来季バイエルン加入のウパメカノに珍事? プレシーズンのスタートはライプツィヒで…

2021.06.10 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来シーズンからバイエルンでプレーするフランス代表DFダヨ・ウパメカノだが、プレシーズンは移籍元のRBライプツィヒでスタートすることになるようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。

ライプツィヒでブンデスリーガ屈指の若手センターバックに成長したウパメカノは、今年2月にバイエルンが4250万ユーロ(約56億7000万円)の契約解除金を支払ったことで、来シーズンからブンデスリーガ9連覇中の王者の一員になることが決定した。

当初は7月1日付けで保有権がライプツィヒからバイエルンに切り替わると発表されていたが、『ビルト』の最新のレポートによると、前述の契約解除条項が発動した場合、ライプツィヒとの契約は7月15日まで有効になるという。

そのため、バイエルンがプレシーズンの開始時点でウパメカノを合流させたい場合、同選手がライプツィヒで受け取る月給の半分にあたる20万ユーロ(約2670万円)を支払う必要があるが、現時点でバイエルンに支払いの意思はないようだ。

この結果、ウパメカノは7月5日スタートするライプツィヒのプレシーズントレーニングに参加し、1週間ほど過ごした後に新天地へ合流することになるようだ。

そして、ライプツィヒのコマーシャル・ディレクターを務めるフロリアン・ショルツ氏は、ドイツ『Bavarian Football Works』の取材に対してこの不可思議な状況を認めている。

「ダヨ・ウパメカノが夏季休暇明けに新天地で準備を始めることは、両クラブにとってより意味があるのは確かだ」

「しかし、現在の契約内容ではそうならないことは事実だ。そのため、我々は彼がRBライプツィヒでトレーニングを開始することを予期している」

3者の話し合いによって契約を変更したり、ウパメカノの休暇期間を延ばすなど、やり方次第でこの奇妙な状況は解決できるように思われるが、ウパメカノはプレシーズンを移籍元のライプツィヒでスタートすることになるのか…。

関連ニュース
thumb

ナーゲルスマン監督はさらなる補強を模索か?バルセロナのDF2人に関心を寄せる

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、バルセロナのDF2人に関心を寄せているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今季からバイエルンで指揮を執るナーゲルスマン監督だが、プレシーズンマッチではここまで3戦未勝利と、思うような結果が残せていない。それもあってか、DFダヨ・ウパメカノやDFオマー・リチャーズらの新戦力に加え、さらなる補強を考えているようだ。 その候補の1人がバルセロナの若きアメリカ代表DFセルジーニョ・デスト(20)。昨シーズンは右サイドを主軸に公式戦44試合に出場しており、実績も将来性も十分だ。 ただ、ナーゲルスマン監督は加入を熱望しているようだが、デスト自身はバルセロナにとどまる意向を示している。複数の報道によると、ドルトムント、アーセナル、モナコから巨額のオファーがあったものの、断りを入れているとのことだ。 デストはバルセロナでのインタビューで「できるだけ多くプレーしたい。このクラブでトロフィーを獲得し、プレーヤーとして成長したい」と語っている。 となると、ナーゲルスマン監督からの誘いも断るとみられ、バイエルンは次の候補として同じバルセロナの元スペイン代表DFセルジ・ロベルト(29)をリストアップ。昨季公式戦20試合のマルチロールに対し、買い取りオプション付きの1年間のローン契約を持ちかけるようだ。 S・ロベルトのバルセロナとの契約は2022年6月となっており、契約延長の話はあるものの、まだ公式発表はなされていない。一方でミランやマンチェスター・シティからもアプローチを受けていると報じられている。 果たしてナーゲルスマン監督は新たなピースを手にすることはできるのだろうか。 2021.07.31 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンがPSM3戦未勝利…新生ボルシアMGに敗戦

バイエルンは29日、アリアンツ・アレーナで行われたボルシアMGとのプレシーズンマッチで0-2の敗戦を喫した。 ユリアン・ナーゲルスマン新体制のバイエルンは、ここまでケルン(2-3)、アヤックス(2-2)を相手に1敗1分けの未勝利。今回の一戦ではアディ・ヒュッター新体制のブンデスリーガのライバルチーム相手に初勝利を目指した。 引き続きユーロ2020でプレーした主力を欠く中、DFダヨ・ウパメカノやDFオマー・リチャーズといった新戦力、FWエリック・チュポ=モティング、DFタンギ・クアシ、DFブナ・サールといった現有戦力、若手を組み合わせた布陣で臨んだホームチーム。 対するアウェイチームはMFクリストフ・クラマー、DFトニー・ヤンチュケ、MFハンネス・ヴォルフ、FWパトリック・ヘアマンといったトップチームの選手と若手を混合した布陣で臨んだ。 立ち上がりから主導権争いが続いた中、バイエルンは前半半ば過ぎに決定機を創出。31分、MFマリク・ティルマンの果敢な仕掛けからボックス中央にルーズボールがこぼれると、これをFWジョシュア・ザークツィーが狙うが、シュートを枠に飛ばせない。 0-0で折り返した後半も左ウイングに入ったティルマンの積極的な仕掛けで幾度か見せ場を作るも決め切れないバイエルンは、59分にDFジョー・スカリーからの絶妙な右クロスをゴール左に走り込んだヴォルフにワンタッチボレーで決められ、先制を許した。 その後、60分に大幅にメンバーを入れ替えた中、ユーロ帰りのFWセルジュ・ニャブリがプレシーズンマッチに初出場。だが、守勢は変わらずにGKロン=トルベン・ホフマンの再三の好守で何とか2失点目を防ぐのが精いっぱいの展開に。 だが、76分には相手の波状攻撃から最後はDFミヒャエル・ウェンツェルにボックス右角度のところから右足のシュートを流し込まれ、痛恨の2失点目となった。その後、決死の反撃を見せたものの、ニャブリのゴールがオフサイドで取り消しとなるなど、プレシーズンマッチ3戦目にして初の無得点で試合を終えることになった。 なお、ナーゲルスマン監督は試合後に守備面に一定の手応えを感じながらも、攻撃面の迫力不足を悔やんでいる。青年指揮官がクラブ公式サイトで試合を振り返っている。 「我々は前半、前回のテストマッチ2試合よりも明らかに良い守備をした。今日は早い段階でプレッシャーをかけようとし、ボール奪取も多かった。グラードバッハは前半それほど危険なチャンスを作らなかった。しかし我々もゴール前に入り込むのが少なすぎた」 「アタッキングサードでそれほど積極的でなかったが、それでも2、3の良いチャンスがあった。後半冒頭には再び2回の大変良いカウンターチャンスを得たが、上手くボールを得点に繋げられず、その後は交代の少し前に失点してしまった」 「今は代表プレーヤーたちが戻ってきて、新加入のプレーヤーも数人おり、彼らをチームに順応させなければならない。公式戦が始まれば、我々はもちろん勝利を収め始めるはずだ」 バイエルン 0-2 ボルシアMG 【ボルシアMG】 ヴォルフ(59分) ウェンツェル(76分) 2021.07.29 15:06 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンのフランス代表MFトリソが新型コロナ感染…チーム合流前に発覚

バイエルンは27日、フランス代表MFコランタン・トリソが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。 クラブの発表によると、トリソはフランス国内に滞在中。隔離措置が取られているとのことだ。 トリソはフランス代表の一員としてユーロ2020に出場。そのためまだチームへ合流はしていなかった。 トリソは2017年7月にリヨンからバイエルンに加入。これまで96試合に出場し18ゴール12アシストを記録。セントラルミッドフィルダーだけでなく、サイドハーフやウイングなど様々ポジションでプレーしていた。 2021.07.27 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのJ・ボアテング、セビージャと交渉中

フリーとなっている元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(32)がセビージャと交渉中のようだ。ドイツ『Sport1』が報じている。 今夏の契約満了に伴い、バイエルンを退団したJ・ボアテング。2011年7月に加入し公式戦354試合に出場。8度のブンデスリーガ優勝や2度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献した。 新天地を巡ってはプレミアリーグからセリエAまで多くのオファーが来ているとされているが、フィオレンティーナやローマ、ラツィオらイタリア勢、加えてカタール方面との交渉は実現しなかった模様。 最新の情報ではセビージャと交渉を始めたとのこと。本人の希望はCLに出場するクラブへの移籍のため、セビージャはお眼鏡に敵う候補と見られているようだ。 なお、J・ボアテングは先日に代理を務めていたコンサルティング会社との契約を解消。現在はベルリンに住む古くからの友人に代理人を任せているという。 2021.07.27 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ年間最優秀選手に輝いたレヴァンドフスキ、カーンCEOも絶賛!「彼以外に誰がいるんだ?」

ドイツ年間最優秀選手に選出されたバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを、同クラブのCEO(最高経営責任者)を務めるオリバー・カーン氏も絶賛した。 レヴァンドフスキは、2020-21シーズンのブンデスリーガで29試合に出場し、41ゴール7アシストと圧巻の活躍を披露。1971-72シーズンの元西ドイツ代表FWゲルト・ミュラーがマークし、不滅の大記録と称されたシーズン最多の40ゴールを塗り替え、2021年のドイツ年間最優秀選手に輝いた。 バイエルンのレジェンドで、現在はCEOを務めるカーン氏もドイツ『キッカー』のインタビューでレヴァンドフスキの2年連続受賞にコメント。「私は、彼以外に誰がいるんだと考えている」と、不動のエースの受賞を当然のことだと話した。 また、「レヴァンドフスキが昨シーズン成し遂げたのは本当に信じられないことだ」としたうえで、ミュラー氏の記録を破ったことの凄まじさを強調した。 「小さい頃、ブンデスリーガで40ゴールを記録した選手がいたと聞いた。そして、誰もその記録に迫る者は現れないと思っていた。私が現役の間もずっとそうだった」 「しかし、彼はわずか29試合でその記録に追いつき、さらにそれを更新したんだ」 「世紀の偉業だし、もしかしたら永遠に続くものになるかもしれない」 2021.07.26 14:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly