ルカク1G1Aのインテルがコンテ体制100戦目でローマに勝利! ホーム15連勝&20戦無敗!《セリエA》

2021.05.13 05:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第36節、インテルvsローマが12日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-1で勝利した。

前々節に11年ぶり19度目の優勝を決めた首位のインテル(勝ち点85)は、主力を多数温存した前節のサンプドリア戦を5-2で圧勝し、ホーム14連勝を飾ると共にリーグ戦無敗を19試合に更新。ホーム15連勝と20戦無敗を狙う今節はルカクやブロゾビッチ、バレッラを復帰させた一方、前節に続き主力と控えを混合した布陣で臨んだ。

一方、すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得の可能性が潰えた7位のローマ(勝ち点58)は、シーズン残りの目標をヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に下方修正。前節、最下位のクロトーネを5-0で一蹴し、リーグ5戦ぶりの勝利を挙げたチームは今季王者相手に連勝を狙った。クロトーネ戦からは先発3人を変更。イバニェスに代えてサスペンション明けのマンチーニを復帰させたほか、レイノルズに代えて古巣対戦のサントン、マジョラルに代えてジェコを最前線に置いた。

直近6戦連続ドロー中と拮抗した名門対決は、見慣れない4thキットに身を包む今季の王者が力強い入りを見せる。立ち上がり数分こそローマに押し込まれる入りとなったが、ファーストチャンスをモノにする。

11分、相手を押し込んで右サイド深くで浮いたダルミアンにパスが渡ると、ダルミアンが最終ラインと中盤の間のスペースへ丁寧な折り返しを入れる。3列目からの飛び出しを見せたブロゾビッチがうまく力が抜けた右足のダイレクトシュートをゴール右下隅に突き刺した。

幸先よくリードを手にしたインテルはローマを自陣に引き込みながら得意のロングカウンターを繰り出す。そして、20分にはロングカウンターでボックス右まで持ち込んでボールをキープしたルカクがマイナスに丁寧に落とすと、これをヴェシーノが冷静に右足のダイレクトシュートで右下隅に流し込み、今季初ゴールとした。

拙守で2点を追う展開となったローマは失点直後の24分にクリスタンテの強烈なミドルシュートで反撃の狼煙を上げると、30分過ぎに1点を返す。31分、最後尾のマンチーニが持ち出しながら絶妙な斜めのクサビのパスをペナルティアーク付近のジェコに通すと、ジェコは反転しながらボックス中央に走り込むムヒタリアンへ絶妙なラストパスを供給。これをムヒタリアンが豪快な右足のシュートで決め切り、2戦連続ゴールとした。

このゴールによって以降はよりオープンな展開に。その中で35分過ぎには足首を痛めたサンチェスが続行不可能となり、ラウタロ・マルティネスのスクランブル投入を余儀なくされる。その後はインテルがヴェシーノ、ペリシッチ、ローマがムヒタリアンと互いに際どいシュートでゴールに迫ったが、ラドゥ、フザートと両GKの好守もあって前半はインテルの1点リードで終了した。

迎えた後半、ローマはペドロを下げて負傷明けのエル・シャーラウィを投入。この交代でムヒタリアンが右、エル・シャーラウィが左にポジションを移した。後半はビハインドを追うローマが押し込む入りを見せ、56分にはボックス手前で足元にパスを受けたジェコが強烈な左足の反転シュートを放つが、ゴール左上隅を捉えたシュートは惜しくもポストを叩く。続く58分にはエル・シャーラウィのスルーパスに抜け出したジェコに再び決定機も、ここはDFの寄せとGKの果敢な飛び出しに阻まれて同点ゴールとはならず。

一方、守勢が続くインテルは60分にヴェシーノ、ペリシッチを下げてセンシ、ハキミを同時投入。ハキミは右ウイングバックに入り、ダルミアンがペリシッチのいた左ウイングバックにポジションを移した。

その後もローマが押し込む展開が続くが、ラノッキアやシュクリニアルを中心とする守備陣が最後の局面で高い集中力をみせ、水際で2失点目を凌ぐ。すると、最後の最後に後半は沈黙していた攻撃陣が試合を決定づける仕事を果たした。

90分、自陣深くからのロングカウンターでルカクの絶妙なフリックに反応したハキミが完璧に相手の背後を取ってそのままボックス付近まで独走。相手GKとDFを引き付けて右に走り込んできたルカクにプレゼントパスを送ると、これを豪快な左足のシュートで決め切った。

そして、ルカクの1ゴール1アシストの活躍によって7戦目にしてローマとのドロースパイラルに終止符を打ったインテルがコンテ体制100戦目を白星で飾り、ホーム15連勝とリーグ20戦無敗を達成した。

関連ニュース
thumb

アシュリー・ヤングに古巣アストン・ビラが関心か

元イングランド代表MFアシュリー・ヤング(35)に、古巣のアストン・ビラが関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 昨年1月にマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍したヤング。その半年でセリエA18試合に出場し4ゴール4アシストの成績を残すと、同年5月に契約を1年延長した。 今季はチャンピオンズリーグではその経験を活かしてグループステージの5試合に出場したものの、優勝したセリエAでは昨季ほどのインパクトを残せず、今月末で契約満了を迎えようとしている。 そんなヤングには、プロデビューを果たしたワトフォードやバーンリーといったプレミアリーグからの関心が伝えられているが、そこに新たに加わったのがアストン・ビラだ。 同クラブはヤングが2007年1月から2011年夏まで過ごしたクラブで、公式戦通算190試合の出場で37ゴール59アシストをマーク。そこからマンチェスター・ユナイテッド移籍に繋がるほどの成長を促したクラブで、キャリアの最後に選んだとしてもおかしくはない。 一方で、現在バーンリーを率いるショーン・ダイク監督は、ヤングがワトフォードでプロデビューした頃のキャプテンで、今でも大きな敬意を持っているという同選手が恩返しにと助力する可能性も考えられている。 来月には36歳の誕生日を迎えるヤング。果たしてその去就は…。 2021.06.16 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

代理人がハキミのインテル退団を明言! PSG&チェルシーが関心

モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)のインテル退団は決定事項のようだ。同選手の代理人が『Cómo te va』で明言している。 昨夏、レアル・マドリーから4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたハキミ。アントニオ・コンテ前監督の下、右ウイングバックで絶対的な主力となり、11年ぶりのスクデットを獲得した今季は37試合に出場し7ゴール10アシストの成績を残した。 しかし、インテルは経営規模縮小に向けて今夏の主力売却を考えており、選手本人も退団を希望していると見られるハキミは換金対象の1人と見なされている。 そういった中、ハキミとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏は、『Cómo te va』で両選手の去就に関して言及。ハキミの今夏の退団の可能性を明言している。 「現時点で私が代理人を務めるプレーヤーでインテルを離れるのは、ハキミだけだ。ラウタロに関しては諸々取り組む必要がある」 なお、ハキミの新天地に関しては以前から関心が伝えられるパリ・サンジェルマン(PSG)と、すでに公式にコンタクトを取ったと言われるチェルシーの2クラブが有力な候補に挙がっている。 2021.06.16 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

エリクセンが冗談を言うまでに回復!心配するチームメイトに「僕より顔色悪いみたいだけど?」

インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、緊急搬送後初めて公にコメントを残した。 世界中に衝撃が走った12日に行われたユーロ2020のフィンランド代表戦から二日。意識を取り戻したエリクセンの容態も徐々に安定し、現在では会話もできる状態まで回復している。 順調に快方へ向かいながらも余談は許さない状況で、未だ退院の目処は立っていないエリクセン。それでも14日の朝、代理人を通じてコメントを発表。無事を報告した。 「ありがとう、諦めずに頑張るよ。今は調子も良くなってきた。だけど僕の身に何が起こったのかを知りたい」 「そして、僕のためにあらゆる努力をしてくれた全ての方に感謝したい」 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、FaceTimeでインテルのチームメイトと会話をしたというエリクセンは、心配する仲間に「僕より顔色悪そうだけど大丈夫か!?」と痛快な冗談も飛ばしたようで、「いますぐトレーニングできる」と、早くも現場復帰に意欲も見せている模様。 とはいえ代理人によると「まだ休む必要がある。彼には妻と両親がついている」と、しばらくは安静を求められるとのこと。 また、同胞のデンマーク代表の面々は、GKカスパー・シュマイケルは「ハッピーエンドになった良かったよ。まだ終わったわけではないが、もっと酷かったかもしれない」と安堵。FWマルティン・ブラースヴァイトは「僕たちは友人、そしてチームメイトを失いかけた。無事を祈る中で何と言ったか正確には覚えてないけど、この件は僕の信仰心を強めることになった」と話す。 また、MFピエール=エミール・ホイビュルクは、「横たわったクリスティアンが白目を剥いているのを見た時恐怖を覚えた」と当時の様子を回想し、いかに凄惨な状況だったかを語った。 なお、前例として試合中に倒れた選手が、医師のアドバイスからそのまま引退したケースもあるが、果たしてエリクセンは再びピッチに戻って来られるだろうか。 2021.06.14 19:23 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルのチームメートであるシュクリニアル「クリスティアンが無事で良かった」

インテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが、試合中に倒れたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに対してコメントした。スロバキア『SFZ』に語っている。 エリクセンは12日、ユーロ2020第1節のフィンランド代表戦に先発。43分にスローインのボールを受けにいった際に、そのままピッチへと力なく倒れ込んで一時は心肺停止状態に陥った。チームドクターの適切な処置により一命を取り留め、今では会話もできる状態に回復している。 そのエリクセンについてシュクリニアルは以下のように語った。 「仲間とテレビで見ていたが、本当に怖かった。サッカー界全体がそう感じていたと思う。少なくとも今はクリスティアンが無事であることを確認している。最終的にこのような結果になったことを嬉しく思う。彼はすぐにピッチに戻ってくると思うよ」 2021.06.14 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍の可能性も?L・マルティネスの去就について代理人は「あらゆるオファーに耳を傾けたい」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏が、選手の去就について語った。イタリア『スカイ』が伝えている。 L・マルティネスは2018年7月にインテルに加入。欧州初挑戦でありながら主軸に定着すると、これまで公式戦132試合出場49ゴール20アシストの成績を残している。今季もFWロメル・ルカクとのダブルエースという形で公式戦48試合出場19ゴール11アシストを記録。チームのスクデット獲得に多大な貢献を果たした。 一方で、インテルは財政難の影響から緊縮財政を進めており、主軸の去就は不透明な状況となっている。L・マルティネスの去就についてインタビューに応じたカマノ氏も、現時点では2023年6月までとなっている契約を更新するつもりはないと語った。同時に、バルセロナ移籍の噂についても触れている。 「インテルは現行契約の更新を提案してきたよ。ただ、今のところ我々は現状の契約のままでいいという結論に達している」 「昨年、ラウタロとバルセロナの間に何があったのかは知らない。彼は元代理人からバルサの話を聞いたと言っていたが、すべてが混乱していたようだ。今の我々の仕事は、インテルのプロジェクトをできる限り理解したうえで、あらゆるオファーにも耳を傾けることだね」 「バルセロナでプレーしたいと思わない人はいないだろう。世界でも有数のビッグクラブだからね。とはいえ、ブラウグラナ(バルセロナの愛称)とは今のところ何もないし、何かを考えているわけでもない」 また、カマノ氏はインテルがL・マルティネスの移籍金として、最低でも9000万ユーロ(約119億円)を要求するという報道に言及。価格が高すぎると苦言を呈している。 「9000万ユーロは大げさな数字だと思う。インテルが彼を売るつもりがないのだとしても、適正な値段はあるものだ。確かなのは、ラウタロがどんな挑戦にも耐えることができるということだろう。彼はどんな責任にも耐えられる選手だよ」 2021.06.10 17:26 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly