広告にアダルトコンテンツを使用…プレミア昇格ノリッジの新スポンサーに反発集まり謝罪

2021.06.09 20:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来季プレミアリーグに昇格するノリッジは7日、アジアでスポーツベッティングを手掛ける「BK8」とスポンサー契約を結んだことを発表した。

しかし、「BK8」がアダルトコンテンツを宣伝に使用していることをファンが見つけ、批判が殺到し対処に追われた。

イギリス『BBC』によると、この事態を受けノリッジは迅速に対応。当該投稿を削除し、「こうした投稿とマーケティングは、ノリッジ・シティのビジョンと価値観と一致していない」と声明を発表したとのことだ。

また、「BK8」側も声明を発表し謝罪している。

「懸念と問題が提起されたことを受けて、我々の過去のマーケティングによって引き起こされたいかなる違反に対しても心から謝罪したい」

「この形態のマーケティングがプレミアリーグのパートナーシップに不適切だったことを認めます」

「すぐにこの類のすべてのマーケティング資料を削除し、今後のマーケティング戦略の見直しを実施します」

『BBC』によると、プレミアリーグのスポンサーシップは近年ますます精査されている。また、昨季のプレミアリーグでは8クラブがベッティング会社がユニフォームのスポンサーに。17のクラブではピッチ周りやトレーニングキット、SNSにバートナーがいた。なお、イギリス政府は、ギャンブル関連の会社とのスポンサーシップを禁止するかどうかを検討しているとのことだ。



1 2
関連ニュース
thumb

アストン・ビラ、チャンピオンシップMVPのブエンディアを獲得!移籍金はクラブレコードに

アストン・ビラは7日、ノリッジからアルゼンチン代表FWエミリアーノ・ブエンディア(24)を獲得したことを発表した。 ヘタフェの下部組織出身のブエンディアは2018年夏にノリッジに加入。当時チャンピオンシップ(イングランド2部)で38試合8ゴール12アシストの活躍で優勝に貢献するも、初のプレミアリーグでは36試合で1ゴール7アシストとくすぶり、チームも1年での降格の憂き目に遭った。 それでも加入3シーズン目の今季、ブエンディアは1年目をはるかに上回る活躍を披露。リーグ戦39試合で15ゴール17アシストの数字を叩き出し、年間最優秀選手にも選ばれた。そして、MVPに導かれたノリッジは2年ぶりリーグ制覇と1年での昇格を果たしていた。 ブエンディアは現在、今月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けたアルゼンチン代表の招集を受けており、デビューが期待されている。9日に行われるコロンビア代表戦後にメディカルチェックを済ませて、正式契約を結ぶ見込みだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金はクラブレコードとなる3300万ポンド(約51億2000万円)とのことだ。 2021.06.07 19:13 Mon
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラがチャンピオンシップ最優秀選手ブエンディアの獲得で合意、移籍金はクラブレコードの約51億円

アストン・ビラがノリッジに所属するアルゼンチン人FWエミリアーノ・ブエンディア(24)の獲得で合意に達したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』が報じ、移籍金はアストン・ビラのクラブレコードとなる3300万ポンド(約51億2000万円)とのことだ。 ヘタフェの下部組織出身のブエンディアは2018年夏にノリッジに加入。当時チャンピオンシップ(イングランド2部)で38試合8ゴール12アシストの活躍で優勝に貢献するも、初のプレミアリーグでは36試合で1ゴール7アシストとくすぶり、チームも1年での降格の憂き目に遭った。 それでも加入3シーズン目の今季、ブエンディアは1年目をはるかに上回る活躍を披露。リーグ戦39試合で15ゴール17アシストの数字を叩き出し、ノリッジは2年ぶりリーグ制覇と1年での昇格を果たした。 チャンピオンシップ最優秀選手に輝いたブエンディアにはアーセナルを筆頭に多くのプレミアクラブが注目しているとされていたが、アストン・ビラが争奪戦を制す形となった。 2021.06.06 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

元ノルウェー代表MFが古巣ローゼンボリヘ復帰!ノリッジに9年在籍

ローゼンボリ(ノルウェー)は12日、ノリッジ(イングランド2部)に所属する元ノルウェー代表MFアレクサンダー・テッティ(33)を獲得したことを発表した。なお、ノリッジとの契約が今季までのため、移籍金は発生していない。 ノルウェー1部リーグ、エリテセリエンは4月から10月まで行われており、テッティの契約期間は今シーズン終了までの半年間。また、契約満了後は現役を引退し、アカデミーの指導者としてローゼンボリに留まる予定だという。 契約締結に際して、テッティはクラブ公式サイトで「ローゼンボリでキャリアを終えたかった。今が家に帰るのにふさわしい時期だし、ローゼンボリこそ僕のクラブだ」とコメント。古巣への12年ぶりの復帰を喜んだ。 ガーナ出身でノルウェーのローゼンボリでプロデビューを飾ったテッティは、ノルウェー代表として34試合の出場歴を持つセントラルMF。2012年夏にレンヌからノリッジへ加入すると在籍した9シーズンで通算263試合に出場し、8ゴールを挙げた。 今季は22試合に出場すると、主力ではないながらもチームのプレミアリーグ昇格、そしてチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝に貢献している。 2021.05.14 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ノリッジが2シーズンぶり3度目の優勝! カナリアの歓喜の歌鳴り響く《チャンピオンシップ》

ノリッジは1日、チャンピオンシップ(イングランド2部)第45節のレディング戦に4-1で快勝し、2018-19シーズン以来、通算3度目のチャンピオンシップ優勝を果たした。 第42節終了時点で1年ぶり5度目のプレミアリーグ昇格を決めていたノリッジだが、同じく昇格を確定している2位のワトフォードとの優勝争いは継続中だった。 今節を前にワトフォードに5ポイント差を付けていたノリッジは、勝利で自力優勝が可能だったこの一戦で先制点こそ奪われるも、MFドーウェルの2ゴールで逆転に成功すると、その後はエースFWプッキにもゴールが生まれ、最終的に4-1の圧勝で優勝を決めた。 前回優勝時にもチームを率いたダニエル・ファルケ監督の下、1年でのプレミア復帰を目指したノリッジは、ここまで29勝7敗9分けの勝ち点96、73得点34失点という王者に相応しい数字を残した。 また、個人では得点ランキング2位の26ゴールを挙げたエースFWテーム・プッキに加え、昨季からの主力であるMFエミリアーノ・ブエンディアが14ゴール17アシスト、MFトッド・キャントウェルが6ゴール6アシスト、DFマックス・アーロンズが2ゴール4アシスト、守護神ティム・クルルが18度のクリーンシートとチームを牽引。 さらに、それぞれトッテナム、エバートンからレンタル加入していたMFオリバー・スキップ、MFキーラン・ドーウェルの活躍も光った。 なお、残り1枠を争う昇格プレーオフ争いは、ブレントフォード(3位/勝ち点84)、スウォンジー(4位/勝ち点80)、ボーンマス(5位/勝ち点77)、バーンズリー(6位/勝ち点77)の4チームの出場が決定している。 2021.05.02 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰のノリッジ、36歳のベテランGKと契約延長

来季プレミアリーグに昇格するノリッジは29日、元北アイルランド代表GKマイケル・マクガバーン(36)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 セルティックの下部組織で育ったマクガバーンは、2004年にトップチームに昇格するも、トップでは出場機会に恵まれず。その後はダンディー・ユナイテッドやロス・カウンティなどスコットランドのクラブを渡り歩き、2016年の夏にノリッジに加入。 ノリッジでは加入初年度からレギュラーに定着したが、元イングランド代表GKアンガス・ガンや元オランダ代表GKティム・クルルの加入により出場機会が激減。今季もGKクルルの控えGKとしてリーグ戦10試合の出場にとどまっていた。 契約延長にサインしたマクガバーンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「自分の将来について少しでも安心できることは良いことだから、新たにサインできて本当に嬉しい。ティムがケガしていた時に出場して勝利に貢献できて良かった。最終的にはチームの勝利が最も重要だからね」 2021.04.30 01:01 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly