ハキミ、コンテに続いてインテル退団か…PSG行きが有力

2021.05.29 17:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)がインテルを退団する可能性が高いようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

レアル・マドリーからドルトムントにローン移籍した過去2シーズンに評価を高め、昨夏に推定4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたハキミ。アントニオ・コンテ監督の下、右ウイングバックで絶対的な主力となり、11年ぶりのスクデットを獲得した今季は37試合に出場し7ゴール10アシストの成績を残した。

しかし、ハキミ本人も移籍の決め手と語っていたそのコンテ監督が、クラブの財政難の煽りを受けて先日26日に契約解除。さらにクラブは緊縮財政に向けて選手の売却も図っており、恩師に続いてモロッコ代表DFも今夏に退団する見込みとなっている。

行き先として有力視されているのがパリ・サンジェルマン(PSG)だ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、すでに交渉は進んでおり、6000万ユーロ(約80億円)に近い移籍金での合意が迫っている模様。

なお、古巣であるマドリーも関心を持っているようだが、PSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得のための資金を蓄えておかなければならないことから、十分な移籍金を用意できないと見られている。

関連ニュース
thumb

「ハキミはマドリー復帰を望んでいる」コンテが証言

前インテル監督のアントニオ・コンテが、教え子のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの去就に関わるコメントを残した。イタリア『スカイ』が伝えている。 昨夏にレアル・マドリーからインテルに移籍したハキミは、コンテ監督の下、セリエAで37試合7ゴール10アシストを記録し、11年ぶりのスクデットに貢献した。ところが、今夏にインテルが深刻な財政難に陥りコンテ監督が退任すると、後を追うようにハキミも退団。多額な移籍金を置いてパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。 パリでも好調を維持するハキミだが、『スカイ』のインタビューに答えたコンテ氏によると、いずれはマドリーに復帰することを夢見ているという。昨シーズンのチャンピオンズリーグでのマドリーとの対戦が、そう感じたきっかけだったという。 「昨季のレアル・マドリー戦でハキミは少し心理的に苦しんでいた。彼の夢は、主力としてマドリーでプレーすることだ」 「あの2試合はよく覚えているよ。あの時から彼は一生懸命努力するようになり、私もまた、若手がどのように学び成長していくのかを目の当たりにした」 「彼は攻撃面の良さだけでは不十分だと理解していた。今の彼は最高の選手たちに囲まれている。最後のボールまで諦めずに取り組み続ければ、いずれはワールドクラスになれるだろう」 コンテ氏はまた、ハキミの後釜として加入したオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースにも言及。「彼らはハキミの代わりに素晴らしい選手と契約した。もし彼がチームに溶け込むことができれば、彼はハキミの代役として活躍できるだろう」と、太鼓判を押している。 2021.09.17 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「得点しなければ、いつでも負ける」インテルFWラウタロ・マルティネスがレアル戦を反省

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、レアル・マドリー戦を振り返った。 インテルは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節でホームにマドリーを迎えた。 グループ内最大のライバルといきなり初戦で対戦となったインテル。試合はインテルが押し気味に進めるも、マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワの好セーブの前にゴールを奪えない。 後半はマドリーが息を吹き返したが、インテルもゴールを許さず。そのままゴールレスドローで終わると思われたが、89分にロドリゴ・ゴエスが決勝ゴール。インテルは土壇場で失点し、黒星スタートとなった。 最大のライバル相手に黒星スタートとなったインテル。『フットボール・イタリア』がラウタロのコメントを伝え、ゴールを決めなければ負けると反省した。 「僕たちはもっと多くのものを得られるはずだった。チャンピオンズリーグがどれほど厳しいか、そして誰と対戦したのかを理解している」 「得点しなければ、いつでも負ける可能性はある。レアルのようなチームに対しては、何も余裕はない」 「今、僕たちはしっかりと努力することを考えなければいけない。僕たちは、僕たちが行なった良い事の全てを忘れず、どこで失敗したのかを改善しなければいけない」 「僕たちはそれを続け、もっと努力しなければならない」 2021.09.16 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

終了間際の被弾でレアルに敗れたインテル、インザーギ監督は「もっと注意を払うべきだった」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、レアル・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 インテルは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節でホームにマドリーを迎えた。 グループ内最大のライバルといきなり初戦で対戦となったインテル。試合はインテルが押し気味に進めるも、マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワの好セーブの前にゴールを奪えない。 後半はマドリーが息を吹き返したが、インテルもゴールを許さず。そのままゴールレスドローで終わると思われたが、89分にロドリゴ・ゴエスが決勝ゴール。インテルは土壇場で失点し、黒星スタートとなった。 試合後、インザーギ監督は土壇場での失点を悔やみ、もう少し配慮すべきだったとコメント。ただ、チームが見せたパフォーマンスは評価し、前を婿とした。 「残念ながら、もっと注意を払うべきだった。残りわずか1分で、このようなパフォーマンスを見せた後に敗北のコメントをするのは残念だ」 「しかし、前を向いて、レアル・マドリーとのピッチで自分たちの力を発揮できたことを思い出さなければいけない」 「私はチームに個性と勇気を求めたが、その反応は良かった。今夜は本当に得点をするのが難しいGKと対面し、クルトワは素晴らしい試合を見せた」 「チャンピオンズリーグの試合のため、久々にスタジアムに戻ってきたファン、クラブ、そしてピッチで最大限尽くした選手たちに申し訳なく思う」 「残念ながら、特定のチームに対しては、決して油断してはいけない。でも、我々はピッチ上ではとても良かった。このような状態が続けば、グループ通過に自信を持つことができるだろう」 2021.09.16 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルが3rdユニフォームを発表!クラブエンブレムがカラフルに

インテルは14日、2021-22シーズンの3rdユニフォームを発表した。 黒がベースのユニフォームは襟付きで、胸元にあるオレンジ、水色、黄色、緑の4色が斜めのストライプが特徴。このユニフォームは、インテルの理念である包括と平等の価値観のもと、多様性を受け入れ、あらゆる形態の差別を排除することを表現したデザインになっている。 サプライヤーであるナイキのロゴはオレンジで、インテルのエンブレムは、水色、黄色、緑の3色で構成されている。 ショーツも黒が基調で、水色がアクセントに。ソックスにも黒、黄色、緑が用いられている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】カラフルなインテルの新3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> | THIRD KIT <br><br>Brothers and Sisters of the World <br><br> <a href="https://t.co/zpXaO0a9Vn">https://t.co/zpXaO0a9Vn</a> <a href="https://t.co/HI12ZiYU0U">pic.twitter.com/HI12ZiYU0U</a></p>&mdash; Inter (@Inter_en) <a href="https://twitter.com/Inter_en/status/1437726795508457472?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvdVl4STNLeCIsInAiOiJzdWdvdG9rdSIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/sugotoku.js"></script> 2021.09.16 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルに好相性のレアル・マドリー、終盤のロドリゴ弾で競り勝つ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節、インテルvsレアル・マドリーが15日に行われ、0-1でレアル・マドリーが勝利した。 昨季もグループステージで同居し、レアル・マドリーが2連勝としていた両チームの一戦。 昨季グループステージ敗退に終わったインテルは、11季ぶりにセリエAを制覇。コンテ監督の退任に伴い、S・インザーギ監督が就任した中、セリエAでは2勝1敗スタート。直近のサンプドリア戦を引き分けたスタメンからディ・マルコに代えて負傷明けのバストーニが先発に戻った。 一方、優勝したチェルシーに敗れてベスト4敗退となったレアル・マドリーは、アンチェロッティ監督を6季ぶりに招へい。ラ・リーガでは3勝1分けスタートとした中、直近のセルタ戦のスタメンから2選手を変更し、アザールとミゲル・グティエレスに代えてL・バスケスとアラバが先発に入った。 3トップにベンゼマ、ヴィニシウス、L・バスケスと並べたレアル・マドリーがアグレッシブな入りを見せる。前線からプレスをかけ、インテルを牽制した。 しかし9分、インテルに決定機。ラウタロ・マルティネスのダイレクトパスでボックス右に抜け出したシュクリニアルがシュート。だが、GKクルトワの好守に阻まれた。 ここからインテルが盛り返すと、19分にも先制のチャンス。しかし、ペリシッチの左クロスに合わせたラウタロのヘディングシュートはGKクルトワの守備範囲だった。 その後もインテルが流れを引き寄せる中、レアル・マドリーは36分、CKからミリトンが決定的なヘディングシュートを浴びせる。 ひやりとしたインテルは43分、サイド攻撃で揺さぶり、ジェコがボレーシュート。だが、GKクルトワの再三の好守の前にゴールは奪えず0-0で前半を終えた。 迎えた後半、インテルは54分に先制のチャンス。右CKからジェコのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKクルトワのビッグセーブに阻まれた。 ここから両チームが動き、インテルはラウタロに代えてホアキン・コレアを投入。対するレアル・マドリーはL・バスケスに代えてロドリゴを投入した。 レアル・マドリーがヴィニシウスの突破力を生かして流れを引き寄せる中、引き分けかと思われた終盤の89分に試合を動かした。 ベンゼマの浮き球パスを途中出場のカマヴィンガがダイレクトで折り返し、ロドリゴが左足ボレーで決めた。 これが決勝点となってレアル・マドリーが勝利。昨季の2連勝に続き、インテルから勝利をもぎ取った。 グループDもう一試合のシェリフvsシャフタールは2-0でシェリフが勝利。CL初出場のシェリフが初勝利を飾っている。 2021.09.16 06:04 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly