清水、ウィリアム・マテウスと双方合意で契約解除「家族のためにブラジルへ戻ります」

2021.06.03 13:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは3日、ブラジル人DFウィリアム・マテウス(31)と契約解除したことを発表した。契約解除の理由は家庭の事情。コロナ禍で家族が日本に来られなかった同選手の考えを尊重し、双方合意の下で、この度マテウスはブラジルに戻ることになった。

「これまで海外でプレーしたことはありましたが、これほど温かく迎えていただいたことは初めてでした。ブラジル人の選手やスタッフも多く、チームのみんなに優しく接してもらい本当に感謝しています」

「日本でプレーすることを決める前に、周りの人たちから日本の環境の良さやJリーグのレベルの高さを聞き、数年間はプレーするつもりでいました。ただ、家族も一緒に来る予定でしたが、コロナの影響で叶いませんでした。残念ながら人生で初めての難しい決断をしなければなりませんでした」

「このパンデミックの中、自分が一番大切にしている家族のためにブラジルへ戻ります。日本を離れますが、今後のチームの良い結果と皆さんや家族の幸せを願っています」

ボタフォゴやヴァスコ・ダ・ガマ、コリチーバにフルミネンセなど、母国クラブを転々としたマテウスは、今シーズンから清水に加入。コロナ感染防止策による合流の遅れもあったが、4月28日に行われたルヴァンカップのサンフレッチェ広島戦で途中出場し、日本デビューを飾った。

続く5月5日のベガルタ仙台戦では初先発も果たしたが、J1での出番はなく、2試合の出場にとどまっていた。
関連ニュース
thumb

清水FW栗原イブラヒムジュニアが鈴鹿ポイントゲッターズに育成型レンタル 「必ず成長して、またこのクラブに」

清水エスパルスは29日、FW栗原イブラヒムジュニア(19)が日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズに育成型期限付き移籍で加わると発表した。移籍期間は2021年12月31日までとなる。 栗原は三菱養和SCユースから2020年に清水入りした後、同年8月にアスルクラロ沼津に育成型レンタル。今季から清水に復帰したが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督の下で出場機会に恵まれなかった。 昨季に続くシーズン途中の武者修行を受け、清水の公式サイトを通じて、レベルアップしての復帰を誓った。 「これまで試合に出場することができず、もの凄く悔しい思いもしましたが、この半年間は自分にとって確実にプラスになるものだと確信しています。エスパルスのユニホームを着て試合に出るためにも、必ず成長して、またこのクラブに戻ってきたいと思っています」 2021.07.29 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山が2017年以来2度目、清水MF石毛秀樹を期限付きで獲得「自分の全てを尽くしたい」

ファジアーノ岡山は25日、清水エスパルスのMF石毛秀樹(26)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き位移籍期間は2022年1月31日までとなる。背番号は「48」。 石毛は清水の下部組織出身。ジュニアユース、ユースとプレー。2012年にトップチームに昇格すると、2017年に岡山へと期限付き移籍。その後清水に復帰していた。 清水ではJ1通算118試合9得点、J2通算23試合1得点を記録していた。 今シーズンはここまでリーグ戦の出場はなく、YBCルヴァンカップで1試合に出場したのみだった。 2度目の岡山加入となる石毛は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「ファジアーノ岡山のファン・サポーターの皆さん、お久しぶりです。再び期限付き移籍で加入することになりました石毛秀樹です」 「皆さんとまた一緒に戦うことができ、とても嬉しいです。勝利のために自分の全てを尽くしたいと思います。応援をよろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「再びファジアーノ岡山へ期限付き移籍することになりました。一昨年、昨年と怪我が続いてしまい、今年も思うように試合に出られず悔しい思いをし続けていました」 「大好きな清水を離れることは寂しいですが、岡山では厳しく、そして自分らしく、サッカーを楽しんでプレーしてきます。引き続き応援していただけると幸いです。後半戦、エスパルスの飛躍を応援しています」 2021.07.25 12:18 Sun
twitterfacebook
thumb

清水がコソボ代表MFコロリを完全移籍で獲得内定「日本の文化や食べ物に興味を持っていた」

清水エスパルスは23日、スイスのチューリヒからコソボ代表MFベンジャミン・コロリ(29)を完全移籍で獲得することが内定したと発表した。 コロリはメディカルチェックを経て正式契約。23日に入国し、14日間のJリーグバブルを経てチームへと合流する。背番号は「32」。 清水への加入が内定したコロリはクラブを通じてコメントしている。 「この美しいオレンジ色のユニフォームを着て、スタジアムのファンに会い、このチームでプレーできることにとても興奮しています」 「また、日本に来られることを嬉しく思っています。私は日本の文化や食べ物に興味を持っていましたので、とても楽しみにしています」 コロリはスイスとコソボにルーツを持っており、スイスのシオンでキャリアをスタート。2015年7月にFCビール/ビエンヌへと完全移籍すると、2016年1月にはヤング・ボーイズへとレンタル移籍を経験。ローザンヌへの移籍を経て、2018年7月にチューリヒへと完全移籍で加入した。 左サイドハーフを主戦場とするコロリは、トップでもプレー。チューリヒでは公式戦92試合に出場し26ゴール19アシストを記録。スイス・スーパーリーグでは、150試合で42ゴール27アシストを記録していた。 また、2016年11月からコソボ代表としてもプレー。UEFAネーションズリーグやユーロ予選、ワールドカップ欧州予選などここまで23試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 チューリヒは6月3日にコロリとの契約延長を行わないことを発表しており、2020-21シーズン限りで退団し、フリーとなっていた。 なお、清水は22日にフラメンゴのMFホナウド(24)が加入することも発表していた。 2021.07.23 13:08 Fri
twitterfacebook
thumb

山口が千葉からFW大槻周平を期限付き移籍で獲得「千葉でプレーできたことはぼくの財産」

レノファ山口FCは22日、ジェフユナイテッド千葉のFW大槻周平(32)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなり、千葉との公式戦には出場できない。背番号は「43」をつける。 大槻は大阪学院大学から2012年に湘南ベルマーレへと入団。J1で73試合6得点、J2で34試合9得点と主軸として活躍すると、2017年にヴィッセル神戸へと完全移籍する。 神戸では2シーズンでJ1通算33試合2得点。思うような結果が出せない中、2019年に山形へと移籍。J2で78試合19得点を記録すると、今シーズンから千葉に加入。ここまでJ2で14試合に出場もゴールはなかった。 大槻は両クラブを通じてコメントしている。 ◆レノファ山口FC 「この度ジェフユナイテッド市原・千葉から加入させていただきます大槻周平です。一日でも早くチームに溶け込み、レノファ山口FCの勝利に貢献できるよう頑張りますので、応援をよろしくお願いします」 ◆ジェフユナイテッド千葉 「この度、レノファ山口に期限付き移籍することになりました。半年間という短い間でしたが、ジェフ千葉でプレーできたことはぼくの財産です。この半年間で学んだことをレノファ山口で活かして頑張ってきます。応援ありがとうございました」 2021.07.22 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

清水がフラメンゴのMFホナウドを完全移籍で獲得、ブラジル1部で53試合出場

清水エスパルスは22日、フラメンゴのMFホナウド(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 背番号は「3」。23日に入国を予定しており、その後14日間のJリーグバブルを経てチームへと合流する。 ホナウドは、フラメンゴの下部組織で育ち、アトレチコ・ゴイアニエンセやバイーアへのレンタル移籍を経験。今年7月でチームを退団していた。 これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは53試合に出場し1ゴール4アシストを記録。ボランチを主戦場にサイドバックでもプレーできる。 ホナウドはクラブを通じてコメントしている。 「ホナウド・ダ・シルバ・ソウザです。ニックネームはホナウドです。エスパルスのチームメイトになれて、とても嬉しく思っています。クラブの全ての目標を達成して、エスパルスのファンを幸せにしたいと思います!」 2021.07.22 13:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly