昨季までシャルケ指揮のワグナー氏、スイスの強豪ヤング・ボーイズ監督に就任!

2021.06.11 11:48 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スイスのヤング・ボーイズは10日、デイビッド・ワグナー監督(49)の就任を発表した。契約期間は14日に予定する就任会見で明かされるという。ワグナー監督はホッフェンハイムやドルトムントの下部組織で指揮を執り、2015年11月に当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に属するハダース・フィールドの監督に就任。2016-17シーズンにクラブを45年ぶりの1部昇格に導くと、翌シーズンには残留も果たした。

昨シーズンからはシャルケ監督に招へいされたが、ブンデスリーガ12位と低迷。今シーズンも続投したが、開幕2連敗を喫すると、昨年9月に解任された。

また、今シーズン終了後にはプレミアリーグから降格したWBA行きも噂に。しかし、最終的にはスイスの名門に新天地を見いだしたようだ。
関連ニュース
thumb

セインツの若手MFヤンケビッツがヤング・ボーイズに完全移籍! 昨季スタメンデビューで開始早々退場…

ヤング・ボーイズは12日、サウサンプトンからU-21スイス代表MFアレクサンドル・ヤンケビッツ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 2018年に母国のセルヴェットからサウサンプトンのU-18チームに加入したヤンケビッツは、今年1月19日に行われたFAカップのシュルーズベリー戦でトップチームデビュー。 同月末のアストン・ビラ戦でプレミアリーグデビューも飾った身体能力に優れるセントラルMFだったが、初スタメンとなった2月2日のマンチェスター・ユナイテッド戦では試合開始1分30秒を過ぎたところで、五分五分のルーズボールに反応した際に相手MFスコット・マクトミネイのヒザ上に足裏を見せたアフターチャージを見舞い、2分を待たずに一発退場となるほろ苦いスタメンデビューを経験していた。 その試合でチームが0-9の衝撃的な大敗を喫したこともあり、以降はトップチームで出番が与えられることはなかったが、スイス代表の世代別チームで主力を担ってきた実力に疑いはない。 2021.07.12 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

来季はEL出場のレバークーゼン、スイスリーグ3連覇のセオアネ監督を招へい

レバークーゼンは19日、スイス人指揮官のジェラルド・セオアネ氏(42)を新監督に招へいすることを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。 レバークーゼンは、今年3月にピーター・ボス監督を解任。シーズン終了までの暫定指揮官としてハンネス・ヴォルフ監督が就任していた。 しかし、ヴォルフ監督はU-18ドイツ代表を率いていた中で暫定指揮官に就任したため、シーズン終了後に復帰することが決まっていたが、チームは6位でフィニッシュすることが決定。来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得していた。 セオアネ監督は、母国のルツェルンやシオン、グラスホッパーズなどでプレーしたほか、デポルティボ・ラ・コルーニャでプレー。引退後は、ルツェルンのU-18で指導者キャリアをスタートした。 その後ルツェルンでファーストチームの監督に就くと、2018年7月からヤング・ボーイズの監督に就任。スイス・スーパーリーグで3連覇に導く手腕を見せていた。 セオアネ監督は、レバークーゼンとの契約についてコメント。野心的なクラブを指揮できることを楽しみにしていると語った。 「次のレベルへのステップアップだ。もちろん、我々スイス人は常にブンデスリーガに目を光らせている。これはヨーロッパのトップリーグであり、レバークーゼンは長年一貫して最前線に立っていた」 「可能性を秘めたブンデスリーガのチームを指導することはとてもん魅力的だ。ライン川沿いのとてもプロフェッショナルで野心的な環境では、魅力的なサッカーをプレーし、リーグとヨーロッパのトップチームに割って入る理想的な条件がある。この挑戦を本当に楽しみにしている」 2021.05.19 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ディジョン、ヤング・ボーイズから小兵FWアサレを完全移籍で獲得

ディジョンは5日、ヤング・ボーイズからコートジボワール代表FWロジェール・アサレ(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの4年間となる。 2012年にコートジボワールのセウェ・スポールでプロデビューしたアサレは、2014年にDRコンゴの強豪マゼンベに加入。マゼンベでは主力選手として国内リーグ連覇やCAFチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。 この活躍が認められ、2017年の冬にスイスの名門ヤング・ボーイズにレンタルで加入するとリーグ戦13試合で6ゴールをマーク。同年の夏に完全移籍を果たした。レンタル期間を含め3年間在籍したヤング・ボーイズでは、公式戦129試合で44ゴール31アシストを記録し、32季ぶりのリーグ優勝、連覇に貢献した。 今冬にレンタルで加入したレガネスでは、ラ・リーガ14試合に出場し2ゴール3アシストを記録したが、契約期間の短期延長を行わずシーズン終了前に退団していた。 167㎝と小柄ながら豊富な運動量とスピードが売りのドリブラーは、各年代のコートジボワール代表に招集されており、19歳でフル代表デビュー。これまで20試合に出場し3ゴールを挙げている。 2020.09.06 00:01 Sun
twitterfacebook
thumb

積極補強のニース、U-21スイス代表DFロトンバを獲得! 左右のSBこなす有望株

ニースは3日、ヤング・ボーイズからU-21スイス代表DFジョルダン・ロトンバ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 アンゴラ人の両親の下、スイスで生まれ育ったロトンバは、ローザンヌでプロデビュー。その後、2017年にヤング・ボーイズへのステップアップを果たした。 スピードと運動量に長けたU-21スイス代表DFは、利き足は右足も両足のキックが安定しており、両サイドバックをそん色なくこなせる攻撃性能に長けたスイスリーグ屈指の若手DFだ。今シーズンは公式戦35試合に出場し、3アシストを記録していた。 なお、今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるニースは、元フランス代表DFモルガン・シュナイデルラン、U-20フランス代表FWアミーヌ・グイリ、ポルトガル代表FWロニー・ロペス(24)ら6選手を獲得しており、ロトンバが7人目の補強となっている。 2020.08.04 13:31 Tue
twitterfacebook
thumb

中島不出場のポルト、ソアレスの2発でヤング・ボーイズ退け白星発進《EL》

ポルトは19日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG開幕節でヤング・ボーイズをホームに迎え、2-1で競り勝った。ポルトのMF中島翔哉はベンチ入りも出場しなかった。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=iomoh5ed47ox14a6xzp7rgmgf" async></script></div> フェイエノールトとレンジャーズが同居しているグループG。昨季ポルトガルリーグ2位のポルトと、スイス王者ヤング・ボーイズの一戦。 直近のポルティモネンセ戦で怠慢なプレーが目立った中島がベンチスタートとなった試合は、立ち上がりから攻勢に出たポルトが8分に先制する。ソアレスがロングフィードを胸で落とし、ルイス・ディアスのラストパスをボックス左で受けたソアレスがシュートを流し込んだ。 しかし13分、一瞬の隙を突かれてアサレにボックス内への侵入を許し、GKが倒してPKを献上してしまった。このPKをエンサメに決められ、試合を振り出しに戻されてしまう。 失点後も押し込むポルトは25分にCKからダニーロのヘディングシュートが左ポストに直撃。それでも29分、勝ち越しに成功する。スルーパスに反応したヘスス・コロナがボックス右深くで折り返し、最後はソアレスが押し込んだ。 ハーフタイムにかけてもポルトが主導権を握った中、前半を2-1で終えた。 迎えた後半もポルトが押し込むも、シュートチャンスを作るには至らない。すると71分にピンチ。ボックス左からウリッセス・ガルシアのシュートが枠を捉えたが、GKマルチェシンがセーブした。 その後もヤング・ボーイズの攻勢を受けたポルトだったが、逃げ切り勝利。白星発進としている。 2019.09.20 06:12 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly