ギュンドアンの男気!幼少期を過ごしたクラブにボーナスを寄付

2021.06.09 15:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティ所属のドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、幼少期に在籍していたへスラー06というクラブに金銭面の支援をしたそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

へスラー06はギュンドアンの故郷であるゲルゼンキルヒェンで活動するアマチュアクラブで、同選手は1993年から2004年の間、シャルケで過ごした1年を挟んで通算10年間在籍していた。

そのへスラー06は現在、新しい人工芝のピッチを建設している最中で、その費用は65万ユーロ(約8700万円)かかるのだそう。このうちの35万ユーロ(約4700万円)はゲルゼンキルヒェンの自治体が支払うことになっているのだが、30万ユーロ(約4000万円)はクラブ持ち。ギュンドアンはその大部分を、シティから受け取ったボーナスで賄うのだという。

ドイツ代表MFの叔父で代理人を務めるイルハン氏はこのように語っている。

「幼少の期のほとんどをここで過ごしたので、今でもこのクラブと密接な関係にある」

「ピッチが無いために多くの子供たちが加入できない事実を聞き、イルカイはとてもショックを受けていたよ」

2016年夏のシティ加入後、3度のプレミアリーグ優勝を含む8個の主要トロフィーを獲得してきたギュンドアン。今季はチーム最多の13ゴールを挙げて優勝に貢献しており、トータルのボーナスは莫大なものだろう。

しかしながら、男気溢れるギュンドアンの姿勢に、へスラー06のライナー・コーニェツカ会長は「イルカイがいなければ、このプロジェクトを始めることはできなかっただろう」と感謝の意を表している。

関連ニュース
thumb

元ドイツ代表DFヘヴェデス氏、代表チームのマネージャーに就任

ドイツサッカー連盟(DFB)は4日、元ドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデス氏(33)をドイツ代表のチームマネージャーに任命したことを発表した。契約期間はカタール・ワールドカップが行われる2022年11月までとなっている。 現役時代、シャルケでセンターバックとして活躍したヘヴェデス氏はドイツ代表では通算44試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップでは左サイドバックのレギュラーとして全7試合に出場し、優勝に大きく貢献していた。 キャリアを通してケガに泣かされたヘヴェデス氏は、昨年7月に現役を引退。その後、U-21ドイツ代表のコーチングスタッフに就任していたが、今後はハンジ・フリック新監督のサポート役を担うことになる。 ヘヴェデス氏はドイツ代表のチームマネージャー就任について「自分の国のためにプレーできることは最高のことだった。だからこそ、新たな役割で代表チームに戻り、全てのプロセスに関われることを嬉しく思う。自分の経験をチームに伝えたい。ポテンシャルを秘めたチームの一員であることを誇りに思う」とコメントした。 2021.08.04 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

契約更新のレバークーゼンFWアラリオ、内転筋負傷で開幕間に合わず

レバークーゼンは4日、元アルゼンチン代表FWルーカス・アラリオが負傷したことを報告した。 伝えられるところによると、アラリオは3日行われたトレーニングで負傷。内転筋に軽度の裂傷を負ったという。 今後2週間はトレーニングに参加することができず、7日に行われるDFBポカール1回戦のロコモティーヴェ・ライプツィヒ戦および、14日のブンデスリーガ開幕節のウニオン・ベルリン戦は欠場が決定的となった。 2017年夏に母国のリーベル・プレートから加入したアラリオはこれまで公式戦131試合に出場し、51ゴール16アシストを記録。コンスタントに結果を残し続け、昨シーズンのブンデスリーガでは自身初の二桁得点となる11ゴールをマークした。 その功績から、2日には2024年までの契約延長が発表された矢先のことだった。 2021.08.04 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWイビセビッチが現役引退、ヘルタでストライカー指導のコーチに就任

元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWヴェダド・イビセビッチ(36)がヘルタ・ベルリンに復帰した。しかし、それは選手としてではなく、コーチとしての復帰だった。 かつてヘルタでキャプテンを務めたイビセビッチ。2020年9月にヘルタからシャルケへと完全移籍すると、2021年1月に退団。その後はフリーとなっていた。 アメリカでプレーしていたイビセビッチは、2004年7月にパリ・サンジェルマンへと完全移籍。その後、ディジョンへのレンタル移籍を経験。2006年7月にアレマニア・アーヘンへと移籍する。 2007年7月にはホッフェンハイムへと移籍すると、初昇格ながらブンデスリーガで躍進を遂げたチームを支える活躍を見せる。 その後、シュツットガルトへの移籍を経て、2016年7月にヘルタへと完全移籍。チームの攻撃を支えていた。 現役時代にはブンデスリーガで344試合に出場し127ゴール52アシストを記録。今回正式に引退し、指導者キャリアを古巣で歩むこととなった。 また、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表として83試合で28ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップに出場するなど、チームを支えていた。 なお、ファーストチームだけでなく、アカデミーでもストライカーの育成に携わることになるようだ。 2021.08.04 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ムニエに続きブラントがコロナ陽性

ドルトムントは3日、ドイツ代表MFユリアン・ブラントが新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを発表した。 ドルトムントでは同日、ベルギー代表DFトーマス・ムニエがコロナ陽性判定を受けていた。 コロナ陽性者が2人出たことを受け、この日予定されていた公開練習は中止に。パンデミックが起きて以降、初めての公開練習が中止となったことを受け、ドルトムントは公式サイトで「心が痛む」と無念さを滲ませた。 2021.08.04 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ムニエがコロナ検査で陽性に

ドルトムントは3日、ベルギー代表DFトーマス・ムニエが新型コロナウイルス検査で陽性だったことを報告した。 新シーズンに向けてスイスでトレーニングキャンプを行なっていたドルトムント。ムニエはスイスキャンプ入り前に行った2度の検査と、スイス出国前の検査では陰性を示していたものの、最近の検査で陽性が判明したようだ。 しばらくは隔離措置が取られることになり、新シーズンの開幕を告げる7日のDFBポカール1回戦、ヴェーエン・ヴィースバーデン戦の欠場が確定した。 なお、ムニエは2日前にインスタグラムでMFトルガン・アザールとMFアクセル・ヴィツェルとのスリーショットを投稿していたが、こちらの2選手に関して感染は報告されていない。 2021.08.03 19:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly