カウンター炸裂の広島が7試合ぶり勝利! G大阪は10試合でわずか1勝【明治安田J1第20節】

2021.05.12 20:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第20節、ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島が12日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、1-2で広島が勝利した。AFCチャンピオンズリーグの日程との兼ね合いから前倒し開催となる一戦。前節は川崎フロンターレに完敗したG大阪は、ここまでわずか1勝に加え総得点も「1」と、開幕から続く長い不調から抜け出せずにいる。

対する広島も、前節はサガン鳥栖とゴールレスドローに終わり6戦未勝利。直近5試合ではG大阪よりも勝ち点が少ない状況だ。

互いに前節からスタメンを4人変更。6試合ぶりに宇佐美をベンチスタートとしたG大阪がポゼッションを高めていく入りに。広島は速攻から何度か浅野がゴール前に抜け出すが、オフサイドが続いてしまう。両チームとも思うようにシュートシーンまで運べない中、先にアウェイチームがチャンスを作る。

18分、自陣左サイドでボールを持ったハイネルが逆サイドへロングボールを供給。これで高い位置をとった森島が味方の攻め上がりを待って右サイドをオーバーラップしてきた野上へ。野上はこれをダイレクトで上げると、飛び込んだジュニオール・サントスが頭で合わせたが、惜しくも枠の上に外れた。

35分には、左サイドを突破した藤井のクロスを再びジュニオール・サントスが頭で合わせるも、今日が35歳の誕生日というGK東口が足で反応。咄嗟に右足を動かし、相手の決定機を阻止した。

それでも徐々にゴールに近づく広島は、その直後の36分に均衡を破る。敵陣左サイドで得たFKの場面。森島が右足でクロスを上げると、フリーとなっていた佐々木が頭で合わせて先制点を奪った。

しかしG大阪も44分、左CKのシーンでチュ・セジョンが右足で入れたクロスをファーサイドの一美がヘディングシュート。地面に叩きつけたシュートにGK大迫も弾き切れず、ボールはゴールラインを割って、試合は振り出しに戻った。

互いに交代なしで迎えた後半。まず広島は51分、森島のパスからジュニオール・サントスがボックス右に侵入。クロスはGKに阻まれてしまったものの、こぼれ球を拾った浅野がボックス中央からシュート。決定機だったが、ゴール寸前で奥野にブロックされてしまった。

ここからG大阪に流れが傾いたが、迎えた65分、G大阪のCKを跳ね返した広島は、柏、ジュニオール・サントスと繋いでカウンターを発動。左サイドのハーフウェイラインまで運んだジュニオール・サントスは右足アウトサイドを使って右サイドに展開すると、駆け上がってきた川辺が勢いを持ってボックス右へ侵入。そのまま右足を振り抜き、強烈なシュートをネットに突き刺した。

このゴールを機に、広島は浅野と柏を下げて鮎川とエゼキエウを投入。G大阪も一美、パトリック、チュ・セジョンに代わり、宇佐美、レアンドロ・ペレイラ、山本と、一挙に3選手を入れ替えた。ホームチームはさらに、78分に井手口を下げてデビュー戦となるウェリントン・シウバを送り込んだ。

その後もボールを持つG大阪と、カウンターで応戦する広島という構図のまま、一進一退の攻防が続く。終盤に入っても広島は攻めの姿勢を崩さず追加点を狙いにいく。

そして、残り時間を上手く進めた広島が1-2で逃げ切り。7試合ぶりの勝利を挙げた。一方のG大阪は5試合未勝利となった。

ガンバ大阪 1-2 サンフレッチェ広島
【G大阪】
一美和成(前44)
【広島】
佐々木翔(前36)
川辺駿(後20)
関連ニュース
thumb

浦和入団の酒井宏樹、熱狂的な真紅のファンについて「怖かったですよもちろん(笑)」

日本代表DF酒井宏樹が、浦和レッズ加入後初のオンライン記者会見に臨んだ。 浦和レッズ加入が10日に発表となった酒井。2012年7月のハノーファー移籍以降、2016年夏にはマルセイユへステップアップ。リーグ・アンでは145試合に出場し1ゴール10アシストを記録した。 9年の海外挑戦を経て凱旋した酒井は、マルセイユを退団した理由や、浦和レッズでを選択した理由を告白。「ほとんどの人に反対された」が、日本でプレーしたいという堅い意志があったことを明らかにした。 「退団した理由は、これまで4年間、外国人枠として責任を持って、自分も活躍しているという自負も持ってプレーできていましたが、今季に関しては、右サイドバックの序列がただ一番だったという理由だけで試合に出ていたので、自分としては、今までのような絶対的な立場を確保できていませんでした。なので、そろそろ大好きなマルセイユから離れるべきなのかなと思っていました」 「元々、マルセイユにいた時にこのチームをヨーロッパ最後のチームにしたいという思いがあって、2度の契約延長を挟んで5年も長く在籍して、僕も家族も本当に大好きな場所だった中で、新しいステップは日本でと考えていました。日本でも自分に良い意味でプレッシャーや責任感、緊張感をもたらしてくれるクラブを探していました」 「その中ではマルセイユみたいな特別なサポーターが浦和レッズにはいますし、そういった意味では僕に責任感や緊張感を与えてくれる存在だと思うので、オファーをお受けさせていただきました」 また、移籍発表後に、現在召集されているU-24日本代表でGK鈴木彩艶やMF橋岡大樹(現シント=トロイデン)といった浦和に所縁のある選手と話をしたという酒井。最も早く連絡をしたDF西大伍に関しては、共にプレーすることを「本当に楽しみ」と話した。 「発表してから大樹だったり、彩艶から話を聞きました。2人ともレッズが好きですからね。好印象な話を聞けました」 「大伍さんとはタイプが違うので一緒にプレーできるのが楽しみです。大伍さんとは浦和移籍が決まってからかなり早い段階で連絡させていただいて。大伍さんからも楽しみと言ってもらえました。ライバル関係という風になるのかもしれないですけど、同時にピッチに立つ機会も増えると思います」 最後に、日本一熱狂的と言われる浦和サポーターに関しても言及。柏レイソル時代は「怖かった」としながらも、今度はその声援を背にプレーすることが待ちきれないと語った。 「怖かったですよもちろん。マルセイユの時もそうですが、相手からしたら凄く怖いと思うので、そのサポーターたちが味方になるのは凄く心強いです。埼玉スタジアムでも優勝を決めさせていただいて、良い思い出しかないので、早くプレーできることが非常に楽しみです」 2021.06.14 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

天皇杯の2回戦で負けたチームってリーグ戦が終わったときに……!? の巻/倉井史也のJリーグ

ちょっと待ってくださいよ、まさかこんなとこで負けるなんてどういうこと……って仙台、FC東京、横浜FMのファンなら思ってるでしょ? まさかの天皇杯2回戦敗退って。 こういう早い時期に負けちゃうことって、どう影響があるか心配じゃないですか? もしかしたらこのまま調子が出ないでズルズル後退しちゃうのかって。でももしかしたら、リーグ終盤の勝負所で他のチームは天皇杯を戦っている中、休めることが出来て上位進出しちゃった!! とかも考えられるし。 まず過去の天皇杯でジャイアントキリングされちゃったJ1チームはどこだったか。今回はJ1勢が2回戦からの登場になった2009-10年の第89回大会以降に限って調べてみたんだけど、案の定驚きの結果が!! 2009年2回戦敗退J1チーム:浦和 2010年2回戦敗退J1チーム:仙台 2011年2回戦敗退J1チーム:大宮 2012年2回戦敗退J1チーム:札幌、FC東京、神戸、広島、鳥栖 2013年2回戦敗退J1チーム:名古屋 2014年2回戦敗退J1チーム:仙台、鹿島、神戸 2015年2回戦敗退J1チーム:清水、名古屋 2016年2回戦敗退J1チーム:仙台、甲府、名古屋、福岡 2017年2回戦敗退J1チーム:札幌、仙台、FC東京、甲府 2018年2回戦敗退J1チーム:名古屋、G大阪 2019年2回戦敗退J1チーム:札幌、湘南、松本、名古屋、 じゃあ、それぞれの年の敗退チームは最終的に何位だったか!! 2009年:浦和(6位) 2010年:仙台(14位) 2011年:大宮(13位) 2012年:札幌(18位)、FC東京(10位)、神戸(16位)、広島(1位)、鳥栖(5位) 2013年:名古屋(11位) 2014年:仙台(14位)、鹿島(3位)、神戸(11位) 2015年:清水(17位)、名古屋(9位) 2016年:仙台(12位)、甲府(14位)、名古屋(16位)、福岡(18位) 2017年:札幌(11位)、仙台(12位)、FC東京(13位)、甲府(16位) 2018年:名古屋(15位)、G大阪(9位) 2019年:札幌(10位)、湘南(16位)、松本(17位)、名古屋(13位) ってことで、2回戦で敗退したチームの平均順位は12.1位。中位の下の法って感じで微妙です。ということは、あまり関連性はないってことですよ。よかったね、安心、安心。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.06.13 21:45 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪の『GAMBA EXPO 2021』記念ユニフォームが発表! テーマは「世界とのつながり」

ガンバ大阪が『GAMBA EXPO 2021』の開催を発表。記念ユニフォームのデザインも発表された。 『GAMBA EXPO』は「スポーツのチカラで地域を元気にしたい、地域の心の拠り所でありたい、子ども達に夢を持つきっかけを与えたい」といったガンバ大阪の設立理念を実現すべく、2017年にスタート。毎年満員御礼のスタジアムでたくさんのサポーター・ファンの皆様に支えられながら開催された企画だが、2020シーズンは新型コロナウイルスの影響により開催できず。それでも、今シーズンは開催することが決定した。 今シーズンは8月21日(土)に開催される明治安田生命J1リーグ第25節FC東京戦において実施されることとなる。 『GAMBA EXPO 2021』のテーマは「世界とのつながり」。『サッカーを通じて、失われたつながりを取り戻し、大阪・世界を元気にしたい』という想いのもと、様々な「つながり」を表現した企画の実施を予定している。 また、今回はアメリカ・シアトル在住のアーティスト 太田翔伍(Shogo Ota)さんが『GAMBA EXPO 2021』の記念ユニフォーム・ユニフォームシャツをデザインした。 『GAMBA EXPO 2021』の記念ユニフォームシャツのカラーは“青竹色”を基調としたグリーン。グリーンには「健康、平和、安心、調和」などの意味合いがあり、新型コロナウイルスのいち早い終息、世界の人々の健康を願ってグリーンを採用している。 デザインは『GAMBA EXPO 2021』のテーマ「世界とのつながり」を、竹素材の画材で描いたデザインに。ガンバ大阪、サッカーに関連した要素をはじめ、ガンバ大阪に関わりが深い要素がアートの中に盛り込まれています。さらに、「リモート〇〇」という言葉が一般的になり、直接会えなくてもコミュニケーションを取ることができるインターネット上での「つながり」がコロナ禍において注目。そういったインターネットに関連する要素もいくつか盛り込まれ、全ての要素が合わさって1つのアートとして表現されている。 <span class="paragraph-title">【写真】選手が着用するユニフォームのデザインは?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20210612_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.06.12 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島再建の相馬直樹監督が5月度の月間優秀監督に 「これからもチャレンジャー」

Jリーグは11日、5月度の「明治安田生命Jリーグ 5月度の月間優秀監督賞」を発表した。 今回は鹿島アントラーズの相馬直樹監督、ヴァンフォーレ甲府の伊藤彰監督、そして福島ユナイテッドFCの時崎悠監督がノミネート。いずれも初受賞となる。 4月中旬から率いる相馬監督は5月の7試合で5勝2敗。初陣から公式戦11試合目にして初の黒星を含む2敗を喫したが、残りを全勝と大きく勝ち越してみせた。 攻守の部分でも16得点7失点と立て直す相馬監督はJリーグを通じて、喜びの心境とともに、今後に向けての意気込みを語った。 「明治安田生命J1リーグ5月の月間優秀監督賞をいただき、大変光栄でうれしく思います。ファン・サポーター、パートナー、地域の皆さん、日頃からクラブを支えてくださっているすべての方々に感謝したいです。そして、何よりも日々一緒に戦ってくれている選手、スタッフへの感謝を忘れるわけにはいきません」 「鹿島アントラーズが苦しい局面を迎えていた中で、選手、スタッフが自分事としてその状況に向き合い、全員が強い気持ちを持って戦い、勝ち取った賞だと思います。これからもチャレンジャーとして、見ている方々の心に残る、心を打つような戦いを続けていきたいと思います」 2021.06.11 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

5月度MVPに浦和デビュー即大暴れのキャスパー・ユンカー! 「更なる発展の序章に」

Jリーグは11日、5月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。 J1リーグからは浦和レッズのFWキャスパー・ユンカーが選出。5月に加入したばかりだが、J1リーグデビュー戦からいきなりのゴールを決めると、そこから4戦連発をマークするなど、出場した5試合で計5ゴールの活躍を披露した。 その間にチームの調子も今季初のJ1リーグ3連勝を含む5戦負けなしと上向き、新風を吹かせるユンカー。Jリーグを通じて、喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「日本でプレーした最初の1か月でこのような賞をいただくことができ、とてもうれしく、そして誇りに思います。まず第一に、これはチームメイトからのサポートがあったからこそ、受賞できました。彼らはすぐに私のことを浦和レッズの仲間として迎え入れてくれ、ピッチ内外で初日から私を助けてくれたことをとてもありがたく思います」 「これが今後数か月の更なる発展の序章に過ぎないことを願っています。自分の経験値と攻撃のクオリティでこれからもチームに貢献し、ベストを尽くしたいと思います。ファン・サポーターのみなさんには、加入時からの愛情とチーム全員に対する日々の温かい応援を感じています。本当に特別な存在である彼らに心から感謝しています。本当にありがとうございました!」 また、J2リーグからは全6試合に先発して4戦連続ゴールを記録したジェフユナイテッド千葉のMF見木友哉が受賞。J3リーグからは4試合で3ゴールの活躍を披露した福島ユナイテッドFCのFWイスマイラが栄冠に輝いた。なお、ユンカーを含めた3選手はそれぞれ初受賞となる。 2021.06.11 16:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly