敵地で5発圧勝のケルンが逆転で1部残留! キールは初昇格ならず…《ブンデスリーガ》

2021.05.30 03:12 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグ、ホルシュタイン・キールvsケルンが29日に行われ、アウェイのケルンが1-5で勝利した。この結果、2戦合計5-2としたケルンの1部残留が決定した。

クラブ史上初の1部昇格を目指すブンデスリーガ2部3位のキールと、2シーズン連続の1部残留を目指す今季ブンデスリーガ16位のケルンによる、運命のプレーオフ第2戦。

26日に行われたケルンホームの1stレグではキールが1-0の先勝を収め、悲願の1部昇格に王手をかけていた。

無観客の1stレグと異なり、今回の2ndレグは有観客でスタート。すると、クローズな試合展開となった初戦とは打って変わって試合は打ち合いの入りとなった。

まずは開始3分、左サイド深くからドゥダが上げたクロスをゴール前で競り勝ったケルン主将のヘクターが頭で合わせ、アウェイチームが早々に先制点を奪取する。しかし、その先制点からわずか数十秒後には鋭い縦への仕掛けから相手を引っくり返したキールがボックス中央で味方のシュートのこぼれ球に反応したイ・ジェソンのヘディングシュートで瞬く間に試合を振り出しに戻した。

先制点の喜びから一転、再び2戦合計スコアでビハインドを背負ったケルンだが、ここから主砲アンデションが存在感を放つ。まずは6分、左サイドのカインツからの正確なクロスをアンデションが頭で合わせて勝ち越しゴールを挙げると、13分には左CKの流れから再びカインツのクロスを頭で合わせ、ドッペルパックを達成した。

この連続ゴールによって大きなアドバンテージを手にしたケルンは以降も主導権を掌握。リスクを冒して攻める相手の背後を突くシンプルな攻めで追加点に迫る。そして、39分にはFKの流れからゴール前のヘクターが頭でマイナスに落としたボールをチホスが豪快な左足のシュートで流し込み、前半を4-1のスコアで終えた。

迎えた後半、互いにハーフタイム明けに2枚ずつ交代カードを切った中、前半同様に球際でバチバチとやり合う白熱の攻防を見せる。

その後は大量リードによって冷静に試合は運ぶケルンがカウンターから幾度もゴールに迫るが、アンデションらの決定機が相手GKの再三の好守に阻まれる。

それでも、相手にほとんど決定機を与えずに時計を進めていくアウェイチームは84分、スクヒリが見事なミドルシュートを突き刺して試合を決定づける5点目とした。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2戦合計5-2としたケルンが敵地で逆転残留を果たした。

ホルシュタイン・キール 1-5(AGG:2-5) ケルン
【ホルシュタイン・キール】
イ・ジェソン(4分)
【ケルン】
ヘクター3分)
アンデション(6分)
アンデション(13分)
チホス(39分)
スクヒリ(84分)

関連ニュース
thumb

初の1部昇格に向けて先勝のキール若手指揮官、「まだ道半ばだ」と気を引き締め直す

ホルシュタイン・キールのオレ・ヴェルナー監督が昇格・降格プレーオフ1stレグを振り返った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 キールは26日、昇格・降格プレーオフ1stレグでケルンのホーム、ライン・エネルギエ・シュタディオンに乗り込んだ。ケルンの圧力に押し込まれて守勢の時間が続いたが、ワンチャンスを生かして先手を取る。58分にCKを獲得したタイミングで、指揮官はDFシモン・ロレンツ投入。すると、直後のプレーでロレンツが値千金の決勝ヘッドをたたき込み、1-0でゲームを終えた。 今季はDFBポカール2回戦でバイエルンを破り、ベスト4まで進出するなど躍進を見せていたキール。ブンデスリーガ2部でも一時は首位に立つなど上位をキープし、残り1節の段階では2位につけていた。だが、ラスト2試合を落として3位に後退し、最後の最後で自動昇格を逃していた。 難しいメンタル下に置かれたなか、そのような状況から気持ちを盛り返してきた指揮官は「多くの時間で主導権を握られていたが、守備組織には非常に満足している」と試合を振り返った。さらに、決勝点につながった見事な采配については、ロレンツが持つ得点感覚に自信があったようだ。 「ロア(ロレンツ)は、ヘディングに優れた嗅覚を持っており、ボールがどこに向かってくるのかを、高い頻度で予測できている。レーゲンスブルクとの試合でも点を取っていたしね」 5度目の挑戦でプレーオフ初勝利を挙げ、初の1部昇格へ向けて周囲の期待は高まるなか、指揮官は「まだ途中だ」と気を引き締め直した。 「私たちは2部に属しているので、(2戦合計で)勝たなければならない。そうでなければ、すべてが同じままだ。ケルンはプレッシャーを感じているはず。(2ndレグの)試合を楽しみにしているよ」 2021.05.27 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

初昇格目指すキールが敵地でケルンに先勝! 33歳青年指揮官の采配が貴重なAGもたらす《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ1stレグ、ケルンvsホルシュタイン・キールが26日に行われ、アウェイのキールが0-1で先勝した。   2シーズン連続の1部残留を目指す今季ブンデスリーガ16位のケルンと、クラブ史上初の1部昇格を目指すブンデスリーガ2部3位のキールによる、運命のプレーオフ初戦。   最終節でシャルケを破り、逆転での自動降格回避となったケルンは、セントラルMFやサイドを主戦場とするヘクターを最前線に置きドゥダをトップ下に配した想定外の布陣でスタート。   立ち上がりから主導権争いが続く中、キャプテンのヘクターが豊富な運動量を武器に流動的なプレーでカウンターアタックをけん引。なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めずにいたが、30分にはヘクターが高い位置でのボール奪取からボックス右まで持ち込んで左足のシュートを放つが、これは相手DFのブロックに遭う。   以降も優勢に試合を運ぶホームチームは前半終了間際のアディショナルタイムにボックス中央のドゥダにシュートチャンスも、右足の鋭いグラウンダーのシュートは枠の左に外れた。   0-0で折り返した試合は後半も睨み合いの状況が続く。相手を押し込むものの、ストライカー不在の影響か最後の局面でパンチ不足のホームチームが幾つかの決定機をフイにする中、キールの交代策が貴重な先制点をもたらすことになった。   58分、セットプレーを得たタイミングでイグニョフスキに代えてロレンツを投入したキールは、左CKの場面でファーのイ・ジェソンが頭で中央へ折り返すと、ロレンツがファーストタッチとなったヘディングシュートを見事にゴールネットに流し込んだ。   一瞬の隙を突かれて先制を許したケルンはコンディションに問題を抱えるストライカーのアンデション、ティールマンを68分に投入して反撃に打って出る。人数をかけた攻めからスクヒリ、ドゥダに決定的な場面が訪れるが、相手守備陣の身体を張った守備に撥ね返される。   一方、33歳の青年指揮官ヴェルナー監督の見事な采配によってアウェイゴールを手にしたキールは、78分にレーゼの正確な左クロスからゴール前に飛び込んだセラに絶好機も、このヘディングシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。   その後、試合終盤にかけては何とか同点に追いつきたいケルンが終始押し込む形を作ったが、84分のドゥダの直接FKはDFノイマンのゴールカバーに阻止される。さらに、こぼれ球をアンデションが押し込みにかかるが、これもノイマンのブロックに阻まれた。   そして、試合はこのままアウェイチームが1-0で逃げ切りに成功し、初昇格を目指すキールが敵地で先勝に成功した。なお、運命の2ndレグは29日に行われる。   ケルン 0-1 ホルシュタイン・キール 【ホルシュタイン・キール】 ロレンツ(59分) 2021.05.27 03:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly