W杯アジア最終予選進出の12カ国が決定! 日本のほか韓国やオーストラリアなど順当に勝ちぬけ

2021.06.16 11:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の全日程が終了した。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を大きく受け、2020年は予選が実施できず。最終的には一国での集中開催で最後の日程を消化するというイレギュラーな大会方式となった。

さらに、北朝鮮代表が途中で予選を辞退するなど、様々なエクスキューズがあった中で、全日程が終了した。

すでに突破を決めていた日本代表だが、その他のグループでも突破チームが決定している。

各グループの1位はシリア代表(グループA)、オーストラリア代表(グループB)、イラン代表(グループC)、サウジアラビア代表(グループD)、カタール代表(グループE)、日本代表(グループF)、UAE代表(グループG)、韓国代表(グループH)となった。

カタールは開催国のため、残りの7カ国が最終予選に出場が決定。残りの5チームは各グループ2位のうちの上位5チームとなった。

各グループ2位の順位争いは北朝鮮の辞退に伴い、各グループ最下位のチームとの対戦成績を除いた形で順位付けされることに。2位の中で1位は勝ち点13の中国代表(グループA)、2位は勝ち点12のオマーン代表(グループE)、3位は勝ち点11のイラク代表(グループC)、4位は勝ち点11のベトナム代表(グループG)となった。

また、カタールが出場権を獲得したことで広がった5位には勝ち点10でレバノン代表(グループH)が入ることに。日本と同組のタジキスタン代表は、勝ち点10でレバノンと並ぶも、得失点差で下回り、最終予選に出場ならなかった。

なお、オマーン、イラク、ベトナムは2023年に行われるアジアカップの出場も決定。5位のレバノンはアジアカップの本戦か3次予選かは未定。タジキスタン、ウズベキスタン、ヨルダンはアジアカップの3次予選から出場となる。

日本人監督が率いた国は日本代表を除いて敗退。西野朗監督が率いるタイ代表はグループGで4位、吉田達磨監督が率いるシンガポール代表はグループDで4位、間瀬秀一監督が率いるモンゴル代表は日本と同じグループFで4位に終わった。

◆カタールW杯アジア最終予選進出チーム

シリア代表(グループA)
オーストラリア代表(グループB)
イラン代表(グループC)
サウジアラビア代表(グループD)
日本代表(グループF)
UAE代表(グループG)
韓国代表(グループH)
中国代表(グループA)※グループ2位
オマーン代表(グループE)※グループ2位
イラク代表(グループC)※グループ2位
ベトナム代表(グループG)※グループ2位
レバノン代表(グループH)※グループ2位

◆各グループ2位順位表
勝ち点(試合数/勝/分/負/得点/失点/得失点)

1位[A]中国 13(6/4/1/1/16/3/+13)
2位[E] オマーン 12(6/4/0/2/9/5/+4)
3位[C]イラク 11(6/3/2/1/6/3/+3)
4位[G]ベトナム 11(6/3/2/1/6/4/+2)
5位[H]レバノン 10(6/3/1/2/11/8/+3)
ーーーW杯アジア最終予選
6位[F]タジキスタン 10(6/3/1/2/7/8/-1)
7位[D]ウズベキスタン 9(6/3/0/3/12/9/+3)
8位[B]ヨルダン 8(6/2/2/2/6/2/+4)

関連ニュース
thumb

クロアチア代表が発表! モドリッチら主力にブンデスの2選手が初招集《カタールW杯欧州予選》

クロアチアサッカー連盟(HNS)は20日、来月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むクロアチア代表メンバーを発表した。 ズラトコ・ダリッチ監督は24名に加え予備メンバー6名の合計30名を招集した。 今回のメンバーにはMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ペリシッチ(インテル)、MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)らが順当に選出された。 また、DFヨシプ・スタニシッチ(バイエルン)とMFクリスティアン・ヤキッチ(フランクフルト)が初選出されている。 現在、W杯欧州予選グループHで4勝1敗1分けの首位に立つクロアチアは、10月8日にアウェイでキプロス代表戦と、同11日にはホームでスロバキア代表戦を戦う。 今回発表されたクロアチア代表メンバー24名と予備メンバー6名は以下の通り。 ◆クロアチア代表メンバー24名 GK イビツァ・イブシッチ(オシエク) ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ) イヴォ・グルビッチ(リール/フランス) DF ミレ・シュコリッチ(オシエク) ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ) ヨシプ・ユラノビッチ(セルティック/スコットランド) ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド) フィリプ・ウレモビッチ(ルビン・カザン/ロシア) デヤン・ロブレン(ゼニト/ロシア) ボルナ・ソサ(シュツットガルト/ドイツ) ヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ/ドイツ) ヨシプ・スタニシッチ(バイエルン)※ MF ルカ・イバンシイッツ(ディナモ・ザグレブ) ニコラ・ヴラシッチ(ウェストハム/イングランド) マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア) マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア) マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン) クリスティアン・ヤキッチ(フランクフルト)※ FW アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ) イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア) ヨシプ・ブレカロ(トリノ/イタリア) ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ) マルコ・リヴァヤ(ハイドゥク・スプリト) ◆予備メンバー6名 GK シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド) DF ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ/フランス) MF ニコラ・モロ(ディナモ・モスクワ/ロシア) FW アンテ・ブディミル(オサスナ/スペイン) アントニオ=ミルコ・チョラク(マルメ/スウェーデン) クリスティヤン・ロブリッチ(ゴリツァ) ※初招集 2021.09.21 00:02 Tue
twitterfacebook
thumb

国民の8割がワクチン接種のカタール、W杯出場には接種が必須になる可能性

来年11月にカタールで開幕するワールドカップ(W杯)だが、選手たちには悩ましい問題が降りかかることになるかもしれない。 『アスレティック』によると、カタールW杯の参加には、新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種が必須になる可能性があるという。 カタールをはじめとした中東諸国では、ワクチン接種が大幅に進んでおり、すでにW杯を観戦する観客には2度のワクチン接種を義務付けるということを明らかにしており、ファンを迎えるにあたって100万回分のワクチンを確保しようとしているとも報じられている。 カタールではすでに460万回以上のワクチンが投与されており、これは国民の約82%がワクチンを接種していることとなり、世界で最も高い接種率を誇っている。 また、人口密度が非常に高い国家ということもあり、観光などにも大きな影響があるため、カタール国内ではとてもデリケートな問題となっている。 その結果、カタールは選手たちに対しても同じ条件を求めるとのこと。選手のワクチン接種を義務化したいとしているようだ。 しかし、副反応の影響なども含め、様々な理由で接種していない選手がいることも事実。アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカは明確に拒否している選手の1人だが、ワクチン接種を拒否することで、W杯に出場できなくなる可能性が出るかもしれない。 現在は国際サッカー連盟(FIFA)とカタールの医療当局との間で話し合いが行われているとのこと。3日ごとの検査で陰性を報告しなければならないなど、様々なオプションが議論されている。 今夏行われた東京オリンピックでは、毎日検査が実施されたこともあり、クラスターなどの発生はなし。大きな混乱が起こることはなかった。 今後どのような決定がなされるかは未定だが、最終的にはカタールの方針に従わなければいけなくなることになるため、最悪ワクチンを打たない選手はW杯で見られないことになりそうだ。 2021.09.20 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表の海外組30名が発表! 9月に話題となったプレミア勢からカバーニが招集《カタールW杯南米予選》

ウルグアイサッカー協会(AUF)は17日、10月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けた海外組のウルグアイ代表メンバー30名を発表した。 オスカル・タバレス監督は、今回のメンバーにFWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー)やMFフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー)、MFルーカス・トレイラ(フィオレンティーナ)、DFディエゴ・ゴディン(カリアリ)らを招集した。 また、9月は南米への派遣拒否が出ていたプレミアリーグからもFWエディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド)を招集している。 ウルグアイは、南米予選で4勝3分け2敗の勝ち点15で3位に位置。10月は7日にホームでコロンビア代表(13pt/5位)と、10日にアウェイでアルゼンチン代表(18pt/2位)、14日にはアウェイでブラジル代表(24pt/1位)とビッグゲームが続く。 今回発表された海外組のウルグアイ代表メンバー30名は以下の通り。 ◆ウルグアイ代表メンバー30名(海外組) GK フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ) マルティン・カンパーニャ(アル・バーティン/サウジアラビア) DF セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル) マティアス・ビニャ(ローマ/イタリア) ディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア) マルティン・カセレスディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア) ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン) ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン) マキシミリアーノ・ファルコン(コロコロ/チリ) ホアキン・ピケレス(パウメイラス/ブラジル) ジョナタン・ラク(ティフアナ/メキシコ) MF ナイタン・ナンデス(カリアリ/イタリア) ガストン・ペレイロ(カリアリ/イタリア) マティアス・ベシーノ(インテル/イタリア) ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア) ルーカス・トレイラ(フィオレンティーナ/イタリア) マウロ・アランバリ(ヘタフェ/スペイン) フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン) マヌエル・ウガルテ(スポルティング・リスボン/ポルトガル) ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル) ダビド・テランス(アトレチコ・パラナエンセ/ブラジル) ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベル・プレート/アルゼンチン) フェルナンド・ゴリアラン(サントス・ラグナ/メキシコ) ブリアン・ロサーノ(サントス・ラグナ/メキシコ) ブリアン・ロドリゲス(ロサンゼルスFC/アメリカ) FW ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー/スペイン) エディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) マキシミリアーノ・ゴメス(バレンシア/スペイン) ダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ/ポルトガル) ホナタン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ) 2021.09.18 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

オランダ代表候補28名が発表! ファン・ダイクやデパイら順当選出《カタールW杯欧州予選》

オランダサッカー協会(KNVB)は17日、10月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むオランダ代表候補メンバーを発表した。 ルイス・ファン・ハール監督が新たに就任したオランダ代表は、9月の予選3試合を2勝1分けで終えており、現在はグループGで首位に立っている。 今回の候補メンバーは28名が招集。DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)やFWメンフィス・デパイ(バルセロナ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(パリ・サンジェルマン)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)らが順当に選出された。 また、GKマルク・フレッケン(フライブルク)、FWノア・ラング(クラブ・ブルージュ)が初招集を受けている。 一方で、MFドニー・ファン・デ・ベーク(マンチェスター・ユナイテッド)は候補にも入らず。ファン・ハール監督は「試合に出る必要があるを伝えた」と語り、選外の理由を説明した。 現在勝ち点13で首位のオランダは、10月8日にアウェイでラトビア代表(5pt/5位)と、同11日にホームでジブラルタル代表(0pt/6位)と対戦する。 今回発表されたオランダ代表候補メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表候補メンバー28名 GK ユスティン・バイロウ(フェイエノールト) ヨエル・ドロメル(PSV) ティム・クルル(ノリッジ・シティ/イングランド) マルク・フレッケン(フライブルク/ドイツ) DF ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) デイリー・ブリント(アヤックス) デヴィン・レンシュ(アヤックス) ユリエン・ティンバー(アヤックス) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) マタイス・デ・リフト(ユベントス/イタリア) ティレル・マラシア(フェイエノールト) MF フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(パリ・サンジェルマン/フランス) トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア) マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア) フース・ティル(フェイエノールト) ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) ダヴィ・クラーセン(アヤックス) FW メンフィス・デパイ(バルセロナ/スペイン) ルーク・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) ステーフェン・ベルフワイン(トッテナム/イングランド) ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ) ヴォウト・ヴェグホルスト(ヴォルフスブルク/ドイツ) ノア・ラング(クラブ・ブルージュ/ベルギー) コーディ・ギャクポ(PSV) ステーフェン・ベルフハイス(アヤックス) 2021.09.18 13:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ジブラルタル主将がハットトリックを許したハーランドにチクり「誰も彼のシャツを欲しがらなかった」

ジブラルタル代表の主将FWリース・スタイシュがドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを皮肉った。 ジブラルタルは7日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG第6節でノルウェー代表と対戦した。前半だけで4失点を喫し、終わってみれば1-5の大敗。ハーランドにはハットトリックを許している。 いくら敗れたとはいえ、ハーランドクラスの選手とであれば、ユニフォーム交換を願い出たいと考える選手は多いだろう。だがこの日、ジブラルタルの選手は誰一人としてハーランドにユニフォーム交換を求めなかったという。 イングランド7部のヘドネスフォード・タウン所属し意地の1点を返したスタイシュは、3月に行われたホームでの試合を引き合いに出して「誰もハーランドのシャツを欲しがらなかった」という理由を語った。 「(ジブラルタルのホームでは)ノルウェーが3-0で勝ったけれど、ハーランドは得点できずに60分過ぎで交代した。だから少し気分が良かったんだ」 「(その試合後の)互いのインタビュー後に「私の息子はあなたの大ファンです、ジャージを交換してもらえるかい?」って頼んだら、ハーランドはちょうど僕を見て、笑って立ち去った」 スタイシュは「(ハーランドは)多くのものを買うことができるけど、気品は買うことができない」のだろうと思案。再戦時に大量得点を奪った相手エースを皮肉った。 「彼は小さな子供の日、月、年などを作る機会があるからと、ノーと言った。だからオスロでは誰も彼のシャツを欲しがらなかった」 「ハットトリックをマークするためにそれを持っていたかったのか、Covidの流行後、サポーターと迎える最初のホームゲームだったので、ノルウェーのファンにあげたのかもしれないけどね」 <span class="paragraph-title">【音出し推奨】ジブラルタル戦前に繰り出した“轟音”鳴り響くハーランドの強烈ボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="lt" dir="ltr">B.O.O.M. <a href="https://t.co/d6bc0nHB6Y">pic.twitter.com/d6bc0nHB6Y</a></p>&mdash; Erling Haaland (@ErlingHaaland) <a href="https://twitter.com/ErlingHaaland/status/1434919104276729857?ref_src=twsrc%5Etfw">September 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 06:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly