川崎フロンターレが限定ユニフォームを発表!「かわさき水道100周年」を記念

2021.06.16 18:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレは15日、「2021 リミテッドユニフォーム(水ユニフォーム) 」を発表した。ユニフォームはサプライヤーであるPUMAのグローバルデザインコンセプト“CRAFTED FROM CULTURE”に基づき、ホームタウンである川崎市の歴史からインスピレーションを受けた仕様に。川崎の水道給水開始100周年を祝した今シーズンのリミテッドユニフォームになっている。

水の神とされている白蛇がグラフィックや首元の内側に採用され、蛇口から流れ出る水とフロンターレのアグレッシブなサッカースタイルをリンクさせたグラフィックが描かれている。

また、「かわさき水道100周年」仕様のデザインも用意されるとのことだ。

このユニフォームは、等々力陸上競技場で開催するヴィッセル神戸戦(9/11or12)、湘南ベルマーレ戦(9/25or26)、そしてFC東京(10/2or3)との“多摩川クラシコ”の3試合で着用予定。6月19日(土)21:00~6月27日(日)23:59までの期間で先行発売。限定2500枚の販売となる。

1 2
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.81】U-24フランス戦MVPとも言われる存在感。マルチタスクで東京五輪金メダルに貢献へ/旗手怜央(川崎フロンターレ/MF)

東京五輪1次リーグ突破のかかった7月28日のU-24フランス戦(横浜)。三好康児(アントワープ)、相馬勇紀(名古屋)と、試合ごとに左サイドアタッカー要員を入れ替えてきた森保一監督が大一番に抜擢したのが、旗手怜央(川崎F)だった。 右太ももの張りで別メニュー調整が続いていた三笘薫(川崎F)ではなく、旗手を選んだことは、傍目から見てもサプライズに映ったが、背番号13をつける男は序盤からグイグイと飛ばした。開始早々の8分にペナルティエリア手前から強烈シュートをお見舞いし、対面に位置するランダル・コロ・ムアニ(ナント)に激しく寄せていく。 そして前半27分の久保建英(レアル・マドリード)の先制弾のシーンでは、上田綺世(鹿島)の強烈シュートを相手GKポール・ベルナルドーニ(アンジェ)が弾いた瞬間、いち早くこぼれ球に反応した。DFを引きつける鋭い動きで久保がフリーになったのは確か。黒子の仕事で彼は1点目をお膳立てしたのだ。 旗手の活躍はこれだけではなかった。前半34分の酒井宏樹(浦和)の追加点の場面では、久保との連携で起点となり、後半25分の三好の3点目をアシスト。前田大然(横浜)が入ってきた後半34分以降は左サイドバック(SB)に下がってプレーした。 今回のフランスがU-24世代のベストチームではないにせよ、これだけ屈強で大柄な面々と対峙しても全く動じず、互角以上の強度と運動量を発揮し、4-0勝利の原動力になれるとは、本人も想像していなかったかもしれない。日頃、辛口のサッカー解説者・セルジオ越後氏もサッカー専門誌上で「フランス戦のMVP」に挙げるほど、旗手は大きなインパクトを残した。 疲労蓄積が進み、出場停止やケガ人が出る可能性も高い決勝トーナメント以降は彼のような“伏兵"がさらに効果的な働きをしなければいけない。その布石を打てたことで、本人も大いに自信を深めたに違いない。 振り返れば1年半前の2020年1月。旗手はAFC・U-23選手権(タイ)惨敗の屈辱感を胸に秘め、川崎フロンターレの大卒新人として新たな一歩を踏み出していた。その時点で半年後の東京五輪は遠く、彼自身も「五輪は夢のまた夢」と発言していた。 しかしながら、新型コロナウイルスの影響で1年延期が決定。その間、彼は川崎で力を蓄えた。同期の三笘が華々しい活躍を見せる傍らで、旗手自身は試合に出られないことも多かったが、シーズン終盤に左SBで起用されてから状況が一変。「攻撃から守備まで柔軟にこなすマルチタスク」として評価を一気に上げ、森保監督と横内昭展コーチに認められる形になった。 僕は試合に出られるなら何でもいい。SBにしても、前のポジションにしても、見えるものも毎試合変わりますし、それに対して臨機応変に対応していかないといけない。今はその対応がうまくいっているんじゃないかと思います」と本人も語っていたが、前目のポジションで五輪に出ることはあまり考えていなかったはず。あくまでSBとして世界と対峙することを主眼に置いていたはずだ。けれども、ふたを開けてみれば、アタッカーとしての存在感を大いに発揮する形になっているのだから、サッカーはどう転ぶか分からない。ポリバレント性が評価されていなかったら、18人のメンバー入りもなかったわけだから、本当に幸運の男だ。こういうラッキーボーイが出現してこそ、日本は高いステージまで勝ち上がり、53年ぶりのメダルに手が届くのだ。 決勝トーナメント以降の旗手の起用法は森保監督の胸先三寸だろう。ただ、遠藤航(シュツットガルト)と田中碧(デュッセルドルフ)、中山雄太(ズヴォレ)が1枚ずつ警告をもらっていることを考えると、この先は左SBでの出場が増えそうだ。遠藤か田中に何かあれば、中山は板倉滉(フローニンゲン)とともにボランチをこなさなければいけなくなる。そういった状況が31日の準々決勝・ニュージーランド戦(カシマ)で起きないとも限らない。だからこそ、万能プレーヤーには最高の準備をしてもらう必要がある。 「対戦相手がどこであろうと僕自身は試合ができることが毎回楽しみ。国際舞台を経験できる機会というのはなかなかないこと。今回、五輪という素晴らしい場なので、そこでしっかりやりたいと思ってます。 どこで出ても重要になるのは、連携やプレー1つ1つの精度。自分のやりたいことと周りにいる選手のやりたいことを意思疎通し、個人的なミスやパスミスを減らしていくこと。そういった基本的なことをしっかりやれれば、得点失点にしっかりつながるんじゃないかと思ってます」 大会直前に地に足の着いたコメントをしていた旗手。そんな言い回しを聞いていても、人間的に一皮剥けた印象もある。今、ここで頂点まで突き進み、彼自身もステップアップのチャンスをつかめれば、静岡学園高校時代の恩師・川口修監督から託された「UEFAチャンピオンズリーグに出るような選手になれ」という高みにも手が届くかもしれない。 いい流れが来ている今のタイミングを逃す手はない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.07.31 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

2試合連続のPK戦となった川崎F、千葉を下して清水の待つラウンド16へ《天皇杯》

第101回天皇杯3回戦の川崎フロンターレvsジェフユナイテッド千葉が21日にフクダ電子アリーナで行われ、1-1で迎えたPK戦の結果、川崎Fが勝利した。 2回戦ではそれぞれAC長野パルセイロと大宮アルディージャを下して3回戦へ進んだ川崎Fと千葉。川崎Fは、先日終えたACLのグループステージを含め未だ公式戦無敗で、先日の清水エスパルス戦では過密日程の中、今季のJ1初出場だった大島がゴールを決めて勝利に導いていた。 対する千葉は、直近のツエーゲン金沢戦の勝利で今季初のホーム連勝を収めた。リーグ戦4試合無敗と調子は上向いているものの、守勢が予想されるJ1王者との一戦でどこまで食らいつけるか。 下馬評通り川崎Fが支配する展開となる中、10分には見事なパスワークからボックス手前でボールを持ったレアンドロ・ダミアンが相手を背負った状態で反転シュート。だが、ここは惜しくも左に外れた。 その後も攻め続ける川崎Fは、千葉のフィールドプレイヤー9人がボックスへ引いて守る中でもスペースを見つけて立て続けにシュートを放っていく。 一方、攻撃に出たい千葉は右サイドの安田から上がったクロスに見木が反応すると、競り合った山根がクリアし損ない、頭に当てたボールはGKチョン・ソンリョンの頭上を抜けてゴールに吸い込まれた。 まさかのオウンゴールかに思われたが、競り合いの際に見木のファウルがあったとして川崎Fは命拾い。気を取り直して再び攻めに転じ相手を押し込んでいく。37分にはシミッチがボックス手前の橘田とのワンツーからシュートに持ち込む惜しいシーンがあったものの、ボールは右ポストの外側をかすめていった。 ゴールレスで折り返しとなった試合は、後半は序盤から大きく動く。まずは53分の千葉。ボックス左でキープした味方のバックパスを見木が受けると、少し持ち上がって角度のないところから左足をスイング。このシュートがブロックに入ったジェジエウの股を抜いてディフレクションし、GKチョン・ソンリョンも反応し切れずネットを揺らした。 正真正銘のゴールで無敵の川崎F相手に先制に成功した千葉。しかし、川崎Fが黙っているわけはなく、その6分後に味方のスルーパスに反応した橘田が小林に倒されてPKを獲得。これを家長が決めて、あっという間に同点に追いついた。 その後は、千葉が守備先行ながら粘り強く戦い、力量差をそれほど見せない試合を展開。そんな中で珍プレーが起こる。選手の負傷で試合が一時停止した後、千葉のドロップボールでGKへバックパス。ここでGK鈴木が手で持ち上げてしまい、ハンドの判定となってしまう。 本来であれば間接FKとなるが、しばらくの協議の後、FKを行わないことを決定。鈴木は川崎Fの選手やサポーターに謝罪とお礼をしつつ試合を再開させた。 試合は90分で決着が付かず延長戦へ。2試合連続の延長戦となった川崎Fは95分、左CKに途中出場の谷口が頭で合わせて決定機を迎えるが、千葉も途中出場の高橋がゴール直前でクリア。ビッグプレーでチームを救った。 一方、攻撃では108分に田口がボックス左から鋭いグラウンダーのシュートを放つが枠の外。結局、PK戦へ突入した。 互いに2人目まで成功した中、先攻の千葉は3人目を務めた岩崎が枠の上へ大きく外してしまう。余裕を得た川崎は4人目まで全員成功し、迎えた千葉の5人目は熊谷アンドリュー。右下を狙ったシュートはGKチョン・ソンリョンが完璧に止め、試合終了。 長野戦に続いてPK戦を制した川崎Fが駒を進めた。 川崎フロンターレ 1-1(PK:4-3) ジェフユナイテッド千葉 【川崎F】 家長昭博(後14) 【千葉】 見木友哉(後8) ■天皇杯3回戦 ▽7月21日(水) 川崎フロンターレ 1-1(PK:4-3) ジェフユナイテッド千葉【59】 ▽8月4日(水) セレッソ大阪 vs アルビレックス新潟【63】 ▽8月18日(水) ガンバ大阪 vs 松本山雅FC【67】 ▽未定 名古屋グランパス vs ファジアーノ岡山【71】 ▽7月7日(水) 清水エスパルス 2-1 いわてグルージャ盛岡【60】 おこしやす京都AC 1-3 ヴェルスパ大分【61】 Honda FC 1-4 ジュビロ磐田【62】 サガン鳥栖 1-0 アビスパ福岡【64】 鹿島アントラーズ 3-0 栃木SC【65】 北海道コンサドーレ札幌 1-2 V・ファーレン長崎【66】 ヴァンラーレ八戸 1-2 湘南ベルマーレ【68】 柏レイソル 1-2 京都サンガF.C.【69】 浦和レッズ 1-0 SC相模原【70】 ヴィッセル神戸 1-0 徳島ヴォルティス【72】 順天堂大学 2-3 ザスパクサツ群馬【73】 大分トリニータ 2-0 福井ユナイテッドFC【74】 2021.07.21 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎Fでも選手1名が新型コロナ陽性判定、ACL帰国後にスタッフ2名が陽性

川崎フロンターレは19日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、17日に選手1名から発熱の訴えがあったとのこと。同日にPCR検査を実施し陽性判定を受けたとのこと。19日に医療機関での検査および診察を行い、陽性診断を受けたとのことだ。 当該選手は、医療機関の指示により、医療機関施設にて隔離しているとのことだ。また保健所よりクラブ内の濃厚接触者は1名と判定され、隔離しているとのことだ。 川崎Fは15日にスタッフ2名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表しており、これが3人目の感染者となる。また、同じウズベキスタンでACLに出場していたガンバ大阪では選手とスタッフの2名ずつが陽性判定を受けていた。 なお、その他の選手・スタッフは全員陰性診断を得ているとのこと。また、21日(水)に予定されている天皇杯3回戦のジェフユナイテッド千葉戦は、当該陽性者を除き開催されるとのことだ。 2021.07.19 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

J1初出場の大島が復活弾! リーグ戦1カ月半ぶりの川崎Fが清水に快勝で3連勝!【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、清水エスパルスvs川崎フロンターレが17日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-2でアウェイの川崎Fが勝利した。 川崎FのACL参戦の影響で延期となっていた一戦。清水(勝ち点23)は1週間前に行われた直近の徳島ヴォルティス戦では終盤に追いつかれ痛恨のドロー。リーグ戦ここ4試合は2勝2分けと無敗を維持しているが、いずれも下位対決の結果だ。 一方の川崎F(勝ち点55)は、無事にACLのグループステージを突破し、1か月半ぶりのリーグ戦へ望む。21試合を消化し未だ無敗だが、この間に海外移籍が発表された田中や、東京オリンピックに出場する三笘・旗手の不在がどこまで影響するか注目だ。 スタメンに関しては、清水はサンフレッチェ広島から新加入の井林が先発。川崎Fは、ACLの北京国安戦でトップチームデビューを果たした宮城がJ1デビュー。また、2月からふくらはぎの肉離れで長期離脱していた大島も今季のJ1初出場となった。 試合は予想通りアウェイの川崎Fがボールを握る展開に。それでも清水は9分、敵陣右サイドのロングスローからボックス中央の鈴木がシュート。ここは相手のブロックに遭う。 川崎Fは宮城が4分に登里のシュートを演出すると、11分には自らシュートを放つなど存在感を放つ。すると17分、その左サイドからゴールが生まれた。 登里のスルーパスに抜け出したレアンドロ・ダミアンがボックス左へ侵入。シュートを匂わせつつパスを選択し、最後は脇坂がダイレクトで流し込んだ。 先制弾を挙げた脇坂は20分にもボックス手前からのコントロールシュートで清水ゴールに襲い掛かる。後手に回る清水は32分、左サイドを突破したカルリーニョス・ジュニオのスルーパスからチアゴ・サンタナにビッグチャンス。ボックス左から左足を振り抜いたが、GKチョン・ソンリョンに弾かれた。 後半立ち上がりに攻めに出た清水。1分と経たないうちにボックス手前右から枠内シュートを放ったカルリーニョス・ジュニオは、48分にはボックス左に侵入するも、寄せてきたジェジエウに止められた。 難しい立ち上がりもしっかり対処した川崎Fは50分、左サイドの登里からボックス手前の脇坂に鋭いパスが通ると、相手に寄せられてこぼれたボールがゴール前にフリーランニングしていた大島の下へ。大島はこれを胸トラップし、冷静に右足で流し込んだ。 大島の復活を告げる今季初ゴールでリードを広げた川崎Fに対し、清水は54分にカルリーニョス・ジュニオが負傷交代を強いられ、更なる苦境に立たされる。その後、65分に互いに2人ずつ交代カードを切った中、追いかける清水が71分に好機を迎える。 中央のチアゴ・サンタナの大きな展開から左サイドでボールを持った片山がカットインからクロス。ボックス右で待っていた途中出場の中山が頭で折り返し、鈴木がシュートへ。これがGKチョン・ソンリョンに防がれると、こぼれ球に反応したチアゴ・サンタナのシュートもチョン・ソンリョンに弾き返されてしまった。 その後は連戦の疲労も影響してか守勢に回った川崎Fだが、リーグ15失点の堅守でもって清水を封殺。終盤には運動量の多かった登里や脇坂を下げるなど回復も考慮しながら時計の針を進めていく。 結局、体力を節約しながら戦う試合巧者ぶりを見せた川崎Fがアウェイで0-2で勝利。1カ月半の間を挟んで3連勝を収めた。一方の清水は5試合ぶりの黒星となった。 清水エスパルス 0-2 川崎フロンターレ 【川崎F】 脇坂泰斗(前17) 大島僚太(後5) 2021.07.17 20:25 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎Fのスタッフ2名が新型コロナ陽性、G大阪の陽性判定を受け実施した検査で発覚

川崎フロンターレは15日、スタッフ2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、11日にガンバ大阪とともにチャーター便でウズベキスタンから出発。12日に日本へと帰国した。 入国時のPCR検査で全員が陰性。13日に抗原定性検査では全員陰性。14日の抗原定性検査でも全員陰性だった。 しかし、ガンバ大阪から陽性判定者が出たことを受けクラブ独自のPCR検査を実施。そこでスタッフ2名が陽性判定を受けた。 なお、15日に実施したPCR検査では、当該者2名以外は全員陰性となっている。 川崎Fは17日に予定されている明治安田生命J1リーグ第18節の清水エスパルスについて、陽性判定者以外で開催。試合前にはオンサイト検査 を実施し、陰性となったもののみがエントリーされる。 2021.07.15 20:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly