大迫勇也にライバル出現? 降格のブレーメンが2部得点王を獲得か

2021.06.11 16:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表FW大迫勇也も所属するブレーメンはドイツ人FWセルダル・ドゥルスン(29)を獲得する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が伝えた。

ハノーファーの下部組織出身であるドゥルスンは190cm越えの身長を生かしたヘディングや、思い切りの良いシュートを武器とするストライカー。2018年夏にダルムシュタットへと加入すると、3年目となった今シーズンはリーグ戦27得点を記録し、ブンデスリーガ2部得点王を獲得した。

そんなドゥルスンは、契約満了により今シーズン限りでダルムシュタットを退団。フリーとなった大物に、ブレーメンが関心を示しているようだ。

また、1日に招へいされたマルクス・アンファング監督は、ダルムシュタット時代にドゥルスンを指導した経験があり、それが獲得に向けプラス材料とも。加入が決まれば、大迫の立場にも影響を与えそうだ。

関連ニュース
thumb

「リスクを負う必要はない」エースFW大迫勇也の離脱に森保一監督、残りのFW陣に期待「チーム力を上げる良い機会」

10日、日本代表の森保一監督がキリンチャレンジカップ2021のセルビア代表戦の前日会見に出席した。 5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から活動している日本代表。今回の活動では、ミャンマー戦のほか、U-24日本代表戦、タジキスタン代表戦と3試合を行い、残り2試合が予定されている。 セルビア代表戦を前に、日本代表からはエースであるFW大迫勇也(ブレーメン)が離脱。7日のタジキスタン代表戦もスタンドで見守っていた中、早期の離脱となった。 森保監督は大迫の状態についてコメントした。 「大迫のケガの状態ですけど、痛みというか、ケガで全く動けない状態ではないですけど、ジョギングから少しスピードアップするぐらいです」 「もう少し動けるとは思いますが、無理をしてケガを悪化させてしまうと、彼の所属チームでの来シーズンのプレーにも影響すると思いますし、それが我々にとっての戦力ダウンになりかねないと思います」 「無理をすればできないとは思わないですが、今はリスクを負う必要はないです。大迫はやりたがっていましたが、ここは抑えてもらってということです」 トレーニングを行っており、重傷ではないものの、無理をする場面ではないと語った森保監督。その大迫の代役には、前もってFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)を追加招集しており、FW浅野拓磨とともに2人体制で臨む。 大迫不在次には攻撃のクオリティが低下することがこのチームのウィークポイントだが、残りのFW陣にも期待を示した。 「大迫がいないことは大きいのでチームにとっては痛いですが、彼がいつもいてくれるということにはならないかもしれないですし、アジアカップでも準々決勝までプレーできなかったので、そういった意味では大迫の存在は大きいです」 「大迫がいなかった時のチームの戦い方をここでまた作っていくことはチームにとってプラスだと思いますし、タイプでは同じではないかもしれないですが、たくさん良いFWがいると思います。そういった選手たちに経験を積んでもらったり、他の選手と合わせてもらって、最終予選、その先の我々の戦い方の幅を広げる、チーム力を上げる良い機会かなとポジティブに捉えています」 「選手たちは自分が負けているなんて全く思っていないと思いますので、良さを存分に発揮してもらって、チームにも、代表の試合を応援してくださっている方にも存在感を示してほしいと思います」 2021.06.10 13:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ケガのFW大迫勇也が日本代表を離脱「トップコンディションに1日でも早く戻すため」

日本サッカー協会(JFA)は9日、FW大迫勇也(ブレーメン)の離脱を発表した。 大迫は5月28日に行われたミャンマー代表戦から日本代表の活動に参加。そのミャンマー戦ではハットトリックを記録し、3月のモンゴル代表戦に続いて、2試合連続のハットトリックを達成。チームの10-0の勝利に貢献していた。 その後、3日に行われたU-24日本代表との試合にも出場していたが、その後に負傷。日本代表はFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)を追加招集。大迫は、7日のタジキスタン代表戦はスタンドで見守っていた。 大迫は活動の途中で離脱することについてコメントしている。 「2試合を残してチームを離れることは残念ですが、トップコンディションに1日でも早く戻すために離脱という選択をしました」 「9月から始まる最終予選に向けて良い準備をしていきたいと思います」 2021.06.10 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「不思議な感覚」とU-24日本代表との対戦を語るFW大迫勇也、吉田麻也&冨安健洋のCBコンビとの対戦の可能性に言及「個人的に楽しみ」

日本代表は2日、U-24日本代表とのチャリティーマッチを翌日に控え調整を行った。 キリンチャレンジカップ2021でジャマイカ代表と3日に対戦予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査に関してジャマイカ代表の選手の陰性証明書に不備が見つかり来日できず。その結果、中止の判断が下された。 その代替試合として、日本サッカー協会(JFA)は日本代表とU-24日本代表のチャリティーマッチを行うことに決定。U-24日本代表としては急遽の試合となったが、ジャマイカ戦以上の注目を集める対決となった。 試合を翌日に控え、FW大迫勇也(ブレーメン)がオンラインでのメディア取材に応対。U-24日本代表との試合については「急遽決まったので、不思議な感覚はありますけど、個人としても楽しみです。普段チームメイトの選手と対戦するので紅白戦とも違いますし、面白そうだなという感じです」と語り、楽しみにしていると語った。 相手のU-24日本代表には、A代表でCBの主軸であるDF吉田麻也(サンプドリア)とDF冨安健洋(ボローニャ)が居る。日本代表の攻守の要の対決も予想されるが「練習の時も対峙することはあまりないので、スタメンとサブに分かれて紅白戦もするので」と普段あまり対峙しないとコメント。「なのであまりイメージがわかないというか、どうなるかなと。個人的に楽しみです」と、どのような形になるのか楽しみにしているようだ。 今回は吉田がオーバーエイジとしてU-24日本代表に参加しているため、A代表では大迫がキャプテンを務めることとなった。その点については「特に僕が何かをしなくてはいけないというわけではないと思いますし、海外でやっている選手も多いし、国内組も経験のある選手が多いので、それぞれやるべきことを整理できている選手が多いので、試合に集中してピッチの中で違いを作れればと思います」とコメント。ピッチ内でのプレーで牽引したいとした。 U-24日本代表との試合を含めて最終予選までは4試合しかないが「相手どうこうよりは自分たちの姿勢が一番大事かなと思います」と、フォーカスすべきは自分たちだとコメント。「そこにフォーカスしたいですし、最終予選も相手は強くなると思いますが、自分たちがしっかりやるべきことをやれば勝てる相手だと思うので、周りに流されないように、相手に惑わされないようにしっかり整理していければと思います」と語り、矢印は自分たちに向けたいと語った。 以前のメディア対応で、DF長友佑都(マルセイユ)は世界とはまだまだ差があると、2018年のロシアW杯ラウンド16のベルギー代表選を振り返って感じたと語っていた。 大迫は世界との差については「もちろんトップトップとの差はまだまだあると思います」とコメント。「僕個人はゴール前で点を取ることを上げていかないといけないなと思います」とし、「各ポジションの選手が意識を持って試合に取り組むことが大事だと思いますし、ちょっとした差で得点が生まれるので、ちょっとした差を作れるようにしていきたいです」と、差と感じる部分を自分たちが生み出したいと語った。 3月シリーズからはMF鎌田大地(フランクフルト)、MF南野拓実(サウサンプトン)が2列目に入り、攻撃がスムーズに行えるようになっている。大迫は2人については「そこまで考えていないというか、大地も拓実も間で上手くポジション取ってくれるので、それに合わせてやっています」とコメント。「ここと決めてはいないです」と語り、「大地と拓実が良いポジションを取ることで、相手も食いついて、そこにっ僕が入って、そこに食いついたらそれを繰り返すという感じで」と、良い関係を築けているようだ。 2021.06.02 22:26 Wed
twitterfacebook
thumb

41年ぶり2部降格のブレーメン、ダルムシュタットのアンファング監督を招へい

FW大迫勇也の所属するブレーメンは1日、ダルムシュタットのマルクス・アンファング監督(46)を招へいしたことを発表した。 今季ブンデスリーガで17位に終わり、痛恨の41年ぶり2部降格となったブレーメン。来季に向けてクラブは今季のブンデス2部で7位となったダルムシュタットからアンファング監督を数十万ユーロの移籍金を支払うことで引き抜いた。 アンファング監督はかつてケルンを1部復帰に導いた他、ホルシュタイン・キールでは3部から2部昇格、1部昇格プレーオフまで導いた実績を持っている、 2021.06.01 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「歯がゆい時間」FWとして起用されずチームは降格、FW大迫勇也は移籍について「ヨーロッパでFWで使ってくれるチームが第一」

日本代表は26日、ミャンマー代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に向けた合宿3日目を行った。 オール海外組で行われるミャンマー戦。クラブ事情により合流が遅れたMF三好康児(アントワープ)は出場できないことが発表された、それ以外の選手たちは調整を続けた。 トレーニング前、FW大迫勇也(ブレーメン)がオンラインのメディア取材に応じ、シーズンを振り返った。 大迫は今シーズンのブンデスリーガで24試合に出場。しかしFWで起用される機会は限られており、ほとんどが中盤でのプレーとなった結果、リーグ戦ではノーゴールでシーズンを終えることとなった。 さらに、チームはシーズン終盤に7連敗を喫するなどし一気に降格圏に転落。最終節でも敗れると、そのまま自動降格の憂き目に遭ってしまった。 大迫はシーズンを振り返り、「歯がゆい時間というか、チームが負けている中でなかなか出場時間がなく、スタートから出ることは少なかったので、残念でした」とコメント。しかし、「心はしっかりリセットできて、代表のことしか考えていないです」と語り、今は代表に集中するとコメントした。 切り替えができているようにも見える大迫だが「そんなこともないです」とコメント。悔しさはあるものの「もう終わったことなので、しっかりと切り替えないといけないです」とし、前を向いていくと語った。 チームはフロリアン・コーフェルト監督を最終節の前に解任していたが、大迫はチームが2部に降格したこともあり移籍の可能性もある状況だ。 移籍については「しっかりFWで出られるところですね。それだけです」とコメント。「FWとして1年間試合に出たいですし、僕はそこで評価されるべき選手だと思っています」と、ブレーメンでFWとしてプレーできなかったことの二の舞は避けたいと考えているようだ。 移籍先については「自分でもわからないです」とコメント。ドイツ国内になるかどうかも分からないとしながら「しっかりヨーロッパでFWで使ってくれるチームが第一です。そこがやっぱり一番自信を持っているポジションなので、そこを目指したいです」と語り、FWとしてヨーロッパで勝負したいと意気込んだ。 3月の活動にも参加した大迫は、モンゴル代表に14-0で圧勝した試合でハットトリックを達成。今回のミャンマー戦でもFW浅野拓磨と2人しかFWとしては招集されていない状況だ。 今回の活動については「今に限らず、ずっと代表で主力として使ってもらっている時から変わりはないですが、しっかり責任感もありますし、僕が一番前にいるので、みんなにしっかりとしたプレーを見せないといけないと思います」と語り、プレーで見せたいと語った。 また、勝てば最終予選に進むことが決まるが「最終予選は楽しみです。そこが一番です。良い緊張感で試合ができますし、またお客さんが満員に入ったスタジアムでプレーするのも楽しみです」と最終予選への期待を語った。 今回の代表活動ではミャンマー戦に始まり合計で5試合を戦う。この5試合については「まずはしっかり結果を残すことが第一と思います」と結果を最優先。「あとはセルビア、ジャマイカと良いチームとも試合ができるので、そういった相手にオリンピックで抜ける選手が多くて新しい選手も入ってくるので、底上げもできるチャンスかなと思います」と語り、国内組が合流してからも底上げができるとした。 また、「最終予選は9月からですが、それに向けてメンタル的に難しい部分はありますが、最後しっかりとシーズンを締められるように。ケガなくできるようにという思いがあります」とし、良い形でシーズンを終えたいとした。 2018年のロシア・ワールドカップでは悔しい思いをした大迫。現在の日本代表について聞かれると「まだまだです」と語り、「今というよりは、ワールドカップの時に僕らが相手と戦えるかだと思うので、今よりもワールドカップの時にしっかりと世界に勝ち切れる力をつけられるようにしていければと思います」とし、来年の本大会でしっかり勝てるようにしたいと語った。 2021.05.26 22:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly