元スペイン代表FWネグレドがカディスと契約延長! 久々のリーガでチーム最多8ゴールの活躍

2021.05.23 21:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カディスは22日、元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド(35)との契約延長を発表した。新たな契約期間は来季までとなる。

ネグレドは通算21キャップ10得点のスペイン代表歴を持つ生粋のゴールハンター。ラージョでプロキャリアをスタート後、レアル・マドリー、セビージャ、マンチェスター・シティ、バレンシア、ベシクタシュなどを渡り歩き、2018年9月にアル・ナスル入りした。

そして、昨夏の移籍市場で今季からラ・リーガ昇格のカディスに1年延長オプションが付随した単年契約で加入。カディスの補強第一号となり、自身5季ぶりのラ・リーガ復帰を果たした。

久々に母国でプレーしたネグレドだが、35試合の出場でチーム最多の8ゴールを記録。リーガ通算100得点以上の実績を持つストライカーとして期待通りの働きをみせ、最終的に11勝11分け16敗の12位フィニッシュと健闘したカディスに大きく貢献した。

関連ニュース
thumb

カディス、マドリーから若手CBビクトル・チュストをレンタル!

カディスは10日、レアル・マドリーからスペイン人DFビクトル・チュスト・ガルシア(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 バレンシア出身のビクトル・チュストは、2012年にマドリーのカンテラに加入。フィジカル能力に長けた184cmのセンターバックはアンダーカテゴリーで常に主力を担い、今年1月に行われたコパ・デル・レイのアルコジャーノ戦でトップチームデビュー。また、昨シーズンのラ・リーガではヘタフェとの2試合にも出場していた。 移籍先となるカディスは、昨シーズンのプリメーラを12位でフィニッシュしており、今シーズンも1部残留が最大の目標となる。 2021.08.10 20:36 Tue
twitterfacebook
thumb

カディスがスペイン3部からレアル・マドリー出身のFWアルバロ・ヒメネスを獲得

カディスは9日、スペイン3部のアルバセテからスペイン人FWアルバロ・ヒメネス(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は4年間となる。 レアル・マドリーの下部組織で育ったアルバロ・ヒメネスは、レアル・マドリー・カスティージャから2016年にヘタフェへレンタル移籍で加入すると翌年に完全移籍。 ヘタフェでは日本代表MF柴崎岳とも共にプレーするなど公式戦52試合3ゴール3アシストを記録したが、徐々に出場機会を失うと、2018-19シーズンはスポルティング・ヒホンへ、2019-20シーズンはアルバセテへレンタルに出されていた。 昨年夏にレンタル先であったアルバセテへ完全移籍を果たすと、昨シーズンはラ・リーガ2部で35試合に出場し4ゴール3アシストをマークしていたが、チームは最下位に終わり3部降格となっていた。 2021.08.10 02:10 Tue
twitterfacebook
thumb

カディスがレアルからMFカルデロンをフリーで獲得、カスティージャで40試合出場

カディスは27日、レアル・マドリーのMFマルティン・カルデロン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 カルデロンはフリートランスファーでの加入となり、契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。 セビージャの下部組織からマドリーの下部組織へと移籍したカルデロン。2018年7月にレアル・マドリー・カスティージャへと昇格すると、2020年8月からはポルトガルのパソス・フェレイラへとレンタル移籍を経験する。 パソス・フェレイラでは、プリメイラ・リーガで8試合に出場していた。 マドリーのファーストチームでは出場機会がないものの、カスティージャでは40試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 また、U-19スペイン代表としても3試合に出場した経験を持つ。 2021.07.28 17:09 Wed
twitterfacebook
thumb

カディスが左SBアルサメンディア獲得! パラグアイ代表としてコパ・アメリカでもプレー

カディスは8日、パラグアイのセロ・ポルテーニョからパラグアイ代表DFサンティアゴ・アルサメンディア(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 セロ・ポルテーニョの下部組織出身のアルサメンディアは2015年にトップチームデビュー。以降は左サイドバックや左サイドハーフを主戦場に公式戦103試合に出場している。 また、2019年3月にデビューを飾ったパラグアイ代表ではここまで14試合に出場。コパ・アメリカ2021では4試合に出場し、攻守両面で持ち味の推進力や粘り強い対人守備を見せていた。 2021.07.09 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

カディスの元アルゼンチン代表MFが現役引退…かつてアトレティコでもプレーした35歳

カディスに所属する元アルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデス(35)が今季限りでの現役引退を表明した。 A・フェルナンデスは母国の名門であるリーベルプレートで2006年にキャリアをスタート。サンテティエンヌやベレス・サルスフィエルド、セルタを渡り歩くと、2016年夏にアトレティコ・マドリー入りした。 しかし、右ヒザの前十字じん帯断断裂という大ケガを負い、チームの構想から外れると、2018年冬から北京人和へ。中国で2年間を過ごした後、昨年6月にカディス入りして、ラ・リーガ2部2試合の出場で1部昇格に貢献した。 今季も公式戦11試合に出場しているA・フェルナンデスは20日の引退会見で「僕はここに、フットボールを辞める決断を下したのをみんなに伝える。これは僕がずっと考えていたオプションだ」と述べ、その経緯と感謝を口にした。 「僕は以前にも引退の意向を会長や監督、チームメイトに伝えた。そうすると、チーム内での僕の重要性はプレーヤーとしてだけではないということをみんなが教えてくれた。もう1度考え直してほしいと言われたから、一人で、そして家族と一緒によく考えたんだ」 「そして僕は個人的な目標と願望で、その決断を先延ばしにすることにした。元気になって戻ってきたかったし、毎日の競争にまた、身を置きたかったんだ」 「しかし、自分に正直にならないといけないね。体力的には問題ないし、多くの人から励ましも受けているけど、僕は無理をしない性格だ。正直なところ、いつも僕の心を揺さぶってきた欲求や、必要以上の情熱がもう感じられないんだ。このステージを閉じるのが僕にとってのふさわしい生き方なんだろう」 「会長、監督、そしてチームメイトには感謝している。彼らは私のために、私は彼らのために、困難な1年を過ごしてきた。彼らはいつも私の心の中にいて、友人と呼ぶべき存在だ。皆に会えてとても嬉しかった。今はただ、感謝の気持ちを伝えたい」 2021.05.21 11:32 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly