【2020-21ブンデス総括】超WS選出の最優秀選手はレヴァンドフスキ

2021.06.04 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
絶対王者バイエルンの9連覇で幕を閉じた今季のブンデスリーガ。ライプツィヒが優勝争いを盛り上げかけたものの及ばず2試合を残しての優勝と、例年通りの危なげない連覇達成となった。

◆レヴァンドフスキが記録樹立~バイエルン~
そのバイエルンを牽引したのはブンデスリーガのシーズン歴代最多ゴール記録を樹立したFWレヴァンドフスキ。コンスタントに得点を挙げ続け、実に41ゴールをマーク。並外れた得点力でケガ人やコロナ陽性により欠場者の多かったチームを救った。また、就任2季目を戦ったフリック監督の手腕も見逃せない。前述のように欠場者の多かったチームをうまくやり繰りし、決して厚いとは言えなかった選手層の中、うまく勝ち点を積み上げて見せた。その手腕が評価され、次期ドイツ代表監督就任が決まっている。

◆名将ナーゲルスマンの手腕~ライプツィヒ~
シーズン終盤、バイエルンに多少のプレッシャーをかけたのは2位フィニッシュを果たしたライプツィヒだった。得点源だったFWヴェルナーを失ってスタートした新シーズンだったが、名将の仲間入りを果たしたナーゲルスマン監督はMFフォルスベリやMFダニ・オルモらを前線に置くゼロトップスタイルで明確なストライカーを置かず、中盤の選手たちの得点力をうまく引き出した。そのナーゲルスマン監督は来季、バイエルンの指揮官に就任し10連覇を目指すことになる。

◆怒涛の追い上げでCL出場権獲得~ドルトムント~
FWハーランドやMFサンチョといったヤングスターを擁し、開幕前はバイエルンの対抗馬に挙げても良い程のドルトムントだったが、12月の段階でファブレ監督を解任せざるを得ない不安定な戦績で優勝争いから早々に脱落してしまった。一時はチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も危うい状況に陥ったが、ボルシアMGの指揮官を務めるローゼ監督の来季指揮官就任が発表された辺りから復調。テルジッチ暫定監督の下、怒涛の追い上げを見せて7連勝締めとし、3位フィニッシュでノルマのCL出場権を獲得している。

◆主砲ヴェグホルストの存在~ヴォルフスブルク~
この3チームに加え、CL出場権を獲得したのはヴォルフスブルクとなった。意外な健闘を見せたヴォルフスブルクは例年、ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いには絡んでくる中堅だが、今季は目立った戦力補強があったわけではなかったものの、現有戦力をグラスナー監督がうまくまとめ上げた格好だ。とりわけ大きかったのがシーズン20ゴールの大台に乗せた主砲FWヴェグホルストの存在。過去2シーズンも15ゴール超えとコンスタントに得点力を発揮していたが、今季はより得点感覚に磨きがかかった印象だった。

◆遠藤航、鎌田、堂安が活躍、長谷部と奥川は及第点、遠藤渓太は来季に期待、大迫は落第~7人の日本人~
7人が挑戦した今季のブンデスリーガではシュツットガルトのMF遠藤航、フランクフルトのMF鎌田、ビーレフェルトのMF堂安がチームを牽引する働きを見せた。

まずは遠藤航。シュツットガルトを昇格に導き、1部初挑戦となった遠藤航だったが、物怖じせず堂々たるプレーを披露。フィジカルの強さを生かし、デュエル勝率で圧巻のリーグ1位をマークして見せた。最終節、出場停止で欠場した以外は全て先発と、シュツットガルトにとって欠かせない戦力となっていた。

続いて鎌田。CL出場権獲得には一歩及ばなかったものの、フランクフルトを5位フィニッシュに導く活躍を見せた。昨季の活躍以上に目に見えるスタッツを残し、リーグ戦5ゴール15アシストを記録した。チームメートのMF長谷部もリーグ戦29試合に出場。37歳となったが、まだまだ老け込むことなく今季は運動量が求められる本職のボランチでも十分なプレーを見せた。

そしてMF堂安。PSVからレンタルで加入し、昇格組のビーレフェルトに加入した中、リーグ戦全試合スタメン出場を果たした。劣勢を強いられることが多かった中、守備も献身的に行った上、5ゴール3アシストを記録し、チームを残留に導いた。また、1月にザルツブルクから加入したMF奥川もチームの戦力となって残留に貢献。残留の懸かる最終節ではPKを獲得するなど、日本人コンビが主力として存在感を示した。

一方でブレーメンのFW大迫はまさかのノーゴールに終わり落第。チームも41年ぶりに降格し、痛恨のシーズンとなってしまった。また、ウニオン・ベルリンにレンタルで加入したMF遠藤渓太は好調なチームの中、なかなか出場機会を得られず苦しんだ。それでも完全移籍を勝ち取り、来季の活躍が期待される。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

文句なしでの選出。ヒザの負傷により約1カ月戦列を離れる時期があっての大記録樹立に脱帽だ。結局、29試合の出場で41ゴールと並外れたスタッツを残し、不滅と思われたレジェンドのゲルト・ミュラー氏超えを達成してしまった。彼がいる限り、バイエルンが王座から退くことはなさそうだ。

★最優秀監督
◆アディ・ヒュッター(フランクフルト)
Getty Images

惜しくもクラブ史上初のCL出場権獲得は果たせなかったが、5位フィニッシュに導いたフランクフルトのヒュッター監督を選出。限られた戦力ながら選手たちの特長をしっかりと出させる戦術で、上位争いを展開し続けた。惜しむらくは自身がボルシアMGの指揮官に就任することが発表されて以降、チームの士気が落ちてしまったこと。来季は新天地での好采配が期待される。

【期待以上】
★チーム
◆ウニオン・ベルリン
Getty Images

クラブ史上2度目の欧州カップ戦出場を果たしたウニオンを選出。昇格2年目の今季、シーズンを通して安定した戦いを続け、見事7位でフィニッシュし、新設されたカンファレンスリーグへの出場を決めた。堅守速攻のスタイルを突き詰め、大きな成果を残した。

★選手
◆MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン)
Getty Images

ドイツ出身で2年前にチェルシーの下部組織からバイエルンに加入したミュージアラ。昨年6月にトップチームデビューを果たして迎えた今季、その才能が早くも花開いた。ゴレツカやキミッヒ、トリソら中盤の主力が戦列を離れる時期のあったバイエルンだったが、その穴を埋める以上の活躍を18歳の若武者はやってのけた。今年2月、ドイツ代表を選択したが、ユーロでの活躍が期待される。

【期待外れ】
★チーム
◆シャルケ
Getty Images

もはや近年の低迷から降格は驚きではない状況だったが、ここまでの体たらくは想像できなかった。かつてはCL出場権争いの常連だった名門だが、フロントのゴタゴタもあり、チーム力が大きく減退してしまった。そのツケが一気に吹き出たシーズンとなったが、30年ぶりの2部降格で目を覚ますことはできるか。

★選手
◆MFリュカ・トゥザール(ヘルタ・ベルリン)
Getty Images

リヨンからクラブレコードの2500万ユーロで加入したトゥザールだったが、その移籍金に見合うだけの活躍は披露できなかった。中盤の底でチームを安定させる役割を担いたいところだったものの、失点がかさむチームを救うことができず。ビッグクラブ化を図った今季のヘルタだったが新戦力が軒並み外れ、道半ばで頓挫に終わりそうな気配だ。


関連ニュース
thumb

7-0完勝のバイエルン、ナーゲルスマンも大きな手応え 「結果だけでなく、内容にも満足」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマンが結果、内容ともに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ブンデスリーガ開幕から3勝1分け無敗のバイエルンは前節のRBライプツィヒ戦に続いて、14日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のバルセロナ戦も3-0の快勝で勢いづくなか、18日に本拠地で行われた第5節で1勝3敗の昇格組ボーフムと対戦。7-0の快勝劇を演じてみせ、リーグ戦4連勝を成し遂げた。 ドイツ代表MFレロイ・サネの直接FK弾をゴールラッシュの口火に7得点と攻撃陣が爆発し、守りでもクリーンシートと攻守に躍動したバイエルン。今季からバイエルンを率い始めて間もないものの、しっかりと隙のないチームを作り上げるナーゲルスマン監督は試合後、まさに一蹴とも言って良い結果に喜びのコメントをした。 「この結果だけでなく、内容にも満足だ。最初の10分間はいくつかの問題を解決しなければならなかったが、それからは非常にうまくマネジメントできた。ボールを保持したときの良い組み立てもあった」 「良くボールを動かして、多くのチャンスを作れたね。後半は無失点を目標にクリーンシートに必要な貪欲さを示すことができた。全体を通して、非常に良いパフォーマンスだった。この結果は嬉しいね」 2021.09.19 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンが浅野欠場ボーフムに7発圧勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、バイエルンvsボーフムが18日に行われ、7-0でバイエルンが圧勝した。ボーフムのFW浅野拓磨は欠場している。 バイエルンは前節、ナーゲルスマン監督の古巣対決となったライプツィヒ戦を4-1で完勝。そしてチャンピオンズリーグではバルセロナ相手に敵地で3-0と快勝して勢い付く中、バルセロナ戦のスタメンから3選手を変更。ミュージアラやウパメカノらに代えてニャブリやリュカがスタメンとなった。 一方、1勝3敗のボーフムは練習に復帰したものの、内転筋を痛めていた浅野が今節も欠場となった。 立ち上がりからバイエルンがボールを握ると、17分に先制する。ボックス手前右で得たFKをサネが直接狙うと、完璧なシュートがゴール右隅に決まった。 さらに27分、ボックス左からサネがクロスを上げると、これを受けたキミッヒが反転シュートを決めてリードを広げる。 そして32分、ロングカウンターに転じたバイエルンは、ニャブリがボックス右からシュートを決めて3-0。 止まらないバイエルンは43分、ミュラーのスルーパスがボーフムDFのオウンゴールを誘って4-0とし前半を終えた。 後半も攻め手を緩めないバイエルンは61分に5点目。ボックス右深くまでサネが侵入してクロスを送り、レヴァンドフスキが蹴り込んだ。 さらに75分、ゴレツカのヘディングでのパスをキミッヒがボレーで決めて6-0。そして途中出場のチュポ=モティングにもゴールが生まれ、バイエルンが貫禄の7発圧勝としている。 2021.09.19 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

お祭りは中止だけど…バイエルンがオクトーバーフェストに向けた特別なユニフォームを発表

バイエルンは16日、オクトーバーフェストに向けた特別なユニフォームを発表した。 オクトーバーフェストは、ミュンヘンで開催される世界最大規模の祭り。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今年は昨年に引き続き中止になることが決まっている。 それでも、バイエルンはオクトーバーフェストがバイエルンの生活様式の一部であり、私たちの心にしっかりと根付いているとして、サプライヤーのアディダスとともに特別なユニフォームを制作した。 深緑を基調としたユニフォームは、クラブのエンブレムや肩の3本線、胸スポンサーなどがすべてゴールドで施されており、バイエルンの民族衣装であるレーダーホーゼンを思い出させる。また、首元にはオクトーバーフェストを代表するエーデルワイスの花が描かれている。 このユニフォームは、18日にアリアンツ・アレーナで行われるブンデスリーガ第5節のボーフム戦で選手たちが着用する。 ※記事写真は2019年のオクトーバーフェスト <span class="paragraph-title">【写真】バイエルンのオクトーバーフェスト仕様ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Bayern present their new Oktoberfest kit which they will wear once when they face Bochum this Saturday <a href="https://t.co/kiDXdADDzi">pic.twitter.com/kiDXdADDzi</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1438800679389310979?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.18 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

コマン、軽度の心臓手術を受け2週間ほど離脱

バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンが16日、軽度の心臓手術を受け、2週間ほど離脱するようだ。バイエルンを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督が17日に行われた試合前日記者会見で明かしている。 コマンは直近の14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦では後半37分から出場していた。 ナーゲルスマン監督によればコマンは時折、息苦しさを感じ、心拍数が上がることがあったそうで、軽度の手術を受けることになったとのことだ。ただ、本人の状態は良く、痛みもないため2週間以上欠場することはないと断言していた。 バイエルンは18日にブンデスリーガのボーフム戦、24日にグロイター・フュルト戦、29日にCLのディナモ・キエフ戦を控えている。 2021.09.17 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

これが47歳? 引退から4年が経過したゼ・ロベルトの衝撃的な肉体に11万いいね

かつてバイエルンでもプレーし、ブラジル代表としても活躍していたゼ・ロベルト。引退から4年が経過し、47歳となった今では、現役時代以上の肉体をキープしている。 ゼ・ロベルトは、レアル・マドリーやレバークーゼン、バイエルン、ハンブルガーSVなどヨーロッパでプレー。その他にも、ウルグアイのナシオナルや母国のポルトゥゲーザ、フラメンゴ、サントス、グレミオ、パウメイラスでもプレーした。 ブンデスリーガで336試合に出場し39ゴール97アシスト、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでも155試合に出場し9ゴール22アシストを記録。また、ブラジル代表としても84試合に出場し6ゴールを記録し、1998年、2006年と2度ワールドカップにも出場していたが、2017年11月に引退していた。 そのゼ・ロベルトは、現役引退後にフィットネスライフに専念。その肉体は鋼のようであり、現役時代よりも締まって見えるほど。インスタグラムでは度々その肉体を披露し、多くの「いいね!」をゲットしている。 ゼ・ロベルトは最近も自身の肉体を見せつける写真を投稿。11万5000以上の「いいね!」をゲットしているが、その肉体は見事な6パック、いや8パックにも近いもの。写真とともに「トップを目指した方が、目立ちやすくなる」と綴り、かつてはボディビルダーであり、元カリフォルニア州知事で入るっど俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏をタグ付けしていた。 これには元チームメイトも反応。Jリーグでもプレーした元ブラジル代表のエジムンド氏は「どうした?」とメッセージがついていた。 <span class="paragraph-title">【写真】こんな47歳がいるのか…衝撃の肉体を披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTxDKWJrz2P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTxDKWJrz2P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTxDKWJrz2P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zé Roberto(@zr11)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.16 21:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly