前嶋のJ1初ゴールなどで湘南を破った横浜FC、14試合目にして今季初勝利!【明治安田J1第14節】

2021.05.15 19:53 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が15日にニッパツ三ツ沢球技場で催され、ホームの横浜FCが2-0で湘南ベルマーレを下した。横浜FCは第13節にアウェイで清水エスパルスと対戦して1-1に終わり、ここまでリーグ戦13戦未勝利と苦しい状況が続いている。前節からはスタメンを4人入れ替え、岩武、小川、ジャーメイン、渡邉に代わって前嶋、瀬古、マギーニョ、クレーベが入った。

対照的に湘南は8試合負けなしで、前節はホームでの大分トリニータ戦を2-0で制している。前節からの先発の変更はなく、同じ布陣で臨んだ。

開始早々に横浜FCが試合を動かす。安永が右サイドに展開して松浦が浮き球を送ると、クレーベの右足シュートは相手に至近距離でブロックされるも、こぼれたボールを前嶋が回収。ペナルティエリア手前から左足を振り抜くと、右にステップを踏んだGK谷の逆を取るような形でゴールに吸い込まれ、幸先よく先制に成功した。

追い付きたい湘南は31分、セットプレーの流れから町野、タリクが立て続けにシュートを放ち、最後はGK市川がはじいたところに岡本が詰めてネットを揺らした。

だが、VARからの通信があり、松尾主審はオンフィールドレビューの結果、GK市川への岡本のファウルがあったとしてゴールを取り消し。湘南にとっては悩ましい判定となった。

追い打ちをかけるように湘南は前半アディショナルタイムに町野が負傷交代。CKの守備の際に瀬古の足が顔に入ってしまい、大橋との交代を余儀なくされた。

リードして試合を折り返した横浜FCが、後半の頭にもチャンスを作る。中盤で松浦が田中からボールを奪って素早く前線へ送ると、マギーニョが右足で狙うも枠の左へと逸れた。

その勢いのままに横浜FCが追加点を奪う。65分、クレーベがファウルを受けて自陣の浅い位置でFKを得ると、安永は相手の意表を突いて素早くリスタート。裏へ抜け出した松浦は飛び出してきたGK谷の位置を冷静に見極め、脇を抜けるコントロールショットで点差を広げた。

湘南は67分にタリク、山田に代えてウェリントン、茨田を投入して前線にパワーを持った選手を置いて1点を狙いにいくと、そのウェリントンが直後に見せる。ペナルティエリア手前から強烈な右足で狙うも、GK市川が立ちはだかった。

後半アディショナルタイムには左サイドから入ったボールをウェリントンが落とし、走り込んだ池田がペナルティエリア手前から右足を振り抜くも、大きく枠を外れてしまう。

結局、湘南の猛攻をしのぎきった横浜FCが逃げ切り、14試合目にして今季初勝利を収めた。

横浜FC 2-0 湘南ベルマーレ
【横浜FC】
前嶋洋太(前5)
松浦拓弥(後20)
関連ニュース
thumb

横浜FCがFC東京戦での対応を謝罪、海外からの観客のサインに応じる

横浜FCは21日、19日にニッパツ三ツ沢球技場で行われた明治安田生命J1リーグ第18節のFC東京戦の試合後の対応について謝罪した。 問題となったのは、試合後に選手がドレッシングルームに戻る場面。MF中村俊輔に対し、中村が過去に在籍したセルティックのユニフォームを着た外国人と見られるファンがスタンドからサインを求め、これに応じたことだ。 横浜FCはこの対応について謝罪。今後の対応として再度禁止事項の周知を行うとしている。 「いつも横浜FCへの熱い応援ありがとうございます。6月19日(土)に行われましたFC東京戦の試合終了後、SNS等で取り上げられている通り一部サポーターからのサインの要望に応じてしまう場面がございました」 「試合当日の対応といたしましては、海外からのお客さまへの観戦ルール、マナーについてスタッフから英語でのアナウンスを含め、重ねて注意を行なっておりましたが、結果的に試合終了後に選手のサイン対応を行う形となりました」 「日頃から応援いただいているファン・サポーターの皆様へ、ファンサービスの制限をお願いし、遵守いただいている中で今回の対応となりましたことについて、お詫び申し上げます」 「本件は今回のお客様への特例対応ではなく、毅然と対応ができなかったことが原因であると考えております」 「今後の対策としては、引き続き観戦ルール、マナーの呼びかけを徹底するとともに、クラブスタッフ・選手へ再度禁止事項の周知を行います」 <span class="paragraph-title">【動画】セルティックのユニフォームを着た外国人サポーターが中村俊輔にサインを求める問題のシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=xgid1jav65l61pvlyup1fxcqg" async></script> 2021.06.22 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アダイウトンの先制点をFC東京が守り切り3節ぶり勝利!横浜FCは天皇杯も合わせて4連敗【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、横浜FCvsFC東京が19日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、FC東京が1-0で横浜FCを下した。 ホームの横浜FCは4月8日の監督交代後リーグ戦10試合でわずか1勝と、最下位から抜け出せずにいる。先日の天皇杯でもJ3ヴァンラーレ八戸に"下剋上"を許してしまい、いまだにギアが上がらない状態。前節からスタメンを7人変更して今回のFC東京戦に挑んだ。 対するFC東京も天皇杯で順天堂大学に1-2で敗れてしまったものの、その後のルヴァンカッププレーオフステージで湘南を4-1で下し、逆転でプライムステージ進出を決めている。6月に入ってから好調のレアンドロが、リーグ戦では3月10日の神戸戦以来初めてスタメンに入った。 強い雨の中試合が始まり、立ち上がりは両チームともロングボールを蹴り合う落ち着かない展開となる。その中で横浜FCのクレーベが空中戦の強さを見せつけ、ポストプレーで起点を作り続ける。 雨が落ち着くと、FC東京がボールを握り、左サイドハーフのアダイウトンとトップ下のレアンドロを中心に左サイドから攻めていく。対する横浜FCは[4-4-2]の守備ブロックを構えてカウンターを狙う展開に。クレーベがフィジカルの強さとポストプレーを活かして縦パスをおさめつつ、ジャーメイン良が持ち前のスピードを武器にロングドリブルを仕掛けて何度もFC東京の守備陣を切り裂いた。 しかし31分、カウンターの局面でクレーベが二人をかわした直後のシュートがブロックされると、FC東京のアダイウトンがこぼれ球を拾う。左サイドに流れたレアンドロに縦パスを送り、直後にペナルティーエリア内でディエゴ・オリベイラが受けると、そこにサポートに来たのはアダイウトン。ボックス左からキーパーの股を抜く技ありゴールで先制に成功した。 その後もレアンドロからペナルティーエリア内に進入した東へボールが渡り、クロスでチャンスを作るなどするもゴールには至らず。FC東京が1点をリードしてハーフタイムに入った。 ハーフタイムで両チームは交代カードを切る。横浜FCは田代に代えて袴田、FC東京は中村に代えて小川を投入した。 後半開始直後からチャンスを作ったのはFC東京。50分にはCKの流れから青木がフリーでヘディングをするも、惜しくも枠の上に外れる。 対する横浜FCは55分、東への縦パスを武田が自陣でインターセプトすると、そのまま一人でシュートまで持ち込む。ボールは惜しくも右ポストを直撃したが、この試合でチーム初めての決定機を作った。 73分には、高木が上げた左サイドからのクロスをジャーメイン良がフリーで合わせるも空振り。直後の瀬古のシュートはGK波多野のファインセーブによって阻まれた。 以降は両チームともに左サイドから攻め合う展開に。横浜FCは高木のクロス、FC東京は前半と同じようにアダイウトンやレアンドロ、ディエゴ・オリベイラのパスワークでゴールを狙う。 アダイウトンの先制点以降は試合がなかなか動かない中、横浜FCは途中投入の中村俊輔が89分に渡邊千真に合わせてドンピシャのCKを蹴るも、惜しくも枠の左に外れる。 対するFC東京は、93分にレアンドロのヒールパスに田川がフリーで抜け出したが、GK六反との1対1をかわす際にタッチが大きくなってしまい、ビッグチャンスを決め切れず。終盤の横浜FCの攻撃を凌ぎ切ったFC東京が3節ぶりの白星を掴んだ。 横浜FC 1-0 FC東京 【FC東京】 アダイウトン(前31) 2021.06.19 20:31 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCがサマーユニフォームを発表!街中でも着用しやすい“ブラック”に

横浜FCは18日、2021シーズンの夏季期間に開催するホームゲーム3試合で着用するサマーユニフォームを発表した。 「日常に横浜FCを」をコンセプトにしたユニフォームは、街中でも着用しやすいブラックをベースカラーに採用。エンブレムは1stユニフォーム同様に、光沢のある軽量エンブレムをブラックで展開している。 また、スポンサーロゴやメーカーロゴマークなどはホワイトで統一することにより、スタイリッシュなデザインに仕上がっている。 このユニフォームは、ニッパツ三ツ沢球技場で開催する名古屋グランパス戦(8/9)、ガンバ大阪戦(8/25)、浦和レッズ戦(9/10)の3試合で着用予定。6月19日(土)12時より横浜FC公式オンラインストアにて先行予約の受付が開始される。 <span class="paragraph-title">【写真】横浜FCの2021シーズンサマーユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2021サマーユニフォーム<br>夏季のホーム3試合限定です!<br>皆さん是非、このユニフォームを着て熱く闘いましょう<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E5%B8%B8%E3%81%AB%E6%A8%AA%E6%B5%9CFC%E3%82%92?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日常に横浜FCを</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/yokohamafc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yokohamafc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%AA%E6%B5%9CFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#横浜FC</a> <a href="https://t.co/PS89YTqJlC">https://t.co/PS89YTqJlC</a> <a href="https://t.co/UPH93IYWOZ">pic.twitter.com/UPH93IYWOZ</a></p>&mdash; 瀬古 樹/Tatsuki Seko (@tatsuki_seko_6) <a href="https://twitter.com/tatsuki_seko_6/status/1405812006439964673?ref_src=twsrc%5Etfw">June 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.19 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCが狙うパラグアイ代表MFモッタ、年俸は倍の1億円超もオファー拒否

横浜FCが獲得のオファーを出したと報じられていたフラメンゴに所属するパラグアイ代表MFロベルト・ピリス・ダ・モッタ(26)だが、拒否されたようだ。ブラジル『O dia』が報じた。 現役のパラグアイ代表でもあるモッタは、2019年3月以降2年間は代表招集から外れていたが、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選とコパ・アメリカに向けたパラグアイ代表に招集。15日に行われたボリビア代表との初戦にも出場していた。 モッタに対し、横浜FCはオファー。移籍金が発生するオファーにフラメンゴ側は了承していたが、モッタ側が拒否したと報じられている。 横浜FCはモッタに対して2年半契約を提示。年俸100万ドル(約1億1000万円)を提示しているとのことで、フラメンゴで受け取っている額の2倍になるという。 また、住居や車、勝利給やタイトル給も用意されていたが、モッタはこのオファー断る決断を下したようだ。 最もネックとなったのは日本への移住だ。モッタの家族はこれを魅力的に感じなかったようだ。 さらに、横浜FCの状況も大きな影響を与えた。横浜FCは今シーズンの明治安田生命J1リーグで最下位に位置。なかなかチームの調子が上がらず、J2への降格の危機にある。 また、モッタはパラグアイ代表としてプレーしているコパ・アメリカを受け、より良いチームからオファーが来ると考えているという。 モッタは、母国パラグアイのルビオ・ニューでキャリアをスタートさせると、オリンピアでもプレー。その後、アルゼンチンのサン・ロレンソへと移籍。2018年8月にフラメンゴへ加入した。 2020年9月からはトルコのゲンチレルビルリイへとレンタル移籍。スュペル・リグでは36試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。 ボランチを主戦場にセンターバックでもプレーが可能なモッタ。フラメンゴに戻ったばかりだった。 <span class="paragraph-title">【動画】フラメンゴに歓迎を受けるピリス・ダ・モッタ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnSkV4ck9GMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

降格危機の横浜FCがコパ・アメリカ出場中のパラグアイ代表MF獲得オファーと現地報道

フラメンゴに所属するパラグアイ代表MFロベルト・ピリス・ダ・モッタ(26)に対して、横浜FCが獲得に動いているようだ。ブラジル『O dia』が報じた。 横浜FCが獲得に動いているモッタは、現役のパラグアイ代表選手。2019年3月以降2年間は代表招集から外れていたが、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選とコパ・アメリカに向けたパラグアイ代表に招集。15日に行われたボリビア代表との初戦にも出場した。 そのモッタは、母国パラグアイのルビオ・ニューでキャリアをスタートさせると、オリンピアでもプレー。その後、アルゼンチンのサン・ロレンソへと移籍。2018年8月にフラメンゴへ加入した。 2020年9月からはトルコのゲンチレルビルリイへとレンタル移籍。スュペル・リグでは36試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。 ボランチを主戦場にセンターバックでもプレーが可能なモッタ。フラメンゴに戻ったばかりではあるが、フラメンゴの幹部は売却を許可する意向とのこと。後は本人の意思次第だと報じられている。 なお、横浜FCは2年半契約を提示。モッタはフラメンゴと2022年12月まで契約を残しており、移籍金が発生。さらに給与も良いものを提供しているが、横浜FCが降格の危機にあることから、選手はこのオファーを慎重に判断しているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】フラメンゴに歓迎を受けるピリス・ダ・モッタ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnSkV4ck9GMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.16 11:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly