crazy because City just went 3-2 up… <a href="https://t.co/ka7j4KOjS5">pic.twitter.com/ka7j4KOjS5</a></p>&mdash; Piers Morgan (@piersmorgan) <a href="https://twitter.com/piersmorgan/status/1528417186548695041?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.23 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「あってはならない行為」低迷の大宮が仙台戦でのサポーターの暴力行為を謝罪…仙台は新型コロナウイルスのガイドライン抵触を謝罪

大宮アルディージャは22日、ベガルタ仙台戦でのトラブルについて報告した。 21日、明治安田生命J2リーグ第17節の大宮vs仙台が大宮のホームNACK5スタジアム大宮で行われた。 昇格を目指しながらも下位に低迷している大宮と、1年でのJ1復帰を目指す首位・仙台の一戦に。試合は、首位の仙台が強さを見せつけ2-4で勝利を収めていた。 首位をキープした仙台だったが、敗れた大宮サポーターが試合後に愚行。相手サポーターに暴力を振るうという事態が起きていた。 試合終了後、大宮のビジター側のスタンドで緩衝帯付近でサポーター同士が揉める姿が。SNSでも動画が投稿されており、過去の問題行動を含めて大きな騒動となっていた。 大宮は今回の事件について謝罪声明を発表している。 「2022明治安田生命J2リーグ第17節・ベガルタ仙台戦の試合後に、大宮アルディージャサポーターがビジターサポーターゾーンへ侵入し暴力を振るうという、あってはならない行為が発生しました」 「ホームクラブとして、当日ご来場いただいたすべての皆さま、多くの方々にご迷惑とご心配をお掛けしたことについて、お詫び申し上げます」 「本事案については、両クラブおよびマッチコミッショナー立会いのもと行為者が謝罪を行ったことで、当事者間で和解に至っております」 「クラブとして、今回発生した行為を重大に受け止め、二度と同様のことが生じないよう、行為者に対して経緯、行為を含め事実確認を行った上で、規定に準じて厳正に対処いたします」 「大宮アルディージャは、いかなる理由があったとしても、暴力行為は決して許されるものではないという認識のもと、安心、安全で快適なスタジアムづくりに引き続き取り組んでまいります」 また、被害を受けた仙台も声明を発表。仙台サポーターにも新型コロナウイルスのガイドラインに抵触する行為があったことを謝罪した。 「5月21日(土) NACK5スタジアム大宮で開催された、明治安田生命J2リーグ 第17節 大宮アルディージャ戦におきまして、試合後にサポーター間のトラブルが発生いたしました」 「当日ご来場いただいたすべてのみなさまをはじめ、ファン、サポーター、両クラブの関係者のみなさまにご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」 「また、当該試合におきまして、当クラブサポーターによる新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに抵触する行為があったことを認識しております。同試合にご来場のお客さまに不快な思いをさせたことについても重ねてお詫び申し上げます」 「当クラブでは今回のトラブルを真摯に受け止め、当クラブサポーターへ指導を行います。今後も再発防止の徹底、安心、安全で快適なスタジアムづくりに向けて取り組んでまいります」 2022.05.22 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「泣けてくる」スタンドの妻も涙、PSG退団のディ・マリアへチームメイトがガード・オブ・オナー&交代時に全員と抱擁「感傷的になった」

パリ・サンジェルマン(PSG)を去るアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(34)へ、花道が用意された。 20日に今シーズンをもって退団することが発表されていたディ・マリア。2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドから加入し、PSGでの7年間で18個のタイトルを獲得した。 21日に行われたリーグ・アン最終節、ホームでのメス戦にも先発出場。パルク・デ・プランスでのラストマッチでも1得点1アシストを記録し、PSGでの通算記録を公式戦295試合出場92ゴールとした。 クラブ最多となるアシスト数「112」を誇るアタッカーは、メス戦で75分に交代を告げられると、大声援を送るサポーターへ目に涙を浮かべながらも気丈に手を振り、左胸のエンブレムを叩いて応えた。 さらに、ピッチ上のチームメイトはガード・オブ・オナーでディ・マリアを送り出した。 キリアン・ムバッペやネイマール、リオネル・メッシら10人全員と抱擁を交わし、最後にアンデル・エレーラとも力強く抱き合ったディ・マリア。妻のホルヘリーナ・カルドーソさんの表情も印象的だが、この様子にはファンも感極まったようだ。「泣けてくる」、「感傷的になりました」、「最高のレフティです」、「積み上げてきたものを考えたらレジェンドだよ」などの声が多数寄せられている。 ディ・マリアの新天地候補にはユベントスが挙げられているが、明言はされていない。ただ、どのクラブへ行ったとしてもファンに愛されるのは間違いないだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】PSG最後のピッチを後にするディ・マリアへのガード・オブ・オナー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ángel Di María receives a standing ovation and guard of honour from his PSG teammates as he exits the Parc des Princes pitch for the last time <a href="https://t.co/lkzyiPubRj">pic.twitter.com/lkzyiPubRj</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1528119043806347268?ref_src=twsrc%5Etfw">May 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.22 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「情けない…」“大阪ダービー”で味方同士が一触即発…昌子源が怒りペレイラと口論「そりゃ怒る」、「怒るのも無理ない」…片野坂監督の表情にも「切ない…」

なかなか調子が上がらないガンバ大阪が、“大阪ダービー”への熱い思いが思わぬ事態を招いた。 今シーズンはYBCルヴァンカップですでに2度対戦しているG大阪とセレッソ大阪。結果は1勝1分けでC大阪が勝ち越している。 サポーター同士のいざこざがピッチ外で相次いだこともあり、試合に向けては両クラブの社長から異例の声明が発表された試合。リーグ戦での初対決は、C大阪のホーム・ヨドコウ桜スタジアムで行われた。 試合は36分にG大阪が山見大登のゴールで先制。VARによる判定を挟んだが、アウェイのG大阪が先制する。 しかし58分、カウンターを仕掛けたC大阪は、清武弘嗣の圧巻のパスから、最後はアダム・タガートにゴールが生まれ同点に。さらに66分には、奥埜博亮がヘディングでゴールを奪い、C大阪が逆転する。 意地を見せたいG大阪だったが、なかなか攻撃が上手くいかず。C大阪の圧力の前に押し込まれる時間が続く中、事件は88分に起きた。 2-1と1点ビハインドの状況。タッチラインを割ったボールを昌子源がすぐに拾いスローインを行おうとしたが、G大阪の選手は誰1人寄ってこない。 時間がほとんどないなか、勝利を目指して早くリスタートしたかった昌子はボールを叩きつけて味方に怒り。「何やってんだよおい!」と身振りを交えて、味方を煽った。 すると、この行動で火がついたのはレアンドロ・ペレイラ。最前線から猛然とダッシュすると、最後尾の昌子の元にダッシュ。昌子に向けて何かを言い合い、昌子も怒りがおさまらず、ウェリントン・シウバが仲裁に入ったほどだった。 自ベンチ前での行動には、片野坂知宏監督の悲痛な表情もカメラに収められ、ピッチ上の選手に何かを叫んでいる。 互いに勝利への思いがある中で、両者の熱量がよくない形でぶつかり合ってしまったシーンは大きな話題を呼ぶこととなった。 この行動には「負けてるのに気持ちが入ってないところでそりゃ怒るわな」、「昌子が怒るのも無理ない」、「ピッチ内で改善しないと」という声の他、「片野坂さんの表情が見てて切ない」と、選手の後ろに映る片野坂監督に注目が集まることとなった。 このあと後半アディショナルタイムには奥埜がもう1点追加し、3-1でC大阪が勝利。さらに、試合後にはゴール裏のサポーターと三浦弦太が揉めるなどもあり、G大阪にとっては、大きな1敗となった。 <span class="paragraph-title">【動画】昌子源がチームメイトに怒り、熱い思いがぶつかる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Py_FqGfiKOw";var video_start = 280;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.22 14:47 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly