【2020-21ブンデス総括】超WS選出の最優秀選手はレヴァンドフスキ

2021.06.04 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
絶対王者バイエルンの9連覇で幕を閉じた今季のブンデスリーガ。ライプツィヒが優勝争いを盛り上げかけたものの及ばず2試合を残しての優勝と、例年通りの危なげない連覇達成となった。

◆レヴァンドフスキが記録樹立~バイエルン~
そのバイエルンを牽引したのはブンデスリーガのシーズン歴代最多ゴール記録を樹立したFWレヴァンドフスキ。コンスタントに得点を挙げ続け、実に41ゴールをマーク。並外れた得点力でケガ人やコロナ陽性により欠場者の多かったチームを救った。また、就任2季目を戦ったフリック監督の手腕も見逃せない。前述のように欠場者の多かったチームをうまくやり繰りし、決して厚いとは言えなかった選手層の中、うまく勝ち点を積み上げて見せた。その手腕が評価され、次期ドイツ代表監督就任が決まっている。

◆名将ナーゲルスマンの手腕~ライプツィヒ~
シーズン終盤、バイエルンに多少のプレッシャーをかけたのは2位フィニッシュを果たしたライプツィヒだった。得点源だったFWヴェルナーを失ってスタートした新シーズンだったが、名将の仲間入りを果たしたナーゲルスマン監督はMFフォルスベリやMFダニ・オルモらを前線に置くゼロトップスタイルで明確なストライカーを置かず、中盤の選手たちの得点力をうまく引き出した。そのナーゲルスマン監督は来季、バイエルンの指揮官に就任し10連覇を目指すことになる。

◆怒涛の追い上げでCL出場権獲得~ドルトムント~
FWハーランドやMFサンチョといったヤングスターを擁し、開幕前はバイエルンの対抗馬に挙げても良い程のドルトムントだったが、12月の段階でファブレ監督を解任せざるを得ない不安定な戦績で優勝争いから早々に脱落してしまった。一時はチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も危うい状況に陥ったが、ボルシアMGの指揮官を務めるローゼ監督の来季指揮官就任が発表された辺りから復調。テルジッチ暫定監督の下、怒涛の追い上げを見せて7連勝締めとし、3位フィニッシュでノルマのCL出場権を獲得している。

◆主砲ヴェグホルストの存在~ヴォルフスブルク~
この3チームに加え、CL出場権を獲得したのはヴォルフスブルクとなった。意外な健闘を見せたヴォルフスブルクは例年、ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いには絡んでくる中堅だが、今季は目立った戦力補強があったわけではなかったものの、現有戦力をグラスナー監督がうまくまとめ上げた格好だ。とりわけ大きかったのがシーズン20ゴールの大台に乗せた主砲FWヴェグホルストの存在。過去2シーズンも15ゴール超えとコンスタントに得点力を発揮していたが、今季はより得点感覚に磨きがかかった印象だった。

◆遠藤航、鎌田、堂安が活躍、長谷部と奥川は及第点、遠藤渓太は来季に期待、大迫は落第~7人の日本人~
7人が挑戦した今季のブンデスリーガではシュツットガルトのMF遠藤航、フランクフルトのMF鎌田、ビーレフェルトのMF堂安がチームを牽引する働きを見せた。

まずは遠藤航。シュツットガルトを昇格に導き、1部初挑戦となった遠藤航だったが、物怖じせず堂々たるプレーを披露。フィジカルの強さを生かし、デュエル勝率で圧巻のリーグ1位をマークして見せた。最終節、出場停止で欠場した以外は全て先発と、シュツットガルトにとって欠かせない戦力となっていた。

続いて鎌田。CL出場権獲得には一歩及ばなかったものの、フランクフルトを5位フィニッシュに導く活躍を見せた。昨季の活躍以上に目に見えるスタッツを残し、リーグ戦5ゴール15アシストを記録した。チームメートのMF長谷部もリーグ戦29試合に出場。37歳となったが、まだまだ老け込むことなく今季は運動量が求められる本職のボランチでも十分なプレーを見せた。

そしてMF堂安。PSVからレンタルで加入し、昇格組のビーレフェルトに加入した中、リーグ戦全試合スタメン出場を果たした。劣勢を強いられることが多かった中、守備も献身的に行った上、5ゴール3アシストを記録し、チームを残留に導いた。また、1月にザルツブルクから加入したMF奥川もチームの戦力となって残留に貢献。残留の懸かる最終節ではPKを獲得するなど、日本人コンビが主力として存在感を示した。

一方でブレーメンのFW大迫はまさかのノーゴールに終わり落第。チームも41年ぶりに降格し、痛恨のシーズンとなってしまった。また、ウニオン・ベルリンにレンタルで加入したMF遠藤渓太は好調なチームの中、なかなか出場機会を得られず苦しんだ。それでも完全移籍を勝ち取り、来季の活躍が期待される。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

文句なしでの選出。ヒザの負傷により約1カ月戦列を離れる時期があっての大記録樹立に脱帽だ。結局、29試合の出場で41ゴールと並外れたスタッツを残し、不滅と思われたレジェンドのゲルト・ミュラー氏超えを達成してしまった。彼がいる限り、バイエルンが王座から退くことはなさそうだ。

★最優秀監督
◆アディ・ヒュッター(フランクフルト)
Getty Images

惜しくもクラブ史上初のCL出場権獲得は果たせなかったが、5位フィニッシュに導いたフランクフルトのヒュッター監督を選出。限られた戦力ながら選手たちの特長をしっかりと出させる戦術で、上位争いを展開し続けた。惜しむらくは自身がボルシアMGの指揮官に就任することが発表されて以降、チームの士気が落ちてしまったこと。来季は新天地での好采配が期待される。

【期待以上】
★チーム
◆ウニオン・ベルリン
Getty Images

クラブ史上2度目の欧州カップ戦出場を果たしたウニオンを選出。昇格2年目の今季、シーズンを通して安定した戦いを続け、見事7位でフィニッシュし、新設されたカンファレンスリーグへの出場を決めた。堅守速攻のスタイルを突き詰め、大きな成果を残した。

★選手
◆MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン)
Getty Images

ドイツ出身で2年前にチェルシーの下部組織からバイエルンに加入したミュージアラ。昨年6月にトップチームデビューを果たして迎えた今季、その才能が早くも花開いた。ゴレツカやキミッヒ、トリソら中盤の主力が戦列を離れる時期のあったバイエルンだったが、その穴を埋める以上の活躍を18歳の若武者はやってのけた。今年2月、ドイツ代表を選択したが、ユーロでの活躍が期待される。

【期待外れ】
★チーム
◆シャルケ
Getty Images

もはや近年の低迷から降格は驚きではない状況だったが、ここまでの体たらくは想像できなかった。かつてはCL出場権争いの常連だった名門だが、フロントのゴタゴタもあり、チーム力が大きく減退してしまった。そのツケが一気に吹き出たシーズンとなったが、30年ぶりの2部降格で目を覚ますことはできるか。

★選手
◆MFリュカ・トゥザール(ヘルタ・ベルリン)
Getty Images

リヨンからクラブレコードの2500万ユーロで加入したトゥザールだったが、その移籍金に見合うだけの活躍は披露できなかった。中盤の底でチームを安定させる役割を担いたいところだったものの、失点がかさむチームを救うことができず。ビッグクラブ化を図った今季のヘルタだったが新戦力が軒並み外れ、道半ばで頓挫に終わりそうな気配だ。


関連ニュース
thumb

バイエルン会長、レヴァンドフスキ残留を確信 「より長く留めることを想像できる」

バイエルンのヘルベルト・ハイナー会長は、今シーズン限りでの退団が噂されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(32)の残留を確信しているようだ。 バイエルン在籍7年目で絶対的なエースに君臨するレヴァンドフスキ。今シーズンはクラブのレジェンドである、ゲルト・ミュラー氏が保持していた1シーズンのブンデスリーガ最多得点記録を更新する41ゴールを挙げる見事な活躍を披露。4年連続のリーグ得点王と共に、自身初のゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得した。 しかし、そのエースに関しては、今夏の移籍市場でチェルシーやマンチェスター・シティといったプレミアリーグ勢を中心に国外のメガクラブ移籍の可能性が取り沙汰されている。 それでも、クラブ公式サイトのロングインタビューに答えたハイナー会長は、2023年まで契約を残すレヴァンドフスキの残留を確信。さらに、ゲルト・ミュラー氏が持つクラブ歴代最多得点記録(365点)の更新さえも期待しているようだ。 「ロベルトは世界最高のストライカーだ。彼はまだバイエルンと2年間の契約があり、より一層長く彼を留めることをしっかり想像できる」 「現在、レヴァンドフスキは277ゴールを決めている。仮に、彼が健康を保ち、我々と再び契約を延長したら(更新は)可能だろう。彼には全幅の信頼を寄せている。ロベルトは我々にとって絶対的な幸運だ」 また、バイエルンはここまでRBライプツィヒのフランス代表DFダヨ・ウパメカノ、レディングのイングランド人DFオマー・リチャーズの2選手を獲得しているが、ハイナー会長は今後の大型補強の可能性を否定している。 「例え我々が比較的良い形で経済面の困難を乗り越えたとしても、人々は単にコロナの影響を過小評価してはいけない。我々にも大きな痛みの跡が残るだろう。ダヨ・ウパメカノを除いて、今夏これ以上の大きな移籍は不可能だ。我々はオマー・リチャーズと契約し、加えてローン移籍していた7選手が戻って来る。目標はチームとしての幅を強化することだ。しかし質はとても高く、更なるビッグネーム獲得は必要としない。チーム内の配列は正しい」 2021.06.12 00:06 Sat
twitterfacebook
thumb

来季バイエルン加入のウパメカノに珍事? プレシーズンのスタートはライプツィヒで…

来シーズンからバイエルンでプレーするフランス代表DFダヨ・ウパメカノだが、プレシーズンは移籍元のRBライプツィヒでスタートすることになるようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ライプツィヒでブンデスリーガ屈指の若手センターバックに成長したウパメカノは、今年2月にバイエルンが4250万ユーロ(約56億7000万円)の契約解除金を支払ったことで、来シーズンからブンデスリーガ9連覇中の王者の一員になることが決定した。 当初は7月1日付けで保有権がライプツィヒからバイエルンに切り替わると発表されていたが、『ビルト』の最新のレポートによると、前述の契約解除条項が発動した場合、ライプツィヒとの契約は7月15日まで有効になるという。 そのため、バイエルンがプレシーズンの開始時点でウパメカノを合流させたい場合、同選手がライプツィヒで受け取る月給の半分にあたる20万ユーロ(約2670万円)を支払う必要があるが、現時点でバイエルンに支払いの意思はないようだ。 この結果、ウパメカノは7月5日スタートするライプツィヒのプレシーズントレーニングに参加し、1週間ほど過ごした後に新天地へ合流することになるようだ。 そして、ライプツィヒのコマーシャル・ディレクターを務めるフロリアン・ショルツ氏は、ドイツ『Bavarian Football Works』の取材に対してこの不可思議な状況を認めている。 「ダヨ・ウパメカノが夏季休暇明けに新天地で準備を始めることは、両クラブにとってより意味があるのは確かだ」 「しかし、現在の契約内容ではそうならないことは事実だ。そのため、我々は彼がRBライプツィヒでトレーニングを開始することを予期している」 3者の話し合いによって契約を変更したり、ウパメカノの休暇期間を延ばすなど、やり方次第でこの奇妙な状況は解決できるように思われるが、ウパメカノはプレシーズンを移籍元のライプツィヒでスタートすることになるのか…。 2021.06.10 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがハドソン=オドイ獲得に再挑戦! チェルシーも金額次第で売却に応じるか…

バイエルンがチェルシーに所属するイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(20)の獲得に再挑戦するようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 バイエルンは2019年夏に4度のオファーを掲示するなど、以前から20歳の若武者にご執心だ。ただ、チェルシーサイドの再三に渡る抵抗もあり、移籍金の問題で折り合いが付かず、ここまで移籍は実現していない。 しかし、元ブラジル代表FWドグラス・コスタの退団などにより、ウイングの補強が必要なブンデスリーガ王者は今夏の移籍市場で再びハドソン=オドイの獲得に乗り出すようだ。 一方、これまではハドソン=オドイの売却に乗り気ではなかったチェルシーだが、トーマス・トゥヘル監督の下でシャドー、ウイングバックのバックアップに甘んじる生え抜きの若手を、今夏の大型補強に向けて換金対象とみなしており、相応のオファーが届いた場合、売却に応じる可能性が高まっている。 なお、2019年には3500万ポンド(約54億2000万円)前後のオファーを掲示していたが、コロナ禍における市場の下落の影響もあり、より安価な金額での獲得が可能だという。 2021.06.09 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アラバ父がバイエルン現会長を非難「言ってることは事実無根」

オーストリア代表DFダビド・アラバの父親であるジョージ氏が、事実とは異なる発言をしたとして、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ会長を非難している。 今夏でバイエルンとの契約が満了を迎え、5年契約でレアル・マドリーしたアラバ。下部組織から所属し、半年間のホッフェンハイムへのローンを除いて、公式戦431試合に出場して33ゴール55アシストを記録。2度のチャンピオンズリーグ優勝、10度のブンデスリーガ優勝、6度のDFBポカール優勝とバイエルンのタイトル獲得に大きく貢献してきた。 契約延長はしばらく続いていたようだが、両者の間で折り合いがつかず、結局13年過ごしたクラブを退団。キャリアの新たなステージを進む決断をした。 交渉が決裂した理由について、ルンメニゲ会長は以前ドイツ『キッカー』の取材で「すでに1500万ユーロの年俸を受け取っている選手が、この経済難の中で1950万ユーロでは満足できないことを理解できる人は限りなく少ないと思う」とコメント。アラバ側が大幅な給与アップを望んでいることを示唆する発言を残していた。 しかしながらジョージ氏は、今月末で退任する同会長の発言は事実無根だとして非難。息子とクラブによる賃金に関する話し合いはなかったと主張した。 「詳しくは言わないが、実際に何が起こったかは責任者が知っているだろう。私が言えるのは、時間の経過とともに非常に難しい立場に追い込まれ、お金の話は一切しなくなったということだけだ」 「だから結局、彼(ルンメニゲ)がお金の話をやめなかった理由は私にはわからなかった。交渉はコロナ禍の前から行われていたが、同じ時期に他の交渉がスムーズに進んでいたにもかかわらず、コロナを言い訳にされたことには失望したよ」 2021.06.05 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

サウールは今季限りでアトレティコ退団か…バイエルン&チェルシー関心?

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)は今シーズン限りでクラブを離れることを真剣に検討しているようだ。 アトレティコのカンテラ出身のサウールは、ラージョ・バジェカーノでの1年間の武者修行を終えた2014年以降、サイドハーフ、ピボーテを中心にディアゴ・シメオネ率いるチームの絶対的な主力に君臨してきた。 しかし、今シーズンはMFトマ・レマルやMFヤニック・カラスコ、MFエクトル・エレーラとの中盤のポジション争いにおいて苦戦。公式戦41試合に出場したものの、攻守両面で精彩を欠き、チームのラ・リーガ制覇とは裏腹に苦しいシーズンを過ごした。 その不振が影響してか、ユーロ2020に臨むスペイン代表からも落選しており、今夏に新たな環境を求める可能性が伝えられている。 そういった中、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、サウールが今シーズン限りでクラブを離れる可能性があると主張。さらに、具体的な交渉は行われていないものの、バイエルンとチェルシーが獲得に関心を示しているという。 また、アトレティコはサウールの後釜としてウディネーゼに所属するアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(27)との交渉を進めているようだ。 なお、アトレティコとサウールの現行契約は2026年まで残っており、獲得には高額の移籍金が必要となる。 2021.06.05 01:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly