本田圭佑が契約満了で退団、ネフチ・バクーが公式発表…7試合2得点で最終節逆転優勝に貢献

2021.06.16 16:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ネフチ・バクーは16日、MF本田圭佑(35)との契約満了を発表した。

本田は、日本の名古屋グランパスでキャリアをスタート。その後オランダのVVVフェンロへと移籍しヨーロッパの舞台に挑戦。ロシアのCSKAモスクワでプレーした後、イタリアのミランでプレー。「10」番を背負い大きな注目を集めた。

そのミラン退団後は、メキシコのパチューカへと移籍。その後、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに移籍すると、オランダのフィテッセを経て、ブラジルのボタフォゴへと移籍。5大陸でプレーし、全てでゴールを決める初めての選手となっていた。

今冬の移籍市場でポルティモネンセへの移籍が決定。入団会見まで行った中、なんと選手登録期限に間に合わず契約解除に。その後模索した中で、今年3月からネフチ・バクーに加入していた。本田は日本を含めて8カ国目にアゼルバイジャンを選択していた。

アゼルバイジャン・リーグで8度の優勝を誇るクラブに加入した本田は、リーグ戦7試合に出場し2ゴールを記録。最終節で首位のカラバフを相手に1-0で勝利し、奇跡の逆転優勝をチームにもたらせていた。

ネフチ・バクーは本田の退団を発表し「世界的に有名な日本人の活躍に感謝し、彼の将来のキャリアの成功を祈っています」としている。



1 2
関連ニュース
thumb

古橋の移籍後初ゴールを含む4発でセルティックが先勝!《EL予選》

古橋亨梧の所属するセルティックは5日、ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦1stレグでFKヤブロネツ(チェコ)と対戦し、4-2で勝利した。古橋は65分までプレー、16分に移籍後初ゴールを挙げた。 チャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦で敗退となったセルティックが、EL本大会出場を目指しヤブロネツのホームに乗り込んだ1stレグ。今夏にヴィッセル神戸からセルティックへ加入した古橋は、3トップの中央で移籍後初先発を飾った。 立ち上がりから優勢に試合を運ぶセルティックは12分、フォーレストのパスでボックス左横に抜け出した古橋がダイレクトで折り返すと中央のアバダがシュート。一度は相手DFのブロックに阻まれたが、こぼれ球を再びアバダがダイレクトで狙うと、今度はゴールネットを揺らした。 先制したセルティックは、16分にもビトンの縦パスを最前線で受けた古橋がワンタッチでゴール前まで抜け出すと、飛び出したGKをあざ笑うチップキックシュートをゴールに蹴り込んだ。 直後に1点を返されたセルティックだが、36分にチャンス。左サイドを抜け出したマクレガーの折り返しからアバダにチャンスが訪れたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 迎えた後半、セルティックは開始早々にチャンス。48分、ボックス右深くまで抜け出したアバダのクロスが左ポストに当たると、ゴール前の古橋に決定機が訪れたが、上手くミートできず、シュートは枠の上に外れてしまった。 一進一退の展開が続いたが、セルティックが先に追加点を奪う。64分、ターンブルのパスに反応したアバダがドリブルでボックス内まで持ち上がりシュート。これは相手GKに弾かれたがこぼれ球を左から走り込んだフォーレストがゴールに流し込んだ。 セルティックは直後に古橋やアバダらを下げてエドゥアールやロギッチらをピッチに送り出した。 その後、セルティックは86分にマリンスキのゴールで1点を返されたが、90分にフォーレストの右クロスをライアン・クリスティがダイビングヘッドで突き刺し、試合を決定づける4点目。 結局、試合はそのまま4-2でセルティックが先勝。セルティックのホームで行われる2ndレグは13日に行われる。 2021.08.06 02:40 Fri
twitterfacebook
thumb

開幕2節メンバー外のグラスホッパーMF川辺駿、ついに労働許可が下りる

スイスのグラスホッパーは4日、日本代表MF川辺駿に労働許可が下りたことを発表した。 7月8日にサンフレッチェ広島から3年契約で加入した川辺。チームに合流しトレーニングを行なっていた。 クラブのインタビューでは英語で対応するなどし、「グラスホッパーのプロジェクトは、僕にとってエキサイティングでした。だから、このチームに加入することを決めました」と移籍の経緯を語り、「チームに早く適応しなければならないので、最善を尽くします」と意気込みを語っていた。 スイス・スーパーリーグは7月25日に開幕。すでに2節が終わり、バーゼル戦、ヤング・ボーイズ戦と川辺はメンバー外となっていた。 そんな中4日、グラスホッパーが声明を発表。「川辺駿の労働許可に関して、移民局から発行されたことをお知らせします」と、労働許可がやっと下りたことを発表した。 また「土曜日(7日)の夜に行われるローザンヌ・スポーツとのホームゲームに参加が可能となります」とし、「近いうちに川辺がピッチに立つのを楽しみにしています」と期待を寄せていた。 グラスホッパーは開幕戦のバーゼル戦に敗れたものの、第2節のヤング・ボーイズ戦は0-0のゴールレスドローに終わっていた。 2021.08.05 16:18 Thu
twitterfacebook
thumb

中島翔哉が悩みの種? ポルトで戦力外、具体的な行き先もなしの現状

夏の移籍市場が閉鎖するまで1カ月を切った中、ポルトには悩みの種があると現地で報道。その1つがMF中島翔哉(26)だという。 ポルトガル『Notícias Última Hora』によると、ポルトは3つの悩みの種があるとのこと。それが、中島、そして浦和レッズでもプレーしたMFエヴェルトン、DFジョアン・ペドロの去就とのことだ。 3選手ともにセルジオ・コンセイソン監督の構想からは完全に外れている状況。チームに残っても出番はなく、放出に向けてチームは動いているようだ。 ポルトガル『O Jogo』によれば、ジョアン・ペドロとエヴェルトンに関してはポルティモネンセが獲得に興味を示しているとのこと。それぞれブラジル、ポルトガルでトレーニングを積んでいる状況だ。 一方で、中島に関しては状況が異なるとのこと。ポルトガルに戻り、クラブと話をする段階だと言い、具体的な行き先はないという。 中島は今年1月にポルトからアル・アインへとレンタル移籍。しかし、デビューしたのもつかの間、トレーニング中に脛骨骨折とじん帯損傷の重傷を負い、アル・アインでは2試合でキャリアを終えていた。 イタリアやスペイン、日本からの興味があるとも言われた中島だが、果たしてどうなるのか。ポルトでも日本代表でも10番を奪われた中、再起を図る新天地が注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】中島翔哉、ポルトでのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4RTBqYmVacyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.05 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「7時起床、お風呂30分」ブンデス15シーズン目を迎える長谷部誠の秘訣は“毎日ほぼ同じ”ルーティーンで整える事

フランクフルトのMF長谷部誠が、新シーズン開幕を前に自身の日常を語った。ドイツ『ビルト』が伝えた。 37歳になった長谷部は、フランクフルトで8シーズン目を迎え、今シーズンは副キャプテンを務める。 一時期はヒザの負傷で引退も叫ばれた中、安定したパフォーマンスを見せ続け、レギュラーとしてプレーしている。 フランクフルトでは公式戦237試合2ゴール5アシストを記録。2020-21シーズンはブンデスリーガで29試合に出場していた。 その長谷部は、2008年1月にヴォルフスブルクに加入してからブンデスリーガで15シーズン目となり、新シーズンも最長在籍選手としてプレーする。その秘訣を『ビルト』に語った。 「毎日ほぼ同じです。いつも朝7時に起きます。2時間前にトレーニングに到着し、準備をします」 「もちろん、予防、ストレッチ、安定化のためのエクササイズ、そして朝食も取ります。トレーニングでは常に最大限を出します。80%や90%ではなく、全てを捧げます」 「夕食後の家では、バスタブに20〜30分入っています。その後、30分ほどストレッチを行います。そして10時半に寝ます」 「少なくとも7時間から8時間の睡眠が必要です。それが僕のルーティーンです」 2021.08.05 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

“ピピ”ことレアルの中井卓大がカスティージャデビュー、今期注目を集める存在に

東京オリンピックでのU-24日本代表とU-24スペイン代表の対戦が大いに湧いた中、スペインが115分に決めたFWマルコ・アセンシオのゴールを守り、1-0で勝利を収めた。 レアル・マドリーでプレーするアセンシオ。攻撃的なポジション、左利きと、U-24日本代表MF久保建英との共通点は多い。久保もマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェとレンタル移籍を繰り返したが、所属はレアル・マドリー。直接のライバルとなる相手に金メダルへという目標を断たれる形となった。 そのレアル・マドリーだが、もう1人の日本人選手がいることはご存知だろう。フベニールB(U-18相当)に所属するMF中井卓大(17)だ。 “ピピ”の愛称でも知られる中井は、マドリーの下部組織で長らく育ち、U-18にまで昇格。順調に成長を見せている。 その中井だが、ついにBチームに当たるレアル・マドリー・カスティージャでのデビューを果たしたのだ。 7月31日、プレシーズンマッチとして行われたレガネスとの一戦。ラウール・ゴンサレス監督率いるカスティージャの一員としてピッチに立ったのだ。 レガネスのメンバーには日本代表MF柴崎岳もおり、思わぬ形で日本人対決が実現していたのだ。 中井は物怖じすることなくチャンスを演出。ジネディーヌ・ジダン監督時代にはファーストチームのトレーニングにも参加したことのある中井だが、今シーズンから就任したカルロ・アンチェロッティ監督に見初められることはあるだろうか? 久保と共に注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】レガネス戦での“ピピ”こと中井卓大のプレー集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZNTVLVGIyMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.04 21:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly