シティの2季ぶり7度目の優勝決定! レスターが先発10人変更のユナイテッドに15戦ぶりの黒星与える!《プレミアリーグ》

2021.05.12 04:04 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第36節、マンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティが11日にオールド・トラフォードで行われ、アウェイのレスターが1-2で勝利した。

現在2位のユナイテッド(勝ち点70)は前節、アストン・ビラとのアウェイゲームを3-1の逆転勝利。今シーズンの4位以内を確定し来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に成功した。ただ、首位のマンチェスター・シティが前節のチェルシー戦で不覚を取り自力優勝のチャンスをフイにしたため、今回のレスター戦では再び宿敵の優勝が懸かる一戦となることに。

さらに、一部サポーターの過激な抗議活動によって開催延期となった第34節のリバプール戦の代替日程が13日に組み込まれたことで、ビラ戦から5日間でリーグ戦3試合をこなす殺人的な超過密日程を強いられた。

これを受け、戦前に大幅なターンオーバーの可能性を予告していたスールシャール監督は、グリーンウッドを除く先発10人を変更。GKにデ・ヘア、4バックはブランドン・ウィリアムズ、バイリー、トゥアンゼベ、テレス。中盤はマティッチとファン・デ・ベークの2センターに、2列目はトップ下にマタ、両ウイングにいずれもプレミアデビューのティーンエイジャー、アマド・ディアロとエランガ。最前線にグリーンウッドが入った。

一方、一時はトップ4フィニッシュを確実視されていたレスター(勝ち点63)だが、終盤戦において取りこぼしが目立ち始めると、前節はニューカッスルに2-4の惨敗を喫し、1月末以来となる4位転落となった。今週末にチェルシーとのFAカップ決勝を控える中、“ビッグ6”とのリーグ3連戦の初陣に向けてはリカルド・ペレイラとマディソンに代えて、トーマスとアジョセ・ペレスを起用した以外、同じメンバーを継続した。

強い雨が降りしきる中でスタートした上位対越は比較的早い時間帯から動く。この試合、直近の[3-4-1-2]から変則的な[4-4-2]の布陣で臨んだレスターが立ち位置の変化で相手を翻弄し、押し込む入りを見せる。

そして、10分には右サイドで数的優位を作り出し、イヘアナチョの落としを受けたオルブライトンが入れ替わりの動きで右サイドのスペースに飛び出したティーレマンスが絶妙なクロスを供給。これにファーサイドで反応したトーマスが左足インサイドを使った見事なダイレクトボレーをゴール右上隅に突き刺し、待望のプレミアリーグ初ゴールとした。

急造の布陣で臨んだ中でいきなり失点を喫する苦しい入りとなったユナイテッドだったが、すぐさま反発力を見せる。15分、自陣中央の低い位置まで下りてボールを受けたマタが相手のハイラインの背後へ絶妙なフィードを供給。これに反応したアマド・ディアロがDFトーマスとの競り合いを制してボックス右でキープ。サポートに入ったグリーンウッドにマイナスのパスを繋ぐと、グリーンウッドは巧みな右への持ち出しでDFソユンクをかわして右足のグラウンダーシュート。DFフォファナの股間を抜けたボールがゴール左隅に決まった。

グリーンウッドの2試合連続ゴールですぐさま試合を振り出しに戻したユナイテッドは、このタイミングで攻守の立ち位置を修正。マイボール時はマティッチを最終ラインに落として気の利くマタとグリーンウッドもボールの循環をスムーズにする立ち位置を取り、序盤の不安定なビルドアップを改善。ただ、より高い位置で突破や抜け出しが期待されたデビュー組の2選手がレスターの守備に潰されてフィニッシュまで持ち込めない。

一方、時間の経過と共に相手守備にアジャストされて攻撃が手詰まりとなったレスター。遅攻では相手のスライドを揺さぶり切れず、カウンターチャンスも2トップがうまくケアされて八方ふさがりの状態に。前半終了間際にはエンディディの仕掛けによって好位置でFKを獲得するが、ティーレマンスのシュートは壁にブロックされた。

互いに1点ずつを奪い合うも膠着状態が目立った前半を経て試合は後半に突入。立ち上がり数分は拮抗した状況が続いたが、時間の経過と共により勝ち点3が必要なアウェイチームが攻勢を強めていく。59分には右サイドでカスターニュ、ティーレマンス、イヘアナチョとパスが繋がり、ボックス右に侵入したイヘアナチョに絶好機もここはGKデ・ヘアが巧みなポジショニングでシュートコースを消してビッグセーブ。

レスターペースが続く中で65分にはレスターが右CKを得たタイミングで両ベンチが動く。レスターはアジョセ・ペレスに代えて切り札のマディソンを、ユナイテッドはグリーンウッドとエランガに代えてラッシュフォードとカバーニを同時投入。すると、この選手交代が試合を動かすことに。

66分、右CKの場面でキッカーのオルブライトンが右足アウトスウィングでファーを狙った正確なボールを入れると、中央でラッシュフォードのマークを完全に振り切ったソユンクが打点の高いヘディングで豪快にゴールネットを揺らし、値千金の今季リーグ戦初ゴールとした。

結果的にセットプレー直前のタイミングでの選手交代が失点を招いたユナイテッドはすぐさま反撃姿勢を見せるが、レスターの勢いを止められない。中盤での不用意なロストが目立ち相手に引っくり返される場面が目立つ。73分にはイヘアナチョの右クロスをヴァーディが頭で折り返したところにドフリーのティーレマンスに飛び込まれるが、これは相手のシュートミスに救われた。

ホームでシティの優勝決定は許されないユナイテッドは78分、アマド・ディアロを下げて切り札のブルーノ・フェルナンデスを投入。これに対してレスターはヴァーディを下げて守備的MFのチョードリーをピッチに送り出し、逃げ切り態勢に入った。

試合終盤にかけては3人の主力投入で前がかるユナイテッドが攻勢を仕掛けていく。84分にはボックス左でマタが折り返したボールにカバーニが飛び込むが、これはわずかに合わず。さらに、こぼれ球に反応したB・フェルナンデスが右足を振り抜くが、当たり損ねのシュートは枠の右に外れた。

その後も決死の猛攻を見せたホームチームだったが、来季CL出場に向けて気迫の守備を見せるアウェイチームを前に最後までゴールをこじ開けることができず、試合はこのままタイムアップを迎えた。

この結果、ユナイテッドのリーグ戦15試合ぶりの敗戦により、シティの2シーズンぶり7度目のプレミアリーグ優勝が決定。また、苦手オールド・トラフォードで久々の勝利を挙げたレスターが暫定3位に浮上し、週末のFAカップ決勝に弾みを付けた。

関連ニュース
thumb

サンチョを狙うユナイテッドが移籍金増額で2度目オファー!

マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)に2度目のオファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ブレイクを遂げた昨季に続いて、今季も公式戦38試合に出場し、16ゴール19アシストのハイパフォーマンスを披露したサンチョ。 昨夏の移籍市場から関心が取り沙汰され続けているユナイテッドは、先日、ドルトムントに対して移籍金6700万ポンド(約102億円)のオファーを提示。11日にドルトムント側に拒否されたようだが、今回7500万ポンド(約114億円)以上に増額して新たにオファーを提示したようだ。 ドルトムントはサンチョの移籍金として8000万ポンド(約121億円)以上を要求しているが、『スカイ・スポーツ』によれば今回のオファーを検討しているとのこと。サンチョとドルトムントの契約は残り2年となっているため、すべての関係者が契約締結に向けた意欲があるという。 なお、ドイツ『ビルト』ではドルトムントはサンチョの流失に備え、すでにPSVに所属するオランダ代表FWドニエル・マレン(22)をリストアップしていると報じられていたが、果たして移籍は実現するのだろうか。 2021.06.20 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ファーディナンドとハッセルバインク、デパイがユナイテッドで失敗した理由を語る

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏とチェルシーのレジェンドであるジミー・フロイド・ハッセルバインク氏が、リヨンに所属しているオランダ代表FWメンフィス・デパイがユナイテッドで失敗した理由について、イギリス『BT SPORT』で言及した。 現在開催されているユーロ2020にオランダ代表の主力として参加しているデパイは、2015年の夏にPSVからユナイテッドに2500万ポンド(約38億円)で移籍。加入前年度にはエールディビジで22ゴールを挙げて得点王に輝いていたこともあり、サポーターからの期待は大きかった。 しかし、ファン・ハール監督が率いるチームでリーグ戦29試合に出場したものの2ゴール1アシストと鳴かず飛ばずのパフォーマンスに。さらに翌シーズンにはジョゼ・モウリーニョが監督に就任し、出場機会は激減。リーグ戦に4試合しか出られず、冬の移籍市場でリヨンへの移籍が決まった。リヨンではここまで公式戦178試合76得点55アシストと本来の実力を発揮しており、今夏にはバルセロナへの移籍が噂されている。 そんなデパイがユナイテッドで好成績を残せなかった理由について、ファーディナンド氏は様々な要素が影響したと分析している。 「いろいろなことが原因だと思う。タイミング、時期、場所、そして成熟度。彼は若すぎたのかもしれない。適切な時期に適切なコーチングを受けられなかったのも原因の一つだ」 また、ハッセルバインク氏は、デパイがモウリーニョ監督の好むタイプの選手ではなかったと話している。 「モウリーニョがどのような選手を好むかは周知の通りだが、彼はそれとは全く異なる。他の選手に走ってもらい、ボールを持つことで自分の力を発揮するタイプだ。彼は愛されていることを実感する必要がある」 「彼は気難しいイメージがあるが、そんなことはない。自らのサッカーを愛しているし、確固としたスタイルでプレーしたいと思っている。能力が高い上に、オランダ代表を背負っているためにプレッシャーも大きいはずだ」 17日にユーロのグループC第2節でオーストリア代表を2-0で下し、グループステージ首位通過を決定づけたオランダ代表で10番を背負うデパイ。母国を2度目の優勝に導くことはできるだろうか。 2021.06.18 15:01 Fri
twitterfacebook
thumb

S・ラモスの行き先候補、現状4つ! シティが現段階の最有力

スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の行き先は現状、4つの候補が考え得るようだ。 2005年夏にセビージャからレアル・マドリーに加わって以降、最終ラインの軸として公式戦通算671試合の出場数を誇り、数々のタイトルに寄与したS・ラモス。今やカピタンの称号を欲しいままにするが、今季最終年の契約は依然として延長されず、16日に退団が正式決定した。 そうなれば、気になるのが新天地。17日の会見で明かされるであろう経緯や背景も注目されるが、スペイン『アス』によると、現時点でマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、そして古巣セビージャが行き先候補に挙がるという。 そのなかで、最有力だというのが今季限りでスペイン代表DFエリック・ガルシアがバルセロナに旅立ち、スペイン代表DFアイメリック・ラポルテにも移籍の噂があるシティだ。S・ラモスの代理人は前々からレアル・マドリー退団時の合意を目指して、シティと接触を図っている模様だ。 次に移籍先と目されるのがシティの宿敵であり、イングランド代表DFハリー・マグワイアの相方を務めるトップレベルのセンターバックを探すユナイテッド。その次はフランス代表FWキリアン・ムバッペとの契約延長が最優先事項のPSGだが、DFラインの強化も目標であり、候補だという。 そして、最後はほかの3クラブと比較して、可能性こそ低いものの、古巣セビージャ。連れ戻しに多額の資金が必要だけに、実現性の低い話だが、キャリア終盤の移籍であるのを鑑みると、下部組織時代から過ごした地元クラブに戻る選択肢もなくないものとみられているようだ。 なお、S・ラモスはレアル・マドリーから届いた約10%給与カットの単年契約による延長オファーを拒否。獲得を望むクラブは年俸として最低でも1200万ユーロ(約15億9000万円)を支払う必要があるといわれる。 2021.06.17 16:05 Thu
twitterfacebook
thumb

カバーニがカタールW杯後の代表引退示唆 「もうひとつの夢を実現し、身を引きたい」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)が2022年カタール・ワールドカップ(W杯)後の代表引退を示唆した。『ESPN』が伝えている。 カバーニは2008年のフル代表デビュー以降、歴代3位の118試合に出場し、歴代2位の51ゴールを記録。長らくFWルイス・スアレスと共にラ・セレステの攻撃をけん引し続けている。 しかし、今年2月に34歳となったエル・マタドールは、来年に控えるカタールW杯が自身にとって最高の引き際になると考えているようだ。 「すべての人間の人生というものは、目的に基づいていて、ある場所に到達するための欲求、目標、目的があるものなんだ」 「フットボールの場合、代表チームでの僕の目標は、カタールでのワールドカップ出場になる。そのもうひとつの夢を実現し、その後は身を引いて家族や仲間、自分のことに専念したいと思っている。僕らはすでにそのラストダンスに参加している状態だね」 また、先日にユナイテッドとの契約延長にサインしたカバーニだが、依然としてボカ・ジュニアーズ行きの可能性が伝えられている。その点について34歳のベテランストライカーは、南米でキャリアを終える可能性を否定していない。 「いつかは南米に戻って、この地で戦うことになるだろうけど、今はその時ではないね」 なお、自身最後の参加となるコパ・アメリカに参戦中のカバーニは、18日にグループA初戦のアルゼンチン代表戦に挑む。 2021.06.15 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マクトミネイ、存在感高まるも背番号変わらず 「39番は…」

マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイがデビュー当時から同じ背番号を背負い続ける理由を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月に1stチームデビューのマクトミネイ。守備的な役割が主なタスクだが、公式戦49試合に出場した今季はボックス・トゥ・ボックスの動き出しにも磨きをかけ、キャリアハイの7得点(2アシスト)を記録するなど、存在感は高まるばかりだ。 そんな身長193cmの大型MFはデビュー当時から背番号「39」のまま。イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードや同代表FWメイソン・グリーンウッドを典型例にアカデミー出身者はチームでの重要性が高まるにつれ、背番号も変わっていく傾向だが、マクトミネイは違う。 それは何故なのか。マクトミネイはファンとのQ&Aでその件を問う質問を受けると、背番号の変更を願い出るどころか、検討すらもしたことがないと述べ、39番に対する愛着を口にした。 「39番は初めてもらった番号だし、特別なんだ。誰からも背番号の変更を求められておらず、そういう話も一切ない。3年前も、2年前も、そして去年もね。何も言われないし、僕も満足だ」 「(背番号について)自問したり、変更の考えを巡らせたり、会話の話題にしたこともない。39番で全く問題なし。今やどこでも39番を目にする。頭から離れなくなってしまっているぐらいさ!」 2021.06.15 18:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly