大迫勇也にライバル出現? 降格のブレーメンが2部得点王を獲得か

2021.06.11 16:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表FW大迫勇也も所属するブレーメンはドイツ人FWセルダル・ドゥルスン(29)を獲得する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が伝えた。

ハノーファーの下部組織出身であるドゥルスンは190cm越えの身長を生かしたヘディングや、思い切りの良いシュートを武器とするストライカー。2018年夏にダルムシュタットへと加入すると、3年目となった今シーズンはリーグ戦27得点を記録し、ブンデスリーガ2部得点王を獲得した。

そんなドゥルスンは、契約満了により今シーズン限りでダルムシュタットを退団。フリーとなった大物に、ブレーメンが関心を示しているようだ。

また、1日に招へいされたマルクス・アンファング監督は、ダルムシュタット時代にドゥルスンを指導した経験があり、それが獲得に向けプラス材料とも。加入が決まれば、大迫の立場にも影響を与えそうだ。

関連ニュース
thumb

室屋が絶妙アシストも大迫との日本人対決はドロー決着…《ブンデスリーガ2部》

ブンデスリーガ2部第1節のブレーメンvsハノーファーが24日に行われ、1-1の引き分けに終わった。ブレーメンの大迫勇也は82分までプレー、ハノーファーのDF室屋成はフル出場した。 41年ぶりに2部降格となったブレーメンと、昨季のブンデス2部で13位に終わったハノーファーによる開幕節。ブレーメンの大迫はインサイドハーフ で、ハノーファーの室屋は右サイドバックで共に先発出場した。 日本人対決は立ち上がりから一進一退が続いたが、ハノーファーが先に決定機を迎える。25分、左サイドから中央にドリブルで切り込んだムスリジャが狙いすましたミドルシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。 対するブレーメンは28分、敵陣でのこぼれ球に反応した大迫がボックス外からゴールを狙ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。さらに34分にも大迫がミドルシュートでゴールを狙ったが、これは枠の上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。ブレーメンは49分、ニコラス・シュミットの左CKをニアサイドのトプラクが頭で流し込み、先制に成功した。 先制されたハノーファーだったが56分に反撃。GKツィーラーからのロングスローを受けた室屋がセンターライン手前から狙いすましたスルーパスを送ると、相手DFの裏に抜け出したドゥクシュが飛び出したGKを越すチップキックでゴールネットを揺らした。 その後は互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ハノーファーは80分にチャンス。ボックス左でボールを受けたオクスがコントロールショットを放つと、相手GKの弾いたボールを拾ったマイナが決定機を迎えたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 さらにハノーファーは、85分にもオクスの左クロスからヴァイダントがボレーシュートを合わせたが、これは惜しくも右サイドネット。結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。日本人対決となった開幕節は、痛み分けのドローに終わった。 ブレーメン 1-1 ハノーファー 【ブレーメン】 トプラク(後4) 【ハノーファー】 ドゥクシュ(後11) 2021.07.25 05:35 Sun
twitterfacebook
thumb

フェリックス・クロースが現役引退…ドイツ代表引退の兄より先にスパイクを脱ぐ

レアル・マドリーの元ドイツ代表MFトニ・クロース(31)を兄に持つ、MFフェリックス・クロース(30)が現役引退を決断した。ドイツ『スカイ』が伝えている。 ハンザ・ロストックの下部組織で育ったフェリックスは、2010年にブレーメンに加入。2016年1月に当時ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンへレンタル移籍すると、翌シーズンから完全移籍に移行した。 そのウニオンでは主力の一人としてブンデスリーガ昇格に貢献したが、2019-20シーズン限りで契約が終了。昨シーズンはブンデスリーガ2部のブラウンシュヴァイクへ2年契約で加入していた。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場し、2ゴール1アシストの数字を残していたが、チームは3部に降格。これに伴い、契約が解消されていた。 そういった中、フェリックスは兄と共に毎週放送しているポッドキャスト『Einfach mal Luppen』の中で、このタイミングでスパイクを脱ぐ決断をしたことを明かした。 「これは冗談ではなく、僕は自分の完全な信念のもとでこの決定を下した。この数週間と数カ月の間にそういった感情が生じたんだ」 「今、それを言うときが来たんだ。フットボールでの僕の活発な日々は終わりを迎えた」 なお、今夏の移籍市場においては幾つかのクラブからの関心も伝えられていたが、引退を決断した幾つかの理由については精神面の大きな負担、復帰を希望した古巣から声がかからなかったことにあったという。 「僕がプロフットボーラーとして過ごしたこの13年間は、肉体的にだけでなく精神的にもどこかにその痕跡を残したんだ。この絶え間ない圧力と戦うことに関してもどこかでストレスを感じていたんだ」 「(ブレーメンやウニオンからのオファーに関して)何も起こらなかったから、僕の考えは明らかとなった。この時点で終わりだってね。ただ、健康上の理由で立ち止まる必要がなく、自分自身で判断できたことを嬉しく思うよ。僕のキャリアは終わった。それに満足もしているよ」 プロキャリアを通じて、ブンデスリーガ80試合を含む、公式戦350試合以上に出場してきたフェリックスだが、先日にドイツ代表からの引退を発表した兄より一足先にスパイクを脱ぐことになった。 2021.07.20 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫勇也は移籍可能? ブレーメンは「満足いくオファー」が条件も本人は「ヨーロッパでFWで使ってくれるチームが第一」と語る

41年ぶりにブンデスリーガ2(ドイツ2部)へと降格したブレーメン。日本代表FW大迫勇也の立場はまたしても微妙な状況のようだ。 ブンデスリーガ2は今週末に開幕。大迫の所属するブレーメンは、日本代表DF室屋成が所属するハノーファーとの開幕戦を迎える。 プレシーズンマッチではCSKAソフィアやゼニト、フェイエノールトなどと対戦してきたブレーメン。大迫はレギュラー組でプレーしているが、ポジションはやはり1トップではない。 チームが降格したこともあり、新監督にマルクス・アンファング監督を迎えたブレーメン。フロリアン・コーフェルト前監督時代ではトップで起用されなかったため、新指揮官の下でポジション奪取が期待されたが、大迫は中盤の攻撃的なポジションで起用されている。 そのブレーメンだが、開幕が迫っている中でまだチームは完成していない状況。スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフランク・バウマン氏は、移籍最終日までに20件の移籍があると考えているようだ。 ブレーメンは新たな選手を獲得したいと考えているものの、チームの収入に依存することとなる。そのため、選手の放出が必要だがドイツ『ビルト』によれば12名がクラブから移籍が可能な状況とのことだ。 大迫はその中の1人として考えられており、クラブが満足するオファーが来た場合は移籍できるとされている。 大迫は5月、6月の日本代表活動の際に「しっかりヨーロッパでFWで使ってくれるチームが第一です。そこがやっぱり一番自信を持っているポジションなので、そこを目指したいです」とコメントしていた。ブレーメンに残ってもFWでの起用の可能性は低いが、果たして移籍先はどこになるだろうか。 2021.07.20 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫勇也は着用する? ブレーメンが新シーズンホーム&アウェイユニフォームを発表

ブレーメンとサプライヤーのアンブロは18日、2021-22シーズンのホームユニフォームを発表した。また、17日にはアウェイユニフォームも発表している。 新ホームキットは、ブレーメンの街に触発されており、星やサッカーボール、魚、ロープ、街の紋章といったアイコンで形成されたグラフィックがシャツ全体を覆っている。 緑ベースに白色がアクセントになっており、襟や袖口に配色されている。また、背面の首元には「Lebenslang grun-weiss(永遠の緑と白)」のテキストが刻まれている。 一方、アウェイキットに関してはホームと対照的に白ベースに緑がアクセントになっており、シャツ全体に薄く「umbro」の文字がプリントされている。シャツ背面にはホーム同様に「Lebenslang grun-weiss」のテキストが刻まれている。 ブレーメンには日本代表FW大迫勇也が所属しているものの、近年はFW以外のポジションでの起用が目立ち、2020-21シーズンもブンデスリーガで24試合に出場したもののゴールはなし。アシストを1記録しているが、トップで出場したのは数える程だった。 それだけに退団の可能性も報じられているが、残留となればこのユニフォームに袖を通すこととなる。 ブレーメンは2020-21シーズンのブンデスリーガで17位に終わり、41年ぶり2部へ降格。マルクス・アンファング新監督のもとで最短での1部復帰を目指す。 <span class="paragraph-title">【写真】ブレーメンの2021-22シーズンホーム&アウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Bremen3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Bremen4.jpg" style="max-width:100%;"></div> ■U-24日本代表vsU-24スペイン代表戦ハイライト <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPQ2lSVUtvMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Bremen1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Bremen2.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.07.19 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーがブレーメン守護神パブレンカを狙う?

チェルシーが、ブレーメンのチェコ代表GKイリ・パブレンカ(29)の獲得を検討しているようだ。ドイツ『Deichstube』が報じている。 母国の名門スラビア・プラハから2017年夏にブレーメン入りしたパブレンカ。そのおよそ半年前に代表デビューを果たしていたチェコ代表GKは、初の海外挑戦ながらブンデスリーガの全34試合にフル出場。以降も絶対的な守護神として、昨季も34試合を戦い抜いた。 しかしながら、チームは17位で2部降格。現行契約は2022年夏までとなっているが、売却候補に挙げられている模様だ。 多くの関心が集まる中、その最大のクラブがチェルシーだ。昨季は新加入GKエドゥアール・メンディが期待を上回る活躍でチャンピオンズリーグ優勝も果たしたが、トーマス・トゥヘル監督がパブレンカにご執心の様子。また、守護神争いを活性化させる狙いもあるようだ。 しかしながら情報によると、本人もその家族もブレーメンの街に満足しているとのことで、何よりファーストチョイスであることを強く望んでいることから、移籍に積極的ではないという。チェルシーは獲得に向けて同胞のペトル・チェフ氏が説得に当たるようだが、現段階では距離があるようだ。 今夏で控えGKウィリー・カバジェロが退団したチェルシー。仮にパブレンカを獲得した場合、GKケパ・アリサバラガも放出される可能性が高いと見られている。 なお、パブレンカは6月上旬に負った腰のケガが回復しておらず、ユーロ2020も不参加となっていた。 2021.07.04 16:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly